08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日2月8日 事始め

ども にぽぽ です=*^-^*=





本日は旧暦だと2月8日で、“事始め”です。


“事始め”は、正月を納めて通常の生活を始める日であり、12月8日の“事納め”とセットで“事八日”と言われます。

12月8日を年を納めて正月の準備を始める日として“事始め”、2月を“事納め”とする地方もあります。
ここがややこしいのですが、もともと“事始め”は2月8日に農家がその年の作業を始めることを意味しており、2月を“事始め”とする場合は農事に関するもの、12月を“事始め”とする場合は正月に関するものの場合が多いようです。



この両日は、武家も町屋も竹竿の先に目籠をつけて、軒に高く掲げました。

     鮮斎永濯『温古年中行事』事始め

ニンニクや目籠を庭先に置くという地域もあるようですが、これは、天からもたらされる災害や病魔を防ぐためのオマジナイでした。


特に東日本では、妖怪や厄神が家を訪れるという伝承が多く、この日に現れるので有名なのが“一つ目小僧”です。
目籠を使うのは、“一つ目小僧”は目がたくさんあるものを嫌うからなのです。



新品の籠を使ったそうなので、籠屋さんはこの時期大忙しだったかもしれません。

節分の鬼は柊、一つ目小僧は目籠・・・
こんなもので追い払えるなんて、日本の妖怪ってかわいらしいですねぇ(^^




2月8日には“針供養”(2009年2月9日の日記⇒ 2月8日の針供養 )も行われますが、これも針(=目が一つ)を使わずに休めることが、一つ目小僧を鎮めることになっていたとか。

そういえば、屋根から沢山の目籠が出ている景色と、お豆腐に沢山の針が出ている風景は、なんだか似ている気がします。



さて、“事始め”に食べるのは“御事汁”です。

201202事始め


魔除けの呪力をもつと信じられていた赤小豆の他、ゴボウ、イモ、ダイコン、豆腐、焼き栗、クワイなど野菜を6種類入れて味噌で煮込んだものです。
無病息災を願って食べました。



6種類の野菜を煮るので“六質(ムシツ)汁”とも呼ばれ、無実汁と語呂合わせされ、無実の罪をまぬがれることができるとされました。

天からの災害からも、人がもたらす災害からも逃れることができる汁という訳です。




旧暦に注目すると季節の行事や昔の行事食に関連する日記になります。
行事食というからには、普段の食事より、ちょっとご馳走だったのだろうと思のですが、ささやかですよね~。

現代の食事からすれば、どこがご馳走なのだという感じ・・・。
それだけ、今は普通が贅沢なのかもしれないなぁ~というか、食べ過ぎ(汗)を反省したりします。
 
昔の食事を意識して生活したら、すごく健康になりそうです(笑)





今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : みんなに知ってもらいたい
genre : 日記

No title

“御事汁”美味しそうだわ(笑)
確かに御馳走とは言い難いけど
お祝い事ではないからいいのかな?

私は肉も魚も好きじゃないから
却ってこういう方が出されて嬉しいかも♪
(でも健康じゃないのが悲しい所)

No title

御事汁、滋味深くて体にも心にも美味しそう。
今の時代、この食事がご馳走ではなく地味飯に見えるのは
贅沢なのか、何か見失っちゃってるのか、両方なのか……。
ところで私は、主人のパソコンの設定をおかしくしたと
いわれのない疑いをかけられています。
無実汁が必要です。
やってましぇん!

No title

こんばんは
昔の人は病気や死を極度に恐れますよね。健康保険も生命保険もなく、備えができなかったからでしょうね。少しでも縁起の悪いものを遠ざけようとする気持ちわからないでもないですね。

No title

針供養はそんな意味があったのですね!!!

あと、「御事汁」初めて知りましたv-237
昔の行事と食、今も受け継いでいきたいですね~(^^)
 
密かに私、にぽぽさんの日記の旧暦行事&食をスクラップして本にしたいと思ってたりします(^^)v
来年からは、ちゃんと、その時その時で、小豆粥作ったり、御事汁作ったりしたいなぁと(*^^*)

No title

大蒜が丁髷の時代にすでに日本にあったんことに驚き。
ピラミッドの重労働の代金代わりに大蒜を支給していたと
聞いていたので、ジャガイモと同じぐらいの伝来だと思ってました。
でもでも当時大蒜はどう料理されてたのかしら(?_?)

御事汁って焼き栗が入っていなければけんちん汁ですね。
クワイが手に入ったら作ってみたいです。

一つ目小僧って悪さする妖怪のイメージがありません。
塗り壁、一反木綿が浮かぶのは鬼太郎の影響かしら?

No title

こんにちは

2月8日が事始めって初めて知りました。
ひょっとして、以前読み聞きしていたかもしれませんが、
最近の記憶力では・・・(^^;)

“御事汁”おいしそうです。
カレーライスやハンバーグが大好きですが(子どもか・・・)
最近、こういう食事でも全然平気で美味しくいただける
ような身体になってきました。
それは歳のせいかと思うと全然うれしくないけど(^^;)

No title

昔の風習~&昔の食事
理にかなった意味があるんですね☆
こう言うの食べてれば健康になれる!
分かってても~現在の物が溢れてる中の
節制は~修行ですなぁ~・・・(爆)

No title

お味噌かぁー (*`ロ´*;)
てっきりね、小豆かと(笑)
おしるこっぽいお色してるから、おしるこにゴボウとかがはいっているのかとー(笑)
だとしたらすごい組み合わせだと思ってしまった(〃 ̄ω ̄〃)
確かに現代の感覚からすると、ご馳走っていうのとは違うけど、、、
でも昔はこんな風に具だくさんにすること自体がご馳走だったんだろうね。
そして、それで無病息災を願う行事なんだものね。

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
旧暦は注目しています。
切り込んでいくと、日本の文化や風習をもっと
楽しめる感じがします。
新しい風習に馴染めないので、伝統的なものに
惹かれます。
ただ、御事汁はね。
食べれそうもないなぁ。
甘いでしょ。
栗やクワイが入ってるのは斬新ですな。。。

No title

にぽたん、こんにちは♪  **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

竹竿に目籠…
笑えちゃう風景だけど、当時は真剣だったんですよね!!
一体一つ目小僧が、何をすると思ったんでしょう。

今は食が豊か過ぎて、何がご馳走なのか
もうわからなくなっているけど、
節目節目で、意味のあるご馳走をいただくって
もう一度、考え直すのもいいかもしれないね。
これが美味しいのかは?ですが
無病息災を願ってのこと…。
一生懸命食べたんだろうなぁ。
語呂合わせもなるほどです。  ∈( ̄o ̄)∋ ホーッ。。。

おにぎりの混ぜ混ぜの具はなぁに?
御事汁もろもろ、にぽたん作ですか?
スゴ過ぎですー!!
☆。、::。.::・'゚\\ ̄(エ) ̄)♪パチパチ♪( ̄(エ) ̄//゚'・::.。::、。☆ v-286v-380

はじめまして

こんにちは。
事始めのことを調べていて、こちらのBlogにたどり着きました。
お写真やイラストなどで事始めについてとてもわかりやすくまとめられていて大変勉強になりました。事後報告で申し訳ありませんが、こちらのBlog記事を紹介させていただいております。
失礼がありましたら削除などもいたしますので、どうぞお申し付けください。

見ず知らずの者ですが、ありがとうございました。

No title

目籠を高くあげて一つ目小僧よけですか・・・
昔は妖怪や鬼などをすごく恐れていたんですね。
まだ原因不明の病死とか多かった時代だから
妖怪の仕業にしていたのでしょうか。

御事汁、いいですね。植物性タンパク質や食物繊維たっぷり。
今の時代にこそ食べたいメニューですね♪

目籠

大変勉強になる解説でした。
関東の行事は、殆ど知らなくてね。
上京して知ることの何と多いことよ!
持って生まれたと言いましょうか。
月遅れ行事は忘れないけど。
こちらの暦に慌てる事がしょっちゅうなんです(^_^;)
軒に立てる目籠は、珍しく分かりやすいですね♪

No title

2月8日はキタロウパパには災難の日だったんですね
東洋、西洋両方の怪物を退散させる効果のある大蒜、強力ですね。
匂いの強いものを嫌う日本人がニンニクを栽培していたっていうのが意外だけど、薬用だったのかしら?
そういえばフランスのクレープを食べる日(今年は2月1日と2月21日)も農家の人の仕事始め=春の訪れだったと言われてます。
クレープが丸いお日様のイメージらしい。
小豆をお味噌と合わせるって現代人にとっては新鮮だけど、昔は普通の調理法だったのかもしれませんね。
写真はにぽぽさんが作られた御事汁ですか?
お味の方はどうだったのかしら?
これからもにぽぽさんの行事食の紹介が楽しみ!

No title

御事汁は、普段のご飯にも
ピッタリのヘルシーメニューですね♪

Re:ROUGEさん

お味噌と小豆の組み合わせって、普段のお料理ては出てこないですよね。
オマジナイって雰囲気がありました。
野菜をごろごろ入れた汁ものって、体があってまって元気になるような気がしますよね(^^

Re:comichikoさん

わあ、お久しぶりです!!
滋味深いという表現は、御事汁にぴったりです。
現代は、食べる意味を見失ってるというところ、ありますよね~。
といいつつ、にぽぽもテレビを見つつ、ひたすら手と口がもごもご動いていたりすること多いです。
で、胃がもたれる・・・食べ過ぎて体調悪いって、本末転倒!!
パソコン破壊の容疑、これは無実汁が必要ですね(笑)

Re:ようこさん

医学も今ほど進んでいなかったですしね。
病気は天からやってく災いという感覚だったのでしょうね。
オマジナイ的はものが、江戸時代は本当に多いです。
宗教という感覚とも違うようなので、なんか、純粋だなぁ~って感じます。

Re:サビオちゃん

1月4日にはもう、お正月が終わって仕事始めとなる現代と比べると、お正月を納めるのが2月ですもんね。
ゆったりしてますよね(^^
旧暦行事と食に興味を持っていただいて、とっても嬉しいです。
これから12月まで、しっかりお江戸行事を綴っていかなくちゃ♪、がんばりますね!

Re:ソーニャ

ニンニクが日本にきた次期は、よくわかっていないようですが、平安時代には薬用植物として記録があるようです。
あの臭いなので、貴族や武士には嫌われたようですが、鹿児島などでは実は滋養食として食べられていたような気配がありますよ。
写真の御事汁は、にぽぽが作ったので、具材がけんちん汁になってしまってます(汗)
本当はこういうものという資料が見つからなかったのですが、小豆と野菜を味噌で煮たものということは間違いないようです(笑)

Re:ちびたさん

江戸時代以来の行事は、ほとんど現代では忘れ去られてしまっていますもんね。
にぽぽも、江戸時代に興味が出てから、改めて知ることばかりです。

> カレーライスやハンバーグが大好きですが(子どもか・・・)

子どもかっ!!(笑)
でも、わかる~、カレーやハンバーグは、大人になっても好きですよね。
御事汁も、野菜大きめのお味噌汁のようなものなので、抵抗なく食べられると思いますよ(^^

Re:hisamiさん

今みたいに、贅沢が普通レベルではなかった時代、6種類も野菜を入れるなんて、とても贅沢だったのだろうなと思います。
そういえば、おばーちゃんの作ってくれるお料理は、お客さんが来る時は天ぷらとか煮ものとかの野菜の種類がたくさんだったなぁ・・・と思いだしました。
丁寧に思いを込めるということが、本当のご馳走なのかもしれませんよね。

Re:もこりんさん

お汁粉みたいでしょ!でも、甘くないよ(笑)
お味噌汁に小豆をいれたらそんな色になってしまったんですよ。
小豆ってすごい影響力だわ~と思いまいたよ(^^

Re:hirokunさん

江戸時代の行事って、とても多くてびっくり。
現代のように、日々の忙しさいとらわれているととてもこなせないと思いますが、本当の心の豊かさって、こういうものなのかもしれないなーと思ったりします。
御事汁は野菜のお味噌汁って感じです。
小豆を入れたので、お汁粉みたいな色になってしまいましたけど、甘くありませんよ!
栗の甘さというのはありますけども。

Re:berry-berryさん

一つ目小僧に目籠とか、節分の鬼にイワシとかね(^^
のどかだなーと、つい頬が緩んでしまいますよね。
今は贅沢が普通すぎて、感覚がマヒしてしまっていますよね。
食べることは生きることって思うと、贅沢でおいしいものを食べ過ぎて、体を壊したりすることっておかしいですもんね。
おにぎりは、十六穀米です。
にぽぽはもともと、白いご飯よりも、雑穀が好きなので、にぽぽがご飯を炊くと十六穀物とか麦飯とかになります。
家族には不評・・・おいしいのにね(^^;

Re:雑草屋さん

訪問、コメントありがとうございます。
このブログを紹介していただいたとは、恐縮です(汗)
また、機会がございましたら、ぜひお越しくださいね!

Re:まりさん

今のように、医学も発達していない時代なので、病気はすべて天からやってくる災いだったのですね。
地震も、大ナマズが暴れていると思われていたそうです。
本気で!
現代ならば、そんなバカなと思いますけど、情報も科学もまだまだ発達途中だった時代のことですもんね。
にぽぽ家では、小豆をお料理に使うことがほとんどないのですが、御事汁を作ってみて、小豆っていいかも!と思いました。
やわらかくするまでがめんどくさいですけどね(^^;

Re:だんだんさん

島根とこちらでは、行事がちがうのでしょうね。
というか、出雲文化圏ゆえ、いろいろな違いがあるようなことを、司馬遼太郎さんの本などで読んで、興味深なーと思ったりしています。
にぽぽも、江戸の本を読んで、知ることばかりです。
江戸の文化ですから東京の文化・・・ではないですねぇ。
東京の文化って、なんだろうかと、改めて思う事もあります。

Re:タヌ子さん

そうか!!
一つ目小僧といえば、キタロウパパですもんね(笑)
大蒜が日本でお料理に使われるようになったのは、明治以降のようですが、“物”としてはあったようです。ややっぱり薬として使われていたのかなぁ?
フランスのクレープを食べる日も、農業にかかわる行事だったのですか。
なんか、親近感を覚えます。
たしかに、クレープの黄色はお日様みたい♪
御事汁は、にぽぽが作ってみました。
入れた野菜がけんちん汁みたいになってしまいましたが(^^;
栗を入れてみたので、味噌に栗の甘さがとても美味しかったです♪

Re:らいむさん

にぽぽ家は、小豆をお料理に使うということがあまりないのですが、御事汁を作ってみて、もっと利用したいなーと思いました。
とても美味しいと感じたのは、体にたりていないのかな?
お江戸のメルシーメニューをもっと調べて取り入れてみたいと思っています(^^

No title

御事汁ですか~
小豆と味噌ってどうなんだろうな~
ちょっと想像してごらん・・・・・・・・・・・・・・ v-351
試してみようかな~ ^^)

一つ目小僧!! 私もニンニクかざらないと!!
こわいわ~!!

Re:イノぶたちん

小豆は入れても、お砂糖は入れないので、味噌味なのだけど、色は見事に小豆の影響を受けますよ。
不思議な色で(笑)
一つ目小僧が来ても、あんまり怖そうじゃーないけど、本当にいたら、びっくりするよね!
Secret

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。