10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両国から泉岳寺 赤穂浪士引き上げルートを歩く!

2008年12月14日(日) 東京/ときどき




ども にぽぽ です=*^-^*=


12月14日といえば、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りした日ですね。
この日に歴史オタクにぽぽがやるべきことと言えば?


そうです、にぽぽもいっしょに討ち入りです!
赤穂浪士一行は、明方に討ち入ったとのことですから、にぽぽも早起きして歩きます。



と、気合が入っていたのは昨日まで。
基本的にヘタレなにぽぽですから、当然寝坊し、現地到着はお昼。
そうなったら、そうなったで仕方が無いです。
両国駅の近くの“玉屋”さんで腹ごしらえなど。

元禄そば 玉屋
     1.玉屋さん


注文したのは“討ち入り定食”です。

     2.討ち入り定食

玉子で陣太鼓、大根おろしで雪、若布で暗闇を表現したお蕎麦に天丼やソバ寿司などの小鉢がつきます。
お蕎麦は美味しい!蕎麦好きにぽぽも納得の味です。

おっとっと、お蕎麦日記ではなかった。



“玉屋”さんの前、京葉道路を渡ってすぐに吉良邸はあります。

     3.元禄祭

地元では元禄祭りなるものを開催しているようで、太鼓は鳴っているわ、近隣の問屋さんがいろんな商品をだしているわでものすごいことに・・・


本所松坂町公園(吉良邸跡)
     4.吉良邸跡

吉良邸跡にも、参拝の人が沢山。

     5.吉良邸内部

ここは地元有志の人たちが土地を買い取って公園として吉良邸跡を残したそうで、当時の吉良邸の敷地の一部が保存されています。
その一角に残る首洗いの井戸。

     6.首洗いの井戸

この井戸は赤穂浪士達が吉良上野介の首を洗ったのではなくて、泉岳寺から戻った首が吉良家の人たちにより清められ、医師・栗崎道有により胴と縫合された跡、埋葬されたということです。



いよいよ、赤穂浪士は泉岳寺へ向かいだします。

吉良邸から西方向へ、隅田川と平行に一の橋通りを南へ。

     7.引き上げ開始

竪川に架かる一の橋を渡りました。

     8.いちのはし

右手に新大橋を見ながらさらに南へ、萬年橋通りを歩きます。
見えてくるのが、小名木川に架かる萬年橋です。

     9.萬年橋

竪川も小名木も墨田川と合流する川です。



萬年橋を渡りきると右に見えるのが墨田川に架かる清洲橋です。

     10.清澄橋

清洲橋は、ドイツ、ケルン市に架けられたライン河の吊橋をモデルにしているそうで、萬年橋から見る眺めが一番美しいので、ケルンの眺めと呼ばれています。



     11.隅田川テラス

前方に見えるのは首都高速9号。
赤穂浪士のルートからちょっとそれて、当時は無かった墨田川テラスを永代橋まで歩きます。




永代橋の前でテラスからはずれ、赤穂浪士引き上げルートに戻ります。

ちくま味噌
     12.ちくま味噌

“ちくま味噌(HP⇒コチラ)”は元禄初年(1688)年創業です。
ここの初代主人は赤穂浪士の一人、大高源吾と俳諧の仲間でした。
吉良上野介の首を討ち取り、本懐を遂げたことを知った主人は、引き上げてくる浪士を店に招いて甘酒粥を振舞いました。

この時期は店頭で甘酒のサービスとともに、赤穂浪士の甘酒や国産の味噌が販売されています。




永代橋を渡り、中央区へ入ります。

     13.永代橋

霊岸島を通り抜け亀島川に架かる高橋を渡りますと営団日比谷線の八丁堀駅です。
本当に江戸には沢山の橋があります・・・。

     14.高橋

ここからさらに南へ築地方向に歩いていきます。

     15.聖路加病院前
 
     16.聖路加病院


営団有楽町線の新富町駅の近くに聖路加病院がありますが、ここに浅野内匠頭の屋敷がありました。

     17.浅野家屋敷跡

すでに他の大名の屋敷となっていましたが、浪士達がさまざまな感慨を覚える旧藩邸の前で、大石内蔵助は吉良の首を槍の先に刺し
「今晩御怨敵の上野介殿を討ち取り、泉岳寺へ引き退き居ります。」と口上を述べたそうです。


浪士一行の引き上げはまだまだ続きます。
この先、銀座の辺りを越えて、新橋あたりから第一京浜を大門、田町、品川手前まで歩いて行きます。
当時の第一京浜は海沿いの道だったそうです。


が、ヘタレにぽぽ疲れました。
築地を越えて、都営浅草線の東銀座駅から地下鉄にのって一気に泉岳寺駅までショーーートカーーーーーット!!



泉岳寺
     18.泉岳寺

義士祭りがあるので、こちらも吉良邸跡と同じくすごい人です。
本堂には浅野家の家紋と大石家の家紋が。


本堂
     19.本堂


赤穂浪士のお墓は本堂向かって左へ。
提灯もすごいですね~!

     20.義士の墓へ


参道をたどっていくと、“血染の石”と“血染の梅”があります。
田村邸内の浅野内匠頭が切腹した場所にあったものを泉岳寺へ移したのだそうです。
そして、首洗いの井戸

     22.首洗いの井戸

吉良上野介の首をこの井戸で洗い清めて内匠頭の墓前に供えるたそうです。



浅野内匠頭のお墓
     23.浅野内匠頭の墓

心霊写真ではありません。
参拝の人たちの供えるお線香の煙で辺り一帯がモクモクなのです。

このお墓の前に吉良の首を供え、浪士達は本懐を遂げた報告をしました。


赤穂浪士たちのお墓
     24.義士達の墓

内匠頭のお墓の左側に浪士達のお墓があります。
こちらも、参拝の人の列が途切れることがななく、お線香の煙は火事のごとくモクモクでした。


両国の吉良邸から泉岳寺までの道のりは約12km。
引き上げ開始が午前6時ごろ、泉岳寺到着が午前9時ごろ、浪士達はだいたい3時間で踏破しています。
当時泉岳寺の辺りには、討ち入りの事をしった江戸っ子達が押しかけて大騒ぎ。
泉岳寺では山門を閉めて入場規制をしたそうです。


にぽぽも一休み。
泉岳寺山門近くの”おしる古いもり”さん。

        25.おしる古いもり

オーダしたのは“粟ぜんざい”

     26.粟ぜんざい

甘すぎない、小豆の味がするさっぱりした餡と糯粟はちょうどよく絡まって疲れが癒されます。
12km歩いてないから疲れてないけどね<(  ̄ ≧ ̄)>



本日のお土産はちくま味噌のお味噌と甘酒です!
     
     27.お土産

このお味噌は六代目菊五郎が演じた歌舞伎『四千両小判梅葉』の中に出てくるちくま味噌のレシピを再現したものだそうです。
材料は100%国産。

「代物がよくなけりゃどうしても売れねえから、永代の乳熊(ちくま)までわざわざおれが買ひに行くのだ」
「道理で味がいいと思った。味噌はちくまにかぎるのう。」




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
長くてすいません~!!
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

No title

にぽぽさん こんにちは!!

歩きましたね~!!毎年こんなに大勢の人が
討ち入りの史跡めぐりをしているとは知りませんでした。
討ち入りそばも気になります。

僕もこんどゆっくり歩いてみようかな~。

No title

この時期のお散歩も寒いけど、空気が澄んでいて気持ちよさそう。。。
お蕎麦、雪をイメージして大根おろしか~。うん、美味しそう♪♪さっぱり味かしら~♪
栗ぜんざいも、こんな見た目は初めて~♪これもまた美味しそう♪食べ物ばかりに注目してしまっていつもごめん~。。ポチっち♪

No title

わーっ、玉屋に行ったんですねー♪
私の実家は玉屋から錦糸町方面に歩いて7~8分のところにあるんですよーe-284v-410
討ち入り定食はまだ食べたことないんですが、グルメなにぽぽさんのオススメなら次回はぜったい食べてみよ~っとe-343
実は‥近くに住んでいたのに‥吉良邸、まだ行ったことないんですーe-330
栗ぜんざいもとっても美味しそうv-10

Re:あんちゃんさん

本当は全ルートを歩くはずだったんですけどね(笑)
両国と泉岳寺はすごい人でしたね!

隅田川のあたりは赤穂浪士散歩しているらしい人には会いませんでしたけど、
ワンちゃんのお散歩とかウォーキングとかの人たちが沢山いました。
リバーサイドの暮らしもいいな~と思いましたよ。

Re:まつんこしゃん

食べ物に反応、大歓迎ですよん!!

あたたかいお蕎麦に大根おろしを入れると、さっぱりした感じになっていいなと思いました。
これは家でもやろうと。
“いもり”さんでは、しゃばしゃば~とした水気の多いのをおしるこ、ポッテリしたのをぜんざいとしているんですって。
粟のぜんざいは初めて食べてみましたけど、お餅よりお腹に重くなくて、おやつにはいいな~と思いました!

Re:yuki しゃん

yukiしゃんは江戸っ子なんですね~!
あのあたりにお家があったら、花火大会の時とか大変だったでしょう?
玉屋さんのお蕎麦はなかなかおいしいです。
でもこの時期はとっても混みますね。さすがの盛り上がりでした!

No title

にぽぽさん、一体何キロくらいなら平気で歩けるの?
もふ子は8キロでダウンでした(´-ω-`;)ゞ

その後の甘い物ってすっごくおいしいんですよね。
疲れた時は和菓子が恋しくなります。

見上げたおなごさん!

そりゃぁ、このルートーーー疲れますですーーー!
心霊写真もバッチリ捉えましたぞよ(笑)
お参りの人が多いんですねぇ。

鎌倉の山田流茶道家。

知り合いのお嬢さんが、家元に嫁いだんですが。
吉良上野介の首を模した花カゴが、国宝なんですって!
茶をとおして、上野介と山田家は長く懇意にしてたらしいです。
討ち入りで最期を遂げたのを悼んで、誰かが編んだらしい・・・
らしいばっかり!

No title

こんにちは。
まずは討ち入り定食ですよね♪
いっしょに散歩しました~。
すっごい力作ですね(表現がおかしいけど・・・)。
吉良邸跡から泉岳寺へ・・・いつか絶対行きたいです。
お土産もいいなぁ。

No title

現代と歴史を行ったり来たりしてるみたい♪
美味しいもの食べててくてく歩いて日光浴して
健康によさそぉ!
井戸ってなんか怖いイメージが。
洗い清めてたんですねぇ。
ぽち、ぽち、ぽち。

No title

赤穂市はお隣なのですぅ~
赤穂浪士が討ち入りのときに赤穂城を出発し
通った高取峠は私の部屋の窓から見えるんですよ
それにしても~でよく歩きましたね☆

No title

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)v
おいおいにぽぽさん、冒頭から笑えます。
討ち入りって、定食じゃん(笑)
こちらに来ると、楽しく歴史の勉強ができます。

こんばんわ

今日は討ち入りの日だったんだな~。
お蕎麦、大根おろし、ぜんざいも!
今日は東京は1月下旬の寒さだって
ニュースで言ってたな~。
にぽぽはん、風邪ひくなよ~。

応援☆!

No title

なんか怖そうなとこもあったけどおもしろかったです。
昔の人は残酷だね(>_<)
にぽぽさんと赤穂浪士めぐりしました(#^.^#)
でも怖いとこはにげますー(笑)
食べ物は美味しそうでございます。

No title

おはようございます

にぽぽさん、すごいよ。 いつものことだけど(^^;)
やっぱり江戸時代大好きとしては12月14日は赤穂浪士ですよね。
私の母の実家が播州赤穂なので、よく大石神社なんかに行ったり、義士祭りの行列を見たらしいのですが、小さな頃の話であまり覚えていません・・・

母の父(私のおじいちゃんですね)が亡くなった時に行った赤穂城の写真があったので、12月14日にブログにアップすればよかった。この日を忘れているようじゃあいかんね(T_T)

Re:もふ子たん

8キロ歩けたらすごいですよ!!
にぽぽもそのぐらい歩くと、もーいいかな?と思います。
アスファルトなので、腰にひびいてきますしね(^^;)

お散歩の後のおやつを楽しみに歩いていることが、なんとなくバレマシタね(笑)

Re:だんだんしゃん

川を渡ると街の雰囲気が変わるので、割とワシワシ歩けてしまいます。

吉良上野介の首を模した花カゴの国宝って、高尚すぎて悪趣味・・・(あわわっ)
昔の武士達は、茶道を嗜んだり、歌を詠んだり、風流だったですね。

Re:ベルママしゃん

定食の量は多いですけど、これから歩くのでいいのだ~!!と
完食してしまいました(笑)

吉良邸から聖路加病院あたりまでのルートは、川の景色に情緒があって
歩くのが楽しいです。
第一京浜はねぇ・・・今やただの道路ですから(笑)

ちくま味噌は普段は店頭販売はこの時期だけでwebショップです!

Re:ぽんちたん

さすがに刀の時代、首を取るという事が平然とできたというのが、
今と感覚が違いすぎて、想像もできないですね。

にぽぽが住んでいるのは山なので、
墨田川のような海にちかいところの大きい川を見ると、歩いていても楽しいです。
何度も川を渡るので、江戸って本当に水の都だったんだな~って感じられますよ!

Re:hisamiしゃん

赤穂市がお隣ですか!!
一度は赤穂城も見に行きたいものだと思っています!!
高取峠も歩きたいです。
旅行したときには、hisamiしゃんの家はどこだーって探しちゃいそうです(笑)

Re:hirokunしゃん

はっはっは
腹が減っては戦はできませんからね~!
赤穂浪士だって、討ち入りの前には蕎麦なぞ食べて腹ごしらえをしたと思いますもん


にぽぽの目には、昔の風景を捕らえられているのですが、友人はこれを妄想と言います。

Re:まるどすえはん

14日は寒かったですよー!!
夜更かししてて、どんどん気温が下がってきてね、部屋の中なのに指が冷たくなってきましたよ。
エアオンつけろって感じですよね(笑)
歩いているときは、うっすら汗ばんで暑いくらいでしたけど、動きを止めると寒い~っ!!
風邪ひかないようにしないと・・・

Re:クローバー♪たん

首を切ったり、腹を切ったりは、今と感覚が違いすぎて理解はできませんよね。

主人の為にという意識が強かったから出来たのだから、人と人の絆は今より
ずーっと濃かったのかもしれないなあ、
なんて思いながら歩いていましたよ!
それにしても、泉岳寺のお線香は煙かった~!

Re:ちびたしゃん

物好きもここまでくれば立派なものでしょう?
ふふふ(^^

おお!お母様が赤穂の方なんですか!!
あちらの義士祭りも行ってみたいな~。
よし!
来年は・・・
Secret

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。