06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のシルクロード

2008年8月11日(月) 東京/



ども にぽぽ です=*^-^*=


昨日のお散歩のお話です。
シルクロードといえば、中国からヨーロッパへ続く道が有名ですが、実は日本にもシルクロードがあるんです。


国道16号は神奈川県横浜市西区を起・終点として、横浜市、相模原市、八王子市、さいたま市、千葉市を結ぶ環状線です。
八王子から横浜へ向う国道16号を、横浜まで36km地点辺りで柚木街道へ左折するポイントがあります。東京工学院大学正門を過ぎた辺り。


柚木街道
R16を外れて


この辺り、にぽぽの自宅から車で10分ぐらいです。
改めて言っておきますが、住所は“東京都”です。


国道の交通量と突然えらい違いの道ですが、抜け道的に車の往来は結構激しいです。
しばらく走っていきますと、


絹の道資料館
絹の道資料館


絹の道資料館があります。

時は幕末。
ペリー来航からしばらくした安政5(1858)年、幕府はアメリカに対し“日米修好通商条約”を締結し、
安政6(1859)年、横浜を開港します。


開港して間もない頃は生糸が輸出品の85%を占めていました。
生糸は群馬、川越、もちろん八王子近郊の農家から八王子中心部に集められ、この資料館がある鑓水(やりみず)峠を通って横浜に運ばれました。

鑓水の名主など、一部の有力者達は開港ブームに乗って生糸の仲買に活躍し、莫大な利益を上げ、鑓水商人などと呼ばれていました。



八王子の辺りで生糸を取り巻く商売が沸いていた万延元(1860)年には、桜田門の変が起こり、大老井伊直弼が暗殺され(ちょうど昨日の大河・篤姫でやってましたね)、後の新選組局長と副長になる近藤勇・土方歳三はまだ多摩にいて、天然理心流4代目襲名の野試合を府中の大國魂神社で行っていた訳です。(2008年8月6日の日記⇒府中 ふたたび)


幕末の時代のうねりの第一波が小さく起こった時でありました。


この鑓水あたりから横浜に向う生糸を運んだ街道は当時、浜街道と呼ばれていましたが、昭和20年代末に地域の研究者、橋本義夫氏が『絹の道』と名付けました。

絹の道入口
絹の道入口

R16へ向う指示と絹の道への分岐地点。
百観音供養塔、寛政10年の庚申塔、上部が破損した常夜灯、道路改修記念碑などがあります。
なんとなく、ちょっと、・・・・・コワイ雰囲気・・・・

ここから1.5kmほどを歴史の道百選として、『絹の道』が保存されています。
地図
<クリックで拡大できます>


資料館には以前に来たことがありましたが、『絹の道』を歩いた事はなかったので、行ってみることに。


天気が曇っていたせいか、入口から『絹の道』に入るといきなり暗く、ジメっとした空気。
まだ民家があるのに、全然人の気配がしないのはなぜだろう・・・・
アキレス腱が伸びきっているほどの傾斜の坂が続きます。

なんだか、とっても怖い雰囲気で、何度も後ろを振り返りつつ。300mぐらい進んだところで、いよいよ舗装も途絶え、昔ながらの未舗装の街道となりました。

絹の道


もう限界、ムリムリ!!
本当は1.5km全て歩いてみようと思っていたのですが、何に恐怖を感じているのかわからない自分が一番怖い!

シャッターを切って、速攻引き返しました。
引き返しながらも、後ろが気になって気になって、何度も振り返りながら、唯一唱えられる般若心経を口にしつつ、資料館まで戻りました。



帰って写真を見てみると、『絹の道』、とっても明るく綺麗に撮れてる・・・
露出をかなり高くしましたけど、一体何があんなに怖かったのか・・・・。
場所とにぽぽの相性が合わなかったんでしょうね~。


ちなみに慶応2(1866)年には八王子に幕府直轄の生糸蚕糸改所が置かれました。
八王子は明治に入ってからも桑の都とも、織物の都とも呼ばれ、織物の町として栄えたのです。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

おはようございます^^
すごいですねぇ東京のような都会にもこんなに緑がいっぱいの場所があるなんて!
でもやっぱり交通量は多いんですね。仕方ないか・・・

なんとなく居心地が悪かったりそわそわしたりしちゃう場所ってありますよ。
わたしも相性が悪いのかなーって思ってなるべく近づかないようにしています。
理由が分からない分よけいに怖いですよね><

おはようございます。
東京都にこんな場所ばあるなんて驚きですねv-10
わざわざ遠くに足を運ばなくても、素敵な時間がすごせそうです。

あのお帽子被って、ここ、歩かれたのかなe-266って、ちらっと想像してしまいました(^^♪

東京って大都会のイメージしかないから、こんなのどかな風景もあるんだと思いました♪のどかな風景素敵ですね。素敵な場所を紹介してくれてありがとう♪ぽち。

なるほど このようなところがあるのですねえ。新撰組ゆかりの地となると興味はつきません^^

七海も以前 京都にいったとき どうしても前にすすめなかったところがありました。。。伏見のほうと貴船の奥のほうだった記憶ありますけどにぽぽさんのバクバクな感じがなんとなく理解できました~ 

私が小さい頃
母の実家(群馬県)で お蚕さんを飼ってたことを思い出しました

般若波羅蜜多時。。。
無事のご帰還 一安心でしたね(〃uωu)ノ

こんばんは~
今日は急ぎでポチだけで、ごめんなさい^^)

こんばんは、
道の写真、いい感じですね。
何か何処までも続いていそうで・・・
ただのハイキングコースなどではない重みを感じてしまいました。

Re:saboさん

こんばんは♪
にぽぽは神社やお寺、史跡にお散歩するので、あ、ここはダメだ~っていう雰囲気によく遭います。霊感なんか全然ないんですけどね。なんとなく~が怖いです!!ぶるぶる

Re:もかさん

だから、八王子は東京じゃないって地元民は思っている訳なんですよ(笑)都心と気温も5℃は違うんですよ。夏は5℃ぐらい高いし、冬は都心は雨でも八王子は雪・・・。

帽子は被っていきましたよ!
曇りだったけど(笑)

Re:まつんこさん

いえいえ、東京といっても、八王子は山岳地帯ですから(笑)もっと奥に行くとムササビとか居ますす。にぽぽの家のそばの藪にいのししが居たこともあります・・・。だから東京都って着くのがちょっと気ハヅカシイんですよ、八王子県を作って欲しいよ。

Re:七海さん

伏見のほうと貴船の奥がダメでしたか。伏見は大丈夫でしたよ。やっぱりそれぞれ相性があるんですね。でも怖いところには近づかないのが一番ですね!
多摩は新選組に縁のあるところが沢山あるんですよ!

Re:あいりっしゅさん

色即是空 空即是色 なーむー。
ほんと無事に帰れてホッとしました。帰りの車の運転はやけに慎重になりました。

お蚕さんの飼育を見たことがあるなんて、貴重ですね!

Re.さくさくさん

ゴメンナサイだなんて、いえいえ、応援ありがとうございます!うれしい~(泣)

Re:戸板返しさん

保存道は道了堂というお堂の跡までで、その先は綺麗な住宅街につづいているのですが、なんか雰囲気が独特なんですよ。でもにぽぽが怯えている横をジョギングのおとーさんがすれ違っていったので、怖がっているのはにぽぽだけかも。
でも昔むかしはこの細い道に生糸を運ぶ沢山の人達が往来していたのかと思うと、不思議ですね。

先程は、途中でコメントが・・・。
送られてしまったような(汗
もし中途半端なコメが入ってたら削除してください。
はぁ・・・。
書こうとしていたコトが掛けず^^;
ポチッとしてだけ失礼しますo(v v*)o

群馬県の旧富岡製糸場のことを調べたことがあり、
シルクロードを思い出だしました。

私は大阪に近い兵庫県住まいですが、
隣町には、「郡」がつきます。
のどかで大好きな地域です。

オッと、信州?なんて思うほど、緑が多いですね。

なるほど、絹の道ですか。
歴史がある道なんですね・・・
でも、確かに何か出そうな予感・・・o/)~~(^^)

Re:kazu*さん

中途のコメントは反映されていないようでしたよ!お気遣いいただきありがとう。
ポチっと、ありがとうございます!!

Re:orihimeさん

富岡製糸工場って、世界遺産になったんでしたっけ?
見学できるなら一度行きたいな~と思っているんですよ。

兵庫といえば神戸と連想してしまいますが、兵庫は日本海と太平洋両方に接している唯一の県なんですよね!いろんあ景色に出会えそうですね!

Re:ゆきむしさん

ふふふ・・・・
信州の標高にはおよびませんが、八王子も地図をみれば、かなり緑と等高線が狭く表示されますよ!

こんばんは♪
この日本のシルクロードの記事、すごくいいですね~♪^^勉強になります。
絹の道は、写真よりも暗かったのでしょうか?入り口の供養塔あたりは、たしかに不気味な雰囲気ですね☆^^

東京のイメージとは程遠い風景だねっ。
柚木街道とってものどかな雰囲気が!
こういう所があるんですね~
(どんだけ都会のイメージしかないねん?私^^;)

歩いてて気持ち悪いなぁって思う場所あります!!
帰ってから熱出たりとか。。。
そんな風に感じた時は深く入らないほうがいいですよね。

でも素敵なお話聞かせて頂きました♪
コメ書いてる途中で日付変わっちゃったので
今日の分もぽちして帰りま~す。

はじめまして!コメントありがとうございました^^
えー実は私、八王子の出身でにぽぽさんと縁を感じてしまいました・・・^^
私の場合、2歳で秋田に引っ越したので「ふるさと」って感じでは無いのですが、
おじーちゃん&おばーちゃんが八王子で暮らしていたので、良く遊びに行ってましたよ!
ちなみにR16と甲州街道付近、ムラウチの近くです^^
柚木って始めていった時に、自然がたくさん残っているなーって感じました。
東京には住めないなぁと思っていたけど、柚木あたりなら暮らせそうだなって^^
こんな歴史があったなんて!勉強になりました~!!!
応援ポチして帰ります^^

こんばんは

鑓水あたりは、うちから橋本方面に行く時などに車で通りますが、
こういう「絹の道」なんていうのがあるんですね。

ちゃんと新撰組の話題を入れるところがさすがです!

凸っと!



Re:mikomaiさん

露出+1.7ぐらいで撮ってます。絹の道は、かなり暗かったです。なんともいえないジメっと感がありました。往来の途絶えた道は怖い。

Re:ミナさん

2日分のポチ、ありがとうございます!!
八王子は神奈川県に入っていたときもあったそうです。といっても神奈川が田舎だと言っている訳ではないですが、だったら北に接している埼玉でもいいのではとか思ったり。どこからも中途半端の距離にある訳です(笑)

Re:まめっちさん

コメントありがとうございます!!
まぁ!八王子にそんな縁があったなんて!R16と甲州街道とムラウチ、よーく、よーく分かります!!八王子は東京で一番農地が多いんですよ、がんばっている農家も沢山あるので、紹介したいと思っています!どうぞコレを機会に仲良くしてくださいね!

Re:ちびたさん

多摩の辺りは八王子も日野も、歴史が古いですからネ!、もちろん新選組はポイントですから(笑)ばしばし絡めていきますよ!!
いいんです、いいんです、何気にスルーされてても(笑)

ほほぉ~シルクロードですか。
歩いてみたい道ですね。
私はコワイところが平気なので…(謎)
心霊スポットも平気です。むしろ、歓楽街のほうがコワイです(笑)

我が家から徒歩で10分くらいのところに、やはり「鑓水」という地名があります。
こちらの場合、弘法大師が錫丈でつついたところから水が湧き出したというのが、由来なんですが・・

Re:てんゆうさん

かめレス、すみません~!!
怖い場所平気ですか。それはいい事ですね。にぽぽは最近気休めにお塩を持って歩いてます。
鑓水の地名あるなんて!興味わきますね。
こちらの鑓水は、地下水が高いので、竹やりを刺せば、どこからでも水が沸く土地だといわれています。
Secret

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。