03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋 失われた川を求めて その2

ども にぽぽ です=*^-^*=




さて、日本橋からのお散歩に戻りましょう。



永代通りを西へ。

201201日本橋散歩24



埋められてしまった道三掘りの名残を探してみます。

201201日本橋散歩25



東京都千代田区大手町2-2-1の新大手町ビルジングと野村ビルの間の通り。

201201日本橋散歩26


ちょうどこの通りが、道三掘りに架っていた道三橋の跡になります。

201201日本橋散歩27
 



道三橋を越えて、永代通りを進めば、そこは江戸城大手門。

201201日本橋散歩28


永代通りに並行するようなイメージで道三掘りがあって、江戸城まで続いていた・・・現在の景色からはまったく想像もできませんねぇ・・・。



201201日本橋散歩29

道三橋跡のすぐそばでは、建っていた古いビルを壊し、新しいビルへの建て替え工事が進行中。
そして、永代通りの地下では、なにやら地下鉄の工事が行われているらしい・・・今の東京の景色も、騒音をたてつつ静かに、静かに、変わり続けているんだな~。




永代通りを戻って、再び銭瓶橋跡の辺りへ。

201201日本橋散歩30



さらに、進んで外堀通りとの呉服橋交差点から、今度は外堀通りに入ってみます。

201201日本橋散歩31



外堀通りは、言わずと知れた、江戸城の外堀を埋めて道路にしたところ。

     201201日本橋散歩33

呉服橋交差点のあたりは、道路より歩道が高くなっているところがあり、道路に降りる階段がなんとなく小さい船着き場のよう。



やがて進行方向右手に見えてくるのが、東京駅の八重洲口。

201201日本橋散歩34

八重洲の地名は、慶長5(1600)年に日本に漂着し、徳川家康に重用されたオランダ人ヤン=ヨーステン・ファン・ローデンスタインの屋敷があったことから、和名「耶楊子(やようす)」をもじってつけられたと言われています。



201201日本橋散歩35

八重洲口のグリーン地帯の中には、記念プレートもありますが、ヤン・ヨーステンの屋敷があったのは、現在の東京駅の西側、江戸城の和田倉濠に沿った辺りだったようで、江戸時代の地図には、和田倉濠のところに“八重洲河岸”という文字が見えます。

また、八重洲口の辺りに架っていた八重洲橋は明治時代になってから架けられたので、江戸時代はこの場所には橋はありませんでした。



お散歩も、もう終盤。
張り切って、外堀通りを南に進んで行きましょう!

201201日本橋散歩36



ビルが途切れた鍛冶橋交差点。

201201日本橋散歩37

ここにあった鍛冶橋を渡り、ほぼ正面に見えるガラス張りのビルの東京国際フォーラムの辺りにあったが土佐藩の上屋敷。
坂本龍馬も立ち寄りました(2010年3月5日の日記⇒ 東京 龍馬伝 )


もう銀座1丁目のあたり。

201201日本橋散歩38



そのまま進むと、JR有楽町の駅の近く、数寄屋橋交差点です。

201201日本橋散歩39


鍛冶橋の次に外堀に架かるのは数寄屋橋でした。

201201日本橋散歩40



数寄屋橋を渡ったところには、南町奉行所がありました(2010年3月12日の日記⇒ 遠山の金さんと龍馬の有楽町で逢いましょう♪ )。

201201日本橋散歩41


外堀と江戸城の間、現在の東京駅の辺り一帯は、大名小路と呼ばれた、今でいう官公庁街だったので、江戸時代が終わった明治時代初期には、大名屋敷に詰めていた人たちはみな地元に帰ってしまい、ほとんど無人の状態。
その広大な屋敷や奉行所の土地を活用して、明治政府は一気に近代化を進めることができたのでした。

だから、交差点に外堀に架っていた橋の名前が残っている以外、江戸時代の名残を探そうと思ってもな~んにも見つけることはできないのです。

そして、常に変化し続ける東京の景色、数年後にここを歩いたら、また違った景色になっているのかもしれません。




変わり続けていく街並みで、引き継がれていく江戸もあり。

201201日本橋散歩42

銀座あたりのお寿司屋さんへ入る勇気がなく(汗)、駅近の回転寿司へ。
江戸時代、お寿司は屋台で提供される庶民の食文化だったのですから、これも立派な江戸文化でしょう。

それにしても、回転寿司でも八海山が飲めて、お寿司もそこそこなものが出てくる日本って、素敵よねーと、カウンターで隣り合わせたフランス人3人のツーリストがお寿司を楽しんでいるのを眺めつつ、お酒をすするにぽぽなのでした。



日本橋町人地 2


ビルばっかりの写真で、何が何だかわかりませんでしたね、これは(汗)
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 国内、史跡・名勝巡り
genre : 旅行

No title

mixiではお世話になっています。m(__)m

江戸の昔をさぐる散歩、良いですねぇ~。地名の由来も江戸に起源を発しているのも多いし、探訪記、楽しみにしてます。

ちなみに、汐留の辺りには、会津藩下屋敷もあったそうですよ。

No title

いつも逆コースを辿って呑みに行ってます。

>その広大な屋敷や奉行所の土地を活用して、明治政府は一気に
>近代化を進めることができたのでした。
強引なというか行動力というか、現都知事みたい!?
よく云って行動力がある、でも強引でよね。都知事みたい!?

八重洲の地名がオランダ人の名前をもじっていたなんて
初耳ですじゃ!! 記念プレートまであったとは知らなんだで
次回は実物を見てきます。

No title

日本は本当にすごいスピードで変わっていきますよね。
9年勤めていた赤坂で迷子になるとは思いませんでした!
今や地元ですら迷子です(滝汗)
八重洲がオランダ人の名前から来ているなんてびっくり。
70年代ぐらいに建てられたビルって、老朽化するうとすごくみすぼらしくなりますよね。
フランスはそういう醜いビルを建て直す予算がないのか、美しい街並みの汚点として所々に混在してるのが不愉快。
銭瓶橋跡辺りにいる金色の人が気になります。
拡大してみたけどよくわからなかった。
歴史上の人物ではなさそうだけど、手に持ってるのが松明なのか鎌なのか・・・

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
案内板やモニュメントなんかがあって、江戸の名残
を感じることが出来ますね。
街歩きしないと、見過ごしてしまいそうなことも。
伝統を繋ぐことと、便利な生活。
バランスが実に難しいですね。
回転すしに八海山!?
そんなの飲めるんだ。
日本の食文化って偉大だぁ。。。

No title

江戸情緒を回想しつつ
回転寿司で江戸前~
良いお思うわ~♪

(o゚Д゚o)マァッ!!!

回転寿司で八海山ですとぉ?
飲みたいですゎ
フランスの方じゃなくても
日本ってステキよねぇ~
って言っちゃいますゎ(='m') ウフ

No title

地方に住んでいる者にとっては、
まるで立体地図を見ているようで楽しいですよぉ~(#^.^#)
江戸城大手門、分かります。
東京国際フォーラム、出張の際、行きました。
銀座もちらりと行ったことがあります。
でも、それらがどう繋がっているのか、
どのくらいの距離で、歩いて移動できるものなのか、
全く分からないぃ~v-393
にぽぽさんのお陰で、次回は歩いて回れるかも?(#^.^#)

NoTitle

ああ・・・そうか。
地名でそこが昔何だったのか解るね。
何気なく通過していたけど・・・

震災とかを経験しちゃうと
埋立地は怖いなって思うんだよね~

江戸の町、そのままだったら、道路が狭くて不便だったでしょうけど
便利さによって失ったものも沢山あるね。

ちなみにダーリンが皇居で仕事する機会があって
その時に宮内庁の人に聞いてもらったの。
「何故 江戸城は無いのですか?」って(^^;
火事で燃えちゃったんだね。
江戸城は再建してもいい気がした(^^;

NoTitle

にぽちゃん こんばんわ~

地名の由来を 知るのって面白いね ^^)
へぇ~へぇ~って言いながら読んでいました。

回転すし!庶民の食べ物てって言ったらこっちだよね!
カウンターで食べる寿司はNG(美味しいけどね 笑)
八海山はお正月に飲んだよ~
東京でも あるんだね~
ぽん酒にお寿司なんて かっこいいわ~ にぽちゃん!!

NoTitle

こんばんは!

先日は訪問、コメント、ありがとうございました(^^)
都心部でもにぽぽさんのようにしっかり探索すれば
こんなにたくさんの歴史や文化を発見できるんだな~
と、感心しています。
八海山、いいですね(^^)
また来ます。

NoTitle

なかなか美味しそうなマグロのブツ(?)ですね。
知らないお寿司やさんて、一人じゃ心細くて
入れないですものね(^-^;
回転寿司も、高級店だと普通のお寿司やさんより
高かったりしますもの、あなどれません。

NoTitle

東京へ我が家から近いのに、行ったときは完全におのぼりさん状態なのでビルばっかり見てるから見上げてばかりだよ。こうして気にして見てたら楽しいね。
八重洲・・・もじった名前って上手に命名するもんだね。
回転寿司で八海山を飲みながら寿司をつまんでみたいものです・・・飲めるけど真っ赤になっちゃう^^

NoTitle

こんにちは

なるほどね、無人になった大名屋敷を一気に
整備したから、何にも跡がないんですね。
明治政府もちょっとラッキーでしたね。

ゆっくり回転する寿司を見ながら美味しいお酒が
飲めるなんて、やっぱり日本はいいなぁ(^^)

NoTitle

こんんばんは 
外堀通りが外堀を埋めたところ、ということすら知らなかったので、とても新鮮なレポートです。八重洲の由来も面白いですね。
にぽぽちゃんの観察力、そしていろいろと調べる探究心にはいつもながら頭が下がります。とても楽しかったですよ。

ここは何処!?

ほんとに貴重な歴史を学びました。
八重洲の文字が出るまで、ここは何処だと心細くて!
道三掘りなんてあるんですか、えーと、これは何処だっけ(・・;)
純粋の日本語と信じて疑わなかった八重洲。
そうだつたんですね~みんなに知らせよう(笑)
お寿司は回転式に限りますね♪

NoTitle

にぽたん、こんにちは♪  **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

気がつけばもう週末…。
今週・来週とちと仕事が忙しくて
次の記事の更新の前までにはと、慌ててお邪魔しました!!
今日は出勤時間が遅いので、
まずはにぽたんちへ駆け込めーーーっ!!
スタタタタッ(=(=(=(=(=(/(エ) ̄)/ なのです。

お江戸の名残探しが、毎回楽しいやら
八重洲はなるほど!!
またまた勉強になりました。
私的には、江戸城の外堀を埋めて道路にしたという場所。
呉服橋交差点あたりの、道路に降りる階段が
小さな船着き場を想わせる光景が気に入りました!!

日本のクルクルのお店ってすごいよね!!
毎日仕事しながら
日本の文化に、誇りを持ってしまうょ。
八海山には驚いたゎ。。。
メニューにあるなんて… ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ    v-286v-380

Re:hiroさん

コメントありがとうございます。
mixiでは日記をつけていないので、外部リンクできていただいたのですね、すみませんでした(^^;
会津藩の下屋敷の前は、赤穂浪士が通ったんですよね。
実は、赤穂浪士引き上げルートもずーっと歩いたので、その時にこのあたりに会津藩の屋敷があったのねーと思いながら歩いたんですよ(^^
完全にオタクでしょ(笑)

Re:ソーニャさん

制度を変えるって、ある程度の強引さがないとできないことですよね。
あちらを立てればこちらがたたず・・・ですもんね。
ヤンヨーステンさんは、東京駅の中にも胸像があるはずですよ、確か。

Re:タヌ子さん

あったはずのものが無かったり、無かったはずの道路が突き抜けていたり、東京は一体どうなりたいのか?!
高度経済成長時に流行った石の意匠のビルが、どんどんガラス張りの高層ビルに建て替わっています。
なんか、キラキラ透明な都会で頼りなげです・・・。

> 銭瓶橋跡辺りにいる金色の人が気になります。
あ、やっぱり(笑)
にぽぽも、意味のある人物なのかなーとちょっと気になったのですが、ささーっと通り過ぎてしまいました。
今度、通ったらちゃんと見てきますね(笑)

Re:hirokunさん

お江戸があって、東京があるんだなーって思いますよ(^^
街並みは全く変わってしまったけども。
最近は回転ずしもいろいろありますよねー。
有楽町の回転寿司ですから、やっぱり会社帰りのオトーサンたち向けメニューかもしれませんね♪
高いお寿司屋さんはもちろんだけど、気軽な回転寿司も、どっちも楽しめるお寿司って偉大です!

Re:hisamiさん

いろいろなお江戸の楽しみ方ということで(^▽^)
でも、やっぱりお寿司は日本酒がいいと思います。
そして、〆には濃ーーーーいお茶で♪

Re:あいりっしゅさん

回転寿司なので、ビールでいいや~と入ったら、
おおおおお!八海山がっ!
すばらしいですよね~、頼まないでかっ!ってもんですよね♪

Re:サプリメント管理さん

以前に東京フォーラムのところ、南町奉行所跡、北町奉行所跡って、ばらばらに見ていたのですが、今回歩いてみて、やっと点が線になって、地理がわかりました!
やっぱり、歩いてみるのって大事だなーとか思いました(^^
八重洲口から銀座1丁目あたりまで、マーチテンポで歩けば10分弱です。
東京って、頭で考えているよりも、ずーーっと狭い街なんだなーって思いましたよ。

Re:ROUGEさん

大震災で液状化などがあったから、昔ながらの地名がクローズアップされてきている昨今ですよね。
気にしてみると、東京は“橋”とつく交差点名が多い!
それだけ、江戸の川が東京の道路に変わっているということなのですよ!

> 「何故 江戸城は無いのですか?」って(^^;
> 火事で燃えちゃったんだね。

それ、にぽぽも気になったことがあったので、家の本をつき合わせてみたら、幕末の地震や頻発した火事で、建物はほとんどなかったんですよね~。
江戸城無血開城なんていうけど、開城するほど建物は残ってなかったんですね(^^;

Re:イノぶたちん

東京は、というより日本全国かもしれませんが、区画整理とかいって、昔ながらの地名をどんどん、○○1丁目とか、つまんない名称に変えてしまったりしたんですよね~。
にぽぽの近所の丘陵地帯だって、野猿峠(←むかしとんねるずがユニット名に使ったけど)なんていう辺りが、体家開発されて向陽台とかグリーンヒルズだって!なんだそりゃって感じです(笑)

新潟のお酒はね、やっぱり美味しいもんね(^^

Re:いもごんさん

コメントありがとうございます♪
東京は、なんでもあるようで何にもないなーって思うのですが、お江戸の名残を探して歩いてみると、最初から東京だった訳じゃーないんだよな、なんて感じます。
オタク散歩ですが・・・どうぞまた遊びに来てくださいね!

Re:らいむさん

八海山があったので、まずはお酒のアテてきなものをと思って、ブツにしました(^^
知らないお寿司屋さんはもちろん、銀座辺りのお寿司屋さんなんて、どれだけ高額なのかしら・・・とも思ってしまい、とても入れません~っ(><)
回転寿司も、値段設定や、システムや、素材、いろいろ工夫されていますね!
たまに入ると、こんなものまで?!ってびっくりします(^^

Re:mu.choro狸さん

東京のビルの高さには、驚きますよね!
天気の悪い日に、仕事で都庁にいって、地上が見えなかったときには驚きましたもん。
ここは雲の上なのか―っ!!って(笑)
5月にopenするスカイツリーなんて、どんななんでしょうねぇ(^^;
回転寿司で八海山があるなんて驚きましたよ。
お寿司と日本酒が楽しめて、ささっと出てこれる、気軽で良かったです!

Re:ちびたさん

明治政府が初めて調査した時の大手町の人口は6人だったとか・・・何かで読んだ記憶があるんですよね~・・・
江戸時代から、東京というのは、地方から出てきた人の街だったということですよね。
不思議なところです。
江戸時代は天ぷらも屋台で食べるものだったそうですよ。
回転天ぷら・・・はちょっと無理か(笑)

Re:ようこさん

歴史好きの友人も多いのですが、それぞれに好きポイントが違うのです。
にぽぽは、土地を歴史好き(昔ここはこういう場所だったというのを知りたい訳です)なんだなーと、最近自覚しました。
東京は、江戸時代から埋め立てが始まっているので、昔ここは海だったんだよなー・・・なんて思いながら歩くのは変な感じですよ(笑)

Re:だんだんさん

こうやって写真を並べてみると、ビル、ビル、ビルーーですね。
どこがどこやら全くわかりません(笑)
隅田川から、日本橋川、そして道三掘りって水をつないで物を運んでいたのですよ。
江戸城の石垣も、伊豆から川をさかのぼって江戸城のお濠まで運ばれました!
で、その物流ルートはほとんど埋められて、高速道路になってしまっています!びっくりな変化ですよね。

Re:berry-berryさん

お仕事は慣れましたか?
忙しいと大変だけれど、暇~っていうのも困りますしね(^^
疲れをためないように気をつけながら、お仕事がんばってくださいね!
にぽぽも負けずに、がんばります!!

呉服橋付近の、小さい船着き場風の景色、にぽぽもいいなーと思ったのですよ。
このまま、道路が川で、タクシーの代わりにゴンドラみたいな船がついたりして!!
なんてね~(^▽^)
お寿司がクルクル回り始めて、もうどのぐらいなのかしら・・・20年ぐらい??
すごいですよね~。
お寿司を回そうと思った人、エライです♪
Secret

最近の記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。