08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新橋 新正堂の“切腹最中”

     PC180003.jpg


ども にぽぽ です=*^-^*=




風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん


という辞世の句を残し、浅野内匠頭が切腹したのは、元禄14年3月14日(1701.4.21)。




江戸城中松の廊下にて、播州赤穂藩主の浅野内匠頭長矩が高家旗本の吉良上野介義央に対して遺恨有りとして殿中刃傷に及ぶが、討ち漏らして切腹処分となった。
その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名(四十七士)が翌15年12月14日(1703.1.3)に吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹した。
この一連の事件を元禄赤穂事件といい、一般に『忠臣蔵』の名で知られています。



去年は14日が日曜日だったので、討ち入りのルートをてくてく歩いた(2008年12月14日の日記⇒両国から泉岳寺 赤穂浪士引き上げルートを歩く! )んですけどね
今年は月曜日なので残念ながらお仕事(T T)
以前お散歩したときのいろいろな写真を使いまわしして、浅野内匠頭の最後の一日を追いたいと思います。





元禄14年3月14日(1701.4.21)、朝。
浅野内匠頭は江戸城大手門より登城。
幕府から任じられていた饗応役もこの日に予定されていた勅答の儀を無事過ごす事ができれば一段落めでたしめでたしのはずでありました。

江戸城大手門⇒下記地図①の辺り

1.大手門

2.大門

ちなみに、饗応役とは・・・
毎年正月に江戸幕府は高家(由緒ある武士の家柄、名門の武将)を京に派遣し、天皇と上皇に年賀を奏上しました。
これに対し天皇と上皇は2月下旬から3月半ばにかけて使者(勅使=天皇の使者・院使=上皇の使者)を江戸に派遣するのが毎年の恒例行事であり、この使者にご馳走をふるまったり、高価な進物を献上したり、使者の行く先のインテリアをよくしたりするのが饗応役で、主に外様大名が任命されました。


無骨な大名が一人で饗応役を務めて失礼があってはいけないので、朝廷への礼儀作法に通じた高家肝煎が指南役につくのが決まりだったのです。この指南役が吉良上野介。




午前11頃、江戸城本丸大廊下(通称松の廊下)⇒下記地図②の辺り

15.松の廊下跡

旗本梶川与惣兵衛と勅答の儀の打合せをしていた吉良上野介に対し、


「この間の遺恨覚えたるか!」


浅野内匠頭が脇差で刃傷に及びます!
側にいた旗本梶川与惣兵衛や茶坊主達が浅野内匠頭を取り押さえます。



16.松の廊下の碑


「浅野殿、殿中にござる!殿中にござるぞ!!」


江戸城において、刀を抜くことはご法度だったのです。




午後1時頃。
城中における武家の礼式を管理する奏者番の田村右京大夫の屋敷にお預けが決まり、田村氏は急いで自分の屋敷に戻ると、部下である一関藩士75名を身柄受け取りのために江戸城へ派遣した。



午後3時頃。
一関藩士らによって網駕籠に乗せられた浅野内匠頭は、不浄門とされた平川門より江戸城を出ると田村邸へと送られました。


江戸城平川門⇒下記地図③の辺り

30.平川門

生きながら不浄門を出されたのは浅野内匠頭と、「絵島生島事件」で有名な奥女中絵島だけと言われています。




31.平川門出る

饗応役として、大手門から華々しく登城したその日のうちに、罪人として平川門から出されることになった浅野内匠頭の心中いかばかりか・・・。




午後4時頃、田村右京大夫の屋敷⇒下記地図④辺り

PC180007.jpg



田村邸についた浅野内匠頭は“出会いの間”という部屋の囲いの中に収容され、着用していた大紋を脱がされた後、1汁5菜の料理が出されたが、浅野内匠頭は湯漬けを二杯所望したという。

田村家は当分の間の預かりと考えていたようで、浅野内匠頭の座敷のふすまを釘付けにするなどの処置をしていました。



午後5時頃に幕府の正検使役として庄田下総守安利(大目付)、副検使役として多門伝八郎、大久保権右衛門(目付)らが田村邸に到着し、浅野内匠頭に切腹を宣告したのでした。

     PC180008.jpg

PC180009.jpg


宣告が終わると直ちに浅野内匠頭の後ろには幕府徒目付が左右に二人付き、障子が開けられて、庭先の切腹場へと移されます。
浅野内匠頭は庄田・多門・大久保ら幕府検使役の立会いのもと、磯田武大夫(幕府徒目付)の介錯で切腹。

享年35。



田村右京大夫屋敷は芝愛宕下の、現在でいう日比谷通りの“新橋4丁目”付近で、その歩道に以前は『浅野内匠頭終焉の地』の石碑が建っていたのですが、現在環状2号線工事による再開発で石碑は昭和の森公園にお預かりとなっています。
石碑が元の場所に戻るのは道路完成後の平成26年頃の予定だそうです。

田村右京大夫屋敷があった場所も、もうすぐスッカリと道路になってしまうのですね・・・

PC180011.jpg



ところで、浅野内匠頭が切腹を遂げた庭は、日比谷通りよりもう少し東、新橋赤レンガ通りに寄った辺りだったそうです。

その場所にはイチョウの大木がそびえていたそうなのですが、関東大震災で焼失し、切り倒されました。
その切り株の上に“田村銀杏稲荷大明神”が祀られました。

PC180004.jpg

     PC180005.jpg


現在の社は2004年に地元有志により復活されたものだそうです。
風誘う・・・の切腹シーンでは桜の木の下で、春の名残にと花びらがハラハラと散るのですが、実際はイチョウだった・・・?




JR新橋駅に戻る途中、ダンダラの幟を発見!

     PC180001.jpg

あ!裏返しだった(汗)



田村右京大夫屋敷跡のすぐ脇で営業している和菓子屋さん、“新正堂”さんの幟でした。

PC180002.jpg



こちらが“新正堂”の切腹最中!

PC180014.jpg

閉じてるはずの最中がカパッと切腹、はみ出る餡(笑)
餡の中にはギュウヒが隠されていてモチっと美味しいです。

クレームのお詫び訪問の際の手土産に人気と聞いたことがありますがホントかな?




<おまけ> それぞれの写真の場所

     忠臣蔵地図
(地図は大きくなります)




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 食品・食べ物・食生活
genre : ライフ

No title

そういえば、今日は討ち入りの日、きっと泉岳寺は線香の煙が煙幕のようになっていることでしょう。
この事件には本当に謎が多いですね。
皇居、東御苑の写真、二月に行った時のことを思い出しました。
切腹最中、確かにお詫び訪問にはいいかもしれませんね。
切腹したつもりということで。

No title

ちょっと来れない間に歴史ものの記事がたくさん!!
とても面白く読ませていただきましたよ~ありがとん。
この最中、いや絶対いいと思います。
クレームのお詫びじゃなくても食べてみたい。
今度買いにゆきたいです。
あと一個前の記事の四谷怪談。
この間、「嗤う伊右衛門」を読んだのですが、京極さんの解釈に涙がでました。。。
いろんな解釈とか説がありますよね。

No title

にぽぽたん こんばんは。
14日の討ち入りの日はお仕事だったんですね。
浅野内匠頭のこととっても詳しく書かれてて
さすが詳しいにぽぽたんだね(^^)
そんなにも若く切腹されたんだね。。
切腹最中っていうのがあるんだね~。
最中で中の餡がみえるのははじめてみました(^▽^
おわびに切腹はこわいけど手土産に楽しそう♪
美味しそうな最中ですね~(^u^) 

No title

切腹最中ってすごいネーミング。。だねぇ(^^;;
でも、お餅も入ってるの??おいしそー(>_<)
私にとっては、忠臣蔵も薄れる興味。。。やば(ーー;)

No title

今日も分かりやすい説明で、色々勉強になりました。
しかし300年でこんなに風景が変わってしまうんですね。
浅野内匠頭が蘇ってここを見たらどう思うでしょうね。
ドラマではもっとおっさん的なイメージがあったのに、まだ35歳だったんですね。
私にしてみれば、まだまだ血気盛んな若者と思える年齢。
思わず切りつけてしまう気持ちもわからないでもない。
とこよく悪役爺さんが演じてる吉良上野介がまだ40代だったらショックだなぁ(笑)
切腹最中、1年中買えるのかしら?
はみ出した餡子が激しく私を呼んでいる(笑)!

No title

12月14 日ときたらやはり忠臣蔵ですね。

饗応役の解説に「インテリア」が出てくるところが
にぽぽさんらしいですね。

それにしても切腹最中、腹が割れていてちょっと
リアルすぎませんか。コワイ。

No title

名残が残っている場所、車が飛び交っていて昔の面影がなくなっているところ・・・
時代が変わるって興味深いですね。
でも、なるべく昔のまんまに残しておくことって、難しいけど大切なことなのかもなあ・・・なんて感じました。

それにしてもはみ出てる餡・・・・たべたーい♪

応援!

No title

にぽたん、おはようございます♪

昨年の記事と照らし合わせながら、読んじゃいました。
きっと毎年、この記事を書くのでしょうけど
読む比べたりすると、また面白いね~♪

今回は時間を追っての解説が、素晴らしかったです。
ドキドキしちゃいました~。 v-345

昨年は『討ち入り定食』のおそばだった…。 (⌒▽⌒)アハハ!
今年は、『切腹最中』ときましたね。 ( ̄m ̄〃)
いつも楽しい話題に、飽きるコトはありません。

昔とは、随分風景が変わってしまいましたね~。
それにしても、いつも勉強しててすごいね…にぽたん♪  v-286v-380

No title

おはようございます

さすがにぽぽさん、充実した内容ですね!
写真でごまかす散歩日記とはひと味違います(^^;)エヘヘ

ところでのぼりの上下にある、三角の模様。これを見ると
ついつい「新撰組」って思ってしまうのですが、この三角の
つながった模様の由来ってなんなんでしょう・・・?

No title

あぁ、なるほど
クレームのお詫び訪問の際の手土産ね、
それはトンチが効いていていいじゃぁないですか!
わたしなら即許しますが、
世の中シャレのわからない人もいますからねーwww

これは外国籍の方がよろこびそう!

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^o^)丿
今日は、病気の注意書きないんですか?
危ないです(笑)
こういうしっかりしたテーマで、お散歩しながら写真撮ってる
のは、にぽぽさんぐらいしかいないのでは。
もちろん褒めてます!
滅多に読めないブログですから、すご~く楽しみです。
切腹最中・・・
餡のはみ出し具合が、グロテスクだね。。。

No title

赤穂市はお隣なんです
昨日は赤穂で義士祭が行われてました~
私は仕事で・・・・
残念!行けてません・・・・

No title

12 月は「忠臣蔵」の季節ですね

通っていた幼稚園に吉良上野介のお墓がありました
幼稚園児は吉良さんのお墓の前で柘榴食べ・・・
う~ん知らないって怖い(笑)
高田馬場も近いので、忠臣蔵は身近な歴史です♪

No title


きょうは 12月14日ですネ。


浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名(四十七士)が翌15年12月14日(1703.1.3)に吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹した。


江戸城本丸大廊下(通称松の廊下)

素晴らしい写真です。



No title

むかーーーし・・・・
子供ながらに忠臣蔵の大河ドラマ系が大好きでした(笑)
年末にやったりするじゃない!
あれをビデオに撮って繰り返しみていたよー(渋)
現在の歴史跡はこんな風に普通の建物が並んでいるのね~
跡地と呼ばれなければ、まったく気付かない・・・寂しいことのような(´・ω・`)
浅野内匠頭、切腹までの間の話を初めて聞きました~
不浄門から・・・へぇ・・・江戸の時代はそういうのが特に心払われていたんだろうか。
まぁ現代でいうなら裏口かね(^ω^;)
家臣みなが主君の無念を晴らす。。
これだけで本当にすごいドラマです!!

あ・・・チラリと、ドリフのカトちゃんと志村のコントが思いだされた(笑)

No title

今年のお正月に「篤姫のゆかりを歩く」かな?で、桜田門からずっと中をガイド付きで歩きました。
殿中の場所も何気ない場所でした。
今日もありがとう、すっごく楽しかったですよー。

せっぷく

むほーヾ(。-∀-)ノ
餡子が もりもりで
ほんと はみ出そーでする
一度食してみたいですなぁ

って
忠臣蔵話より最中に食いつき過ぎた私でした (-ω-`*)ゞエヘ

No title

にぽぽちゃんの解説だと歴史も
とっても興味深いわぁ~
切腹最中ってネーミングがすごい!
でもあんこたっぷり~おいしそう( *´艸`)
ぽち♪

No title

「切腹」というのは、なんとも恐ろしいけれど、
この最中はとっても美味しそう♪
はみ出さんばかりの餡子、餡子好きの私には
たまりいません(へへ)

でも、最中って上手に食べられない、私(^^ゞ
口にくっついたり、ポロポロしたり。。。(恥)

No title

喧嘩両成敗にならなかったのは
"ノ(-________-;)ウゥーム・・・
こっちも袖の下か・・・
にぽぽさんのブログは読み所が凄い
応援ρ( ̄∇ ̄o)

No title

久しぶりにコメします♪
いつも勉強になるブログですが、今日はこの時節がら興味深くじっくり読ませてもらいました(*^_^*)
享年35・・って。。まだまだ若いのに・・。仇討の方々も一人を除いて全員切腹だったんですよね。。昔って簡単に命をとったというのが怖いです。辻斬りとかもあったようだし。。
やはり今の時代は人権やらなんやらと恵まれてるんでしょうね。。
そんなことを考えさせられました。

江戸城そういえば見に行ったことなかったです。

No title

新潟県の新発田市でも 堀部安兵衛 生誕記念!で”義士祭”なるんものを やっていました ^^)
詩吟や剣舞を披露していたようです。
雪があれば・・・雰囲気もましたでしょうが・・
でも 討ち入りの時は 雪無かったらしいですね ^^)

来年も是非!読ませてね~ (^O^)/

No title

にぽぽさんのおかげでとっても楽しく歴史のお勉強ができます♪
つくづく思う、
にぽぽさんが、歴史の先生だったらもっと楽しくお勉強できたのにぃ・・・。
写真で追っていくとわかりやすくて、現代の写真なのに
当時の様子が浮かんでくるようです。

もなか、おいしそう!!
ぱっくり開いた口みたいにたっぷり入った餡が堪りません!!!
ぽち☆☆☆

No title

いいな~
きっと 歴史のある場所を散策しているうちに
その時代に浸れるでしょうね
わが町が開けたのは明治中期ごろなので
古い物は残ってないです

今 日曜日TVドラマでやってる JINー仁
に はまってます。。^^
☆~

No title

流石切腹最中!あんこがはみ出してる~(ノ´∀`*)
昨日はその赤穂浪士の日!って事で書いてるブログ
結構多かったですよ~(* ̄・ ̄)ノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
いつも歴史の勉強になります。(^ー^)ノ☆*.。
私、歴史に疎かったので・・・^_^;
切腹最中は知ってますよ!以前テレビで見ました。

こんばんは(^^)

切腹最中・・・
食べたいv-353

中から顔を出しているあんが
まるで私に「食べて!」って言ってるみたい・・・

No title

“新正堂”の切腹最中…知りませんでした~e-451
ネーミングも斬新だけど、パカッと割れて切腹してるからだなんて…またまた斬新e-350
読んだときは一瞬ドキッとしましたe-447
でもとっても美味しそうe-265

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

粋なモナカだね~
クレームのお詫びに持って来られたら怒れないやん^^
上の地図見て、皇居の探検をしたくなりました。
えっ?宮内庁長官に怒られる?

No title

昔見たドラマの影響かどうしても赤穂にかなり同情的になってします私です。。。
主君のために命を投げだすなんて今では考えられませんが、きっと昔、この時代に生きていたら平気なことなのでしょうね。。

もし自分が男でこの状況なら・・・死ぬことが怖くなかったのかも知れませんね。。。っと毎回TVなどで見るたびに思います。

No title

「切腹最中」・・・・ちょいと考えて想像してみると、恐い感じがするような? @_@
最中部分がお腹で、あんこが・・・・っていう事なんですよねぇ?
違うのかなぁ・・・・ @_@ @_@:

討ち入りの途中だか前に食事をしたという、両国のお蕎麦屋さんに行った事があります♪
近くのダイビングショップで講習を受けたんですけど、その時に・・・

刃傷沙汰の果て

ほんとに都心の(当時は江戸ですね)物語だったんですね。
哀れを呼び起こす話しは、日本人の心情にピッタリだったのでしょう。

ちなみに・・・
知り合いの方の娘さんが、鎌倉の茶道家元「山田流」に嫁がれました。
話したっけねー、去年??
その茶室には、吉良上野介の首を模した、花活けの籠があります(国宝!)
当時、吉良様はこの流派をこよなく愛された由にて。

Re:桃源児しゃん

ほとんどフィクションの部分が史実のようになってしまっていますよね。
実際の事件は一体どうだったのか。
そのうち新選組もこんな風にどこが史実でどこが作り話かってなるのかな?
今もすでになってる気もしますけど・・・(^^;
切腹最中、思い切りよく作りましたよね(笑)

Re:jitanしゃん

珍しく歴史物たて続けにUPしてしまいました!
切腹最中は、周りの皮がちょっと厚めで、アンも濃厚です。
話しのタネにばっちり!
『嗤う伊右衛門』は小雪さんがお岩さんを演じたとコメントいただいたのですが、京極さんの原作だったのですね!

Re:りえたん

思わず仕事は休んでしまおうかと思っちゃいましたが、そういう訳にはいかず。
仕方なくお仕事してました。
切腹最中よく作ったなーって思いますよね。
濃い目のアンで食べ応えありますよ(^^

Re:kooたん

すごいネーミングだし、よく作りましたよね、これ(笑)
アンだけじゃしつこいかと思うと、中からギュウヒがもち~っと!
ずしっと食べ応えがありますよ♪

Re:タヌ子たん

こんなに車がビュンビュン通っていたら、落ち着いて時世の句も読んでいられないですよね。
吉良さんはさすがに60代にはなっていたんじゃないでしょうか?
お芝居だと白髪ですもんね。
切腹最中は1年中販売しているようです!
タヌ子たんがいつ日本に戻ってきても買えます、日曜が定休日だそうですが。

Re:茶々しゃん

あはははは(^▽^)
リアルに想像してはダメですよ~。
そんなことしたら、アンの中のギュウヒが出てきたときになんか、もー食べられませんよ(笑)

Re:まつんこしゃん

田村邸の辺りの変わり様はすごいですよね。
でも、道路用地で建物が退かされる前は下町っぽい風情も残っていたそうですよ。
こんなに道路必要なのかって思わず思っちゃいましたけど、どうなんでしょうね。
切腹最中はアンたっぷり、皮も厚めで食べ応えありますよ!

Re:berry-berryしゃん

そう、討ち入り蕎麦のお蕎麦屋さんが混んでてね、さすが14日だわって思ったのでした。
結局食べ物ですね、こうして見ると(笑)

Re:ちびたしゃん

よくぞ聞いてくれました!!
新選組のダンダラは忠臣蔵からきているんですよ(^^
近藤さんが忠臣蔵の大ファンで、赤穂浪士に習って我らも義士!!というので羽織と旗を作るときにダンダラをまねた・・・・という話しもあります。
だけど歌舞伎の衣装がダンダラだったのであって、
赤穂浪士が討ち入ったときもこんなダンダラじゃなくて、ただの黒い小袖だったらしいですけどね。

Re:みぃやたん

にぽぽも、クレームの手土産で切腹最中なんて持ってきてくれたら、笑って許しちゃうけど、持って行く人をよく選ばないとね。

Re:hirokunしゃん

え?!
コレ病気枠だった?
うううーーん、セーフかと思っていた(自覚無し)
切腹最中、思い切ってますよね~(笑)
本物想像しちゃダメですよ、食べられないじゃないの。

Re:hisamiしゃん

hisamiしゃんのとこのお隣が赤穂なのですか!
赤穂行きた~い!!
できれは義士祭りの時に♪
混んでるだろうなぁ、でも見たいなぁ。

Re:ぶーちゃんしゃん

新選組も好きだけど、忠臣蔵もかなり好きなの(^^
吉良さんのお墓でザクロ食べちゃうなんて、知らないから出来た事よね。
パックリだものねぇザクロ(冷汗)
忠臣蔵を身近に感じられるなんて、ステキ!
にぽぽの同僚に、大高源吾の子孫というのがいたのですが、思わず
「ご先祖様にあやまりなさいっ!!」っていうぐらいヘタレだったわ(笑)

Re:Aイ笑楽しゃん

写真を褒められると照れますね(^^
もっとちゃんとした写真残すように励まなくちゃ♪

Re:もこりんたん

今年は忠臣蔵系のドラマやらないわねぉ・・・昔はこの時期といえば必ずあったのに。
カトちゃんと志村さんの松の廊下のコント、確かに思い出す~!!
子どもが見て笑ってたんだもんね~、かなり高尚よね(笑)
平川門は大奥の女性達が常に使っていた門でもあったんですよ。

Re:mu.choro狸しゃん

ガイド付き!いいなあ。
にぽぽも江戸城はぐるーっと歩いたりしましたけど、ガイドさんに説明してもらったらいろんなお話し聞けそう!!
大奥があった場所もただの芝生、せめて間取りぐらい書いてあれば楽しいのにって思ったんだけど、
このアイデア採用してくれないかしら・・・。

Re:あいりっしゅたん

そうなの、アンコがはみ出てるので、ハムっとすると、尚更アンコがブニーっとね。
間違っても切腹をイメージしちゃダメよ。
途中で気持ち悪くなっちゃうからね(笑)

Re:marityたん

時代劇を見ていると、これは一体どの辺りなのかと気になってしまう。
やっぱり病気なのでしょうね(笑)
その当時の場所を今訪ねてみると、あまりに変わってて本当に驚いちゃいます!

Re:もかたん

最中って皮がフガフガでタダでさえ食べにくい!
これはアンコがはみ出てるからさらに食べにくいです(笑)
でも、インパクトと味は最高ですよ(^^

Re:みゆきママちゃんしゃん

なぜに、浅野氏だけが即日切腹だったのに吉良氏はお咎めなしだったのか・・・
こういう理不尽さって、日本人はキライですもんね。
事実はいかに?ですね。

Re:ゆみぴいしゃん

考え方が今と違ったんでしょうね。
命を粗末にしていた訳ではないと思いますよ(^^;
いつ死ぬかもしれないと思うからこそ、
生きるという事が愛おしく大切に思えたんじゃないかと思います。
武士いう身分の特殊性はあったかもしれませんし。
今の時代、切腹はしなくてもよくなりましたけど、
誰でもいいから殺したかったなんていう恐ろしい事件は増えてるかもしれません。
怖いですね~。

Re:イノぶたちん

新潟でも義士際があるんですか!!
知らなかった、知らなかった!!
行きたいな~、観てみたいな~(^^
あ、生誕記念ってことはいつもやってないのか・・・。
雪がない討ち入りは、今となってはイメージわかないですよね(笑)

Re:ぽんちたん

勉強ってなると一気におもしろくないですよね~。
歴史だって、ある一日の積み重ねなんだし、そこにはドラマがあるのにね。
もっと面白くするべきよね~!
切腹最中食べながら授業するとかさ(笑)

Re:MOMOたん

まさに開拓の時代に開けたところなんですね!
にぽぽのひいおじいさんも北海道開拓に行ったのです。
道南の方でしたけどね(^^
JINは面白いですよね!もちろんにぽぽも夢中で見てます。
来年は映画になるらしいですよ、楽しみ♪

Re:ともたんしゃん

ぱっかり開いちゃってますよね、最中(笑)
よくもまあ、こんなの作ったものです。
やっぱり赤穂浪士の事、書いているブログ多かったんですね~。
よしよし(^^
まだまだ話題になるネタなんだなーって事で歴史オタクのにぽぽは嬉しいです♪

Re:のんびり九州しゃん

テレビでやってましたか、切腹最中!
全国的に有名なんだ~(^^
歴史オタクのネタに付き合ってくれて感謝です!

Re:幸しゃん

思いっきりアンコ出てますよね(笑)
これが箱の中でコロコロ並んでるんですよ!
箱開けてビックリしますよ~(^▽^)

Re:yukiしゃん

シャレが効きすぎてますよね!
思い切ったものです。
このお店他にもいろいろユニークなお菓子を扱ってるんですよ。
お店の方が面白い人なのかも(^^

Re:LOLOたん

冗談きつい~っていうぐらいユニークな最中ですよね!
こういうのを作っちゃうお店、にぽぽは結構好きですよ(^^
皇居の中はさすがにまずいでしょうが、一周なら問題ないでしょう♪

Re:Mayumingしゃん

ドラマだと吉良さんがとーってもにくにくしく演じられていますしね(笑)
討ち入ったのは下級の武士が多かったという話ですね。
身分の高い人たちは他に仕官の道があったということか・・・武士の世界も複雑だったのかも。

Re:こまたん

リアルに想像すると、そういうことですよね(笑)
最中の皮はいい感じに肌色だし?
しかもあんこの中にはモチっとギュウヒが入ってる・・・ダメダメ!
そんなこと想像しながら食べちゃ、途中で気持ち悪くなっちゃうよ(笑)

No title

う~ん。。!!凄い歴史の知識ですねぇ~♪
驚き&尊敬の念でいっぱいでござる~(*^^*) 

その最中の迫力たるや・・天下一品だね!
これは是非1度食したいと候・・

いいなぁ~ 求肥が入っているのが一番好きな私ですっ!!
  !(・O・)/

No title

コメントさせてもらったつもりが無いみたいで(汗)
失礼しました<m(__)m>
あらためてはじめまして。
すごいお詳しいのですね~。それにホントに散歩してる気分になれました。また、以前から疑問だった季節の違い…旧暦も記されていてもやもやが解決しました(*^_^*)
これからも寄せてくださいね♪

Re:あんりしゃん

歴史オタク、本領発揮です(^^
忠臣蔵は、病気レベルの新選組の次ぐらいにオタクなのです(笑)
切腹最中だなんて、すごい直接的なお菓子を作ったものですよね(^^
ギュウヒがあって嬉しいですよ!
これ全部あんこだったらキツイわ~。

Re:mio*

mio* たん、こんばんは((^^
歴史はオタクなので物好きネタにお付き合いくださってありがとう!
この手の日記の時には猛烈に文字が多いという弊害があるのですが、よくぞ読破くださりました(笑)
写真はとにかく歩きながら記録していくもので、いい加減ですが雰囲気ぐらい伝わってますでしょうか?
どうぞ、また来てくださいね。にぽぽも伺います!
Secret

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。