06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新選組を歩く~入京編その1~

ども にぽぽ です=*^-^*=

5月に入って雨ばかり・・・うつうつしちゃいますね
前回の日記に『この春京都に行った』と書きましたが、本日は少々過去にさかのぼり
その時の事を書きたいナと思っております、歴史の散歩といいながら新選組ネタばっかり(笑)

2008年3月6日 京都/


去年の夏に突然、新選組にはまり、 いろいろ小説なり歴史書を読み漁っている訳ですが、
どうも京都の地理がわからない、
祇園と二条城って歩いたらどのぐらい?
距離感をわかりたい 空気を感じたーーーーーーーい “o(><)o”

という事で、とうとう京都に行った訳なのでした。
しかも 初めての一人旅 o(^-^)o ワクワクッ

こちらの本をもって歩いてきました~
 

新選組ゆかりの場所の写真も沢山載ってるし、場所、場所の解説も盛りだくさん、ルート案内も詳細なのでにぽぽのような新選組初心者が京都を歩くのにはとても参考になりました♪
読み物としてもグゥです('ー^*) b
ただし・・・電車やバスなどの乗り物案内はないので、それは別に把握しておくべきだった・・・・と後に思いましたが(;^_^A  


さて! 京都旅行の始まりは絶対に『三条大橋』でなければなりません、ねばらないのです!
三条大橋1
文久3(1863)年2月8日 江戸を出発した浪士組約300人は 中山道68次533kmを踏破して、2月23日夕方、京に到着します。


どれだけ草鞋を履きつぶしたことだろう、
どれだけ疲労困憊していたことだろう、
三条大橋に着いた後の新選組一行はそれでも、希望と野心をかかえて意気揚々と歩いていたに違いない!!
(と、妄想を膨らますにぽぽ)

その5年後、近藤局長、罪人として東京板橋で斬首。
首は焼酎漬で京まで運ばれ、三条大橋の河原に晒される事になるとは、まさか夢にも思わなかったろうに・・・
三条河原から橋を眺める


京に入った浪士組でありますが、その宿は三条大橋からまだ遠く 烏丸通、堀川通を超え 右に二条城を見ながら歩きます。
(にぽぽは、地下鉄に乗って一気に大宮まで移動します!)
大宮通りを南に入り、さらにしばらくいったろところの細道、綾小路通を曲がります。

光縁寺です。
壬生:光縁寺
新選組で切腹した隊士達のお墓があります、そして脱走の罪で切腹となった山南さんのお墓もここにあります。
なぜ切腹となったのか、いつか真実を教えてくださいねと合掌いたしました。

光縁寺から八木邸に向う綾小路通の景色
壬生:光縁寺から八木邸に向う路地
この通りの突き当たり左角が前川邸、角を左に曲がって斜め前あたりが八木邸となります。
道幅は車1台がやっとの狭さ、隊士達が歩いた頃と変わらない (と思われる)スケール感♪♪


新選組屯所となった旧前川邸の長屋門
前川邸長屋門

旧前川邸の角
前川邸の角
山南さんが切腹の前に、恋人の明里と最後の対面をした窓は、取り壊されてしまってないそうですが、こんな感じだったのかなぁ…(゜。゜)

旧前川邸のおむかい八木邸長屋門(春先だったので植木の手入れ中でした)
八木邸長屋門

浪士組約300人が、前川邸や八木邸のような壬生村の郷士の家に泊まったのです。この辺りの人にしてみたら、えらい迷惑だったでしょうねぇ。

特に前川邸と八木邸は浪士組解が江戸に帰った後も、近藤一派と芹沢一派が残留し、2年間新撰組の屯所として使われる事となる訳です。前川さん一家が家族で避難してしまうのもうなずけます 。というか、和気藹々と付き合いながら暮らしていた八木さん一家のおおらかさが素晴らしい。

にぽぽのひいおじいちゃんも浪士組に参加していたので、多分この辺りに宿泊していたんだろうなぁと、なかなかに感慨深いものがありますです。


八木邸を見学し、土方さん・沖田さん・原田さん・山南さんが、芹沢鴨暗殺の時につけた刀の傷もしーーっかりと見てきました。

見学後には屯所もちとお抹茶を出してくれます。
屯所もちと抹茶
お抹茶がしみる~(>。<)
屯所餅は地名の由来でもある壬生菜が混ぜてあるおもち、美味しかったです。


壬生寺。
壬生寺
八木邸のすぐ横というぐらい近い。


近藤局長の像がありました。
壬生寺:近藤勇銅像
このお寺にも新選組隊士のお墓が建てられています。
写っているのは会計方・河合耆三郎のお墓、50両紛失した罪での切腹でしたが、その真実はどうだったのか?!気になるところです~。


壬生寺本堂前
壬生寺本堂
ここで沖田の総ちゃんが近所の子供達と鬼ごっこをしていたのかぁ(o^-^)o
と、しばし妄想にふけるにぽぽなのでした。


ここから島原に向いますが、それは次回につづく・・・
最後まで読んでくれてどうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは

はじめまして。Akiと申します。
新選組を巡る旅はいかがでしたか?
祇園と二条城って歩くとかなーーーりの
距離になりますよね~(苦笑)。
現代人のワタシにはとても無理です。ギブアップ(笑)。
当時の人々の剣客…じゃなかった健脚っぷりには脱帽します!

こんにちは!

Akiさん コメントありがとうございますっ!

小説を読んでも現地に行くほど入り込んだものはなかったのですけども(^-^)楽しかったです~
こんな狭い部屋で刀を抜いてどうやって斬り合いをしたのかな?とか、結構近いとか遠いとか感じ取れて♪

東海道をずーっと歩いて京都までとかねぇ、ホント当時の人達に比べたら現代人はやわやわですね(;^_^A 。旅行以来、ちょっと反省してなるべく歩くようにしてるんですよ!
Secret

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。