06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野 八坂神社の例大祭

ども にぽぽ です=*^-^*=




異常な暑さの夏を越し、体調を崩している方も多いみたいですね。
にぽぽも・・・( ̄△ ̄)はぁ・・・・。

なんだか元気がでません。



体調が悪いわけじゃなくて、なんていうか。


アルプス少女のハイジがフランクフルトの街にいって、元気がなくなっちゃったみたいな感じ?
(解りにくいわっ!バキッ! ( -_-)=○)°O°)アウッ)


考えてみたら、ここのとこずーーーーっと土方さんに触れてなかった!!
こらイカン!!

つーことで、さっそくやって来た“新選組のふるさと日野”!!

P9230406.jpg

JR中央線日野駅からお散歩開始。
日野駅は、中央線で一番小さい駅なんだそうです。
ホームは土盛した築堤の上に作られています。
駅舎は初代の原宿駅を移築したという噂を聞いたことがあったのですが、伊藤滋氏という国鉄の技術者だった方が日野の原風景に合うものというコンセプトで設計したものらしいです。
なんとなく、なつかしい気持ちになるいい駅舎だなぁって思います♪



中央線の線路にそっている道が、明治時代までの甲州街道で、今の道筋とは違っています。

P9230407.jpg

その昔の甲州街道沿いにある赤い屋根のお堂は“坂下地蔵堂”で、日野宿の西の端にあたり、“西の地蔵”と呼ばれています。
さて日野宿とは、江戸から約10里にあった宿場町で、甲州街道府中宿から八王子宿に向かう途中にありました。



地蔵堂の前方には、元文2(1737)年に建立された2体の大きな石地蔵と6体の小地蔵があり、お堂中には延命地蔵尊があります。

P9230408.jpg

このお地蔵さんは、多くの旅人を見送ってきたんでしょうね。



P9230409.jpg

坂下地蔵のお堂から現日野駅に向かって坂を下っていくと、臨済宗の宝泉寺があります。
この道筋は、新選組副長時代の土方さんが江戸に隊士募集に来たときに、甥の佐藤源之助を馬に乗せて疾走したという記述が残っているそうです。

今でも坂を登りきると真正面に富士山が見える素晴らしい眺望ですが、ゴミゴミした建物がない当時は、いまより伸びやかな美しい景色が広がっていただろうなと思うと、にぽぽを馬に乗せて疾走して欲しいーと悶えまくるのでありました(人目があるので、あくまで脳内で)。



宝泉寺を過ぎたところを右に曲がれば、旧甲州街道が現甲州街道の道筋に重なります。
元亀元(1570)年から同じ場所にあるといわれている“八坂神社”

P9230414.jpg

“八坂社”と呼ばれるようになったのは、明治維新政府の神仏判然令によってで、それ以前には祭神の牛頭天王から“天王社”と呼ばれていたそうだ。明治時代にはご祭神も牛頭天王から素盞嗚尊に改められたそうです。



P9230413.jpg



この日9月19日は“八坂社”の例大祭が行なわれておりました。
関東一といわれる千貫神輿が巡行したり、盛大なお祭りなのですが、このお祭りにあわせ、八坂神社の本殿が公開されているのです。

P9230412.jpg


普段は重要な文化財を保護するために、倉庫のような建物の中に保護されていて、間近に見る事はできないのであります。

     八坂神社
(写真撮影不可のため、八坂神社発行の小冊子表紙)

八坂神社の本殿は寛政12(1800)年に寛政したもので、その彫刻の素晴らしさに感動しきり。
ためいきが出るほど美しかったです。



そして、もう一つ!
こちらの方が真の目当てでありますが、安政5(1815)年の秋に奉献された“天然理心流奉納額”

天然理心流奉納額
(こちらも写真撮影不可のため、いただいた絵葉書)

縦47cm、横90cmの欅の一枚板。
天然理心流の日野宿門人がそろって奉納したものらしい。

中には現日野市長、馬場氏のご先祖様の名前もあります。
“沖田惣次郎藤原春政”は、沖田総司の幼名、連名の最後に少し高く書かれている、“嶋崎勇藤原義武”は
天然理心流四代目宗家を継ぐ前の近藤勇の名、当時23歳です。

この額には、土方さんの名前がありません。

土方さんの天然理心流入門は、安政6年であったからと名前がないのだ。
この額は日野宿の門人によるもので、土方さんは石田村の住民だったから名前がないのだとか、いろいろ言われております。


新選組となり、命を的に厳しい生を生きる前の、ほんのり暖かな時代の近藤さんや沖田君の存在証明に、心がじーんとしてしまいました。



徳川幕府の天領であった日野は、江戸時代を通じて年貢の率も低かったのに加え、どんどん新田開発がされたので、この地の人々の暮らしはとても豊かだったそうです。
甲州街道沿いの日野宿には、今でも蔵が残る家がいくつも建っています。

P9230416.jpg



日野本町二丁目の交差点のあたりから、甲州街道をちょっとはずれます。

P9230421.jpg

この辺りに、沖田君のおねーさんのみつさんが暮らしていたというそうです。



     P9230417.jpg

道の辻に建つ“とうがらし地蔵”と呼ばれるお地蔵さんには沖田君がよくお参りしていたという話しが伝わっています。

P9230418.jpg

“とうがらし地蔵”の横にひっそりと建っている小さな庚申搭は、お参りする沖田君の姿を見ていたのでしょうか?



P9230422.jpg

“とうがらし地蔵”のすぐそばには、新選組六番組隊長の井上源三郎さんの生家があります。
お家の蔵を改造して“井上源三郎資料館”として公開しています。

井上家と沖田家は親戚だったので、みつさんが暮らしていた場所の目と鼻の先に井上家があります。
この日は見学者も多くて、大賑わいでした。



P9230426.jpg

甲州街道筋に戻って、日野宿本陣へ。
土方さんの従兄弟であり、お姉さんの“のぶ”さんの嫁ぎ先でもある佐藤彦五郎さんの屋敷です。

門の左側に道場を構え、天然理心流の稽古が行なわれていたのですが、火災にあって本陣が再建されたのは文久3年のことだったので、近藤さん達が稽古をつけに来ていたときには道場はまだなく、先ほどの八坂神社の境内などで稽古をしていたそうです。



P9230427.jpg

いつも時間的に逆光になってしまいますが、本陣の玄関。



P9230439.jpg

こちらが土間口。
要人が訪れた時には玄関から入りますが、それ以外は土間口を利用します。

本陣は今で言う役場の機能もあったので、土間口から上がった場所が役場でもありました。
畳の並び方を見ると、真ん中の縦のラインを通路にして、横並びになっているところに机が置かれていたらしいです。

本陣も、今日は見学者が沢山で大盛況でした。


P9230428.jpg

式台を上がった玄関の間。
ここは土方さんがお昼寝をしていたと伝えられている部屋です。
玄関なので、普通は昼寝に使うような部屋ではないんですけどねぇ(笑)

P9230434.jpg

玄関の間の釘隠しはコウモリであります。
当時の人にとっては「蝙蝠」の漢字が「福」の字に似ていることから「福よ来い」と言う縁起物の一つだったようで、売れっ子の芸者さんもコウモリ柄の帯を締めたり、七代目市川団十郎も好んでコウモリ柄を使い流行をつくったそうですよ。



玄関の間から式台をみると、気になるくぼみがあります。

P9230431.jpg

こちらはヒョウタンです。

P9230429.jpg



玄関の間の左側の一番奥に控えの間があります。

P9230436.jpg

細く削った桐の木を組み合わせた麻模様の欄間も見事ですが、この部屋に函館から土方さんの写真と刀を持ち帰った市村鉄之助がかくまわれていたそうです。


庭に面した廊下にもひょうたん。

P9230437.jpg

日野本陣には、大工さんたちの粋な細工があちこちにあります。




P9230442.jpg

日野宿本陣を過ぎて、多摩川に向かう道筋。

     P9230441.jpg

昔はここに西明寺があったそうですが、今はお地蔵さんが残っているばかり。
これを“東の地蔵”といって日野宿の果て。
この先は多摩川で日野の渡船場がありました。



春に日野をお散歩したとき(2010年5月9日の日記⇒ 浅黄色に染まる5月 その1 )に入ったお店でお昼♪

P9230443.jpg

と、思っていたのにお休みぃぃぃっ( ̄▽ ̄;)!!ガーン 
三連休の中日の、しかも日野のお祭のときなのに、商売っ気なさすぎでは・・・。



P9230444.jpg

トホホで、自動販売機でお茶を買うの図。
道路の脇にも自動販売機があって、飲み物を買うことができる日本、ばんざい(T▽T)

腰に手をあてて、眩しい空を仰ぎつつお茶を飲み一休み。




またしても長くなっちゃったので、次回に続くっ!
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 東京・多摩地域
genre : 地域情報

こんにちは(^^)

まだまだ猛暑が続いている愛媛。。。
体調が悪いわけではないのですが、
そう!そのハイジの心境でパワーが無くなってますe-263

にぽぽさんは、土方さんを想うとパワー全開になる気がするのですが、無理なのでしょうか?


No title

う~ん・・!!
奈良に古代に浮気してたら・・・(^^;)。
土方さんが~~~ ((((^Q^)/

そうだね!にぽぽさんの原点だもの♪

日野駅はそう馴染みはなかったんですが・
でも懐かしい気が・・・
京王線だったんでね。

ひょうたんが廊下に掘り込まれてるって面白いね♪

それに・・
八坂神社の彫刻は恐ろしいほど凝ってますねぇ・・・!!(ToT)

No title

夏バテが今きてる人多いみたいですね。
風邪などひかないように気をつけましょうね!

八坂神社の彫刻、素晴らしいですね!
生で見てみたい!!!
こんな素敵な物が残っているのはうれしいですね♪

資料館、ここ面白そう。
こうもりや、ひょうたん、あまり見ないですよね~。
色々探して周るのも楽しそうですね!

No title

ええ~~!?
にぽぽちゃんまで体調不良!?
って思ったら・・・
土方さん欠乏症だったのね(^^;
土方さん縁の土地でパワー復活しましたか~?
続きも楽しみにしてるよ~

No title

天然理心流奉納額拡大して観たけど~
( ̄▽ ̄)ゞウスイっすねぇ~字が見えないね~
ここに土方さんの名前が無いのは何だか残念な話だけど~
隣の村で時期的にもづれがあったのでは仕方ないね~(*´д`*)

蔵にはちゃんと「誠」の字が大きく書いてあって
新撰組ゆかりってすぐ分かる
日野宿本陣内にも新撰組着物飾ってあって
すごいねぇ~かっちょいいわ~(*≧m≦*)

床にある”ヒョウタン”は意味があるのかな?
面白いね~

お店お休みで残念でしたぁ~( ̄◇ ̄;)
綾鷹って飲んだ事無いなぁ~┓( ̄∇ ̄;)┏

色々な話聞けて面白かったよ~(〃⌒ー⌒〃)∫゛

No title

にポポさんとお知り合いになって日の浅いルビ母、そうか~、にぽぽさんは土方さんが好きなのね~って、思いながら読み進めました。
それにしてもホント詳しいですね~。
しかもテクテクよく歩いてるし~。
どのくらいの距離を歩かれたのかな~?
↓奈良と京都は全く文化が違いますよ~。
奈良に4年京都に十数年、住むルビ母の感では、京都はうまく?時流に乗れてるけど、奈良は時間が止まったような所が少々あります。
と、いうのも奈良はスイスのような衛星中立国のような立場、つまり特定の宗教、権力に染まることを嫌って、京都で度々闘いが起こっても、大阪で天下を左右するようなことが起きても干渉しなかったんです。
つまり、都が京都に移った頃からもう、すでに古都だったんですね~。

No title

今日も素敵な街歩きで土方さんを紹介!!
なる程~♪
私も、にぽぽちゃんの彼(土方歳三)と会ってきたわよ(*^^*ゞ
凄かったよ、土方歳三さんが沢山いました登別に
.。゜+.(´▽`)。+.゜+・゜
ほら、あの時代村に沢山いました(笑)

No title

そうか、やっぱりにぽぽさんにとっては土方さんがビタミン剤、いや、カンフル剤だったわけですね。
ヨーロッパの古い教会にも当時の職人さんたちの印が目立たない部分に残ってたりしますが、日野本陣の大工さん、きっとお酒好きだったんでしょうね。
自販機は景観を損なうと思うけれど、やっぱりあると便利だから利用しちゃいますよね!

日野八坂神社の例大祭

新撰組と言えば
加茂の川原に 千鳥が騒ぐ
またも血の雨 涙雨~♪
を連想してしまいますが、そんな時期もあったのですね。
日野本陣の瓢箪彫り、得意な大工さんがいたんでしょうね。確かに当時の粋を感じます。

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます。
私も、少し前に暑さのせいか体調が優れ
なくてね。
食欲なんかはあるんですが、やる気が起きないって言うか。
涼しくなってきたんで、ゴルフに読書にグルメにと思っています(笑)
にぽぽ女子も、土方さん絡みのお散歩で
すっかり元気回復じゃないですかね。
ひょうたんの細工が、ちょいと職人の粋を
感じました!

No title

ちぇっ、奈良はもう終わり?
でもしかたないよね、禁断症状だったら(^_^;)
建具フェチのわたしとしては、
ひょうたんと蝙蝠が非常に気になりました。
床の間もステキね~
わたしもフローリングに彫刻しちゃおうかな^^

No title

そっか、やっぱり土方さんで元気になるんだね^^
勉強熱心とここまで歩ける体力に感心しきりです。床にひょうたん、センスや遊び心に嬉しくなるよね。
で、奈良は別の用事で行ったのかな?

No title

久々の歳三さまですね。
後ろの席の後輩が「なんで土方俊三?」と
言うので、沖田と高杉の画像を検索して見せたら沖田は「丸顔で公家みたい」
高杉に至っては「顔の割に口がデカイ」と散々でした。
高杉の写真はなんか坂本竜馬に似ているような気がする??

No title

にぽたん、こんにちは♪ **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

ちょっと涼しくなったと思ったら
今日はまた暑かったりして…
へんに休みも入って、体がついていきませんね…。
大事にしておくれ~。

久々にきましたね!!
土方しゃん&日野。
私、次女の入学式以来訪れていないので
日野の紹介の時は
別の意味で、楽しみにしています。

八坂神社の彫刻…
ホント、息を飲む素晴らしさですね。
誰が、どのように彫ったのかしら。
国宝級と言いたい。
天然理心流もスゴイね。
そんな素晴らしいモノに間近に触れるって
歴史上の有名な方のお名前を発見するだけでも
飛び上がるほどの感動だったと思います。

釘隠しの蝙蝠さんもなるほどねェ。
ニクイことをしますね。
床にひょうたんもしかり。
( ̄◇ ̄;)エッ って思う、遊び心…
いいよね~♪

あのお店、お休みだったんだ。
ガーデニングのステキなお店だったよね。
確か、お庭のテーブル席で
v-273teaを楽しまれたような。
秋のお庭も楽しめるとよかったのにね。
また日野の紹介の時は
是非、行ってきてくださいねー♪ v-286v-380

No title

今日からブログ復活、またよろしくね

にぽぽたんは奈良にご旅行だったのですね。
シカがカワイイWWW
ドラマ鹿男を見てからひさしぶりに
奈良に行ってみたいって思ってんだけどねー

ひょうたんの床細工どうやってあるんだ?
床に細工とか天井に細工とか
昔の大工さんのやったこういうのすごい
興味あるんだよね。
わくわくしちゃうよね

No title

私も最近の暑さとここ最近の朝晩の急激な冷え込みで
体調がフランクフルトに行ったハイジみたいなので~
旅に出てきました~☆

No title

にぽぽしゃんが行ってる場所柄なのだろうけれど、
なんとなく趣を残している雰囲気がぷんぷんで
日本のそういう時代を思わせるねぇー(*´ω`)
まさに!
沖田君(まるで知人のよう・笑)が通っていた場所なんだねぇ・・・
ほんと、あのお地蔵さん、見てたんだろうか~
そしてひょうたんのくぼみの装飾!
てっきり、、、てっきりただの穴かと・・・(笑)
そうかぁ~装飾だったんだねぇ、手が込んでいるよ~!

しかしあれだね、お店がやってなくてお茶っていうのも(^ω^;)
まぁにぽぽさんがおっしゃるように、自販機があり、安く買える日本は素晴らしい!!
(↑熱波のローマで苦戦した)

No title

ほうほう・・・
にぽぽちゃんは土方さんに触れないと
くらら家のハイジみたいになっちゃうのね
分かるよ(。・w・。) ププッ
ワタシは最近いつも眠い!!
なんでだろう?って知るか!だね

お祭り楽しんでアルプスのハイジに
なれたかな??

こんばんは♪

にぽぽちゃんの元気の素は、土方さんなんですね。^^

にぽぽちゃんのような先生だったら
地理や歴史が好きになっただろうなぁ・・・って
楽しくお散歩させて頂きました。

ねぇねぇ続きは?
楽しみですよぉ。(*^^*

No title

天然理心流の木刀って、見慣れた形の
綺麗に形を整えられた木刀と違って
いかにも朴訥な感じですね。
木刀をばんばんどかどか使い捨てるような
勢いの稽古だったんでしょうか。
丁寧に作られた木刀なんぞを
使ってられるか的な印象を受けてしまいました。
ところで私も夏の疲れか
寝ても寝てもねむいです。
「ぼくもう眠いよ、パトラッシュ」みたいな
感じです。

No title

こんばんは 昼寝に使っていたという話が、土方さんの大物ぶりを物語っている気がしますね。ヒョウタンの模様、粋ですね。

Re:幸しゃん

日本全国お疲れモードなのよね。
こんな時はやはり!好きなものでパワー充電しないと。
土方さん妄想で普段は元気なんですけど、ここのところすっかり彼から遠ざかっていたの。
大河の龍○のせいかしら?
幸しゃんも、パワー充電しなくっちゃ!

Re:あんりしゃん

なーんか元気が足りないわと思っていたら、土方さんが足りなかったのよね!
京王線側に住んでいると、中央線の方に出るのって面倒なんですよね。
にぽぽも土方さんに嵌っていなかったときにはほとんど行く事はなかったわ。
こんなに日野に詳しくなるとはねぇ~、人生って不思議すぎる(笑)
八坂神社の本殿って、普段見れないので、こんなにすごい彫刻だとは、えらく驚いてしまいました!
日光東照宮か?!ってぐらいでしたよ。

Re:ぽんちたん

普段は大きな倉庫みたいな建物の中にあるので、ちらっと覗き見するぐらいしかできないんですけど、こんなに素晴らしい彫刻だとは!びっくり~。
八坂神社は神社なんですけど、近くのお寺の別院でもあったみたいで、神社なのに鐘楼があったり、本殿の雰囲気もお寺っぽいし、明治以前の神仏混合の雰囲気があって、すごく興味深いです。
ぽんちたんが、この本殿見たらきっと気に入ると思うな(^^

Re:ROUGEたん

土方さん欠乏症(爆笑)!
そうなんです、土方さんはにぽぽの必須栄養素だったのです。
土方さんの地を歩いていたら、めきめき元気回復してしまいましたよ!

Re:ともたんしゃん

実物を見ると字も結構みえるんだけど、絵葉書をさらに読み込んだから見にくかったね(^^;
大河ドラマで新選組をやったのは、もう6年も前なんだけど、いまだに結構盛り上がっているのよ。
日野はがんばっておるなーっていうのと、にぽぽのようなオタクファンが多いってことねー。

Re:ヒデッチしゃん

ご迷惑でしょうが、たまーにこういう土方さんのビョーキ日記が出ます(笑)
新選組や土方さんには、ティーンエイジャーの頃に嵌る人が多いそうなのですが、にぽぽはいー大人になってからいきなりはまったものだから、タガが外れちゃってる感じです(^▽^)
奈良と京都は行く前には同じ文化なんだろうと、とんでもなかったです!!
都・京都のころにすでに古都、うんうん、時が止まったような場所がある、うんうん!
ほんとにそんな感じでした!

Re:みゆきママちゃんしゃん

え?登別の伊達時代村に土方さん?!
なんで?なんでだろ??
旅レポ、楽しみにしてますねー!

Re:タヌ子たん

土方剤、すごい効果的でした。
一気にバイタル正常です。
本陣の建物って、あまり残っていないので詳しくないのですが、こんな細工他の本陣にもあるのかなぁと、しみじみ見てしまいました。
柱に鯉の滝登りが彫ってあったり。
そうか、ヒョウタンは大工さんがお酒好きだったんだ、なるほど(^▽^)
普段は、何でこんな場所にあるんだって思う自販機、この日ばかりはありがたかったです。

Re:茶々しゃん

あゝ新撰組!
京都の壬生寺に100円入れるとこの曲がかかる歌碑があって、つい聞いてしまいました(笑)
のどかな多摩の景色をみていると、京都に上る未来は嘘のようです。
本陣のあちこちに見られる細工、とてもシャレてます(^^

Re:hirokunしゃん

やはりこの時期、夏の疲れなんでしょうかねぇ~。
やる気起こらないのはにぽぽだけでは、ないんですね。
にぽぽは土方さん散歩で元気モリモリに回復しましたけども(^^
グルメかあ~、それも魅力的だ。
日野本陣の細工、今まで見落としていたとこもあって、こんなところにも凝ってたんだーってびっくりでした。
大工さんの技、確かに見届けた!

Re:LOLOたん

奈良はまだまだこれからよー。
奈良レポ編集していて、あまりに写真が膨大で眩暈がしてきたので気分転換なの(笑)
そしらた気分転換日記がまた長いというこの要領の悪さ。
建具フェチだったの、LOLOたん(笑)
釘隠しは兎さんのところもあったよ。
昔の建築って手がかかっていて丁寧よね!
フローリングに彫刻、いいんじゃない!!

Re:mu.choro狸しゃん

移動範囲は少ないのですが、行ったり戻ったり、脇道に入ったりしているので結果的にすごい歩いているんでしょうねぇ。
仕事なら、すぐにでもタクシーに乗りたくなっちゃいますけどね(笑)
昔の建物は、大工さんの技とか粋さとか遊びがあって、素晴らしいですね!
奈良は、遷都1300年のブームだから行ってみたのです、ミーハー旅のはずだったのに、やっぱりオタクな旅になってしまった。

Re:ソーニャしゃん

歳三様にひたってまいりました。
沖田くんも高杉さんも、画像はひどいもんねぇ。
沖田君は、あれはまったく顔が違うっていう説もあるけども、高杉さんは写真だもんね。
でも、生き方はみんな信念があってカッコイイんだよねー。

Re:berry-berryしゃん

日野はお祭りモードで、お囃子やあちこちのお店がお祭りメニュー出してたりしてすごい楽しげでした(^^
八坂神社の本殿は今回初めて見たので、こーんなに素晴らしかったのか!ってビックリしました。
改めて日野ってすごいって思ったわ♪
日野宿本陣も、いつもは建物をじっくり見てみたよ(^^
昔の建物って、人間(大工さん)が作ったんだなーって感じられて、やっぱり素晴らしい。

Re:みぃやたん

まだ帰ってこないのかなーってうずうずしてましたよ。
旅行、楽しかったーー?!
後で楽しみにお邪魔しますね♪
床のひょうたんは、木の節かなんかがあったのをうまいこと隠すのに細工したらしいんだけど、釘まで隠すとか、気の利かせ方がすごいですよね!
こういう技があるから格式が高い建て物になるんだね。
建物だけでもじーっくり見る価値ありだったです!

Re:hisamiしゃん

携帯から更新されてる、美味しそうなものとか見てて、hisamiしゃんは今回どこに行ったのかと思っていたところです。
ダイビング旅行だったんですよね?
hisamiしゃんは海に帰って元気回復?!
これからじっくり旅レポ、楽しませていただきますね!

Re:もこりんたん

悪いのかいいのかわかりませんけども、道路もばーっと風情のないものばかり増えちゃってね。
幹線道路の脇にちょっと残っている旧道なんかに入ってみると、人間くささを感じられて、ほっとします。
やっぱり一歩一歩、人が踏みしめていた道っていうのは違うんだよね~。
とかいって、にぽぽは自動車も電車も使いまくるけどね(笑)
海外だとこんなに無防備に自販機ないもんね。
日本なんて、人気のない山道の途中とかにも自販機あるもんねー。
その商品もちゃんと新しくて、賞味期限切れなんてしてないところもスゴイよね。

Re:marityたん

そうなの、土方さんに白いフワフワのパンをたべさせてあげたくなっちゃうの
> 分かるよ(。・w・。) ププッ
↑ほんとに~?ププッってなってるけども~(笑)
お祭よかったですよー、ゆきちゃーーん、ペーターって感じに元気回復しましたよ
(^▽^)/

Re:イチゴッチしゃん

そうなんですよー、鬼と言われた土方さんの事を想うと、ダラダラしていると叱られそうで(笑)
ん?
歴史は教科書読んでると、思いっきり眠くなりますよねぇ~。
やっぱり現地にいって感じないと!
もっと学校でもお外に出ればいいのよね。
郷土の歴史にふれたりねー。

No title

にぽぽさん
こんばんは。

今日もとっても勉強になりました~。
ありがとう。


遊びに来るたび、
まいどまいど 感心してます。

Re:comichikたん

天然理心流の木刀って、他の流派のものの3,4倍太くて重いんですって!
実戦向きの武術だったんですねぇ、木刀は資料館などでサンプルがあるんですけど、重いのなんのって!

> 「ぼくもう眠いよ、パトラッシュ」
↑ウケまくり!!
かなりヤバイじょうたいですね!!
もうすぐ天使がくるくる舞っちゃいますか?!

Re:ようこしゃん

玄関の間というのは、“格式”の象徴なんですよね。
本当なら大名とか幕府の要人とかしか使えない部屋なのに、そこをあえて使うというのが土方さんらしいというか・・・。
佐藤彦五郎さんものぶさんも、土方さんには甘かったのかもなーって思えたりして、口元がゆるんでしまいます。
昔の建物は柱も梁もすばらしいし、一つ一つの細工が丁寧ですよね。
100年も200年もモツはずです!

Re:ともしゃん

いえいえ、こんな文字が沢山のわかりにくい文章を読んでくださって、ありがたいです。
ともしゃーん、ブログお持ちだったと思うのですが、URL教えてクダサーイ!!

いいなぁ!

わぁ~!日野だぁ!!
私もこの5月に初めて行く事が出来て、とても嬉しかったです♪

ゆかりの地を巡りたい~!とか、歴史のあるものに触れたいな!とか、時々発作の様に?思ったりしますi-229

私の住んでるのは広島と山口との県境辺りで、近藤さんや伊東さん達が来てる筈なんですけど、行程とかの史料も見た事がないし、何も残ってないのが残念ですi-202

八坂神社

はい、ここはよく通るので、立派な八坂神社も拝顔の栄に浴しておりま~す!
天然理心流の額が、奉納されてるのですね。
土方さま関連になると、途端に生き生きして。
とめどない気持ち、分かるわかる♪

日野駅には、今年からよんどころない用事で、月に一度降り立っていますのよv-70
線路に沿って10分歩いて・・・猛暑でへたばったです。

No title

▽・w・▽こんばんわんこ

わぉ!!
久しぶりの土方さんネタ☆
にぽぽん元気ないみたいだけど
土方さんネタは別腹ねぇ♪
走る2(*´∇`*)

でもあんまりムリして
体調悪化しないでねぇ(*^^)

No title

こんばんは

八坂神社がなんだかとっても懐かしい。
いまの場所に引っ越してくる前、13年前は、
日野駅から豊田駅に向かう線路沿いの坂の
途中に住んでいました。

その頃は、八坂神社のお祭りには良く
行っていたのに・・・いまはもう(^^;)

確かこの日野本陣って昔は蕎麦屋さんでしたよね?
土間と板の間あたりに見覚えが・・・違うかな?

Re:藍鉄しゃん

> ゆかりの地を巡りたい~!とか、歴史のあるものに触れたいな!とか、時々発作の様に?思ったりしますi-229
↑します!します!!
発作ですよね、まさしく。
日野は幸運にも近くなので嬉しいのですが、この連休で白虎隊のDVD見ていて、また会津に行きたくなってきていて困っています。
藍鉄しゃんは広島と山口の県境辺りに押すまいだったのね!
長州攻めの時に確かにいってるよね。
泊とか、解ったら楽しいのにねー!!

Re:だんだんしゃん

にぽぽは今回八坂神社の本殿お初みお目にかかりました。
由緒ある神社の割には、本殿がプレハブみたいだよなーって思っていたら、その中に時代物の本殿が保護されていたとは(^^;
お祭の時に公開されるっていうのも、目当てであった奉納額だけかと思っていたのでした。
いやいや、失礼きわなりなかった。
月に一度の日野詣で?
にぽぽより頻度が多いですね(笑)

Re:kooたん

別腹って、はははは(^▽^)
いいえて妙だね、それ!
体調が悪かったわけではないので、ぜんぜん平気よ♪
やる気が起きなかっただけなんだよねー何事にもうだうだーっと。
もうしゃっきりいたしましたから、ナンデモヤッタルゾー!ってなもんです。

Re:ちびたしゃん

石田エリアに行く前は八坂神社エリアにお住いだったんですね!
いずれにしても、新選組に縁が深い土地にいた訳ですねぇ。
ということは、その頃は中央線を使って通勤していたのか、しょっちゅう止まって大変だったでしょう。
そうそう、日野本陣はお蕎麦屋さんだったんですよ!!
にぽぽは入ったことなかったんですけど(その頃は普通のギャル?だったから)。
本陣をお蕎麦屋さんにしちゃうなんて、すごい扱いでしたよね!
日野市管理になったのは、大河ドラマが放送されることがきっかけだったんじゃなかったかしら。
お蕎麦屋さんも、美味しいお店だったらしいです、今も日野市役所の近くに移って営業しているらしい。
Secret

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。