04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良 2010年夏・旅2日目 飛鳥を行く-その2-

ども にぽぽ です=*^-^*=





天武・持統天皇稜を傍らに見ながら、ひたすらペダルをこぎ続け、実は駅前で買ったお茶のペットボトルが空になりそうな勢い。
お茶じゃなくて、スポーツドリンクが欲しい・・・と思っていたところ、田圃の真ん中に自動販売機が沢山の休憩場所を発見。
よかった!!

スポーツドリンクを買い、出発しようとおもったそのすぐ横に、どでかいカメ!!

P9130510.jpg

これは見たいと思っていた“亀石”。
あまりにさりげさすぎて、見落とすところだったよ、あぶねーあぶねー。
このカメさん、いったい何故にここにカメなのか?はっきりと何のために作られたのかわかっていないらしいですが、昔むかし、大和が湖であったころ、湖を挟んで川原の地と当麻の地にけんかが起こり、その巻き添えで死んでしまった沢山の亀を村人達は、亀の形を石に刻んで供養したそうです。カメは南西を向いていますが、もし西を向いて当麻を睨みつけた時には時大和盆地は泥沼になるという伝説が有ります。
こんなに長閑なカメなのに、あな恐ろしや!
侮ってはいけないのです。



“亀石”からさらに東に進むと、田圃の真ん中にお寺が現れます!

P9130511.jpg

例年ならばこの時期、田圃の畦咲き誇る曼珠沙華が見られるハズだったのですが、陰も形もなし。


このお寺は“橘寺”といい、聖徳太子の生誕の地に太子自身が創建したといわれています。

P9130521.jpg

ずいぶん長閑な場所で聖徳太子は生まれたんだなぁ~と思ったら、当時はぜんぜん長閑じゃなくて、華やかなりし飛鳥の都に程近い場所だったのです。


こんなだったのよ~!

P9130583.jpg


創建当時の建物は火事で焼失してしまい、現存するものは江戸時代に再建されたようですが、いろいろと見所はある中でにぽぽが気に入ったのはこの仏像。

P9130519.jpg

立膝なんかしちゃって肘ついちゃってリラックスしている姿が人間臭くていいじゃないか♪

と思ったら、これは六臂如意輪観音像といって、この座り方は淋王坐というきちんとした座り方なんですって。
遠めでよくわからなかったけど腕は6本あるんですって。

左の2本は、蓮華を持ち、指をさしているところには宝輪。
右の2本は、煩悩を砕く如意宝珠を持ち、頬に宛がった腕は思惟の形をとっている。
あと2本がよく見えないけど体を支えるのに降ろしている右腕と、数珠をもっている左腕。



橘寺に道を挟んで対面しているのは、川原寺。

P9130523.jpg

斉明天皇が住んだ川原宮跡に、斉明天皇没後息子の天智天皇が川原寺を建てたそうです。
メノウの礎石と門前の塔跡が現存し、贅を尽くしたお寺であったことを物語っています。

当時の姿はこんな感じ。

P9130586.jpg



橘寺と川原寺に挟まれた道は、まるで滑走路のようにまっすぐ。

P9130524.jpg

ここを行けば、石舞台古墳につきます。
とばすぜー!!とペダルをこいでいくと徐々に登り坂・・・うううっ。



だめだ、お腹もすいてきた。

飛鳥は広い!
飛鳥は悠久のロマンがある!

だけどお店が少なすぎる!
なので、お昼を食べ損ねる心配がなくもなくもない。



石舞台古墳への道すがらにある“飛鳥藍染館”

P9130526.jpg


作り酒屋だった民家を利用しているそうで、趣のある建物です。

P9130527.jpg


土鈴と藍染のお店ですがきんつばも美味しいと評判。
きんつばを焼く作業台の窓をフレームにして、向かいの民家が絵のように見えます。

P9130529.jpg

京都の町屋は屋根がまるーいのですが、奈良の民家はすごく無骨というかガシっとした感じで、京都の建て方とぜんぜん違うので驚きました。



P9130528.jpg

たっぷりの冷たい蕎麦茶が嬉しい。

NHKアナウンサーだったオーナーが打つお蕎麦などの食事もできます。
シーズンオフの平日、この日のメニューは蕎麦御膳のみでした(^^;

P9130530.jpg


手打ちのお蕎麦は“二八”。

P9130532.jpg

そして蕎麦のコシ、するっとした喉越し、濃い目の汁で美味しいお蕎麦でした♪




“飛鳥藍染館”を出てなんとなーく坂を上るとある石舞台古墳

P9130537.jpg


うわーー!!
普通は土の中にあるはずの石がむき出しで、なんでだかドキドキします。

     P9130539.jpg


もともとは土のある方形墳だったそうですが、封土が失われてしまったのだそうです。
被葬者は不明だそうですが、7世紀初めに作られ、この地が蘇我馬子の庭園だったことから馬子の墓であるという説が有力だそうです。



石室に入る事ができます。

     P9130542.jpg

石室に入って上を見上げていると、自分が埋葬されたようなみょーーな気分。


石棺はすでになく、石室にのこされていた石の破片から推定復元されたレプリカが置いてありました。

P9130544.jpg



石舞台古墳を後にして、橘寺の方に戻るような感じにペダルをコギコギ。
一面稲の海。

P9130547.jpg


この稲の海一体が飛鳥の都があった場所なんですけど、にぽぽが探すのは、板蓋宮跡!
この稲の海のどこかにあるはずなんだけど・・・

あった!

P9130548.jpg


この板蓋宮は、川原宮に移られる前に斉明天皇(この時は皇極天皇といった)が住んだ場所です。

P9130549.jpg


当時の位置関係はこうなってます。

板蓋宮跡

そして、中大兄皇子と中臣鎌足が蘇我入鹿を暗殺した乙巳の変(いっしのへん)の事件現場(と伝えられている)!
この事件から“大化の改新”が始まったんだなーと、脳みそを飛鳥時代に飛ばして妄想にふけるのも楽し♪



稲の海を出て西?へ向かって進む右手に出現するのが、“酒船石遺跡”。

P9130553.jpg


小高い丘の上には、まったく用途不明の石像物である“酒船石”があります。

P9130554.jpg


平成12年にその北側の丘の下に“亀形石造物”と“小判形石造物”が発見されました。

P9130556.jpg


岡の上の“酒船石”から岡の下に置かれている“亀形石造物”に水を引いていたのではないかと推測されたのですが、この二つは別の遺構であることが確認されました。

P9130557.jpg

P9130560.jpg

さらに深まる“酒船石”の用途・・・。
水が流されて使われた形跡があり、何かしらの祭祀がおこわなれたもののようです。



飛鳥寺はそんな“酒船石遺跡”のすぐ近くにあります。

P9130564.jpg


当時の位置関係だとこう。

飛鳥寺


このお寺は石舞台古墳に埋葬された(と推定される)蘇我馬子が建立した日本最古のお寺です。
近年の発掘調査では、東西200m、南北300m、金堂と回廊がめぐらされた高句麗式の壮大な伽藍だったことがわかっています。
現在は、江戸時代に再建した講堂のみが残っています。

P9130562.jpg



このお寺に祀られている飛鳥大仏は一見の価値も二見も三見の価値もありです。
しかも、写真は撮り放題!大盤振る舞いのお寺です。

     P9130572.jpg

606年に作られたもので、東大寺の“奈良の大仏”よりも150歳年上、シャープな顔立ちをしていらっしゃいます。
この大仏様は右から見ると強いお顔、左から見るとやさしいお顔にみえるそうです。

     P9130569.jpg

     P9130571.jpg



飛鳥寺の裏側にひっそりと建っているのは、乙巳の変(いっしのへん)で暗殺された蘇我入鹿の首塚です。
板蓋宮で入鹿を暗殺した中大兄皇子と中臣鎌足が作戦本部の談山神社へ引き上げるのを、切断された入鹿の首が執拗に追いかけます!
途中で二人を見失った首は、自宅に残る父・蝦夷の事が心配になり方向転換して自宅に向かい、首塚の場所で力尽きて落下したという、そんなバカな?!というお話しです(^^;

P9130573.jpg


首塚の背に広がる甘樫丘(あまがしのおか)には、要塞のような蘇我家の御殿が建てられていたそうです。

甘樫の丘


また、飛鳥寺は中大兄皇子と中臣鎌足が蹴鞠会で最初に出会った場所と言われています。
そんな皮肉な場所を眺めながら、何世紀も眠ることになるなんて、複雑な心境でしょうね・・・。

P9130574.jpg



すっかりと体の一部のように馴染んだ自転車のサドルから、かつては都であった田圃を見渡す。

P9130587.jpg

空を渡る風が、何かを語りかけてくるような気がして、何度も、何度も後ろを振り返りつつ飛鳥めぐりを終えたのでした。


橿原神宮前駅から奈良へ帰ります!

P9130588.jpg


いやー、しかし!
この日は朝にフレッシュジュースを飲み、お昼にお蕎麦を食べたきりで、あとはひたすらスポーツドリンクを飲みながら自転車を走らせていた訳です。
やたらとお店などなかった古の時代の状況を体感したかのようなストイックさでした。

P9130590.jpg

橿原神宮前駅から大和西大寺駅に戻って、構内カフェでせんとくんカフェラテと、デニッシュで一息つきました。




次回もしつこく、奈良の旅2日目が続きます。
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

NoTitle

なんか読み混んでしまいました。 ^^)
亀石から首が移動する? 笑) なかなかすごい話ですね~
入鹿って人だよね~ 笑) 執念が・・・って例えでしょうが怖いわ~
六臂如意輪観音像の様な立ち膝スタイルいいね!!正しい座り方だったのですね!!
そして飛鳥寺の大仏様 シャープだけど 顔がでかい感じ 笑)
確かに左右で顔の印象が違って見えます。
せんと君これは型貫きの絵だよね~
お疲れ様

NoTitle

おはよーございます。
亀さんなんか寝ぼけているように見えます←私だけ?
肘つき六臂如意輪観音像は下界の人間の様で親近感が
湧きますね。
初めての土地に行くと一番に探してしまうのが食事処。
にぽぽしゃんも同じと知って安心安心。
でも、眠い・食事が出来ない時はベラボウに機嫌が
悪くなるソーニャと指摘さりれます(汗)

NoTitle

こんにちは~。

そうなんです。わたしは歴史マニアなんです(笑
わたしの母方は京都の旧家で時代を平安まで遡るのですが、
うちにしかないネタがあったりして、そこから興味をもちました。
なので、古代史が一番好きなんです~。

しかし、乙巳の変、わたしの時代は大化の改新だったのに~

NoTitle

セントくん、上手に書けてますね。
むかしむかし、飛鳥あたりを車で通ったことあるけど広かったー。そこを自転車で走ったのね。お疲れさん。
最初の亀さんの石は先日テレビでやってましたよ。

こんばんは(^^)

蕎麦御膳、美味しそうe-266
久しく食べてないなぁ・・・

大仏さま、本当に右からと左からとで表情が違うのですね(・・;
驚きですe-330

せんとくんのカフェラテまであるんですね(笑)

NoTitle

わぁ~!
如意輪観音様大好きです♡
この、物思いにふけっているスタイルが色っぽいですよね~!

大仏様もステキ☆
最近お寺巡りも出来ていないのでにぽぽさんの旅が
とっても楽しみです♪

せんとくんカフェラテかわいいですね!

NoTitle

いつもにぽぽちゃんの旅は盛りだくさんだよね
カメちゃん・・・犠牲になっちゃったのか・・・かわいそうに
古墳、すごいね見てみたい!!
詳しい解説付きで楽しませてもらいました~♪

NoTitle

こんばんは~。
なんだか 私も一緒に歩いている気分。
にぽぽちゃんが石舞台の中に入ってるところでは、
背中のあたりがゾワゾワ~。
なんか 居る???
妙な気分になちゃったよ~v-39

しかし、
奈良って。。。なんかすごいね。歴史の宝庫だね。
田んぼの中に史跡がポコポコ現れる感じ、
岡山と似てるかも。

そういえば、息子が岡山で通った高校は その昔
奈良の大安寺の荘園があった場所に建っているとかで・・・
大安寺高校っていうんだよ。。。毎年 受験前にはわざわざ
PTAの代表が合格祈願に奈良まで行くんだって。。。。

こんばんは♪

にぽぽちゃん、今日も全力疾走・・・お疲れさま。
今日もお昼抜き?って心配しましたが
美味しそうな二八蕎麦・・・良かったですね。

大仏様は、確かに左右でお顔の印象が違いますね。
写真取り放題って、なんかお得感がいっぱいですね。(^^v

カフェラテのせんとくん、混ぜちゃうのが勿体無いですね。
にぽぽちゃん、今日もステキなレポありがとう♪
とっても楽しませて頂きました。(*^^*

飛鳥を行く

飛鳥の都、長閑な田園風景が広がる中に、当時を偲ばせる遺跡がちらほら。
そんな状態で残っていて良かったと思います。
下手に開発が進んで、ビルなどが建っていたとしたら、目も当てられませんものね。

自転車

にぽぽ氏 おはようございます

なんと自転車で奈良まで走ったのですか!  歴史探究の旅に
旅立ったのですな 
 むむ 恐るべし にぽぽ軍曹の 酒パワーと蕎麦パワー

お米が美味しそうじゃ 

コメントありがとうございます

 物は大切に使い続けたいですねぇ  しかしアナログ放送終了
テレビをいつ買い換えるか迷いながら まだ買い換えてないですよ
 見れなくなるまで粘ります  大分値段も落ちてきて
安くなってきましたね 

NoTitle

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
田園の中に、ポツンとお寺があるのが、同じ古都でも
京都とは違った趣がありますね。
あんまり観光客はいなかったんですかね。
のどかな感じがしますね。
石室なんてのに入れるのも、貴重な体験じゃなかった
でしょう。
チャリで一日お疲れちゃんです。。。

NoTitle

いいなぁ~
のどかな田園風景~稲の海の中を
自転車すっ飛ばして~~
私も走りたい♪

NoTitle

遥か昔に学校で習った名前が続々と登場して、懐かしかったです!
馬子だの入鹿だの、動物園みたいな一家だ!と思ってたので、歴史音痴の私でも忘れなかったんだなぁ。
再建された橘寺、随分簡素化されちゃったんですね。
聖徳太子が建立したお寺なのに、ちょっと寂しい気もします。
昔田畑だったところが都になるってことはあるけれど、昔はこんなに立派な都だったのに、今は田畑になり、昔の御殿跡でお米を作ってる人がいるなんて、面白い。
奈良の都でとれたお米はどんな味なんだろう…
飛鳥寺の大仏様、神々しい御顔ですね。
普通こんな重要文化財は撮影禁止なのに、奈良の人は大らかでいいなぁ。
せんとくんカフェラテ・・・・なんでも商売に取り込む日本人って素晴らしい(笑)

NoTitle

石舞台って、本やTVでは見たことがあるけれど
実物を見たことがないので、見てみたいと思っています。
奈良って、こういったものが、「文化遺産」という仰々しさではなく
フツーに 野原にぽつんと存在するんですね(笑
京都とはまた違った魅力だなぁー。

NoTitle

亀は、自然の形だと思ってました。。。
だって、飛鳥は高校の遠足で行ったきりだよ。
にぽたんのレポート見て、お散歩行きたくなったよん。

たしかに、これだけ写真撮っていると整理が大変なのに、
まぁ、よく調べていてびっくりでーす!

NoTitle

にぽたん、こんにちは♪ **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

連休最終日は、ゆっくりされてますか?
にぽたんの熱いレポートは、
私も最終日にと、残しておきました。
お写真クリックしながら、のんびり楽しませてもらいましたょ。
奈良は、実にのどかな風景で
あんまりいじられてないところがいいですねー。
位置関係の地図を見ても、見渡せちゃいところなんか…
ここをチャリで散策するとは、にぽたん、ご苦労であった。

結構修学旅行以来、行ってないっていう方がほとんどの奈良…
教科書でも最初の方に出てくるお話を
にぽたんレポートで、また思い出させてもらったり
興味深いお話を聞けて、よかったな。

最初の仏像、確かにリラックスムードに思えたけど
私、芸術的~♪って思ったょ。
飛鳥大仏も見れて、よかったねー。
それを見せてもらえるのは、私もラッキーね♪

コーヒーアート『せんとクン』、キマッたね!! d=(´▽`)=b ィェーィ♪

この連休にようこさんが来ました。
にぽたんの記事はすごいよね…って。
お互いにぽたんの大ファンですから。
にぽたんもフィット乗ってるのが、嬉しい♪  \(*´∇`*)/
 v-286v-380

NoTitle

にぽぽさんに案内されながら
観光してる気分で~す♪
観光ガイドになれますよ~!

せんとくんカフェラテ、うまく書けててかわい~☆

盛り沢山!

にぽぽちゃんのリポは、本当に盛りだくさんで楽しい
そのへんの「観光案内」や「史跡めぐり」なんかより
よっぽど読み応えがあるぅぅ
じっくり読ませてもらいました~(*^-^)
のっけから 漫画のようなお顔の亀石に笑っちゃったわ
テレビなんかでよく見る「石舞台古墳」、石室の中に入れるのには
ちょっと驚いちゃったよ すごいね
飛鳥大仏、思わず拝んでしまいそうになった
ほんと、右と左じゃ表情が違う
実際に見て見たいなぁ
って、ありがたさに浸っていたら きゃ~
せんとくんのカフェラテ!
まいりましたわ~
蘇我入鹿だの大化の改新だの、すっかり忘れていた単語たち、
懐かしいねぇ(*^^*)

自転車大活躍!

にぽぽさん、飛鳥は初めてだったんですか?
歴史に詳しいから、すでに行ったものと思い込んでた。

読んでいて、また行きたくなりましたよ。
飛鳥が好きで、二度行ったのよ。
どちらも自転車で、しかも一度は大雨でずぶ濡れになって!
古墳だらけよね。
飛鳥寺の大仏さまにお会いして、気持ちがスーッと落ち着くのは何故?
高松塚古墳も観たけど、壁画は今はどーなってるでしょうか。
まだ修復中よね、きっと。
どうも、食べ物下調べに疎くて、失敗してるなぁ~
にぽぽ女史を見習おう・・・
頑張って全部回って見てくださいませね~。
魅せられし飛鳥になりますよ!

NoTitle

前回の「猿石」に続いて、今回は「亀石」っ!
えぇ~っと、この大きな石は、亀がどんな感じに・・・・と見入ってしまいました。 >_<:
すると、だんだん「上の部分がお皿か何かで、左下に部分から顔が覗いていて・・・・右下の部分がチョコンッ♪と出ている手に・・・と見えてきちゃって。 ^^:
「亀石」の説明を読んで「ナンて、罰当たりな発想を・・」と反省です。

奈良って、広いですねぇ~っ!

NoTitle

入鹿がなんだかかわいそうな気がする私、結局、何一つ思いを果たさないままなのよねー!?
にぽちゃんだったらどんな絵にするのかと想像する楽しみができました。
1枚目の写真は眠たげな亀(ソーニャさんに同じく)、石舞台古墳は、カブト虫ですね。
その次の写真なんて、トロイの遺跡みたいな迫力だわ~。
現代より栄えていた都の風景ってなかなか想像が難しいけれど、だからこそ浪漫なんでしょうねぇ。

NoTitle

>飛鳥は広い!
>飛鳥は悠久のロマンがある!
>だけどお店が少なすぎる!
>なので、お昼を食べ損ねる心配がなくもなくもない。

せっかく世界に入り込んでたのに、ココで大爆笑しちゃったわ。
でもこれが にぽぽちゃんらしくていいのよね。

確かに広いよね~。
自転車ではかなり辛かったんじゃない?
レンタルバイクとかあればいいのにね。
せめてスクーターでも。
せっかく免許持っているんだもの。

私自身が中々遠出できないから
にぽぽちゃんの記事で旅行気分を味わえるわ(笑)

NoTitle

こんばんは

飛鳥ってだだっ広くてポツポツとお寺がある感じだけど、
昔はここに都があったですよね。

しかし、ここを自転車で回るのはすごいね。そばだけで
回れるなんて燃費もいい!

仏像って思ったよりいろいろな格好をしているものですが、
私は小学校の時に見た中宮寺の仏像がいまでも一番好きです。

最後のカフェラテはすごく絵がきれいに描かれているけど、
なんか機械で書くんでしょうね。

ちなみに石舞台や中宮寺は小学校と中学校の遠足で行きました(^^)

NoTitle

暫く体調悪くて寝込んでいました
これなくてごめんね~
本日よりやっと復活しました~

「カメは南西を向いていますが、もし西を向いて当麻を睨みつけた時には時大和盆地は泥沼になるという伝説が有ります」←これって映画版「トリック」の中に似たような話があったね~

「メノウの礎石と門前の塔跡が現存し、贅を尽くしたお寺」すご過ぎ~\(◎o◎)/!

飛鳥の民家風情があって良いねぇ~
昔にタイムスリップしたみたいだね~

石舞台古墳、酒船石遺跡
亀形石造物とか小判形石造物とかすごいねぇ~
色々遺跡多いんだね~?

最後のせんと君のカフェラテ良いねぇ~
良く出来てるわ~(=´∇`=) ニャン♪

NoTitle

こんばんは 昔遠足で行ったはず。でも興味もないし記憶にも残っていないというのは残念なことです。にぽぽガイドに付いて歩けば興味が百倍になりそう!

NoTitle

こんにちは!
すごいですね~~
飛鳥のすごさも伝わってきますが
にぽぽさんの走行距離???どれほどかと・・・
きっと色々な実感が違うのでしょうね・・・
いつも分けてもらってありがとうございます!!

NoTitle

せんとくんって最初えらい言われようだったけど、
もうすっかりユルキャラで馴染んでるよね。
酒船石??
なんだろうねこの形。。。
ホントはUFOと交信してた痕跡とか????
ミステリースポット!(*゜▽゜)ノ

d(。ゝェ・。)

良い天気で何より
絶好のサイクリング日和でするねぇ
せんとくん お見事~ヾ(o'ヮ'o)ノおぉ♪

NoTitle

おぉぉぉーーーーー(〃・д・)
中大兄皇子!!!!
懐かしや、、、、日本史をとっておいた甲斐があったよ(*´∀`*)
知らなきゃ読めないであろう、「なかのおおえのおうじ」(笑)
まさかこんな時に、こんなところで出会うとはー♪
飛鳥時代、そうかぁ、、、思えばその時代のお話だっけ。。
しかしすごいね、こうやって現存しているなんて!
石畳はどうなんだろう、そりゃ時代時代で補充されてるんだろうけれど、
その時代の石も下の方には埋まっていたりするんだろうか。
○○年と聞くと、途方もない時代の流れを感じるけれど、
こうやって現存してるとなると、そんなに遠くない昔なのかと思ってしまう。

で、、チャリ&徒歩、、、、けっこうだったでしょう(;´∀`)

届いたよ!

にぽぽちゃん、受け取りましたよ
ありがとうね~
えぇぇっ?!てビックリしたけど
嬉しかったよ
ほんと、ありがとねー☆

Re:イノぶたちん

飛鳥は謎が沢山です。
仏像も、見慣れたまるーいお顔のものではなく、シャープな顔つきなんです。
時代が下るたびに、仏様のお顔はまーるく、平坦になっていったそうです。
せんとくんは、型貫きをおいてカカオパウダーを振りかけたものです、するどい!!

Re:ソーニャしゃん

カメさんは寝ぼけ眼な感じでしょう、のどかですよね(^^
旅に行く時にはやはり食事処が一番の興味ですよ、それは間違いない!
肘つき六臂如意輪観音像はとても親近感♪と思ったら腕が6本だったとは(笑)

Re:shimicciしゃん

歴史マニアとは嬉しい(^▽^)
平安時代まで遡れる血筋だなんて、すごいですねぇ。
歴史的な事件にかかわりがあったりするのかしら?!
ご先祖様が確かにその時代にいたっていうのがわかると臨場感がちがいますよね。
にぽぽも大化の改新だった(笑)、今の歴史の授業を受けてみたいよ~。

Re:mu.choro狸しゃん

せんと君の絵はステンレスの型枠をおいてカカオパウダーを振りかけて出来上がったものなんですよ。
簡単きれいな方法でした(笑)
飛鳥には謎がいっぱいでした。
これからの発見がすごく楽しみな場所です(^^

Re:幸しゃん

手打ちのお蕎麦も美味しかったけど、どの小鉢もすごく丁寧に作ってあって美味しいお昼でした。
飛鳥大仏は不思議です!
見る角度でお顔が違うんですもんね、魅入ってしまいました。

Re:ぽんちたん

如意輪観音様、確かに色っぽいです(^^
飛鳥のお寺は古いので仏像も個性的ですよね。
飛鳥大仏のお顔なんて鼻が高くてかっこいいもんね!
まるーい仏様も和むけど、飛鳥の仏様はかっこいいわ♪

Re:marityたん

歴史オタクのにぽぽでも、古代史はぜんぜんわからない分野なので、頭の中がオーバーフローぎみでしたが、楽しめました(^^
今の飛鳥を見ても湖だった気配もないので、田圃の真ん中のカメさんはとっても不思議な存在でした(^^

Re:ともしゃん

石舞台の石室の中は、光が漏れていて暗くはないのですが、ゾワゾワしました!
お墓なんだなーって思うからかな?
奈良の何がすごいって、史跡に後世の建物がなにも建ってないってことです!
京都なんて(東京もだけど)、ふつーのお店の横に“○○跡”って看板があるだけだったりするもんね。

Re:イチゴッチしゃん

すっかりレポの季節がずれちゃいましたけど、奈良に行った時には暑さ真っ盛りで汗ダラダラでした。
どんだけ?!っていうほどスポーツドリンク飲んだよ(笑)
飛鳥大仏のところでは、ご住職が説明してくれるんですけど、写真どうぞどうぞって進めてくれるんですよ(笑)
めずらしいですよねぇ(^^

Re:茶々しゃん

都だった場所が、すべて田圃に!!
飛鳥の都が打ち捨てられて奈良の平城京に移った跡から田圃なんだろうか・・・と思うと田圃の歴史も古そうだなーなんて(^^
京都や東京の史跡はただ看板だけっていう場所が多いですもんね。
それに比べると奈良や飛鳥は空想が広がります。

Re:工場長しゃん

酒と蕎麦を求めて歴史ロマンの旅です(笑)
奈良や飛鳥の史跡は、後世の建物がなくて、すっきりしてます。
なんの開発もされなかったというのに驚きです(^^

Re:hirokunしゃん

奈良は京が都だった時代にもう古都だったんですもんね。
古さがすごいけど、ずーっと都として続いた京とちがって、打ち捨てられた都といううら寂しさがありますよね。
ちょうど夏休みが終ったタイミングだったので、人が少なかった分、ゆっくり風情を楽しめました♪
石室は、小さい部屋で光も入るのにみょーな空気感でしたよ!

Re:hisamiしゃん

自転車に乗る機会って、にぽぽはほとんどないのですが、信号とか、曲がり角とかが少ないので、にぽぽもスムーズに乗りこなせました(笑)
飛鳥は自転車で巡るのがいいね♪

Re:タヌ子たん

蘇我氏の名前は、なんでこんな?っていうセンスですよね。
すっかり歴史上の悪役ですけど、実は蘇我氏は悪者じゃなくて、中大兄皇子と中臣鎌足の方が悪者という説も最近あるようですよ!
しかも、中大兄皇子と大海人皇子は兄弟じゃないとか!
まだまだ歴史ロマンの謎は深そうです♪
飛鳥大仏のお顔は鼻も高くてシャープなんです。
当時の日本人の顔はこんなだったみたい、いつから平べったい顔になったんでしょうね。

Re:サプリメント管理士しゃん

にぽぽも、石舞台初めていって、かなり興奮しました!
封土が、どうしてなくなっちゃったんだろうとか、石棺と遺体はどこに行っちゃったんだろうとか、不思議でしかたありません。
奈良や飛鳥は、開発されていない分、当時の距離感が実感できてよかったです!

Re:LOLOたん

この時はまだ暑くて、自転車で回っていて倒れそうでした(笑)
ほとんど日陰がないんだもん、首にタオル、腕にアームカバーというすごい格好して自転車こいでましたよ(笑)
だけど、今思い出すのは、あのスコーンとした空間の広がり!
飛鳥はいいなーって、しみじみ思います♪

Re:berry-berryしゃん

すいません、連休ゆっくりしすぎてしまいました(^^;
飛鳥は自転車で走りやすいように、史跡への方向と矢印があちこちに経っているのですが、目立つ建物がなくて、田圃ばかりのものだから方向がわからなくなってびみょーに迷いました。
携帯GPSを活用すればよかったかも(笑)
飛鳥文化は仏像もそうだけど、日本っぽくなく、大陸っぽい香りがしますね。
ようこしゃんがberry-berryしゃんのところに?!

Re:☆ぶぶちゃん☆しゃん

今は一面の田圃に、飛鳥時代にはどんな都があったのかなーって思います。
そして、どんな食べ物が食べられていたんだろうかとかね!
せんとくんカフェラテは、ステンレスの型枠があるんですよ!
カカオパウダーをパタパタっとすると、せんとくんが出来上がりです♪
型枠、ちょっと欲しくなっちゃった(^^

Re:こまいぬたん

亀石のカメさんの表情が最高ですよね!
思わずニッコリしちゃう(^^
石舞台の石室はしっかり水抜きの溝もあったりして、精巧なつくりに驚きましたよ。
歴史の授業で習った大化の改新とかは、興味なく聴いていたけど、こうやって実際に現場を歩いてみると、本当にあった出来事だったんだなぁって感じる事ができましたよ♪

Re:だんだんしゃん

そうなんです、はじめての飛鳥だったんですよ~!
行きたいという気持ちだけあったのですが、なかなか来れなかった。
あちこちの仏様よりも、飛鳥の仏様の方が身近に感じるのはなぜでしょうね。
デフォルメされていない姿が人間に近いからかな?
すっかり飛鳥の魅力に取り付かれてしまいました。

Re:こまたん

飛鳥の石像はどれも使い道が謎なのですが、表情がユーモラス。
こんなセンスの人たちが暮らした時代はどんなだったのかなぁって思います。
奈良は後世の建物がむやみと建たなかったので、当時の距離感がそのまま実感できるのがすばらしいです。
広さが魅力だわね(^^

Re:☆青☆たん

歴史上のスーパーヒーロー扱いされている中大兄皇子なのですが、
実は中大兄皇子と中臣鎌足の行った改革は私腹を肥やすためだったという解釈もあるみたいです。
その視点で書かれた本を読むとそうかも!って思ってしまったり(笑)
だとしたら、蘇我氏はかなり気の毒です。事実はどうだったのでしょう!!
飛鳥や奈良時代の建物はかなり中国文化寄りだったようなので、復元されたら異国のように感じるかもしれません。

Re:ROUGEしゃん

だって、ほんとーーにお店がないんですよっ!
それがいいといえば、いいんですけども、暑い盛りにいったものだから
ちょっと一休み飲み物でもって思っても、自販機しかないんだもの~っ!!
快適なサイクリングロードが整備されていますが、結構アップダウンがあるので、にぽぽも思いました。
「レンタバイクがあればいいのに~」って!
すごい快適だと思いますわ(^▽^)

Re:ちびたしゃん

模型で見ると、ものすごい立派な都なのに、こんなに一面田圃になってしまうなんてね。
1000年先の日本はどんなになてるかなぁ、なんてガラにもないことを考えてし
まったりしました。
八王子とちがって平坦な飛鳥は自転車ではしりやすくはあるのですが、日陰がないのがねえ!
溶けるかと思ったわ。
やっぱり飛鳥って、近畿エリアの人達には“遠足”ポイントなのねぇ。
カフェラテはね、ステンレスの形をカップにおいて、上からカカオパウダーを振り掛ければだれでも簡単にせんとくんが描ける仕組みになってました(^^

Re:ともたんしゃん

にぽぽもバタバタしていて、Reコメもブログ散歩もできていなかったのよ(><;
ともたんしゃんは体調悪かったの?
ダイジョブ~?
今は田圃の飛鳥の都だけど、当時はすごく綺麗な町だったんだろうなって思います。
今みたいなつまんないビルばかりじゃなくて、味のある街並みだったんだろうなぁって。
せんとくんのカフェラテは和んだよ♪

Re:ようこしゃん

子どものころに飛鳥に興味があったら、渋いですよね(^^
仏像見たって面白くないし~。
今なら違った観点で興味深く見られると思いますよ、きっと!
だけど、行くのはやっぱり春とか秋とかがいいねぇ~、夏は日差しが地獄のようだったわ(><)

Re:tatsumyしゃん

よく走りました、ほんと。
ここ数年こんなに自転車に乗ったことなんてないわっていうぐらい(^^
1つの観光スポットから次のところに行くまで、ひたすらペダルをこいでる訳ですが、この辺りにもきっと、飛鳥が都だった頃は人がすんでいたんだろうなぁとか思うと、なんとも不思議な気持ちでした。

Re:kooたん

せんとくん、しっかりメインキャラになってますよね。
だけど、にぽぽは相変わらずどうなの・・・って思うけど~(笑)
今は何に使ったか、全くわからないけど、当時は何かに使っていたんですものね。
不思議よねぇ~。

Re:あいりっしゅたん

お天気でよかったんだけど、暑かったよぉ~。
顔と腕と首はしっかりガードしていたんだけど、短パンだったので、膝下のあたりが焼けていた!
どんだけスポーツドリンク飲んだことか(笑)
せんとくんのカフェラテも一気飲みの勢いだったから、せんとくんの顔もあっというまにくずれちゃったよ(笑)

Re:もこりんたん

もこりんたん、日本史選択してたの~!
歴史の人物の名前って読めないよねぇ~(笑)
> 飛鳥時代、そうかぁ、、、思えばその時代のお話だっけ。。
↑って、おいおい、選択教科だったんだよねぇ~?(大ウケ)
飛鳥の田んぼは、飛鳥時代の都が三世代分ぐらいかさなってるらしいよ~!
そうなると、発掘するのも大変みたいなことが、どっかに書いてあった、どっかに(笑)
チャリと徒歩は、大変だったけど、なにがどうって、お茶する場所が少なすぎてアクエリアスとポカリと
なんかよく解らないスポーツドリンクと、とにかく飲み飽きるぐらいに各メーカーのスポーツドリンクを飲み比べた1日だったよ。

Re:こまいぬたん

無事届きましたか、よかったです(^▽^)
ほんとーにささいな物ですが、フルルちゃんとルンナちゃんと一服してくださいまし(^^

NoTitle

なるほど…フムフムと、歴史の教科書を思い出しながら半ば必死に記事を読みました~!
高校で日本史をとらなかったルビ母、歴史音痴のルビ母でも知ってる名前がいっぱい出てきて…
今思うに、なんで奈良に4年間も住みながら、飛鳥まで行かなかった!のは、半ばもうミステリ~!だな~って。
時間に余裕ができたら、予習して言ってまいります!
なになに…ご飯を食べるところが少ないのね~
了解、おやついっぱい持ってきます!

NoTitle

このあたりは何かと面白いですよね。亀形の石は不思議でなりません。
私の奈良デビュー(小学校の修学旅行は別として。大人になってからの)は3,4年前の飛鳥寺でした。寺の敷地で遺構の発掘をしていた時期で、寺の前で立ち話してるおじさんにトイレの場所を聴いたら「説明会も今からやるから聴いてって」と云われて。
その方が実は考古学界ではとても有名な人だったと知ったのは翌日のテレビでした(大汗)

Re:ヒデッチしゃん

飛鳥時代というのは、歴史の授業の最初の方にでてくるので、やはり衝撃的だし、ロマンがあるのかもですね。
割と頭に残っている(^^
聖徳太子が身近だからかしら?
はるか古の時代の暮らしもミステリーですが、確かに、4年も奈良にいて飛鳥に行ってないというのもミステリーですね(大笑)
うん、オヤツと水分は絶対持っていくべしですよ!

Re:mio*しゃん

飛鳥のエリアもまだまだ発掘調査が住んでいない場所が沢山あるんだそうですね!
にぽぽが行った時も、斉明天王の古墳が発見されたというニュースがあった日でした。
説明会って、行ってみたらすごくよく解りそうです、機会と時間が合えばぜひ参加してみたいです(^^

NoTitle

中世の人達の目に、エキゾチックな朱塗りの柱や
荘厳な宮殿に祭られる異国からやって来た神は
いったいどんな風にうつったのでしょうね。
考えていると、妄想の世界に入り込んでしまいそう。
で、それはともかく
せんとくん、かなりナニです。
鹿で、じーさんで、ぼーさんで
エキセントリックというより、錯乱している的な……。
それはそれで、アリでしょうかね?

Re:comichikoたん

自然の中に神様がいた日本に、はじめて目に見えるの神様(仏様だけど・・・)が現れ
たんですもんね。
これって、すごい意識改革ですよね!
何か奇跡的なことが起こりそうだと思ったろうなぁ・・・異国を真似てお寺やらも立
派に建てちゃうあたりが
日本人の器用さを感じますけど(^^
せんとくん、にぽぽもどうかなーって思います。
有名な人がデザインしたんすよねぇ、確か・・・微妙~。
Secret

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。