10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中 大國魂神社のすもも祭り

2008年7月20日(日) 東京/


ども にぽぽ です=*^-^*=


東京多摩地区の、“府中”というところは、645年の大化改新のあと、武蔵国の国府が置かれたところです。歴史的にもいろいろな史跡がありますが、東京競馬場もあるので、週末になると競馬ファンがぞろぞろと歩いています。

ユーミンの中央フリーウェイで歌われている
♪右手に見えるけーーーばじょぉ~ 左はびいるこーぉじょぉ~♪の辺りの場所です。


京王線の府中駅を降りると、眼に緑が鮮やかなケヤキ並木です。

けやき並木

このケヤキ並木は源義家が永承6(1051)年に父頼義と共に奥州阿部氏の反乱の平定を神社に祈願、その後鎮圧に成功した帰りの康平5(1062)年、けやきの苗1000本を奉納したといわれています。


奉納した先はこのケヤキ並木の先にある、大國魂神社です。

大国魂神社

ご祭神は、大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)、人皇第十二代景行天皇41(111)年5月5日に大神の託宣に依って 創立されたというから、とんでもなく古い昔でありますね。


7月20日はこの大國魂神社で「すもも祭り」が行われます。
前出の源頼義・義家父子の戦勝御礼詣りのためこの祭が起こりましたが、その祭神饌の一つとして李子(すもも)を供え、境内にすもも市がたつようになったのが、名前の由来とされています。


参道にはすももの甘酸っぱい爽やかな香りが漂っていました。
すもも市1 すもも市2


このお祭りでは神社から、真っ黒い「烏団扇」と「烏扇子」が配られます(といってもお金を払いますけど)。
境内へ

これで扇ぐと農作物の害虫を取り除き、厄災が払い除かれ、玄関先に飾っておくと、魔を祓いその家にに幸福が訪れるという、ありがたーい物です。
この団扇を目当てに毎年大勢の人が各地から集るそうで、本日も境内がものすごいことになっていました

団扇の行列1

団扇の行列2


普段はとっても静かな素敵な神社で、にぽぽも通勤途中に電車をわざわざ途中下車してお参りしますが、本殿に向ってちょいっと礼をしていくビジネスマンも結構多くいらっしゃって、そういう風景を目にすると
「日本もまだ捨てたモンジャないなぁ」と思うのです(いくつだ?!にぽぽ!!)。


にぽぽのお気に入りの参詣コースは、本殿にお参りしたあとに、本殿向って左手の“水神社”にお参りします。
水神社

水は身体健康、子孫繁栄を司る神とされ、ここの水は境内の地下30mからくみ上げられているご神水です。

そのまま本殿の裏手に歩きます。
本殿裏


表の団扇行列の喧騒もまったく聴こえず、不思議なくらいの静寂です。
ちなみに、この境内には松の木は一本もありません。
なぜなら、

神様は“待つ”のがお嫌いだからだそうです。
・・・って

ダジャレかよっ!!


ご神木の銀杏の木
ご神木の銀杏

この銀杏にも手を当てて、お参りします。

境内をくるりと一周すると、身が清められた気がして、すがすがしいのです。
何事も、気分が大事(^m^ )



ところでその昔、府中のあたりの名物は「蕎麦」「お茶漬」「玉川鮎乃粕漬け」だったそうです。
多摩川で鮎漁が盛んだったようですね。今ではイメージできないけれども。


という事で、お昼ご飯はお蕎麦にしました(*゚▽゚*)ワクワク


梅寿庵
梅寿庵

フォーリスというショッピングモールのフードコートに入っていますが、そもそも嘉永年間創業のお蕎麦屋さん。大國魂神社門前で営業150年です。


府中名物 鮎天ざる
鮎天ざる

おいしかったけれども、お昼時のフードコートはものすごい混雑で、落ち着かなかった・・・
時間をずらして行けばよかった、・・・・かも。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

tag : お祭り

「すもも祭り」ですね。
行く予定にしていたんですが、昼のバーベキューで飲んだくれて
寝てしまいました。

一度も行ったことがないのですが、やはり「すもも」を売って
いるんですね。
厄除けの黒い団扇はお金を払うんですか・・・(^^;)

応援です!

「すもも祭り」
初めて知りました。
すももの香りが漂ってきそう。
かわいいお祭りにとは対照的に、荘厳な神社なんですね。
多摩も魅力がいっぱいですね。

こんにちは♪
「すもも祭り」と言うのもあるのですねぇ。
見ているだけですももの甘酸っぱい香りが漂ってきそうです^^

ゆっくり神社など散策すると涼を感じますね。
ブログUPのみの連休中も
応援ありがとうございました♪
私も^^凸ポチ×2っと♪

コンコン♪

すもも祭良い香りが漂って来そうですね。
1000本の植木風格が漂いますね。
のんびり歩いてみたいです。子供たちや家事を忘れて・・^^*

いろんなお祭りがあるんですね。。。すもも祭り、ほおずき市・・・・植物の名前がついているのが多い気がします。。。それだけになじみやすいお祭りですね♪お祭り気分が味わえました♪ぽち。

数年に渡り『だいこくこん神社』だと思っていましたv-12

Re:ちびた さん

昼のBBQで飲んだくれ!ステキ♪

すもももももも売ってました。なんだか珍しい名前のすもももあって楽しかったです。団扇は一枚500円だか700円だか?購入してこなかったので分からないのですが、お守りってことでしょうね、きっと。
応援ありがとうございます~☆

お蕎麦!!

こんばんは~!
本当に古い、由緒正しい神社ですね。
きっと、心身ともにリフレッシュされたことでしょう。

……それにしても、おそばとは、
なんとも粋ではございませぬか。
勢い良く「手繰って」こられた
でしょうか??
ついでにお銚子など1本つけられたら
もう、鬼平の世界ですよ♪

ぽちぽちさせていただきました
(^o^)//

Re:戸板返しさん

多摩もいろいろと歴史が古くて驚きます。毎年、電車に“すもも祭り”って広告が出るのですが、実は行ったのは今年が初めて♪すももが屋台にぶら下がっている光景は可愛かったです!でもすごい人でした~っ

Re:kazu*さん

にぽぽが住む八王子は海が遠いので、涼をとるなら山か林ですヨ。木が沢山あるところは涼しいですね。

あら~♪応援ありがとうございます☆

Re:.さくさくさん

かなり古い木なので手入れも大変そうです。でもこの光景なくならないで欲しいな~と思います。

な・・・夏休み開始、お疲れ様でございます~。すももなどの果物でせめて疲労回復をぜひ(笑)

Re:まつんこさん

確かに!植物の名前のお祭り多いかもしれません!しょうが祭りとかもあります(笑)特に多摩地区はもともと農村なので、五穀豊穣的なお祭りが多いので、食べ物の名前のお祭りがおおいのかな~?
ぽちありがとうございます☆

Re:よしさん

だいこくこん て(大笑)
大黒天がいるから、無くもないかな~ははは。
おおくにたまっていうもの確かに聞きなれないと変ですね!
日本の神様の名前ってややこしいですね!!

Re:小むらさきさん

なかなか、かっこよく手繰るまでいかないですね(笑)
蕎麦やで粋に一杯が似合うようになりたいもんです~。
軍鶏鍋とかね、いっぽんうどんとかねー、鬼平読んでるとお腹減るんですよねぇ。

おはようございます。
府中は駅前のけやき並木しか知らないのですが、とても見事な並木ですよね。
甘酸っぱいすもも、大好きです。
来年はすもも祭り、行ってみたいです。

Re:アシタカさん

ほんとに見事な並木です。広葉樹なので季節ごとにいろいろな風情がみられますし♪
カラスの団扇とすもものアンバランスなところがなんとも味のあるお祭りなんですよ(笑)
Secret

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。