06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中 ふたたび

2008年8月6日(水) 東京/

ども オタクにぽぽ です=*^-^*=



【本日の日記のご使用上の注意】
にぽぽは新選組が大好きで、特に土方歳三さん大好きっ子なので、たまにネタが出てきます。興味ない方にはまったく興味ないと思うのですが、いつもにぽぽの日記を読んでくれている皆様、どうか“病気(ビョーキ)”だとあきらめて温かくやさしく、スルーしてください(笑)。



再び、府中にやってまいりました。

けやき並木


前回はすもも祭りで賑わっている大國魂神社でしたが、普段はとても静かです。

大國魂神社本殿

大國魂神社は明治前までは「武蔵総社六所宮」と呼ばれていました。
「六所宮」は武蔵国中の著名な六つの神社の祭神を併せて祀られている呼び名で、一ノ宮 小野神社(東京都多摩市)、二ノ宮 小河神社(東京都あきる野市)、三ノ宮 氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区)、四ノ宮 秩父神社(埼玉県秩父市)、五ノ宮 金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町)、六ノ宮 杉山神社(神奈川県横浜市緑区)です。


万延元(1860)年9月30日、近藤周助・勇父子らが、この場所に“天然理心流扁額”を奉納、文久元(1861)年8月27日には、近藤勇の天然理心流四代目襲名披露の野試合が開催されました。

数年前の大河ドラマで、香取慎吾ちゃん扮する近藤勇が、武者鎧を着けて軍配を持ち、天然理心流門人が額に素焼の皿をつけて試合していたシーンを覚えている方々もいらっしゃるのではないでしょうか?
あの場所が武蔵総社六所宮、現在の大國魂神社なのです。


にぽぽは新選組オタクとしては、まだまだ新米なので、神社の境内で試合が行われてたんだなーと思っていたら、違ったらしい。


野試合が行われた場所は、『六所宮東の方広場にて』という事で、未だ研究中であるそうですが、どうやら大國魂神社の境内を入らず左に曲がり、

京所道へ

京所道をしばらく東に行った、現在の日吉神社のある辺りだったのではないかとの事。

日吉神社

野試合の場所?

昔の地図を見ると、日吉神社も現在と場所が違うし、もっと広場と呼べるような場所だったらしいです。
研究要とのことですが、このあたりで野試合が行われていたのかと思うと、ゾクゾクしてきます。


オタクにぽぽとしては、新選組縁の場所に立つと、意識が幕末当時に飛んでいくようで、眩暈を覚えますが、この日感じた眩暈は、暑さ故だと思います。
間違いなく。




大國魂神社正面に接する道は旧甲州街道です。
府中は新宿(しんしゅく)、番場、本町の3つの町で構成された宿場町でもありました。

街道を挟んで斜め前に、ビジネスホテル松本があります。

旧松本屋

旧松本屋といい、上記万延元年(1860)年の奉納額についての打ち合わせや、ギャラ(笑)の清算をするのに利用されたそうです。
大河ドラマで試合の後の宴会が行われたシーンの場所かなと想像すると、笑ってしまいます。
当時と同じ旅館業を営んで残っていてくれることに感謝です。



松本屋と同じ並びに、“御菓子司 亀田屋”があります。

亀田屋

こちらも嘉永年間から続く老舗の和菓子屋さん。
近藤勇も土方歳三も、お酒呑みではなかったそうなので、ここでお饅頭など買った事があったかもしれませんね。


旧甲州街道をもう少し西に向って3~4分歩くと、当時の姿で高札場が残されています。

高札場1

高札場2

この場所は、甲州街道と鎌倉街道が鍵の手に交わるところにあったので、『札の辻』『鍵屋の辻』と呼ばれていました。

高札場の向かいには、酒屋の中久本店があります。

酒屋


安政6年(1859)年に府中宿本町で大火があり、それを機に万延2(1861)年に店蔵を防火建築物として再建しました。ちょうど天然理心流野試合の時には、この建物が建ったばかりだったと考えられます♪

今も酒屋さんとして営業していますが、この蔵は喫茶店となっているので、おいしいコーヒーを飲むことができますよ!



神社の境内にあった空蝉
蝉の抜け殻


空蝉や思いとどけよ天に鳴け   にぽぽ作




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

おはようございます!
いつもありがとうございます。

なかなか読み応えある内容です。病気もここまで進行したら
立派です・・・ほめてない?(^^;)

府中と日野って近いようで、歩くにはちょっと離れていると思うのですが、
昔の人には全然普通なんでしょうね。
多摩川はどこで渡ったんでしょう?石田あたりに渡しがあった?

私が書くブログでも新撰組関係の内容があったら、是非間違えの指摘と
補足をお願いしていただきたいです(^^V)

“御菓子司 亀田屋”!今度府中に行ったらここでお土産を買いたいです。

確かに今時の新しいものは
綺麗で便利だけど
昔から受け継がれた旅館やお菓子屋さんって
建物が趣があって
何だか落ち着く感じで
良いですよねぇ~~
フラ~っと散策したい場所ですね♪

女性で新撰組にここまで思いいれのあるひとって珍しくないですか(^.^)
私はあまり詳しくありませんが、ポチポチさせていただきましたe-266

いい感じのおまんじゅう屋さんがでてきて、そっちが気になりましたよ。

にぽぽさんコンニチハー!!
こういうオタク具合大好き(笑)
実はうちの菜っ葉ちゃん(彼)も歴史が好きで、というか司馬遼太郎さんの世界観が好きともいうな(笑)
だからめっちゃ親近感なのです♪
でもこうやって現地まで赴いてってことはしないからやっぱりすごいわ~!
府中にいきたくなりました(笑)
ぽち☆

にぽぽさんは、新鮮組がお好きなのね?
私・・歴史に弱くてよく分かりませんが・・
でも、にぽぽさんの記事を読んでたら楽しいですね!
私も、もっと勉強しなきゃです(^^;
ポチポチ★

私は幕末の頃が好きなので、面白く読ませていただきました。新撰組がお好きなんて素敵ですね。こういう記事大好きです。
ポチポチ!

数年前の大河ドラマで新撰組がやっていたことは聞いて知っていたのですが、こちらにいたので見ることはできませんでした。ダウンロードして今度見てみようかなと思っちゃいました^^。

Re:ちびたさん

たしかに、立派な病気ですね(笑)
昔の人はどこに行くのも歩きですもんねー、ほんとスゴイですよね、しかもワラジですよ!
多摩川は、日野の渡しが日野本宿のあたりにあったそうですが、府中に行くのには戻っちゃいますね。他にも渡しのポイントがあったのでしょうね、興味わきますね!!

Re:hisamiさん

府中の辺りは大和朝廷が始まった頃からの歴史がつまっていますから、歴史探訪には楽しいところなのです!

Re:もかさん

女性には珍しいと思うかもしれませんが、結構女性のファンが多いのですよ!京都の新選組関連のところも観光客の7割は女性でした!みんなお気に入りの隊士がいるんですよ、これが(笑)

Re:うーらさん

まぁ!
菜っ葉ちゃんさんによろしくお伝えくださいね!
だからうーらさんはオタクに寛大なんですねー(笑)

Re:angeさん

ほんとに、どうも、
ご迷惑をおかけして・・・。
新選組は置いておいて、お散歩だと思っていただけば幸いです、はい。
歴史はなかなか面白いと思うのですが、にぽぽのように電車の中で3日で解る日本史!なんていうのを読んでいるのは自分でもどうかと思いますよ(笑)

Re:木蓮さん

と、いうことは。もうずいぶん長くフランスにいらっしゃるんですねー。幕末が好きだとの事で、なんだかちょっと嬉しいです!また病気ネタが出てきても、どうぞ懲りずにお付き合いください~(汗)

新撰組おたくですか。。。というより博士のようです!!全く無知な私はどれもこれも「へえ~・・・」と興味深く拝見しました。そして最後の殻蝉の一句。最高です~♪ぽちんぽちん♪

甘辛党

こんばんは~、二刀流の小むらさきです。酒屋さんも和菓子屋さんも、
両方見られて嬉しいかぎり(^O^)b
私は新撰組はほとんど分かりませんが、こうしたお店が残っているのを見ると、
隊士たちの生き生きとした人間的な面が感じられて、興味深いですね~~!

Re:まつんこさん

ほんとに、病気はとまらず、メンドクサイ記事で申し訳ないことです(汗)
本人は楽しくてしょうがないんですけど(笑)
しばしば新選組ネタがでますけど、見捨てないでくださいませ(m_ _)m

二刀流・・・(ニヤリ)
いいですねーいいですねー。
にぽぽも二刀流です。

隊士たちの生き生きとした人間的な面が感じられて

解ってくださってる!!もお嬉しいですねー、お饅頭で飲んじゃう!(むやみにハイテンション・・・)

お邪魔します~。
先日はコメありがとうございました。
歴史は不得手ですが、雑学が入っていると楽しいですね。
応援ぽちっ☆

新たな発見

はじめまして。
地元、府中に住んでいて幼い頃から大国魂神社には何回も行った事があるのにも関わらず、新たな発見か゜ありビックリしました。

ご自分で仰るとおり、にぽぽさんは間違いなく新撰組オタクですね♪^^
すごく良く調べられているのが、流石だと思いますよ☆^^ところで、空蝉は何時の季語でしたっけ?

Re:inokoさん

コメントありがとうございます♪コレに懲りず、また遊びに来て下さいね、いつも病気じゃないですから(笑)
にぽぽもまた伺います!

Re:ヨシさん

こんばんは♪訪問ありがとうございます!
府中は住みやすそうな街でいいですね~♪多摩地区をよく散歩しております。どうぞまた遊びにきてくださいね!
にぽぽも伺わせていただきます。

Re:mikomaiさん

病気をお褒めいただきありがとうございます。うれしい♪

空蝉はやはり夏の季語です。羽化した脱け殻を言います。もともと「現し身(うつしみ)」から転じた言葉で、平安時代以降に使われ出したそうです!

府中ということは、武蔵国の中心だったわけですね。
歴史を物語るものがたくさんなところですね~

ぽちっ☆

府中は、大和朝廷ができた頃から国府が置かれました。この付近には調布、とか布田とかの地名があって、当時の税であった布を納める事に関連している地名が残っているんですよ!
Secret

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。