11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いにしえびとのチーズ “飛鳥の蘇”

ども にぽぽ です=*^-^*=





醍醐味って言葉がありますよね。
「本当の面白さ」「神髄」という意味で使われる言葉ですが、醍醐味というは、もともと仏教用語。

仏教では、乳を精製する過程の五段階を「五味」といい、
乳→酪→生酥(しょうそ)、熟酥(じゅくそ)
の順に上質で美味なものとなり、最後の醍醐で、最上の味を持つ乳製品が得られるとされました。

醍醐は純粋で最高の味であるところから、涅槃経の中に説かれる五味相生の譬(ごみそうしょうのたとえ)で仏教の数ある経典の中でも涅槃経が「醍醐のように最後にして最高のものである」とされました。



ふ~む、なるほど。
醍醐っていうのは、実在した食べ物なんですね。
食べ物ならば、ぜひ味わって、本当の意味で醍醐味を感じたいと思ったのですが、今では作り方が残されておらず、味わう事ができないらしい、ザンネンムネン。



ところがある時、飛鳥の地で唯一酪農を営む西井牧場さんが、“飛鳥の蘇”というものを作っていると知ったのです。



醍醐の前段階にあるのが、“蘇”!!
醍醐からも遠からずのものを食べる事ができるとは♪

TVで紹介されたので手に入りにくくなってると聞き、ほとぼりが過ぎるのを待っていたのですが、この度、めでたくおとり寄せしてみましたーーー!

DSCN8533.jpg



蘇(そ)は、8~10世紀頃の日本で最初に作られたチーズだそうです。
シルクロードを渡って日本に入ってきた時点で「酥」ではなく「蘇」と呼ばれるようになったそうです。
残念ながら日本における「蘇」の作り方を詳しく記述した文献は見つかっていないそうですが、飛鳥京の時代に年貢として納められていたという記録や、延喜式(平安時代初期の宮中の年中儀式などが書かれた本)の中にも記録されている製造方法など、いくつかの手がかりとなる文献や資料から「こんな感じであっただろう」と1987年に奈良国立文化財研究所の飛鳥資料館で再現したのがきっかけで、西井牧場さんが製造販売を始めたものだそうです。


DSCN8535.jpg




作り方は全乳の牛乳を加熱しながら練り、どんどん煮詰めていく。
30リットルの牛乳を約7時間煮詰めて約4キロの「蘇」ができる。
牛乳も数時間加熱すると薄く茶色に色づき、煮詰まると濃いキャラメル色になりネバネバしてくる。
その状態のものを24×14くらいの木箱に流し込み冷蔵庫で冷やし固める。
固まったものを8等分して出来上り。

それが6cm×5cmのコレなのです。

DSCN8536.jpg




当時の庶民にとっては夢の食物で貴族や高級官人のみが口にできたという超高級食料、手間もかかってます!
美容と不老長寿に効果を期待されたそうです。



DSCN8537.jpg

ナイフを入れてみると、プロセスチーズより柔らかく、粘りもあります。
さて、その味はといえば・・・。



固くなった蜂蜜のようなショリショリした歯ざわりがあり、確かにチーズの風味と塩気があります。
だけど、チーズの塩気はちょっぴりで、それよりも舌にのこるのは、ふんわりとした甘み。不思議!

DSCN8541.jpg


ミルクジャムの甘味をぐぐーーっと抑えて、チーズを混ぜた感じ・・・・(また、美味しくなさそうな表現に 汗)


お砂糖ふんだん、クリームふんだん、美味しいチーズもばんばん食べられる現代人からすれば、ちょーー絶品!と気絶するほどの味ではありませんが、品格とか、気高さとかの意味を思わず考えてしまうような、いろんな意味で「有り難きもの」だな~って感じました。



“飛鳥の蘇”は西井牧場さんの“みるく工房”でお取り寄せできますよ(^^
みるく工房HP





今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
気分は完全に、額田王です。野守は見ずや~君が手を振る~♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : お取り寄せグルメ
genre : グルメ

No title

何、何!?すごく、厳かなありがたい風格の
これって、お菓子なの?
飲物は何とあわせるのかしら?(^.^)

No title

ほう~これはまた風流ですねぇ。
昔の時代は、科学調味料も、冷蔵庫もオーブンもなかったんだから、人間の知恵で色々と作っていたんでしょうね。
きっと素朴な味なんだろうな。でも素材が生きた味なんだろうな。と1人想像♪

ところで、前の記事。オリンパスですね。私も一緒です☆
オリンパスはオリンパスブルーとかって、青が特徴あるっていうのを聞いたことがあります♪
素敵な写真をたくさんとってくださいましね。

No title

日本のいにしえびととミルクってどうも結びつかないんですが、牛車があったのだから、牛はいたんですもんね。
牛車を牽く牡牛がいればそれを生む雌牛もいるわけで・・・
面白い食べ物ですね。
塩味がするって言うのは、牛乳には元々塩分も含まれてるってことですよね。
食べてみたいけれど、30リットルの牛乳が入るお鍋は持ってません(当たり前か…)。
私にとって、醍醐味と呼べる味は『納豆』かな(笑)

No title

おぉぉ、すごい興味あったんですよ!
蘇!
取り寄せる価値はアリですか?
記事を読むと微妙そうな感じを受けましたが・・・・

気品ある感じなんですね~
醍醐への興味がふつふつとわいてきます。

「蘇」、しばらく前にTVでみたことがあります。
お味はまずまずのようでしたが、仏教用語に始まってこれだけご丁寧に解説をしていただくと、是非食べてみたい気持ちになります。

No title

こんにちは~^^
醍醐味のお話、とても楽しかったです...
実はダイゴとうい人物を思い出していました~笑)
蘇は、煮詰めて冷やして。。。
そして何年か寝かせておくのではと思っていました。
確かに物がふんだんに無い時代に、手間をかけて作られ
凝縮された栄養分に美容や不老長寿への効果を期待していたんですね~。
それを食したにぽぽさん、ますます美人さんに~♪

No title

おっはよ☆
へーチーズの先祖様。かわってるカンジだねぇ。
ショリショリした歯ざわりか。。ちょっと食べてみたいな。

でも、”ソ”を食べちゃうと尚の事、醍醐を食べたくなっちゃったんじゃない??(*^^)

No title

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
醍醐っていう食べ物があるのは、昔本で読んだ記憶が
ありますね。
蘇は初めてです。
濃厚なクリーミーな感じがするチーズですね。
ワインのお供に良いでしょうね。

No title

あ!これ!
私もテレビで見たことある~~
恐らく今のチーズの感覚で頂くと
大して美味しいとは思わないかも?だけど
歴史知って食べると醍醐味(醍醐ではないけど~)
味わえそうですね~

No title

これは、包装からして高級感がありますね。
チーズに近い食品ということから、白い色かと思ったら、キャラメルっぽい色をしているんですね。

No title

にぽたん、おはようございます♪

箱から、包み紙から…
品格を感じてしまうチーズですね~。v-398
チーズなのに「ショリショリした食感」って言うのが
一生懸命想像してみたんだけど、できなかったー。v-356

色にも驚いた~!! Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

過去から蘇ったこのチーズ、ちょっと気になる…。
にぽたん、これはおやつだったの?
おつまみにしたの?    v-286v-380

No title

おはようございます

さすがなかなか興味深いもののご紹介ですね。
結構な手間と時間がかかると思いますが、
思ったより高くないんですね。

「飛鳥の蘇」おやじギャグをたくさん書いてしまいそうなので、ここで退散(^^;)

No title

これはまた珍しいものを取り寄せたのですね~!!!
凄い!!

醍醐味・・の(*^^*) 醍醐の前の段階のもの(☆o☆)

へぇ・・・・!!!

凄いですねぇ~ 喩えをきくと、難しい雰囲気ですが・・
それがその当時の時代背景、食べ物から考えますと
凄い!!!というのも納得しますね~

そりゃ~こんなのが食べれたら・・不老長寿にも近いぞ!
最高の美味じゃーって騒ぎそう!

No title

「醍醐」は仏教用語からきたんですね。なるほど!
「蘇」箱のカナをふってあるんですね。
品の良さが伝わってきます。でも高かったでしょ、手が掛かってるものね。

醍醐味!?

ほんっとに、珍しいもの探しの名人ですね!
それに、どんな味だろう?と気になるんだもの。

ついに飛鳥に遡るにぽぽさん、
ゼイハァいってついていきます!

後醍醐天皇って・・・!
全然カンケイないですよね(笑)
確か、あの方は鎌倉時代~?

No title

絶対に買う!
ワインにもあうってことだし、
チーズ好きとしてはこれは味わってみるべきだわ!
ここ数日でおとりよせにお金つぎ込みすぎちゃったから
来月あたり行ってみるわ。
うはー、こりゃいいねぇ。
&べんきょうになりました。さすがにぽぽたん。

No title

へぇ~っ! へぇ~~っ !!
こぉいうお話しって、面白くて大好きです。 >_<
飛鳥時代もなんとなく好きだし♪
クレオパトラは「ミルク風呂」に入ってたとかっていう話しを耳にした事がありますけど、体の中からの「美容」と「長寿」・・・そぉなんですねぇ!

「兼定」のお話しも面白かったです♪
マンガの『風光る』を思い出しちゃいました。 >_<

No title

何年か前、日本にも大昔にチーズがあったんだっていうんで、酒飲み仲間で話題になり、奈良の子が帰国するときに買って来てもらって、みんなで食べたことがあります。
へーとかほーとかふーんとか、おおっ! たしかにチーズだ! なんて言いながら、日本酒と一緒にありがた~く頂きました。
今の私には、結構、甘みがあったなーって記憶が残ってます。
あっ、思い出した! 漫画の「美味しんぼ」に書いてたから話題になったんじゃないかな?

No title

へぇ~~醍醐味の醍醐って・・・食べ物だったんだねぇ~
そしてその蘇・・・見るからにとても高級そうな(〃・д・)
高貴な方しか口にできなかったもの、なるほどなぁ~って思った~
チーズにしろバターにしろ、庶民が口にできるような
そんな簡単なものじゃなかったんだね、日本では。
それこそ欧米でだってそうだったとは思うけれど、
でも日本は乳製品に関して遅そうなイメージ(´-ω-`)
そして蘇のお味たるや・・・・!
なんだかイメージはできましたよ!!
そのショリショリした感じ、ハチミツの成分が分離するとなっちゃう感じ?(笑)

No title

すごい手の込んだチーズですね!
とっても濃厚そうです。
普段食べているチーズとは違うんでしょうね~。
甘みも自然の甘みで体にも良さそう♪
チビチビ味わって食べてみたいです♪
ぽち☆☆☆

No title

言葉の重みからして・・・興味深いですね!
んーーーどんなお味なのかしら?!
気になるわー(#^.^#)
にぽぽちゃんのアンテナ・・・すごいね!!
ぽち♪

No title

こんにちは。
私はチーズなぜかとろけるのしかたべれないのですが
なんだか、これならおいしく食べられそうです。!(^^)!

No title

こんにちは!
おもしろいもの見せて頂きました!!
お話も面白かった!!
有り難きもの。。。という表現ピッタリな気がします!
味って、濃いものになれると
微妙な感覚が分らなくなりますよね。。
たまに、いいですね!こういうものを頂くの!!^^*

No title

へ~ ふむふむ・・・なーるほどねー ^^)
そんな由来があったとは・・・
そして 食べれるなんて・・・ なんか すごい感じがします・・・
味はともかく 一度食べてみたいですね!!
にぽぽさんのブログ読んだ人がみんなで蘇を買うと・・・売切れそう 笑)

No title

にぽぽたん こんばんは(^^)
無知な私、醍醐味の意味から知らなかったので勉強になりました(^^ゞ
醍醐の意味もそういうことだったんですね。勉強になりました(._.) φ メモメモ
飛鳥の蘇、みるからに上品そうで美味しそうです~。
食べたみたくなりましたよ(^u^)
にぽぽたんのブログにお邪魔するたびに頭がよくなってくような感じしてます(^^ゞ

No title

庶民が口にできなかった食べ物・・・食べてみたーい!!
チーズのようなテリーヌのような見た目・・・
うん、これは一度は口にしてみなきゃね!!

応援♪

No title

久しぶりにやっとゆっくり来れました!!
おーーーっこれはこれは☆凄いもの見ちゃった!!
なんだか食べたくなりましたよ~中々お目にかかれないチーズですね☆
これはもう気分は額田王ですね!!
素敵っ♪

こんばんは(^^)

これ、私好きかも♪
けど、普段に食べるには贅沢なような・・・
自分へのご褒美の時ですね(^^;

No title

こんばんは。
日本最古のチーズとは、珍しくも貴重な一品ですね。
醍醐味の意味も分かって勉強になりました。
チーズ大好きの私としても、とても食べてみたいです。
みるく工房ではお一人様3個までなんですね、もちろん3つも食べられませんけど(^_^;)
他にもシュークリームやチーズケーキがあって目移りしちゃいます。
新しいデジカメ買ったんですね。
これだけ有効に使ってもらえれば、カメラ君も本望でしょう。
コンデジも今は高性能ですよね、わたしの使ってるのも分類的にはコンデジです。

Re:もかたん

お菓子といえば、お菓子かな?
ワインに合うほどコクはないので、にぽぽとしては、玄米茶とかに合いそうな気がします(汗)

Re:jitanしゃん

昔の人が手作業で一生懸命作ったものって感じです。
献上品だから、気もつかったでしょうしね~。
素朴すぎるけど、高貴な感じのする味ですよ!!
jitanしゃんもオリンパスですか♪
まだ使い慣れていないのですが、あちこち連れまわして写真撮りますね(^^

Re:タヌ子たん

日本人と乳製品は、明治以降って印象がありますが、天皇家は何世紀にも渡って乳製品を摂取してきたのだそうです。
だから、日本人のほとんどがもっていいない乳を分解する酵素(乳糖不耐)、天皇はしっかり持っているらしいですよ。
納豆が醍醐味って確かに~!!

Re:こちくんしゃん

一度味わってみる価値はあるかもです。
美味しいっていうほどではありませんが、昔はこんなものを食べていたのかという感覚は楽しめますよ。
醍醐になると、もっと美味しいのか?それも微妙な気もします(^^

Re:茶々しゃん

仏教と乳製品ってえ?っていう組み合わせだったんですが、牛を聖なる動物とするインドから来てるんですもんね、仏教も。
話しのタネに、一度味わってみるのもいいですよ、これ。

Re:BELLYしゃん

にぽぽも、書きながらウィッシュ!のダイゴを連想してしまいました(笑)
冷蔵庫がない時代、牛乳は保存がきかないし、蘇を作るのも大変だったと思います。
不老長寿の効果があるっていわれるほど貴重な食料だったのもうなずけます。

Re:kooたん

そ~なの!
蘇がこうなら醍醐はどうなのって、ますます興味がわいちゃいましたよ。
いつか、醍醐の作り方がかいてある資料が発見されればいいのにねぇ。

Re:hirokunしゃん

濃厚というより、やわらかい素朴な味です。
牛乳の精分だけが凝縮されてるなぁって感じです。
昔、昔は何をつくるにも大変だったんですよね、積み重ねられた工夫や発見で今美味しいものが食べられるのかと思うと、ありがたいですよね。

Re:hisamiしゃん

TVで紹介されて、ものすごい入手困難になってたそうですよ。
今は落ち着いたみたいで、注文したらすぐに送付されてきました。
日本人って、飽きっぽいよねぇ~(笑)
イメージしてるチーズとはぜんぜん違うのですが、ほのかにチーズ、不思議な味です!

Re:桃源児しゃん

ぎゅーーっと煮詰めていくと、やっぱり焦げ目がついていくんでしょうね。
といって、焦げ臭いわけではないです。
チーズのようなミルクジャムのような、なんとも不思議な食べ物です。

Re:berry-berryしゃん

ショリショリした感じは、グラニュー糖を噛んでるみたいな感じなんです。
元は牛乳なのにショリショリするから不思議なのよね。
おやつかおつまみか!
するどい突っ込みです(笑)
最初の一口は、蘇だけで齧ってみました。
お酒のつまみにするには、ちょっと優しすぎる味の気がしましたよ、個人的には(^^

Re:ちびたしゃん

おやじギャグ並べて欲しかった(笑)
ブルーチーズやカマンベールと比べて、そんな特別高いものではないですよね。
手間の割りに、良心的だとおもいましたよ。
でも、ネットで見たときはもっと大きいかと思った(笑)

Re:あんりしゃん

今みたいに、保存方法やいろんな材料もないときに、こんなものを作っていたのかーと思うと、ありがたや、ありがたやです。
飛鳥時代に生きていたにぽぽのご先祖様はきっと食べる事はできなかっただろうな
(^^;

Re:mu.choro狸しゃん

ブツが届いたときには、思っていたよりも小さくて、えーー!って(笑)
だけど、今売ってるちょっと美味しいチーズと同じぐらいの料金かなって思うと、ものすごい手間がかかってる分、良心的なお値段です。
当時は天皇やその近くの人々も、こんなもの(というと失礼だけど)を食べていたのかぁってしみじみ感じましたよ。

Re:だんだんしゃん

いやいや~、何世紀もすっ飛ばして、幕末から飛鳥時代へ(笑)
食べ物の話しになると、時間も距離もぶんぶんすっ飛ばしますよ!
後醍醐天皇とか、醍醐時とか、なんか関係あるのかと思っちゃいますよね。

Re:みぃやたん

うん、試してみて!!
にぽぽのまずそーな食べ物レポではなんですから(笑)
フルボディのワインにはちょっと負けちゃいそうな気もしますけど、チーズ好きにはぜひ食べてみて欲しいですよ(^^

Re:こまたん

飛鳥時代なんて、ほとんど伝説とか神話とか思っちゃうような昔ですもんね。
そんな時代に食べられていたもの、興味ぶかいですよね♪
兼定は、勝手にカメラのニックネームにしたりして、全国の土方さんファンにしろーーい目で見られそうですよ(冷汗)

Re:☆青☆たん

日本酒か!
ワインより日本酒のほうが合いますね、確かに!!
そう、甘いんですよ。
切ったその日より、次の日、次の日と、だんだん甘みが強くなる気がします。
美味しんぼに載っていた?!
どんな風に記載されたのか、読んでみたいなぁ~。
何巻か探すの、ちょー大変そう(^^;

Re:もこりんたん

すごいな、もこりんたん!
ハチミツの成分が分離したようなショリショリ、まさにそんな感じですよ!!
よく思いつきましたね~(^^
日本人が乳製品を口にするようになったのは、明治時代以降ですもんね。
こんな昔に口にできていたなんて、本当に高貴な食べ物だったと思いますよね!

Re:ぽんちたん

ほのかにやわらか~い、やさし~い甘みなんですよ。
牛乳を煮詰めていくと、こんな風味が出てくるんだな~ってびっくりしますよ。
体にはチョー良さそう!

Re:marityたん

一口で言えば、素朴。
だけど、保存技術とかない大昔にこんなものを作っていたんだ~と思うと、すごいなーって感心しちゃいます。
牛乳だけ煮詰めたものなのに、牛乳じゃなくなってるのがびっくりですよ!

Re:のんびり九州しゃん

チーズと思うと、まったく違うものってきがしますが、じゃーなんだといわれると、チーズかな?って感じです、これ。
牛乳を煮詰めていって成分が凝縮すると甘みとほんのちょっと塩気があるんだとびっくりしましたよ。

Re:tatsumyしゃん

牛乳の成分だけの純粋な味、お砂糖なんか入れてないのに甘いんですよ。
調味料や人工的な味に慣れてしまうと、どんどん濃い味しか感じられなくなりますよね。
蘇みたいなものを味わってみるのはいいと思いました(^^

Re:イノぶたちん

以前TVで紹介されたときには、注文してからかなり待たなければならなかったみたい。
今は、すぐ送ってもらえましたよ。
日本人って飽きっぽいのね~(^^;
珍しさが満足されちゃったら、リピート率は低いのかもしれないわ。

Re:りえたん

美味しいというより、珍しい!っていうものですね。
だけど、素朴で繊細な味を確かめてみるのは、いま美味しいものを食べすぎのにぽぽ達には貴重な体験かもしれませんよね。
マズイ!というほど不味くもないし(笑)

Re:まつんこたん

ナイフを入れた感覚はテリーヌよりちょっと固いです。
だけど、色を見たときにはにぽぽもテリーヌっぽいな~って思いました!
飛鳥時代に生きていたにぽぽのご先祖は食べられなかったもの、しっかり頂きましたよ(笑)

Re:Mayumingたん

お酒とあわせるより、カモミールティとかの方が合うかもです。
にぽぽは玄米茶に一番合うような気がしますけど(^^;
レッスンの後のお茶の時間に一度、いいかもしれませんよ!

Re:幸しゃん

バクバク食べるものじゃないですね、確かに(^^
でも、たまにならこんなのもいいかも♪

Re:アシタカしゃん

アソタカしゃんはチーズ好きなんですね!
チーズと思って食べると、チーズとは違うんですけど、じゃーなんだろうと思うと、やっぱりチーズだな~って思えます(笑)
3つは多いかと思いますけど、一個がとても小さいので、パクパクと食べれてしまいます。
ま、賞味期限が長くないので、2個ぐらいがちょうどいいかもですね。
ちなみににぽぽは、ヨーグルトとかのセットになってるお試しセットにしたのですが、ヨーグルトとかミルクも美味しかったです!
アシタカしゃんの写真がコンデジというのは信じられません!
より高度なコンデジなんでしょうね。

No title

チーズ??
なんか 生キャラメルにも似てるな~
と 思いながら
でも 是非是非 
高級感を 体験してみたいと
思いました
歴史を肌で感じられるって
素敵だと思うんです
~☆

No title

すみません
にぽぽしゃんのブログ リンクさせてください。。
問題あれば 当方へコメ お願いしますね^^
~☆ポチッ

Re:MOMOしゃん

作り方は生キャラメルに近いかもしれませんね。
あ、そっか、しょりしょりした感じもキャラメルの出来損ないのショリショリした舌触りに近いかもしれない(笑)
古代のチーズを食べられるのは、ちょっとステキですよね!

Re:MOMOしゃん

あれれ~?!
にぽぽの方もリンクしてなかったんですね(^^;
なんか、すっかりリンク済みな気持ちでいました(汗)
もちろん、リンクお願いします!
にぽぽの方も設定しますね!
Secret

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。