04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋 失われた川を求めて その1

ども にぽぽ です=*^-^*=




日本橋三越でお昼ご飯を食べた(2012年2月24日の日記⇒ 日本橋 お江戸のへそ )後のお散歩であります。


201201日本橋散歩1

日本橋三越本館と中央三井信託銀行の間の通りを歩いていこうと思います。


江戸時代の景色はこんなでした。

     201201日本橋散歩2
安藤広重 『名所江戸百景』 する賀てふ


通りを挟んで越後屋があり、正面には堂々たる富士山が見えました!



この辺りは、天正18(1590)年、徳川家康が江戸に来てすぐに造成された町割です。
地子免除(地租税ととらない)として、伊勢、大阪、京都、堺、奈良、近江、三河などから商人や職人の進出を奨励して、江戸の商工業の中枢となったエリアです。
今でいう、特区ですね(^^


中央三井信託銀行の裏手には、江戸町方の総とりまとめ役、今でいう東京都副知事のような役割である“町年寄”を務めた樽屋(代々藤左衛紋を襲名)の住居兼役宅がありました。

“町年寄”は樽屋の他、奈良屋(現在の日本橋石町の住居、市右衛門襲名、後に館の姓を許される)、喜多村屋(日本橋室町2-4辺りに住居、彦右衛門を襲名)があり、この3家が世襲して幕末まで務めたそうです。

樽屋は、三方ケ原の合戦(長篠の合戦という説もあり)の時に、徳川家康に酒樽を献上したことから、“樽屋”の屋号となったそうで、“町年寄”の筆頭であり、関東33ヶ国の升、樽改めの特権を与えられていたとのこと。
樽屋の刻印のない升、樽の使用は禁じられていたので、その方からの収入もん莫大なものだったそうです。



201201日本橋散歩4

中央三井信託銀行の建物を過ぎた次の区画にあるのが、日本銀行です。
日本のお金を作っているところですが、江戸時代にもお金(金貨)を作っていた“金座”があったところです。



日本銀行を過ぎたところは常盤橋交差点。

201201日本橋散歩5

201201日本橋散歩6

正面の高速道路の下は日本橋川が流れていて、向かって右に常盤橋(写真の字の新常盤橋は間違いです、すみません!)、左に一石橋となりす。
物流を船に頼っていた江戸時代は、ここは水路のターミナル・ポイントでした。



一石橋です。

201201日本橋散歩7

一石橋の名前の由来は、北橋詰に金座御用の“後藤庄三郎”の屋敷があり、南橋詰に御用呉服商の“後藤縫殿助”の屋敷があったので、「五斗+五斗で一石」ともじった洒落から名付けたと伝わっています。

この手のダジャレ、多いですよね江戸時代って(笑)



現在はもちろんコンクリートの橋になっていますが、この橋って、桁下がえらく低いのですよ!

201201日本橋散歩8
(これは日本橋クルーズの時の船からの写真)

満潮時は、橋の下を船が通るのは厳しそうな感じです。



話を江戸時代に戻しまして、一石橋は、「八つ見橋」や「八橋」とも呼ばれていました。
先ほど、この地点はターミナル・ポイントであったと書きましたが、この一石橋で日本橋川は外堀とつながり、さらに江戸城に物資を運び入れるために掘られた道三掘りとつながっておりました。

201201日本橋散歩9



橋上に立つと自身も含めて八つの橋(外濠の常磐橋・呉服橋・鍛冶橋、日本橋川の一石橋・日本橋・江戸橋、道三堀の銭瓶橋・道三橋)が見渡せたことが由来で、江戸の名所のひとつだったのです。

     201201日本橋散歩10
安藤広重 『富士三十六景』 東都一石ばし

絵の手前が一石橋、次に見えているのが道三堀の銭瓶橋、その向こうに小さく道三橋、さらに江戸城が見えたのですが、

201201日本橋散歩11

現在は川の上は高速道路だし、道三堀が埋め立てられて銭瓶橋はないし、ビルが建てられてしまい江戸城はもちろん見えないし(涙)。



     201201日本橋散歩12
安藤広重 『名所江戸百景』 八ツ見のはし 

江戸の頃の景色がまぶしい~っ(><)



一石橋を渡った南詰めには、正面に「満よひ子の志るべ(迷い子のしるべ)」と書かれた石標が残されております。

201201日本橋散歩13

江戸期の後期、この付近はかなりの繁華街で、迷い子が多く出たそうです。
当時は迷い子は町内が責任を持って保護するという決まりがあり、付近の有力者が世話人となり安政4(1857)年2月に「満よひ子の志るべ(迷い子のしるべ)」が建てらました。


左側には「たづぬる方」、

     201201日本橋散歩15

こちらの窪みに迷子や尋ね人の特徴を書いた紙を貼ります。



標の右側には「志(知)らする方」、

     201201日本橋散歩16

「たづぬる方」の紙を見た人の中で心当たりがある場合は、その旨を書いた紙を「志(知)らする方」の窪みに貼って迷子、尋ね人を知らせました。

このほか浅草寺境内や湯島天神境内、両国橋橋詰など往来の多い場所に数多く設置されたようですが、現存するものは一石橋のものだけです。




201201日本橋散歩17

「満よひ子の志るべ(迷い子のしるべ)」を背にして、JXビルと日本ビルジングの間。
ここは江戸時代の道三掘りの上にあたります。

201201日本橋散歩18

この辺りに架っていた“銭瓶橋”の説明板があると噂を聞いたので、しばし探してみましたが発見できず、ビルのガードマンさんに不審な目で見られてしまいました(またしても・・・汗)。

天正19(1591)年に伊勢出身の与市という人が、銭瓶橋のたもとで銭湯風呂を営んだことが記録として残っております。
江戸の銭湯第一号なのですが、なーんの名残もありません、なんか残念。
ものすごく江戸城に近いこの場所で銭湯だなんて!
名づけるなら絶対、「将軍の湯」で決まりなのに(笑)。



ビルの間を歩いて、正面が永代通り。

201201日本橋散歩19


ほぼ正面の太陽が反射しえいるのが、ホテルメトロポリタン丸の内で、東京駅の日本橋口の辺り。

201201日本橋散歩20



ここを左に行くと、すぐに永代通りが外堀通りとぶつかる呉服橋交差点になりますが、その辺りに架っていたのは、もちろん呉服橋。

201201日本橋散歩21

呉服橋を渡った先、現在のグラントウキョウノースタワーの辺りにあったのが北町奉行所です(2010年3月5日の日記⇒ 東京 龍馬伝 )。




201201日本橋散歩22


そんなに距離は歩いていないのですが、江戸時代の地図と現在の地図を見比べながらのお散歩は骨が折れます(笑)。

201201日本橋散歩23

甘いもの補給して、脳ミソを一休みさせるとしましょう!



日本橋町人地 1

江戸のオタク散歩、次回に続きます!
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 国内、史跡・名勝巡り
genre : 旅行

No title

ビル街の東京で昔のお江戸探しは
大変そうですが面白いね~♪
遠山の金さんに会えましたか?(笑)

No title

にぽたん、こんにちは♪  **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

フォアグラ&ヒレステーキ丼を食べたあと
まだこんなにも、失われた川を追跡してたのねー。
お仕事しながら、しっかりレポートをまとめる姿勢に
ただただ脱帽。。。\( ̄□ ̄)/ハハァー!!m( ̄_ ̄)m

安藤広重の絵からすると
富士山の見える景色は、すごくキレイね。
一石橋からの眺めも
想像するだけで、素晴らしかったんだろうなぁ。

『満よひ子の志るべ』なんていうのも面白いね。
責任持ってお世話してくれるって
親として嬉しくなったり…。
人情に厚いねェ。。。(´▽`) ホッ♪
いつか『銭瓶橋』にリベンジでしょうか。
お疲れさまでしたー!!

休日のブログの〆はこちらなので
私も脳みそを一休みさせなくっちゃ!! ≧(´▽`)≦アハハハ♪
にぽたんのは、ティラミスかしらー?
私も甘いもの補給ですょ。 <(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ... v-286v-380

No title

にぽぽさん、こんにちは。

歴史に疎い私には、ちょっというか・・・・けっこう、難しい言葉や色々。 ^^:
なんとな~~く分かったような感じで勉強になり面白かったです。
昔は「徳川御三家」というものも「????」な私でした。 >_<:
高速道路やビルが立っていない、せめて明治か大正時代の景色を見てみたいです。

No title

それにしても・・・
すごい趣味だわ~感心しちゃいますよ!!
しかし・・・二つの地図をもって歩く・・・かなり挙動不審・・・かな? 笑)


一石橋とか銭瓶橋付近の銭湯話・・・
私は タモリ倶楽部で見たような気がします。
是非 タモさんと競演してほしいな~にぽちゃん!!
なんか つてありませんか? 笑)

No title

迷子を町内で責任をもって保護するんて、今より
よっぽど治安が良かっんですね。

>樽屋の刻印のない升、樽の使用は禁じられていたので
升を上げ底にしてインチキが出来ないようにしたのね。
専売してた樽屋は悪さはしなかったのかな?

2年だけ派遣をしたことがあり、日本ビルにいたことがあります。
現在の職場は以前日本橋だったこともあって今でも懐かしくて
あの界隈に行ってます。讃岐うどん、畔もなくなってしまって。
栄太郎の喫茶の松花堂弁当が懐かしい。

No title

こんばんは 12月に東京に行ったとき、御茶ノ水から東京駅まで歩きましたが、にぽぽちゃんなら、興味深いものをいっぱい発見したでしょうね。携帯電話をネットにつないでいないので、家でパソコンを見ている夫に「何m歩いたら〇〇がある」なんて実況してもらいながら歩きましたが、そのとき「呉服橋」という名前が。
後で、吉良邸がここにあったときいて、感動しました。
歴史を知れば街歩きは楽しい! にぽぽちゃんのお散歩の神髄ですね。

No title

教の江戸散歩も楽しかった!
この辺にこんなに橋が集中していたなんて全然知りませんでした。
本当に江戸の景色は美しいですね。
町造りの際に、わざわざ富士山が美しく見える場所を計算したかのよう。
今見えあるのは高層ビルのみ(涙)
迷子や尋ね人などの情報を1箇所で管理するって賢いですよね。
今は情報の発信元が多すぎて、逆に情報を集めにくくなってるかも。

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
ダジャレって概念、江戸時代からあったんかな(笑)
隅々まで、江戸のなごりを感じさせてくれるものが
いっぱい。
散歩も目線を変えると、歴史懐古みたいな雰囲気に
なりますね。
多くの方は、サッとスルーしてしまうモニュメントも
掘り起こしてみると、実に意味深いものだと思いました。。。

お江戸

お江戸の頃の風景
絵ではなく実際に見てみたいでするねぇ~(◡‿◡*)
叶わぬ話ですが。。。

こんばんみゃ☆

広重の絵が ちょこちょこ登場するのが
嬉しいですわ
広重、ちょっと好きなの♪
1枚目の絵…
マジ、お江戸の時代には 通りの正面に
こんなふうに富士山が見えてたのかー
すごいなぁ
ビルもない、電柱もない、空気も澄んでる
そんな時代の富士山が見える風景
想像するだけで ぶるっときちゃう
「たづぬる方」、「志(知)らする方」、こんなお話、
初めて知りました~(^0^)

No title

この 現代建築物と 日本の歴史を物語る跡地のギャップが
「日本!」と感じる・・・・
蝦夷 北海道の真ん中には 歴史を物語る跡がない
自然は いっぱい。。だが・・・・・・・

No title

にぽぽさんのお散歩記事を見るたび、
東京って広いなぁ~とヘンな感心をしています^^
地方者には到底たどり着けそうもないロケーションだなv-356
とはいっても、3月はいつもの大阪ではなく東京への出張。
迷子になること必至v-406
今でも「迷い子のしるべ」があったらいいのにぃ~。
って、「たづぬる方」がいないから、そのまま放置されるか(TωT)

お江戸散歩

しばし、時空トリップして楽しかった♪
三つの石標は、いざという時は現代も通用しませんか!
江戸の庶民は子どもを大事にしていたそうですから。
その切なる想いも伝わりました。
五斗+五斗は後藤家だから?……(^_^;)
両国の博物館で、当時の日本橋界隈の賑わいを見ましたが。
なんかウキウキする雰囲気が溢れてますよね♪

Re:hisamiさん

江戸時代の景色が、こんな風にかわるんですものね。
これから100年後の景色はどんなだろうと思います(^^

Re:berry-berryさん

お江戸のど真ん中だった街は、一番江戸から遠い景色になってしまいましたねぇ。
今のように、国の福祉制度なんていうものはなかったので、町内でやらなくてはいけなかったそうです。
だけど、今よりずーっと”人として、お互い助け合う”という感情は、みんなが強くもっていたのかも・・・と思ったりします。

Re:こまさん

江戸時代の景色といっても、たったの150年ぐらい前なだけなんですよ。
その間に、鉄道がとおって、ガス灯がともり、電気になり・・・すごい変化ですよね。
考えてみれば、インターネットなんていうものだって、にぽぽが子どものころには想像もつかなかった物ですもんね。
これから150年先は、どんな世界になっているのかなー、なんて思いながら昔の景色を見ています。

Re:イノぶたちん

お江戸の散歩も、思い返せば4年。
当初は持っていなかった江戸時代の地図らや、グッズも増えてますますビョーキは深まります(笑)
タモさんのブラタモリは1回した見たことがないのですが、いっしょにお散歩したいですよー。
ロケの日にちわかれば、こっそりついて回りたい(爆)

Re:ソーニャさん

ここ数日、立川市の親子が亡くなっていたニュースとか、山口みえさんが亡くなっていたニュースが続いて、ブルーな気持ちになっております。
江戸時代は、今よりずーっと不便で貧しい時代だったけど、となり近所の関係は濃厚だった。
どっちの世の中が幸せなんだろうか・・・なんて考えてしまいました。ちょっと暗い・・・(^^;
樽屋さんが悪さしたかどうか、そこは問題ですよね。
水戸黄門のドラマだったら、悪者になりそうな立場ですね(笑)

Re:ようこさん

東京は、いつ行っても新しい街なのですが、実は歴史が折り重なっているんですよ。
くまさんの実況ナビ(笑)
すごい贅沢ですね!!

Re:タヌ子さん

江戸の街は、江戸城を起点にして浅草の隅田川まで、“の”の字に水路がめぐらされていたのです。
どこにでも船で行けたんですよ!
ちょっといいなーと思うのですが、今そんな街並みを復活することは不可能でしょうね・・・。
3.11を前にして、いろいろなところで防災訓練が行われています。
シンプルに的確な情報を入手できることが一番大事だけど、今はいろんなことが便利なようで複雑ですよね。

Re:hirokunさん

ダジャレ・・・っていう概念はなかったかも(笑)。
言葉遊びは盛んだったようですけども。
東京駅から江戸城までは、大名屋敷だったので大きなビルを立てやすい土地でした。
反対に、外堀から日本橋までは町屋エリアだったので、今でも小さい雑居ビルや飲み屋さんがひしめき合っています。
景色は変わっていますが、街の区画に江戸が残っているんですよ!

Re:あいりっしゅさん

タイムマシンが開発されないかなーって思いますね(笑)
その場にいけなくも、望遠鏡で眺められるようなものでいいんだけどねなぁ(^^

Re:こまいぬさん

広重の絵、にぽぽも好きなんですよ~(^^
人物が入っている絵もかわいいし、なにより江戸時代の景色がよくわかります。
ちょっと誇張されていたりするみたいだけど。
富士山が見える江戸の街並み、叶うことなら見てみたいなーと思います。

Re:MOMOさん

ほんの150年ぐらい前は、ぜーーーんぶ木造。
鉄筋なんていうものもなければ、プラスチックなんていうものもなかったんですよね。
すごい変化!!
北海道にだって、縄文時代の遺跡もあるし、江戸時代の遺構もありますよ!!
あとはアイヌの文化。
これはにぽぽにとって、ぜひ見たい、知りたい!という事です。
お江戸文化の区切りがついたら勉強したいです♪

Re:サプリメント管理さん

外回りの営業だったころ、一日中都内を歩いて回って、今日はよく歩いたなーと思ったら、行動範囲は江戸城の敷地内だけだった!ということがありました(笑)
面積だけ見ると狭いんですけど、やけに広いと感じます。
不思議な街です。
そして、道は複雑なんですよねー。
JR、私鉄、地下鉄の乗り継ぎなんて、東京と名のつく場所にすんでいるにぽぽも、路線図見ながらじゃないと移動できません!!

Re:だんだんさん

迷子の石標は、今でも必要だけど、知らせてくれる人がいるかどうかが問題ですよ!
ほんとーに、見て見ないふりの人が多いですからねぇ(TT)
幕末になって日本に来た外国人たちは、日本の子供が大事にされている事にとっても驚いたようですよね。
失われたものは、景色よりも日本人の心なのかも!!
Secret

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。