08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 鞍馬で西の天狗さんに対面

ども にぽぽ です=*^-^*=





東京に帰ってまいりました。
旅行中も、沢山コメントいただきまして、ありがとうございました(^^
楽しく嬉しく拝見しました♪

Reコメする余裕がなかったのですが、今日から通常に戻りつつ、京都旅日記をつらつら書きたいと思います!



さて、8月20日、10時半に京都に到着したにぽぽ。
荷物をコインロッカーに突っ込んで、市バスに乗り込み“今出川柳町駅”から叡山電鉄に乗り換えて到着しました、第一の目的地。

鞍馬駅
     1.鞍馬駅



鞍馬といえば、天狗。

     2.天狗

鞍馬山は全国の天狗の元締めなんだとか・・・。



鞍馬寺山門
     3.鞍馬寺

食い倒れと思われがちのにぽぽの旅。
そうじゃーないぞ!
本日は、源義経が修行したと伝わる鞍馬山から貴船への山越え!



山門から鞍馬寺本殿までの九十九折の坂道は、清少納言も登ったそうです。
平安時代・・・一体どんな服装で山歩きをしたのでしょうね。

     4.つづら折



本殿への最期の階段、あと一息!

     5.あと一息




     6.景色

本殿前の景色。
今思えば、ここが一番眺めがよかったかも・・・。



     7.パワースポット


鞍馬山の本尊は宇宙の大霊であり大生命であり大光明、大活動体であり、「尊天(そんてん)」というものなんですって。

本殿正面のこの土俵のような場所、パワースポットって雰囲気がしますよね(笑)
もちろん、にぽぽはこの真ん中に立って来ましたよ。



朱塗りの本殿も美しかったです。

     8.本殿



本殿左側には、奥の院へと続く道。

        9.奥宮へ


勢いのある力強い木の根っこが印象的でした。

     10.木の根


このあたり、ひたすら山を登っていく感じになります。

     11.奥の宮へ

階段が整備されているものの、結構息が切れます。




     13.義経息継ぎの井戸

これは、義経息継ぎの井戸と言われています。
以前はもっと水が沸いていたそうなのですが、最近水量が減っているとか・・・。



この先、いよいよ山という風情になっていきます。

        14.森



クマやマムシに注意のたて看板も!

        15.クマ

マジかっ!





義経背比べ石というのがありました。

     16.義経背比べ石


義経が奥州に向けて旅立つ時に、名残を惜しんで背比べをしたと伝えられる石です。
155cmのにぽぽより低かったけど・・・この石と義経が背を比べたというなら、義経っていったいどのぐらいの体格だったのかしら?



背比べ石を過ぎると、ほどんど下り道になってきます。

     17.下り



ふと見ると、木になんか付いてる。

        18.きのこ

なんでしょう?きのこ?



足元、黒い影がひょーんと飛んだものがあり、なにかと思ったら、

     19.かえる

カエルさん。

トカゲさんも沢山見かけましたね。




不動堂
     20.不動堂

奥の院までのちょうど中間ぐらいの場所にあります。
ここは大天狗「僧正坊」の栖とされる場所で、義経が天狗と出会った場所とも言われます。
今は護法魔王尊の脇侍「紗那王」として、義経堂が祀られています。


義経堂
     21.義経堂




ここを過ぎると、いよいよ義経修行の場というにふさわしい、荘厳な感じの原生林。

木の根道
     22.木の根道


こんなの見たことない!
どこに足を置いたらいいのか迷って、足がもつれそうになります(笑)


     23.木の根道

その昔、近藤正臣さんがピアノを足でひいたように、思わず爪先立ちになってしまう。
(意味の解らない最近の若者はスルーしてください。)



やっと到着、魔王堂とも言われる奥の院。

     24.魔王堂

650万年前に金星から護法魔王尊が天下った場所とされ、この拝殿の奥に本殿がしつらえられています。護法魔王尊とは地上の破壊と創造を司る霊王であり、地球の人間とは違った元素によって身体が出来ていて、永遠に16歳の姿をしているとされます。
何だかよくわからない話ですが、、鞍馬天狗は元々この護法魔王尊だったという説もある様です。



ここから貴船神社まで、あと600mぐらいの距離はひたすら下り道です。

     25.下り



林立する木の幹が模様のようで綺麗です。

     26.木漏れ日


この辺りになると、ゴーーッと水の音が聞こえてきます。
空気中の水分が多いのか、地面には苔が目立ってきました。

     27.苔

心なしか呼吸が楽な気もします。



一段と水音が大きくなり、眼下に川がちらちらと見えてきました。

     28.水の音


     29.貴船側




貴船側に到着。

     30.到着

鞍馬寺山門から、にぽぽの足で2時間ちょっとでした。


        31.水

     32.貴船神社へ


川沿いの道を歩くとすぐに

     
     33.貴船神社鳥居

貴船神社の鳥居が見えます。




現在1時半。

この日のお昼は、鳥居のすぐ脇にある鳥居茶屋に決めていました。

     34.鳥居茶屋




このお店の名物は、鮎茶漬け。

     35.鮎茶漬け


綺麗なピンク色のお魚は鯉です。

     36.鯉のあらい

臭みは全く無く、しっかり噛み応えのあるしまった身が美味しい。
添えてある湯葉のお刺身もふわっとやさしい味がします。


     37.鮎茶漬け

鮎もお箸でホロホロっと崩れるほど、骨まで柔らか!!
上品な出汁。

うーん・・・。
東女のにぽぽは、あと3滴ぐらい醤油をたらしたいという気もしてしまいましたが、山歩きの後のお茶漬けはほどよくお腹に収まりました。





今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
あれ・・・やっぱり食い倒れ日記?
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 旅行日記
genre : 旅行

NO TITLE

山の中は涼しいとは言え、よく歩きましたね。
マイナスイオンをいっぱい浴びてさぞ気持ち良かったことでしょうね。
鞍馬寺本殿の朱塗りの手すりの前にある石っぽいもの、しめ縄で守られてるけど、何か特別のものなんでしょうか?
下界の人間が入ってはいけない領域なのかな。
沢山歩いたごご褒美のランチ、京都は川魚がメインなんですね。
鯉は泥臭くて苦手だと思い込んでいたので、チャレンジしたこともなかったけれど、うまく処理すれば臭みも消えるんですね。
アユの骨でカルシウムも補給したし、午後の活動にきちんと備えてるところがさすがにぽぽさん!

NO TITLE

こんばんは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^_^*)
お帰りなさい!
これで本当に夏が終わりましたね(笑)
にぽぽさんの日記読んでると、本当にタイムスリップ
でもしたかのような錯覚に陥ってしまいます。
山の中を歴史探検してるかのように。
醤油はいけません。
郷に入りては郷に従えですよ!

なつかしい!

お久しぶりです。
にぽぽさんも物好きですね~♪
すごく懐かしいです!
私も社会人2年目くらいに、この木の根みち、通りました。
ちょっとした武勇伝。
今となっては、人気もほとんどなかったから恐いし、体力的にもムリかも~と思ってしまいます・・・
ご無事でなにより^^

おかえりなさいませ!

京都と東京はどちらが暑かったでしょうか?

鞍馬・・・やはりはずせませんね!
もっと若くて身体が丈夫な頃・・・(笑!)
貴船側から、奥の院に向けてのぼりましたよ∧∧∧
なつかしい~~不動明王さまは金星からの使者とか?

たくさん、話に参加したいところがあるのですが・・・

近藤正臣!足指ピアニスト???のくだりで

一人大爆笑!!e-452v-425
はっきりと浮かぶ映像・・・
ここに、捕まってしまいました!

お疲れ様でした!

NO TITLE

こんばんは 高校時代、京都のラジオ局の深夜放送を聴いて、センチな気分になっていましたが、鞍馬や貴船ときくと、今もあの懐かしい感情がよみがえります。一度は行ってみたいです。

NO TITLE

おかえりなさーーい♪
今日も楽しく読ませていただきマシア☆

近藤正臣・・悲しいかな・・わかってしまいました。。。。
しかし本当に凄い根っこ!
いかにも修業の場!歴史を感じる場所ですね~
お茶ズけもあっさりで美味しそうです☆
って私もたぶん醤油3滴かな??

NO TITLE

にぽぽさん 去年私も帰国したさいに登りましたよ~(笑)
貴船側に下っていきました。なかなか良いでしょ~鞍馬山!

NO TITLE

鞍馬寺、一度だけいったことがあります。懐かしいなあ。。。
京都はどこに行っても見ごたえがある場所ばかりで、
いつかまた行ってみたいです。
ぽち。

NO TITLE

いい所ですね!
空気もきれいで癒されそう。
お寺はどうしても山になるので足腰が強くないといけませんねぇ。
よく、ヒイヒイいって登っていると元気なおじいちゃんおばあちゃんが
チャキチャキ追い越されます。
体力が・・・。

修行の場というだけあって険しそうですね。
自然の中で身も心もって感じがします。

お茶漬けおいしそう♪
やっぱり味はお上品??
鮎食べたい!!

おかえりなさい(^^)

凄い階段v-356
きっと私は上まで登れない・・・

最近の若者なので、
近藤正臣さんのピアノは意味が分からず
スルーさせていただきました(笑)

NO TITLE

鞍馬、数年前に行ったことがあります。
やはり夏だったので、涼しかったのが印象に残っています。
貴船、川の音がすごくいいですよね。
鮎茶漬け、食べてみたいです。

NO TITLE

にぽぽちゃん、お帰りなさいっ(^.^)

鞍馬、いかれたのね~。
思わず、私も久々にいきたくなりました。
秋にでも行ってみようかな。

NO TITLE

おはようございます。

私も見ていて山に久々登りたくなりました。
ところで熊というと北海道というイメージですが
そうですよね、本州にも熊がいるんですよね。
九州は熊は絶滅したとされているので山に登ってもその点は安心です。
(まだ山奥には生息しているという噂もありますけど・・(^^ゞ)

NO TITLE

京都に行かれていたんですね~♪新撰組がやはり絡んでる(笑)
池田やでごはん食べられるんですか?
切り絵がほんとにかっこいい!!
私、女性史が好きなので、京都と言えば、龍馬の妻お龍さんが気になります~晩年は寂しい人生だったそうだけど・・。龍馬のお姉さんとかも気になるから、坂本龍馬が好きなんでしょうね~
来年の大河、福山さんが演じますが、どういう脚本かきになっています♪
☆~~

NO TITLE

今時の若者の私はつま先でピアノを弾いた場所で何故か、柔道一直線を思い出してしまった・・・・
しばし考えた、俺は男とどっちだったっけヽ(~~~ )ノ ハテ?ってね・・・
時々、にぽぽさんの書いてるブログを読んで自分の歳を認識する私でした~爆
応援♪( *^-゜)/⌒☆゛

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

鞍馬山、ぜひ行ってみたいと思っている場所です。
う~ん、なるほど、パワースポットという感じが
写真からでも伝わっています。
牛若丸さんは、小柄な方だったんですね。
もっとも江戸時代の男性の平均身長は
145cmくらいだったそうなので
当時の標準的な体型だったのかも?

NO TITLE

池田屋行ったんですね
内部レポGJです♪(笑)

鞍馬も面白いですよね
本堂に着くまでの方が疲れた気がします
木の根道とか、すっごい楽しかったv-238

NO TITLE

にぽぽしゃん、お帰り~!!

天狗のお山は、これまた厳しいテクテクでしたね。
鞍馬山の本尊は宇宙の大霊であり?
大生命であり? 大光明? 大活動体であり?
「尊天」???
どんだけ『大』がついちゃうんでしょうね。。。

木の根道は、大変珍しく拝見しました。
お写真だと、ヘビが這ってるみたいで怖いょ。
こんな歩きずらいところ、よく頑張ったね~。。。ビックリ・ビックリ~。
思わず、パチパチしたくなりました~。 v-286v-380

ふぁぁぁぁ~♪

にぽぽsan、何やら素敵なご旅行をされてらしたのですねぇ~!!
ここ、妙に気になります、軽く登山気分も味わえそうで(笑)
そして池田屋さんできっとウハウハしていたに違いないにぽぽsanを
妄想して、自分の姿と重ね合わせてしまいました。
私も昨日、伊豆にてウハウハ体験でしたよっ♪
やっぱり歴史は楽しいっスねぇぇぇ~☆彡



NO TITLE

おかえりなさいませ!
なんだか読んでるだけで十分に森林浴ができたようなさわやかな気分になれました。
2時間って、結構な距離と起伏だったんでしょうね。
鞍馬天狗、お能の題材にもなっているみたいなので、今度、チェックしてみたいです。
背比べ・・・昔の人は、ホントにちっちゃかったってことでしょうか?
義経は、150CMという説もあるようですね。

おかえりなさい^^

夏の京都は暑いと聞くけれども、木陰がなんだか涼しそう^^。
鞍馬山もいつか行ってみたい場所ですねえ。
どうも天狗とかそういう話にも反応してしまうw。

昔の人って背が凄く小さかったのかしら?
にぽぽさんの155センチより小さいって。。。
わたしも153センチだから人の事言えないけど^^;。

NO TITLE

にぽぽさん、京都に行かれていたんですね!

鞍馬寺の本殿、イイ感じで好きです。 >_<
朱色と黒のコントラストもいいけど、上からぶら下がっている照明(?)の形が好みでっ!
あぁいう形のお麩とか飴とかありそうな感じ。 >_<。。
鞍馬寺いいなぁ~っ。

「鮎茶漬け」も美味しそう・・・というか、美味しかったんでしょうね♪

おかえりなさーい♪

にぽぽたん お帰りなさーいv-290
今度は京都にお出かけされてたんだね♪
前の記事も一緒に楽しく読ませてもらいました~。
食い意地はってる私なのでやはり食べ物画像に
一番見入ってました(笑)
鞍馬といえば天狗が有名ですね~。
でも鞍馬駅っていうのがあるのは知らなかったです。
本殿への道のり、かなり大変そう~。
にぽぽたん、歩くのまったく大丈夫みたいだね
私はすぐへとへとになってしまって(^^ゞ

>近藤正臣さんがピアノを足でひいたように
もちろんドラマ観てました(笑)にぽぽたんが知ってるなんて嬉しくなったりして(^▽^
鮎雑炊、美味しそう~~。食べたいです~。鮎の塩焼きも好物です(^u^)

NO TITLE

こんにちは

東西の天狗を制覇して、残るは南北の天狗ですね。
それはいったいどこだ・・・?

高尾山と鞍馬山、どうでしたか?やっぱりずいぶんと
違いますか?

鞍馬山はやっぱり「義経」という人気者が修行をした
舞台って感じでしょうか?

NO TITLE

おかえり!!
鮎茶漬け美味しそう!!鯉もなんてきれいなんでしょう!!びっくりです!!
鞍馬寺しりませんでしたが 鞍馬山の本尊なんと壮大な事!!恐れ入ります
にぽぽさんもパワーもらって元気いっぱいだね!!
今度 行ってみたいなー ^^)

NO TITLE

お帰りなさい~!!
クマに襲われずに帰ってきてくれて
よかった (*>∀<)っ
写真で見ると涼しげだけど実際歩くと
大変でしょうね~
ワタシでは無理っぽいので
いいもの見せてもらった~と大満足(〃ノωノ)
ぽち♪

Re:タヌ子たん

あの舞台みたいのは「翔雲台」といって鞍馬寺の本尊が降臨した場所なんだそうです。
で、あの石は本殿の後ろから経塚が出土したらしいのですが、その蓋石なんですって。
川魚に苦手意識はないのですが、鯉は食べつけないので、おそるおそるだったのですが、うまく処理してあるのか臭みもなく、身の締まった感じなんて、養殖の海のお魚よりよりぜんぜん美味しかったですよ!

Re:hirokunしゃん

楽しい事はすぐに終ってしまいます。
ああ、お仕事シブシブ・・・・。
運動嫌いですが、鞍馬から貴船のあたりはものすごい空気が濃くてとても気に入ってしまいました。
汗を沢山かいたあとの食事はやっぱりお醤油で塩分補給したい感じでしたけども・・・(^^;

Re:ノブさん

こちらこそご無沙汰しております!
山越えルートを歩くのは、かなり迷ったのですが、行ってみてよかった!
木の根道は見ごたえありました(^^
夏なので、人がわりといたからよかったですけど、シーズンオフだと怖いかもですね。

Re:tatsumyしゃん

京都の夏はものすごーく蒸し暑いと聞いていたのですが、にぽぽは東京の夏より京都の夏の方が過ごしやすく感じました。
暑いのもわりと平気(^^
貴船側からだとずーっと登りになるので大変ですよね!
鞍馬のご本尊は宇宙人なのかぁととっても不思議な気分になりました(笑)

Re:ようこしゃん

京都は何度行っても見所が沢山あるなーと改めて思いました。
鞍馬山や貴船は木々のパワーを感じて、街中やお寺巡りとはまた違った楽しみがありました!
貴船は夏にいって正解だったなーって思いましたよ。

Re:Mayumingしゃん

こんな自然の中で義経は修行していたんだなーってしみじみ思いました。
なんか、木や土のもつパワーをすごい感じてちょっと怖いぐらい。
京料理は美味しいのですが、やっぱりちょっとお醤油が欲しくなってしまう・・・
典型的な関東者です(笑)

Re:BELLYしゃん

鞍馬から貴船に向かうほうが下りが多くて楽なのかな?
鞍馬山は男性的で、貴船は女性的な感じがしましたよ。
とってもいいところで、すごい気に入ってしまいました!
また行きたい~!

Re:まつんこしゃん

京都は何度行っても、見飽きる事もないし、見所が沢山ありすぎて、全部見るのは難しいですね。
伏見稲荷や宇治、嵯峨野のほうにも行きたかったし・・・また行かなくちゃ(^^

Re:ぽんちたん

鞍馬から入ると、下りが多いので、割と楽かなと思っていたのですが、油断すると危ない!
中国からの旅行者がビーチサンダルで歩いていたのを見て、ひょえーーと驚きました(^^;
爪を引っ掛けてしまいそうで怖い(><)
京料理の味はとっても上品ですわ・・・。

Re:ばぁちゃんしゃん

にぽぽも、普段ものすごい運動不足な生活なので、心臓がやぶれるかと思いましたよ。
階段の方が坂よりきついんですよねぇ・・・。
そうですか、ピアノの意味はわかりませんでしたか。
最近の若者ですものね、ふふふ(^^

Re:桃源児しゃん

この辺り、とっても雰囲気がよくて、今でも義経が山を走っているようですね。
貴船は夏にきてみてよかったナーと思いました。
次回はぜったい川床体験しようと決意しましたとも(^^

Re:もかたん

京都は見所が沢山ありますねー!
何度行っても見切れないです。
初めて鞍馬の方に行ってみましたけど、雰囲気が独特で、すごくよかったです!

Re:のんびり九州しゃん

山歩きにはあまり興味がないタイプだったのですが、開眼した感じです!
空気が街中とはぜんぜん違うし、気持ちいいですねぇ(^^
さすがにクマ注意の看板にはびっくりしましたけど(笑)

Re:ゆみぴいしゃん

池田屋があった場所に居酒屋さんが入ったんですよ。
昔はパチンコ屋さんだったんですけど、居酒屋の方が断然いいですね!
来年の大河、どうなりますかねぇ。
にぽぽのとても気になっています。

Re:みゆきママちゃんしゃん

あれ?そういわれれば、柔道だったか。俺は男だったか・・・?
実はにぽぽはオンタイムでは見ておりませんけど。ホホホ・・・(^^
だけどあの演出はすばらしいと思います(笑)

Re:comichikoたん

鞍馬から貴船へ向かうほうが下り道が多いのでいいと思います。
貴船からだと結構きついだろうなぁ・・・。
結構途中が暗いので、お昼時を狙って歩かないと結構怖いかもです。
でも地球のエネルギーを沢山感じますよ(^^

Re:ぶーちゃんたん

池田屋は、ただのチェーン店だしって思いながらも、大興奮してしまいます。
この場所が・・・って思うとね(^^
本堂越えたら貴船までは下りが多くなりますよね。
道が暗くて人気がないとちょっと怖いけど、かなりこの場所気に入ってしまいました♪

Re:berry-berryしゃん

鞍馬山のご本尊、宇宙ですって。
すごい壮大なスケールですよね(^^
この山は地盤が固くて、根っこが下にのびず地表を這うようになってしまうんですって。
地面にでてる岩盤もジュラ紀のものと説明がありました、すごい~!

Re:hirameたん

鞍馬から貴船に向かうと、山登りというより山下りって感じになります。
義経背比べのあたりが頂上なのかな?標高は高尾山ぐらいなんだと思いますけど、鞍馬駅がすでにかなり高い場所にあるっぽいので、にぽぽでも楽々歩けました。
だけど、まー、空気が濃いです。
歴史の旅は想像力勝負(笑)
ここで、あれがこうなってこうして・・・ってニヤニヤしてしまいますね。

Re:☆青☆たん

普段あまりに運動不足なので、翌日の筋肉痛を覚悟していたのですが、意外にもどこも痛くならず、にぽぽもまだまだ若いじゃないかと悦に入りました(笑)
鞍馬からだともっぱら下り坂になるんですが、こんな木の根がすごいところを飛ぶように修行したんでしょうから、よっぽど身が軽かったんでしょうね、やっぱり。

Re:こまたん

鞍馬寺の本殿はとっても美しかったです。
この照明、ものすっごく大きいの!
二人乗れる円盤ってぐらい大くて大迫力です(笑)
鮎茶漬けの“鮎の甘露煮”や箸安めについてる佃煮自体はいいお味でしたが、お茶漬けにしてしまうと、にぽぽにはちょっと味が薄い~って思ってしまった。

Re:葵たん

京都の夏は暑くて大変って聞いて、覚悟していったんですが、東京よりぜんぜん過ごしやすかったです。
特に鞍馬のあたりは京都市内より5度ぐらい気温が低いそうで、風が吹くと爽やか~!
昔の人は小さかったそうですが、この背比べ石って、120cmぐらいしかない感じでしたよ。
小さすぎな気もしますね・・・。

Re:りえたん

歩くの平気じゃないんですよ~(^^;
普段まったく運動しないので、かなり覚悟を決めて歩きましたよ。
歩いてるときはまだいいのですが、ちょっと止まると汗がダーって!
貴船に付く頃には膝がガクガクしてしまいましたが、ご飯で元気回復!

Re:ちびたしゃん

南北の天狗、どこだよ~(笑)
標高じたいは高尾山と同じぐらいなんですけど、麓から登るなら高尾山の方が本格的に登山だなーって思いました。
だけど、人の多さがぜーんぜん違います!
夏休みで人出は多いはずですが、うっかりすると、前後に人気がなくなることも。
そうなると怖い!
修行の山って感じですよ~!

Re:イノぶたちん

ご本尊が宇宙だったり、金星からやってきたとか・・・おったまげますよ(笑)
鞍馬山で宇宙パワーをもらい(^^
次回書く、貴船側では水のパワーをもらい、パワー注入しまくりです。

Re:marityたん

あっさりクマとか書かないでほしいですよね~(^^;
びっくりするし!
山なんだけど、お寺の境内みたいなものな訳で、まさかここで行方不明にはならないだろうとか思っちゃいましたよ。
木が鬱蒼としてるので、ちょっと怖い感じもあります。
なんとなく恐れ多い雰囲気ではありました。

NO TITLE

アハハ、わたしも絶対に
この円の中心に立つとおもう!
ぐるぐるまわったりもしちゃうかもーWWW

NO TITLE

こんにちー

さっきコメったら緊急メンテ画面になっちゃったから
もう一度いれまっす

あの円の中、わたしも絶対に立っちゃうと思う
くるくるとまわりたくもなっちゃいそうwww


ケロケロかわいー


Secret

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。