05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文京区 ディープな菊坂

ども にぽぽ です=*^-^*=





ここは東京大学のすぐ近く、本郷3丁目の交差点です。

DSCN8717.jpg

この写真でいうと、春日通りを右に曲がれば湯島天神や上野方面(2008.11.28の日記⇒ “かねやす”までは江戸のうち )、まっすぐ行くと東京大学(2008.11.17日の日記⇒ 東京大学でランチ )です。



交差点の近くに、変なもの売ってるお店がありました!!

     DSCN8715.jpg

カエルのカバンっ(><)”
本物のカエルの皮を使ってあるんですよぉ~。
手が、手が、水かきもしっかり残ってて、ちょっと触れないわ、リアルすぎて。


     DSCN8718.jpg

正面に見える茶色のビルは、“かねやす”さんという、江戸時代に歯磨き粉を売り出して、有名になったお店です。
この交差点で春日通りに交差しているのはR17、昔で言うところの中山道です。
まさにここが江戸の終わりで、「本郷もかねやすまでは江戸の内」と言われたりしました。


     DSCN8719.jpg



罪を犯し、江戸払いを申し付けられた人が、中山道から江戸を出て行いくときには、この場所が別れの地となったのでしょう。
本郷三丁目から東京大学へ向かう坂道を“見送り坂”、こちら側は“見返り坂”と呼ばれていたそうです。

DSCN8727.jpg



DSCN8722.jpg

交差点には“櫻木神社”が建っており、その裏手のお稲荷さんは“見送り稲荷”と呼ばれています。

     DSCN8723.jpg



本郷は、坂に囲まれた地区です。
石川啄木や金田一京介、東大には、夏目漱石の『三四郎』の池があり、文学好きにはたまらない街でしょう。

見送り坂にさしかかる前、ちょうど見送り稲荷の裏手あたりの路地を入る、ゆるーーい坂道は“菊坂”と呼ばれています。

DSCN8729.jpg

江戸時代にはこの辺一帯に菊畑があり、下級武士達の副業として菊作りが盛んだったそうです。


細くて、交差点も筋違いで、地図を見ながら歩いても、何処がどうなっているのかわかりにくい、昔のまんまの道なりのようです。

DSCN8731.jpg



菊坂から下る階段の下、この場所には宮沢賢治が住んでいたそうです。

DSCN8734.jpg


宮沢賢治旧居跡から見た路地の景色。

DSCN8738.jpg

手前のアパートも、なんとなく、♪あなたは~もおぅ、忘れたかしら~♪と口ずさみたくなるような雰囲気。



宮沢賢治旧居跡から、ちょっと路地を進むと、これも三叉路っていうのよね・・・(汗)
ここを左に。

DSCN8739.jpg



炭団坂。

DSCN8741.jpg

炭団・・・は見たこと無いけど、炭箱に残った木炭の粉をフノリで固めたものらしいです。
へー!粉も有効活用していたとは、まさにエコ。
穏やかな火で長時間燃焼したので、暖房用燃料として使われていたとか。

坂の名前は、この炭団を商っていた人が多く住んでいたからとか、とても急なので、雨の日に転び落ちて、炭団のように真っ黒になったからとか。
この坂の上には坪内逍遥が住んでおりました。


炭団坂から来た道を戻り。
このアパートも随分薄い・・・えーっとえーっと、どこの路地がどうなっているのだ?

DSCN8743.jpg



おっと、通り過ぎた、ここかな?

     DSCN8748.jpg

なんか、よそのお家に入っていく私道みたいだけど、通っていいのかなぁ。
おそるおそる・・・おじゃまします~・・・。


あ!ここでよかったみたい!!

DSCN8744.jpg



目指していた目的地。
この井戸が、樋口一葉も使ったといわれている井戸です。

     DSCN8746.jpg

井戸の横を見ると、普通によそのオタクのリビングからテレビの音が聞こえてきますが・・・おじゃまします、すいません。
樋口一葉はこの階段を上がったところに住んでいたそうです。

よく見つかった!!
もう一度お散歩しても、すんなりはたどり着けないだろうなぁ。



DSCN8749.jpg

狭い路地は車も入れ無さそうで、どのお家も道に植木鉢を沢山並べているのは、昭和か?もしくは江戸時代の雰囲気そのままです。


DSCN8750.jpg

銭湯もあり。

街並みを保存するために、NPOなどが主体で取り組んでいるそうです。
生活しながら、昔を保存するということは、不便なことも受け入れないといけないし、大変な苦労があるでしょうね。



菊坂に戻ると、一葉ゆかりの“伊勢屋質店”。
万延元(1860)年創業の質屋さん。

DSCN8753.jpg

店の部分は明治40年に改築したそうですが、土蔵は外壁を塗りなおした以外、内部は往時のままということです。





DSCN8755.jpg

伊勢屋さんのすぐそばにある喫茶店(?)に気になるものが、風に煽られていた!

DSCN8756.jpg



菊坂を出て突き当たる大通りは、春日通りで、後楽園の観覧車が見える!!
へー、こんな場所に出てくるとはねぇ。

DSCN8757.jpg



向うに見える高いビルは、文京区役所、その谷間に東京ドーム。

DSCN8759.jpg




今日のお土産はもちろん!

DSCN8793.jpg

お札せんべい(^^
600円で、なんと6万円食べられます(笑)

DSCN8794.jpg




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 東京23区
genre : 地域情報

No title

おお!文学士たちの街よ~~~♪
樋口一葉の使っていた井戸とか?!凄いね~~
さすがにぽぽさんだわ!!よく調べてらっしゃる!!!

はじめのカエル・・!!\(◎o◎)/
あれには驚いたわ~形が似てるどころではなくって・・
そのものの皮を使っているなら・・・・

きゃ~~~~っ!!怖いよー(^^;)。
蛇やムカデの次くらいにカエル怖いの・・・私。

マジやばかった・・・(^^;)。

あ、でも凄く勉強になりました!カエルの件ではなく・・
その近辺の様子が!!昭和の名残の家や路地は
風情あるし~(*^^*) よかったわ!!!

東京の坂は、

一々風情のある名前がつけられていて面白い。
見送り坂、見返り坂と聞いて、
思わずTV『田舎に泊まろう』のラストシーンを思い出してしまいました。

お札せんべい、さぞサツパリしたお味だったことでしょう。

No title

カエルの皮・・・・

おお。

炭団って?練炭では?ないんですか。
はじめて聞く名です。
そこ本郷界隈は、修学旅行のコースです。
東大見物^^。
一人くらい通ってほしかったです。家の息子っ^^。

こんにちは~!!

ひゃぁぁ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
カエルさんのバックがぁ~!!
ビックリ仰天~\(◎o◎)/!
でも~
6万円のおせんべいには~
思わずウットリしちゃいますぅ~!!(笑)
贅沢&セレブ~(*^^)v

No title

こんにちは!
江戸の路地は、すごいですねえ~
本当に通ってもいいの?という感じですね
狭い階段や三叉路、植木いっぱいの家・・・
クローズアップされてくると、歴史はすごいなあって思います!
樋口一葉さんだったんですね!

驚きがたくさんあって、いつもホント楽しいです!!

No title

|^・ω・)/ ハロー♪ にぽぽん

昭和の雰囲気たっぷりのいいところねぇ
東京って都会のイメージが強いけど
ちょっと路地裏に入ったら
こんなレトロな雰囲気☆いいねぇ (*´∇`*)
5千円一枚ほしいわぁ

げぇ~

おぇぇ~~~^^;
ゲロのカバンん~~~^^;
キモイぃ~~~(@_@;)

6万円食べないで・・・
欲しいっす(笑’

No title

カエルのカバン・・・
そんなの買う人いるんだろうか?
お土産に貰いでもしたら超迷惑だろうな^_^;
お札のおせんべいならとってもうれしいけど。

No title

はじめまして。
写真がいっぱいで楽しいブログですね!
カエルのバッグに激しく反応(笑)
買う人いるんだろうか・・・

No title

カエルさん、ステキ過ぎ!
にぽちゃんに買ってみてとは言わないけれど、誰か買うところ、見て欲しいわ~、どういう人が買うんだろうねぇ!?
賢治と一葉のゆかりの地なので、注文の多い料理店もそこで書かれたんでしょうねぇ。
お札煎餅っていうと瓦煎餅なんですかねぇ、これもやっぱりそうですか?

こんにちは♪

ひやぁ~!かえる!
カバン?…ですか?
持つ人いるのかなぁ。。。

にぽぽさんは、道に迷わないのですね。
私、方向音痴なので、迷いそう。。。^^;

『お札せんべい』…お財布には入らないね。^^
今日も楽しい道案内をありがとうございます。^^

No title

鶏の丸焼きに見えました。 ^^:
けど「あれ? な~んか、様子が・・・カエル?」とビックリ!? 
無茶苦茶リアルじゃないいですか! @_@:
しかも「バック?」
喉元のチャックもなんだか不気味です。
あれを持って街中を歩いたら、注目されるの間違いなしですね。
>_<。。。

銭湯の屋根もイイ感じ~っ♪

No title

文京区は、いろんな文化がたくさん合って、
それに対してよい意味でプライドが合ってステキですよね~
この辺は自転車で何回か行きました~♪

No title

うぅぅ・・・カエルはムリ~!
よく写真撮れたね!すごい!!
細い通路に植木鉢ってほんと昭和の風景だねぇ
都会的な風景と昭和の匂いと・・・
面白いね( '艸`*)

こんばんは~。

にぽぽたん こんばんは。
にぽぽたんの所は歴史に関係ある場所が
多くて私の所とは大違いです(^^ゞ
いろいろな所を紹介してもらえてありがとう~。
カエルのカバンが売ってたんですね(^_^;)
こ、これは買えそうにないです~(^_^;)
樋口一葉も使ってた井戸っていうのも
見てみたいです。
お札せんべい、楽しい~~。
バッグにいっぱい入れておきたくなったりして(^▽^

No title

懐かしい街並みが続いているんですね。。。こういうところはずっと残しておいてほしいです~。昭和な香り、大好きです!ギリギリ昭和生まれだからね~。。。ウソウソ、どっぷり昭和生まれでした。。

No title

一瞬、北京ダックか!?って
思ったんだけど、リアルカエルだったとは~!!
そのうえ、かばんだなんってえ!!
買う人いるのかしら?

No title

あの辺りはマーキングコース。
なのでワクワクしながら読んでました。
あの蛙さん10年以上昔からあそこにぶら下がっています。

菊坂というと菊富士ホテルを思い出します。
竹久夢二の黒船屋だったか黒猫を抱いた娘が
いますが、実在してそれもあの絵のまんまだった。。。


No title

目を真ん丸くして見て読んで凄いよ~
東京にもこんな場所がって思いながら住んでたアパートに似てる物件発見
楽しんで楽しんで読みました
そして最後にお札の煎餅
どんな味がしたかな?
みんな考えてるんだね、あの手この手を
今日も゚+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チ

おはようございます(^^)

まさに文学の町ですねv-353

狭い路地に薄いアパート(?)
神田川♪の世界???

お札せんべい、しっかり買われたんですね(笑)
けど、見た感じ私の好きな味な気がしますv-344

おお~

今日のお散歩も また素晴らしいヽ(*^^*)ノ
なんだか、文芸人になったみたいに錯覚しちゃう
樋口一葉さんの使っていた井戸ね☆
見てみたいなぁ
見返り坂、見返り稲荷…
江戸から出て行く人の心境は、どんなだったんだろうね
にしても、カエル…
まいりましたーーーーw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
こりゃ、インパクト強すぎっっ!!!

No title

にぽたん、おはよ~♪ **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

昨夜最後ににぽたんのところに来たら、
読んでいるうちに眠くなっちゃって… (-_ゞゴシゴシ
やっぱり出直してきましたー!! ( ̄^ ̄ゞ

多くの文豪が住んでいた街は、坂もたくさんあって
建物こそ新しくなってるけど
道も不便なところが、昔を偲ばせてくれていいカンジ。
一葉が使っていた井戸も、さりげなく残ってて…
こういう街並みは、頑張って残してもらいたいものですねェ。
植木を並べてあるおウチも、いいねー。

600yenで6万円も食べられるって、右うちわ気分。
そんな笑えるおせんべいは食べてても、楽しいねー♪

No title

本郷3丁目、懐かしいなぁ(東大に通っていたわけではありません(そんなことわざわざ断らなくても分かるか・・・・笑)。
とは言うものの、新発見ばかり。
町を歩くとき、こんなに色々なことに注意して歩くことってないですからね。
それにしても、カエルのカバンに気がつかなかったのはどうしてかしら?
グロすぎ。
商売が成り立ってるってことは、買う人がいるってことですよね・・・
町の区画が滅茶苦茶具合がいいですよね。
図面も引かずに勝手に道を作った感じ。
600円で6万円が食べられるのとってもお得な気がするけど、お札を食べちゃうとお金持ちにはなれない気もする(笑)

No title

おはよ^^
東京のこんな遊び方や散歩の仕方があるんだね。歴女の元祖だね。
見送り坂、見返り坂、昔の方は上手い言い方するなぁ。お城を出るときのも小さな門から出なくちゃいかないんだよね。
NHKの海外をハンディカメラであちこち歩いて一般の人に話しかけながら進めるある番組を思い出しちゃったー。

No title

私はカエル好きだけど・・・ちょっとリアル過ぎるかな・・・ ^^)
坂といい町並みといい にぽちゃんは なんでも知ってるね!
樋口一葉が使った井戸って有名なんですね!!
確かに見つけにくい場所だ~

No title

こんばんは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)
ここらへんは、一番東京で馴染みがない地域ですね。
別に東大にコンプレックスがあって避けていたわけ
じゃないですがね(笑)
樋口一葉にちなんで、町おこししてる面もあるんでしょうが
歴史も感じられる面白い地域だね。

No title

春日通りを少し入ると、なつかしい風情の街並みが
今でも残されていますよね。
いいなぁ、素敵だなぁ。
昭和レトロな家に住みたいと
まじで思っている、今日この頃です。
古いものを繋いでいくのは、いろいろな面で
とっても大変だと思うけど
ぜひ残してもらいたいものです。
やりようによっては観光資源として
活かす方法もある気がするんですよね~。

No title

えぇぇ~~カエルのかばん!?(*`ロ´;ノ)ノ
ものすっごいリアルなんだけど(笑)
何気に可愛いカエル、とかじゃなくって、
なんだかお色もリアル過ぎて、
「あたしカエルだーーい好き(*´ェ`人)」って人じゃないと・・・・(笑)

それにしてもすごいね、樋口一葉が使っていた井戸!
フムフム、この井戸からお水を汲んで生活してたんだ~
ものすごい普通の路地っぽいから、うっかり通り過ぎてしまいそうだよね!
どこにでもありそうな風景なんだもの~

No title

どういった いわれで 見送り稲荷なんでしょう・・・・

それにしても 坂やら階段やら
足腰が丈夫になりそうe-263

Re:あんりしゃん

文豪が多く住んだ街、住みやすかったのかなぁ?
今はかなりレトロな雰囲気だけど、当時はオシャレで進んだ街だったのかもしれませんね。
カエルのカバンはぞっとしちゃいます。
喉元にチャック、小銭入れにちょうど良さそうだけど、持てないよね~(笑)

Re:茶々しゃん

サツパリ!!
上手いっ!!
茶々しゃん、冴えてますね(^▽^)
風情のある名前の道や町名が、どんどん失われてしまうのはちょっと寂しい気がしますね。

Re:hisamiしゃん

カエルの皮ですよ(笑)
おひとついかがでしょう?

Re:はなこころしゃん

練炭と似てるみたいですが、別物のようですよ。
修学旅行で本郷界隈がコースだったのですか!
東京大学でお昼食べたりしたのかな?

Re:☆ぶぶちゃん☆たん

カエルのかばんは衝撃でしょう!
手よりも大きいカエルです、何ガエルかなあ??
ちょっと持つ気にはなれないですけど、売ってるんだから買う人もいるのでしょうね(^^;
6万円のおせんべい、なかなか美味しかったですよ♪

Re:tatsumyしゃん

家と家が近くて、軒がくっついちゃいそう。
昔の下町の風情がまんまんでした。
お醤油やお味噌の貸し借りがあったりしたのかなって、思いながらお散歩しました!

Re:kooたん

三丁目の夕日の時代っぽい?
東京も、ちょっと前はこういう街並みだったのですよね。
この5千円は衝撃に弱くて、割れやすいのが難点で、折ってお財布に入れることができないのが難点ですね。

Re:93chanしゃん

カエルさんのカバンは、喉のところのチャックからお金を入れるのに、ちょうど良さそうな感じでした。
お金カエル!なんて?
だけど、持てないですよね~。
相当、オモロいもの好きのにぽぽですが、どうしても触れなかったです。

Re:まりしゃん

お土産って言われて、包装紙を開けた瞬間に気絶しまうよね(笑)
カエルかばん、おもしろいけど、扱えないわぁ。
お札のおせんべいは結構食べでがありますよ。

Re:ハーネスしゃん

コメントありがとうございます♪
お江戸散歩で、あちこち歩いていますが、カエルのかばんはなかなか衝撃的な一品でした。
面白いものがあると、お土産に買って帰りますが、さすがにこれは買えませんでした。
マイペースで更新していますので、よろしければ、また着てくださいね!!

Re:☆青☆たん

カエルのかばん、どんな人が買うのかにぽぽも興味しんしんですよ。
ファスナーがまた、おなかの上というか喉のところについてるというセンスもなかなかです。
普通のお醤油せんべいのお札せんべいでは、何が書かれているのかわかりにくいのでは(笑)
あと、ボコボコしちゃいそうだね。

Re:イチゴッチしゃん

道、迷いますよ思いっきり!!
地図を見るのは大好きなのですが、方向音痴は治らないですねぇ。
お散歩してて、間逆に歩いていて、相当戻ったり、しょっちゅうです(汗)
お札せんべいは、ぜひお財布に入れてボケたいけど、折れやすいのが残念です。
厚いしね(笑)

Re:こまたん

そうでしょーー!!
喉元にチャックをつけるこのセンスはどうなのか?
チャック開けたら、首が反ってデローってなるのかな、見てみたい・・・と頑張って触ろうとしたんだけど。
ムリ!
こればかりはムリだった。
満員電車で手に触れたのが、このカエルだったら・・・とか、いろいろ想像しちゃいましたよ。

Re:タミリンしゃん

文京区は、歴史散歩が楽しい街ですねぇ~!
しかも菊坂みたいに下町っぽいのから、ちょっとお澄ましした場所まで、いろいろあるので、また地図を睨みつつ、別のルートをお散歩してみたいです。

Re:marityたん

道の真ん中に木が残ってたりとかね、クネクネしてたり、行き止まりで、どなたかの家の敷地かと思ったら道だったり、アミューズメントでしたよ。
昭和を脱したらドーンと広い道で車ブーブーだし。
不思議空間に迷い込んだ感じがなんともよかったです。
カエルは動きだしそうだったよー!

Re:りえたん

このエリアは、歴史散歩のコースになっているみたいで、中高年の団体さんもよく歩いているみたい。
にぽぽぐらいの人は、あまり歩いていなさそう(^^;
カエルのかばん、触れる勇気があったら、持っていても面白いのになぁと思ったの。
カエルのお腹から、飴だしたりとか?
だけどムリねー(><)

Re:まつんこしゃん

三丁目の夕日の舞台のようでしたよ。
樋口一葉の住居のところ、階段登ってそのまま通り抜け出来るみたいだったけど、さすがに、そこまで入っては行けなかった。
住宅が入り組んでいるから、なんとなく申し訳なくて~。
ギリギリ昭和よねー(笑)

Re:もかたん

北京ダック・・・皮だけという共通点はあるけど、このカエルは美味しくないと思うよ(笑)
このカエルを提げている人は見たこと無いけど、いるのかなぁ。
売ってるんだから、買っていく人はいるんでしょうね(^^;

Re:ソーニャしゃん

ソーニャしゃんの出没ポイントでしたか。
カエルのかばんは10年以上あるということは、売れているということね?
それか、10年以上ずーっと同じものがあるのかな?
このお店で作ってるっぽいですよねぇ。

Re:みゆきママちゃんしゃん

薄いアパートには、沢山の東京大学の学生さんが住んだりしたのかなーと思ったり。
昭和30年代ぐらいの雰囲気が残っていて(にぽぽは生まれていないけどっ)、なんか日本だなぁっていう雰囲気に浸りましたよ。
お札のおせんべいは、お札の味がしたよ~(うそ、うそ)

No title

うあぁ~~!
カエル、あれ剥製!?
カエル自体は大丈夫だけど、これはキモイわ~(><)

私は東京下町生まれだから、
こういう路地は慣れているけど
はじめて通ると人の家の通路と思っちゃうよね(^^;

樋口一葉が使ってた井戸なんて残ってるんだ。
そういうのって凄い!
今も使われるのだろうか?

本郷って以前、上野で働いてたから御馴染みの場所の筈なんだけど
(駅は湯島を使ってたの)
にぽぽちゃんの日記で色んな発見があるわ(笑)

Re:幸しゃん

東京大学の学生さんが沢山下宿していたり、文豪作家が名作を書いたりした街、なんですよね。
なんか、イー感じでした!
お札せんべいは、ほどよい甘さで美味しかったです♪

Re:こまいぬたん

日本が若くて、元気だった頃っていう雰囲気でした。
三丁目の夕日みたいなね。
江戸の頃から残る道の名前とか、街の名前とか、“ドラマ”が浮かびますよね。
最近の道は、都道239号イ線とか・・・なんじゃそりゃって感じですよね(^^;
カエルのかばん、若ちゃんのお散歩のうんP入れるのにちょうど良さそうな大きさ・・・でした(爆)

Re:berry-berryしゃん

そんな眠いのに来てくれたの?
そして、出直してきてくれたの ウル(T T)ウル
一葉の井戸は、すごい風情がありました。
路地を行くとまた奥に階段があるなんて!
右うちわ気分ってberry-berryしゃん、それを言うなら“左うちわ”だと思うよ(笑)

Re:タヌ子たん

東京大学の辺りは、すっごく面白いですね~!!
まだ未踏の谷根千もあるし、濃いですよね。
田圃や畑の畦道が、そのまま道路に変わったような迷路っぽい雰囲気がたまりません。
カエルのかばんのお店は、革製品加工のお店っぽいんです。
すごく小さいお店なんですけど、こんなカエルを店先に吊るすなんてビックリしますよね。
お札せんべいは、なかなか噛み応えがあります。
6万円食べると、結構アゴが疲れるかも。

Re:mu.choro狸しゃん

NHKのその番組、見たことあります!!!
ゆるい感じが、とってもいいなと思いました(笑)
にぽぽのお散歩の場合、方向音痴ということで、実は日記に残すより相当歩いてますから、かなりハードだったりして(笑)
昔の道の名前とか、街の名前とか、残して欲しいですよね。
区画整理されて、○○町1丁目とか、○ヶ丘3丁目なんて名前に変わっていくのが淋しいです。

Re:イノぶたちん

リアルよ、リアル。
このままビョンビョン飛び跳ねそうだもん。
歴史オタクだけど、地図オタクでもあるのよ、ふふふ(^m^)
ちょっと前までは、部屋の中でひたすら地図見てたんだけど、こうやって実際に歩くようになった分、健康的になりましたわ。

Re:hirokunしゃん

樋口一葉で町おこししてるのは、台東区の方かも。
記念館とかあるし、一葉祭りもあるし(^^
菊坂からもっと中山道を歩いていくと、根津なんですよ。
ここも、ずーっと前から歩こうと思いつつ、まだ行けてないの。
いつお散歩できるかなぁ~。

Re:comichikoしゃん

にぽぽも、昭和レトロな家に住みたいと思います。
できれば、もうちょっと前の大正モダンがいいかなぁ、和洋折衷な感じ。
なんでもかんでも、新しくて便利がいい、という訳ではないですね。
不便の中に発見もあったりするし?
そうそう、国土交通省は観光都市NIPPONの計画をしているらしいですけど、旅して楽しくてドラマを感じられる街を作らねばいけませんよねーー!!
ちょっと固い発言になってしまった(^^;

Re:もこりんたん

あたし、カエルダーイスキっていっても、こんなリアルタイプはどうでしょうか。
りっちゃまの目前に置いたらどう??
樋口一葉の井戸は、この一角のお家が共同で使っていたんでしょうね。
路地の入口が普通の家の入口みたいで、一度通り過ぎてしまい、探しながら戻ったんですよ。
昔は、こんな雰囲気で暮らしていたんだね。

Re:MOMOしゃん

お稲荷さんが、見送ったりした訳ではないと思いますよ。
江戸払いというのは、追放ということで、江戸で暮らしている家族とも別れなくてはならなかったので、このお稲荷さんでお互いの無事を祈って、涙ながらに別れたんでしょうね、きっと。

Re:ROUGEしゃん

剥製、ともいえるかも。
いったいどうやって加工してあるのか、目の辺りもそのまんまでリアルなんですよ。
にぽぽは、区画割りがちゃんとしてる新興住宅地で育っているので、まるで迷路のようでした!!
ご近所さんとの距離が近いですね。
井戸は、水はまだ出るようでしたよ、植木とかに使ってる気配。
飲み水にできるかは不明です。
湯島から本郷、とっても濃い日本が残っていて魅力的な場所ですね。

No title

にぽたん、こんにちは♪ **ヽ▼o・ェ・o▼ノ** ♪

私、なんで右うちわなんて書いたんだろ…。
朝から、大ボケかましちゃいました!! ドテッ!!ヽ(*゚ω。)ノ

…ダメだこりゃ…  。。。。(( T_T)トボトボ   v-286v-380

No title

いやぁ、この近辺は文学者の巣窟みたいですね~
一葉さんゆかりの井戸も残ってる!
質屋さんにも通ったのでしょうね。
ゲゲゲではないけれど・・・
枯れススキ的貧乏が当たり前の、もの書きの環境だったでしょう。

お札煎餅、にぽぽ女史の金運上がった?そんなワケないか(笑)
そういえば、東京の造幣局にも、小判煎餅売ってたよ!

なんと懐かしいフノリ!
義母が上京して、シャンプーするからフノリ買って来いっ!って。
国分寺、国立、立川まで探し歩いて・・・あるもんですか!



No title

こんばんは 樋口一葉の使った井戸とは! 本当ににぽぽちゃんの行動力には感心します。カエルのバッグって、インパクトありすぎ! 

Re:berry-berryしゃん

まぁ、まぁ、そんなガッカリしないで(笑)
そんなberry-berryしゃんが大好きだよ(^▽^)

Re:だんだんしゃん

貧しいけど元気な時代ですよね。
お煎餅で揚がったかも知れない金運、たべちゃったからなぁ・・・。
フノリでシャンプー?!
そんな風な使い方もしていたのですか!

Re:ようこしゃん

一葉の井戸は有名な場所で、お散歩情報にはよく載っているのですが、探すのは大変でした~!
わかりにくい路地!
だからそこお散歩も楽しいのですけども(^^
Secret

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。