09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文京区 澤蔵司稲荷 -お稲荷さんに捧げるお蕎麦-

ども にぽぽ です=*^-^*=




土方さん強化月間のついでといってはナンですが・・・
先日お散歩した伝通院周辺もせっかくなのでUPしときます。


まずは伝(傳)通院。

DSCN8876.jpg



ここは、応永22(1415)年に無量山寿経寺という名で開創された浄土宗のお寺ですが、慶長7(1602)年に徳川家康の生母・於大の方が逝去され、このお寺を菩提寺と定めました。
於大の方の戒名が傳通院殿なので、傳通院寿経寺と呼ばれるようになったそうです。



於大の方のお墓

DSCN8877.jpg



こちらは、二代将軍秀忠の娘・千姫のお墓

DSCN8878.jpg


慶長8(1603)年、7歳の千姫は、11歳の豊臣秀頼に嫁ぎました。
豊臣、徳川両家の関係を好転させる為だったのですが、元和元(1615)年に大阪夏の陣が起こり豊臣氏が滅亡。
その後播州姫路城主本多忠刻に再嫁しますが、忠刻が亡くなった後、江戸にもどり30歳で落飾(出家すること)し、69歳で逝去しました。

まさに戦国時代の女性の悲哀を感じさせる人生であったことです(涙)


この他、三代将軍家光の御台所・孝子の方、同じく家光の次男・亀松などなど、徳川家由縁の方々の古い諸廟所が多く建っています。

DSCN8880.jpg





伝通院前にあるのは福聚院。

DSCN8874.jpg


商売繁盛と金運の大黒天(文京区指定有形民俗文化財)が祀られているので、雇用不安の昨今、これからもずーっとお仕事に就いていられますようにとしっかりお参り!



もうひとつ、境内にあるのは“とうがらし地蔵”
     DSCN8871.jpg

昔、喘息を患っていたおばあさんが、お医者さまから唐辛子を食べるのを止められていたにもかかわらず止められず、
食べて亡くなってしまいました。そんなおばあさんを憐れんだ近所の人が地蔵尊を祀り、お地蔵さまに唐辛子を供えたところ不思議と咳が止まりました。

・・・と伝わっているお地蔵様です。
咳止めのご利益があると人気だそうで、年末に咳喘息を起こして以来、時たま咳がとまらなくなるので、こちらにもしっかりお参りしておきました。
治癒した際は、お礼に唐辛子をお供えするそうです。
唐辛子の首飾りはかなりファンキーだyo♪


ふと木の根元を見ると・・・

     DSCN8873.jpg

これって柳森神社でも見た力石(2010年4月14日の日記⇒ 秋葉原 おたぬき様のおやしろの黄色い桜 )
じゃないかしら?
こんなところにも奉納されてるんだね。



伝通院から坂をちょっと下っていったところにある“澤蔵司(たくぞうす)稲荷”です。

DSCN8772.jpg

伝通院は、今でいう全寮制仏教専門学校のような役目をになっていて、境内には多くの修学僧の宿舎がありました。
そこに、澤蔵司と名乗る僧が入門してきたのですが、この方、“才識絶倫優秀”(←すごい言い方だけど、ものっすごい優秀っていう雰囲気でてますよね)で、わずか3年余りで浄土宗の奥義を習得してしまったといいます。

この澤蔵司さん、実は人ではありませんでした。
「私は太田道灌が千代田城内に勧請した稲荷大明神である!これから神様様の元に帰るけど、この場所を守護して勉強させてもらった恩に報いよう。だから速く稲荷大明神を祀りなさい」
と学寮長の夢枕に立って言ったいうことで、元和6(1620)年澤蔵司稲荷が建立されたということです。



境内にある霊屈“お穴”

DSCN8775.jpg

そもそもはキツネの巣だったのかもしれませんが朱塗りの鳥居を進んでいくと穴の中に祠が祀られています。
現代の住宅1~2件分ぐらいの狭い敷地、もちろん周囲は住宅地なんですけど、一歩森に踏み込めば人の気配は全く感じられず、人じゃないものの気配は感じる、感じるよ~(恐っ)

歴史散歩をしていると、時たまこういうスポットに遭遇します。
街の真っ只中にあるのに、空気感がスっと違う場所、不思議な空間があるものです。
ちょっと怖いし~。



さて、澤蔵司さんに話しは戻って、この方ものすごい蕎麦好きだったそうで、伝通院の門前にあったお蕎麦屋さんによく通っていたそうです。
澤蔵司さんが来た日には売り上げの中に木の葉が混じっている、不思議だなと思っていたそうですが、澤蔵司さんたら、木の葉でお蕎麦を食べちゃったんですかねぇ。

人間界で修行しているんだから、お金も持っていただろうに・・・。


そのお蕎麦屋さんというのがこちら、稲荷蕎麦 萬盛総本店。

DSCN8785.jpg

ビルの1階のコンビニの横というロケーションで風情も感じられませんが、江戸時代からある、由緒あるお蕎麦屋さんなんです。

このお店では、その日の初茹でのお蕎麦を奉納していて、なんと驚くなかれ!
澤蔵司稲荷開創以来、江戸中期から380有余年、めんめんとお蕎麦が奉納されているのだそうです。
蕎麦だけに麺麺と (爆))))))))))))))●~*



オーダしたのは“箱そば”

DSCN8787.jpg

お稲荷さんの奉納しているお蕎麦と同じように、朱塗りの箱で出てきます。


濃い目に煮付けたお揚げも、刻んで添えられています。

DSCN8788.jpg

DSCN8789.jpg

汁は江戸蕎麦らしく真っ黒!
しかし、しょっぱからい訳でもなく、お揚げとお蕎麦を絡めてちょうどいい味加減です。
(醤油文化圏のにぽぽの意見です。関西だし文化圏の舌をお持ちの方には、濃いかもしれません)




伝通院付近、なかなか興味深いエリアでありました。
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 東京23区
genre : 地域情報

おはよう、にぽぽちゃん

う~ん、今日のもまた確かに
興味深いリポですわぁv-411
伝通院、初めて聞くお寺の名前です
千姫物語、そうなんですよね
なんという波乱万丈な人生を送った人であることか…v-409
姫路城をみあげるたびに、千姫のことを
思い浮かべてしまいますよ
とうがらし地蔵さん、ありがたや~v-343
アタシ、気管支が弱いんだよ
風邪ひくよりも、気管支炎になっちゃう
去年の夏には、にぽぽちゃんと同じく
咳喘息で2ヶ月ぐらい苦しみましたからv-356
PC画面、しかと 拝ませていただきました(^0^)/

澤蔵司稲荷

澤蔵司稲荷の境内の朱塗りの鳥居、
いかにも霊妙不可思議な力が感じら
れますねぇ。
こわそう…。

No title

何だか無性に~寺か神社に行きたい!
呼ばれてるかな?(笑)

No title

|^・ω・)/ ハロー♪ にぽぽん
お蕎麦おいしそうだねぇ☆
ってお稲荷さんのポイントでは
出るもの出てない???。。
怖いなぁ。。
いままで にぽぽんそういう体験
多々してそうだよねぇ。。(ーー;)

No title

さくらんぼ、かわいー。
さわやかでいいねこのブログスキン。

お蕎麦おいしそうだー。
わたしも今日お蕎麦記事だよw

こんにちは~!!

伝通院、初めて聞きました!!
またまたお勉強になっちゃいましたm(__)m

箱そばのとお揚げと蕎麦を一緒に食べた
時のお味を想像したら・・・
美味しそう!!
あぁぁ~
食べてみたいですぅ~!(^^)!

No title

伝通院、何とも雰囲気のあるお寺ですね!
トウガラシのお地蔵さんなんてあるんですね♪
食べるのを止めれなかったとかおもしろいですね~。
鳥居もなんだかパワー感じますね。
ちょっと怖い感じもわかります。

お蕎麦、とってもおいしそうです!!!

伝通院通りに・・

悲話が眠っているのですね。
また
一緒に歩かせてもらいました。ありがと~。
戦国の世の女性は、ほんと道具のような
生き方をされてますね。

その「黒」は
九州人も^^
おどろかされますよ。

・・v-252はなこころ

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
伝通院は知っていましたが、実に奥深い歴史があるんですね。
ただのお散歩も、こうやっていろいろ掘り下げると、頭のトレーニング
にもなりまするな。
蕎麦の横に揚げってのは珍しいですね。
タレは、濃い口の真っ黒が好みでありまする。

No title

ねえ~にぽぽちゃんは学校の歴史の先生か、東京全てのガイドさんも出来るっていうか、ガイド育成教師になれるよ
今までも沢山、教えられたけど、次から次と記憶が消えてる私
でも今日もまた一つ新しい歴史が入った事で、何かの記憶が飛んだ気がするわ~
何だろう?
千姫って美人だったって本当?

No title

7歳って小学1,2年生ですよね。
まだおままごと気分で御嫁入りしちゃったんですね。
お医者さんに止められても止められないほど唐辛子が好きだったおばあちゃん、それで亡くなったのなら本望だったんじゃないかな。
福聚院、お参りに行かなきゃ!
その帰りに宝くじを買えばいいんですよね(笑)
神様もお蕎麦好きなんだぁ。
修行中はお小遣いもままならなかったのかな。
お蕎麦、白いですね。
でも、普通のお蕎麦より表面が滑らかでツルツル入りそう。

No title

千姫は本当に時代にホンロウされた女性ですよね。
今も安らかにお休みしてる事でしょう・・・
私も 今我慢できてない事が・・・
膝のカサブタ剥しを辞められません・・・
唐辛子を止められてたにも関わらず 食べてしまったって・・・判るわ~
お蕎麦の揚げが美味しそうです ^^)

No title

千姫さまかぁ・・・・・
よくお話とかでは聞くけれど(映画とかね)、こうやってねぇ、
実際に目の前にお墓を見るとしみじみとしたものがあるね、
波乱万丈な人生だったなんて(´・ω・`)
にぽぽしゃんのブログでは、いつも「実在の人物だったんだ」とか
「実際にあった場所なんだ」と実感させられるよ~

そういえば先月ひどい咳の風邪ひいたんだよ、
えーーーっほえっほえっほ、、、おえぇぇぇ~って(笑)
とうがらし地蔵様にお参りすればよかった・・・( ;´Д`)ノ
いや、いけないからせめてにぽぽしゃんに頼めば良かった・・・(笑)

No title

美味しそうなお蕎麦!
「きつね蕎麦」は大好きだけど
こういうのは初めて見たわ。
私は生まれも育ちも関東から出たこと無いから
多分、味は好みね(*^_^*)

霊屈“お穴”も気になるなぁ~。
霊感は全くないけど神秘的なの大好き♪

No title

伝通院さんに千姫のお墓があるのかぁ。
悲しい政治の道具になってそんなに小さい頃に親と離されてしまったんですものねぇ、可哀想に。
とうがらしは中国のお守りにもあるよね。

No title

こんばんは

徳川の歴史がいろいろ残っているのを知ると、やっぱり東京は江戸なんだなぁって思います。

とうがらし地蔵さん、ご近所さんがしっかりお守りしている感じがいいですね(^^)

No title

お~~!!歴史の勉強になるわ~!(・O・)/
また横道にも楽しくそれてくれて!!
とうがらし地蔵・・・?!

とうがらしの首飾りがファンキーだけど・・
結構のどにきそうだーーー(^^;)。

ご利益あるといいね・・私も夜に咳が止まらなくなると・・
死ぬかと思うよ・・・とうがらし地蔵がソバにいたら。。!!

お蕎麦も美味しそう~やっぱ江戸っ子らしいね!
こっちではお蕎麦屋さんって少ないのよ。。
おうどんやさんが多いの~(^^;)。
私は美味しいお蕎麦好きですよ~~~~

No title

ご無沙汰でした。早速のご訪問、ありがとう。
またぼちぼちと書きますので、また遊びに来てね。
にぽぽちゃんのパワーを見習わないと!

おはようございます(^^)

人じゃないもののの気配のするスポット・・・
行ってみたいけど、連れて帰りそうな気がするので
止めた方が良いかな(^^;

380有余年、毎日お蕎麦を奉納って
凄いですね(・・;
御利益ありそう・・・

No title

にぽたん、こんにちは♪ **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

7歳の千姫が、11歳の豊臣秀頼に嫁いだ…って。
こんなちいさい頃から苦労を背負って、かわいそうだよねー。
戦国時代に生きるって、本当に波乱万丈。
胸が痛みました。。。

澤蔵司さんは人ではないって言うのにはウケました。
なのに蕎麦好きって言うのも。
売上の中に葉っぱが入ってたなんて、かわぃぃ!!
380年も続くこのお店、
毎日初茹でのお蕎麦を奉納しているなんてすごいねー。
キツネさんだから揚げを添えるところもいいね。

お蕎麦のつゆは、真っ黒じゃないと
私も食べた気がしないなぁ。。。(⌒^⌒)b ウン。 v-286v-380

No title

こんにちは!
ふむふむ・・・またまた詳しくうかがっています!
小さなものから大きな物まで、たくさん見つかりますね~
おもしろいです!
お稲荷さんの空間は、わりとさぶ~~い感じの所が多いですねえ(笑)
いろいろあったんだろうな~~なんて・・・
咳喘息、大丈夫ですか?
とうがらしで治りますように!^^*/ききそうな気がします!!

こんにちは♪

にぽぽさん、先日はご訪問頂き、コメントもありがとうございました。

歴史のお勉強をさせて頂きました。
素敵なお散歩ですね。(^^v

お蕎麦のお出汁が真っ黒…驚きです!
お味にも興味津々。。。^^

とうがらしのレイ

にぽぽさん こんにちわ~

辛いもの、トンガラシ (半)命~ の私は、このお地蔵様でドボンしています *^-^*
唐辛子のリースは見たこと有りますけど、このように首飾りにですね^^
いいですね~~
風邪の季節になんか、冗談ではなく私、くびから下げてみようかしら~☆
にぽぽさん お喉のこと、、お大切になさってくださいませです <m(__)m>

若さま~~ 可愛い~~ 可愛い~~
クルンのカットがたまりません ( *^^)(*^^*)ニコッ!
はぃ、チキン!しちゃってはイケマセンですね (*'-'*)"
いつもありがとうごさいます.:*・゚

No title

神社に行くと気持ちが洗われる気分になります。
お正月とかお祝い事とか・・・そんなときじゃないと立ち寄らないのですが、何でもないときに行ってみるのもいいかなと思いました。
今度近くの神社にいってみたいと思います。


No title

暑くなって お蕎麦が苦手な私も
蕎麦もいいな~と思う
今日この頃です
若ちゃん
きっとぐちゃぐちゃでフワフワがいいんでしょうね^^
犬の気持ち 親わからず
私も同じです~

Re:こまいぬたん

にぽぽも、風邪は喉からのタイプなの。
咳喘息は辛いよね、初めて罹ったけどアレルギー持ちでも罹りやすいんだってね。
唐辛子地蔵さんによくよくお願いしとかないとね(^^

Re:茶々しゃん

お穴の入口で、幼稚園児とそのお母さんが楽しそうに立ち話してる声も、一歩お穴の鳥居をくぐると、ぜんぜん聞こえてこないんですよ!
こんな場所でかくれんぼとかしたら、ぜーったいに異次元に入っちゃう、怖い~!!

Re:hisamiたん

それは(笑)
呼ばれてますね、絶対(^^

こんばんは(^^)

にぽぽたん こんばんは(^^)
千姫さん、まだそんなに小さいのに嫁がれたんですね
波乱の人生だったんですね。。
とうがらし地蔵さん、咳止めの御利益があるんですね
にぽぽたんも咳がとまらなくなるときあったそうで
これからも体大事に無理されないようにしてね。
おそば、朱塗りの箱にはいってて器も
いい感じだね~♪
汁は濃いように見えるけど良い味だったんだね(^^)
おそば大好きなのでちょっとつまませてもらいましたよ(^o^)
にぽぽたんのブログにお邪魔させてもらうと、歴史の勉強と
美味しいものも見せてもらえて嬉しいな(^o^)

Re:kooたん

歴史オタク散歩してると、ヒヤっとした空気感を感じるときがあります。
霊感は無かったハズなんだけど、こういう場所によく来てると、見えるようになっちゃうかな。
ちょっと怖いね(><)

Re:みぃやたん

サクランボは高いから、せめて画像で楽しもうかと(笑)
にぽぽは、お蕎麦大好きです♪
粋に食べられるように、なりたいものです。

Re:☆ぶぶちゃん☆たん

箱にきゅっとつめられているお蕎麦は珍しいです。
お揚げはしっかり煮付けてあって、お蕎麦によく合いましたよ。
これから夏はツルっとお蕎麦がいいですなぁ。

Re:ぽんちたん

伝通院は、東京の高台寺と雰囲気ですよ(^^
食べるのを止められないって、唐辛子でしょー、どうやって食べてたんだろうね。
まるかじり?
不思議なスポットがあったり、面白いスポットがあったり、昔からの土地というのはいろんな味があるものです。

Re:はなこころしゃん

戦国は、今のところビョーキに入っていないので、詳しくないのですが、武将達が目立っている時代の女性達はどんな思いでいたのかと、興味深いですよね。

Re:hirokunしゃん

文京区、特に春日通り付近はお江戸的に興味深いエリアですね。
まだまだ掘り下げがいがありそうなので、改めて勉強して再度お散歩してみたいと思っています。
萬盛さんの箱蕎麦はお稲荷さん仕様ね(笑)

Re:みゆきママちゃんしゃん

そうねぇ、頭に入れると、前から入っていたものが飛び出て忘れちゃいますね~。
千姫って美人だったんですか?
気になりますねえ、肖像画とか残っていそう、今度調べてみようっと♪

Re:タヌ子たん

まだお子ちゃまなのに、親と離されてお嫁にいなんて、可哀相ですね。
止められないほど好きなものが、唐辛子ってね(笑)
気持ちはわかるけど、一体どうやって食べていたのかしら?
唐辛子炒め?天ぷら?まるかじり~???
江戸のお蕎麦は白っぽいのが多いかもですね。
更科とか、二八そばとかね。
蕎麦の外皮も入れた十割とか田舎蕎麦は風味が強くて美味しいし、白いのはツルっといけて、これはこれでグーです♪
タヌ子たん、宝くじ諦めてなかったんだね(^▽^)

Re:イノぶたちん

戦国時代は武将達がメインで語られますが、その裏で女性達がどんな暮らしをしていたのかな?
少なからず千姫と同じような感じだったのでしょうね。
カサブタって剥がしちゃうよねー、あれ、治ってくると痒くて!
ピって端っこがまだ治ってなくて、また血ーみたいなね。

Re:もこりんたん

そうそう!もこりんたん、にぽぽも実際に歩いてみて感じるのは、
「本当にいたんだねー」とか、「ここで事件があったんだー」っていう事なのです!
(^0^)!
そういえば、なんだかひどい風邪ひいてたよね!
やけに風邪をひきやすい年ってあるのよ、気をつけてね。

Re:ROUGEしゃん

“きつね”だと汁に浸ってるのが多いですもんね。
お揚げさんを汁にじゅわーっと、ああ美味しそう(><)
汁にじゅーーがない分、箱そばのお揚げはしっかりと煮付けてありましたよ。
江戸っ子好みの味です♪
にぽぽも、霊感は無いんですけど、神秘的だったり、ちょっと怖かったりというの、好きなんです~。

Re:mu.choro狸しゃん

まだ物心がついたかどうかって頃ですよね、7歳なんて!
まるっきり政治の道具にさせられて、可哀相です千姫。
しかも30歳で落飾だなんて、まだ女盛りじゃないですかねぇ(><)
生まれ変わって、やりたい放題の楽しい人生を送れてますようにと祈らずにはいられません。

Re:ちびたしゃん

同じ土地なのに、違う時間にある江戸と東京。
つながった時間で存在しているとは思えないところもありますね。
東京に残っている江戸をトリガーにすると、違う景色が見えてくるのがお散歩の醍醐味でしょうか(^^
とうがらし地蔵さん、ちゃんと手入れされていますよね!

Re:あんりしゃん

あんりしゃんの方には、やっぱりお蕎麦屋さんが少ないんだ!!
うどん屋さん??
にぽぽの方は逆に、うどん屋さんってないということに、今気がつきました!
讃岐うどんのお店はあるけど、普通はお蕎麦屋さんにうどんもあるって感じです。
おもしろい~!!

Re:ようこしゃん

おかえりなさい!!
全国市町村制覇、おめでとうございました♪
また、ようこしゃんにお会いできて嬉しいです。
更新、待ってますからね!

Re:幸しゃん

にぽぽは、霊感は無いと思ってるんですけど、たまーに、なんとなーく、つれて来ちゃったなあと感じる事があるんですよ。
最近は、お塩と数珠をカバンに入れてお散歩しています。
なんか変と思ったら、お塩をパパっと自分にかけます(^^;
何はともあれ、380年も営業を続けているというのは、立派にご利益ですよね!!

Re:berry-berryしゃん

子どもでも、戦国時代にはお役目があったんですね。
まだ物心がついたばっかりぐらいよね、かわいそうに(TT)
澤蔵司さんたら、神様なのに葉っぱでお蕎麦食べちゃうなんて、萬盛さんの身になったら困るでしょって言いたい(笑)
だけど380年も営業を続けているのも、澤蔵司さんのご利益なのかもしれませんよね。
やっぱりberry-berryしゃんも、おつゆは真っ黒派なのね(^^

Re:tatsumyしゃん

お江戸には、七福神さんやら、お稲荷さんやら、妖怪やら幽霊やら沢山いたんですね
(^^
サム~い場所は、その名残でしょうか?
咳ってクセになるのかしら、すっかり治ってるはずなのに、ゲホゲホするときがあるのですが、
も、もしや老化?ゾゾーッ(~~)

Re:イチゴッチしゃん

コメントありがとうございます♪
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。
結構距離歩いているんですけど、その分しっかり食べているので、ダイエットにはなりません(><)
真っ黒な出汁はビックリですか?
やっぱりねぇ(^^;
どうぞ、これからも仲良くしてくださいね(^^!

Re:れぃんしゃん

トウガラシ好きだったの?れぃんしゃん!!
これからの季節、辛いものを食べて、ばーーっと汗を出すのも気持ちいいのですよね♪
風邪ひいた時に唐辛子を首にかける~、ははは。
意外に効き目あったりして♪
今年は、なんだかんだ疲れが喉にくるようなので、にぽぽも用心しようと思います、ご心配どうもありがとう(^^!
そして、愛犬若を褒めてくれて、ありがとう~♪♪♪
親バカなので、なにより嬉しいのです。

Re:まつんこしゃん

お寺や神社は、江戸時代では遊園地や行楽地だったのです。
ふらっと寄るの、オススメです!!
いいことしたなーって気になったりね(笑)

Re:MOMOしゃん

さっき、MOMOしゃんのところにお邪魔して、ワンコの気持ちわからず~って書いてあったから、うんうんって読みながらうなずいちゃいましたよ(笑)
MOMOしゃんの方も暑くなってきましたか?

Re:りえたん

ご心配ありがとう。
今年は、体調が悪いと咳に来るみたいで、用心しなくちゃなーと思ってます。
朱塗りの箱にお蕎麦が入っているなんて、ちょっと粋な感じですよね!
江戸のお蕎麦は、どこも汁が真っ黒なんですけど、ここはひときわ黒かったですね(^^

No title

にぽぽさん、喘息にかかっちゃったの?
大人になってからかかると重いでしょ?
母がよく発作をおこして辛そうだった・・・
気をつけてね。でも、とうがらし地蔵さんにお参りしたから
きっと大丈夫だよね♪

澤蔵司さま

家康にちなむ逸話は、枚挙に暇が無いほどですね~
うむ、こんなこんな言葉を使えるワタシは古い!

於大の方や千姫さまに限らず、戦国の世の女は、人身御供の運命っを背負わされて。
うむ、またしても古いなぁ。

人ではない澤蔵司・・・何だったの!?
それで蕎麦が好きって?
それだけで、話しが面白くなったです♪
生醤油みたいな汁ですね!

No title

7才と11才じゃ政略結婚の意味もわからず、遊びの延長だったんでしょうね。再婚そして出家と本人はどう考えていてのか、父親の思いも
知りたいものです。

とうがらし地蔵・・・料理に使っていたのか、まさかそのまんまポリポリ食べていたのかしら??
はとバスの途中でちっちゃい唐辛子を繋げたものを部屋のドアノブにひっかけています。魔除けと言われて。

煮たお揚げさんがおそばの横にちょこんと鎮座しているのが
いかにもですね。関東の汁は濃いのでそばちょこに麺を全部
漬けるのはブーで、1/3だけ漬けて食べるといわれても
どうしても全部漬けてしまう私。

No title

とうがらし地蔵になんか興味深々だな~
いっぱいとうがらしぶら下げてるね

にぽぽちゃんお蕎麦好きだよね!!
ワタシもおいしいお蕎麦を食べたく
なりました(o^―^o)

Re: まりしゃん

喘息といっても咳喘息は、風邪とかアレルギーとかで咳がとまらなくなるものらしいのです。
1ヶ月ぐらい苦しみましたが、投薬で今は治っております、ご心配ありがとう!
なんでもないはずなのに、はずみで咳がでるのが、不思議。
唐辛子地蔵さんにお願いしたから、もうダイジョブでしょう♪

Re:だんだんしゃん

徳川のお膝元ですもんね、お江戸!
人ではない澤蔵司さんは、お稲荷さんだったのです!(奥様は魔女風)
生醤油(笑)!!
松江のお蕎麦は信州がベースだと聞きましたが、お汁はもうちょっと薄いのかな?

Re:ソーニャしゃん

今とは、価値観が違いすぎる時代とはいえ、7歳で嫁がされるとは悲しいですね。
にぽぽも、唐辛子どうやって食べていたんだろうと思いました。
そのままポリポリは刺激が強すぎでしょ?
だから亡くなってしまったのか(^^;
にぽぽも!!
粋を気取りたいと思いつつ、汁がたっぷりつけてしまう。
だって、その方が断然美味しいよね?

Re:marity たん

とうがらし地蔵さんの首飾り可愛く見えますよね!
お蕎麦に限らず、麺好きなのですが、お蕎麦屋さんが一番入りやすいのよね♪
美容にもいいって聞いた気がする(^^

No title

やはり、関東人はそばですね~
美味しそう~♪

No title

にぽぽさん こんにちは^^
>歴史散歩をしていると、時たまこういうスポットに遭遇します。
街の真っ只中にあるのに、空気感がスっと違う場所、不思議な空間があるものです。
... 以前に私も何とも表現し難い空気、感じた事があります。
不思議ですよね~。
おそば美味しそうだわ~。
久しぶりの若ちゃんに会えて嬉しいな~^^*

Re:タミリンさん

関東人と真っ黒の汁のお蕎麦、切っても切れぬ縁という感じでしょうか。
暑くなってくると、冷やしたお蕎麦がいっそうおいしいです♪

Re:Kaomiしゃん

不思議な空間ってありますよね。
ちょと怖いけど、不思議大好きです。
若ちゃん、相変わらずボーっと気ままに暮らしていますよ(^^
Secret

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。