09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩センター 縄文の森

ども にぽぽです=*^-^*=


2015年のシルバーウィークも・・・・・


終わっちゃっうな~~~ どっっっっこも行かないうちに。


人混みが苦手なので、世間的な連休には出かけないのが常のにぽぽですけど。
それにしてもいいお天気だったのに、家でダララ~っとして終わるというのは、どうなんだっ!!


と、
いうことで、重い腰を上げてやってきた。

20150923多摩センター1

多摩センター!!

え?
どこにあるのか知らない?!


多摩センターは、昭和40年代に開発が進み、一大ニュータウンとなった多摩丘陵の一角であります。
仮面ライダーや、戦隊ものの元祖・ゴレンジャーが、爆薬仕掛けまくりの撮影をしていたのも多摩ニュータウンであったとか。


20150923多摩センター2

今、駅前はすっかり整備されておりますが、実はこのあたりの住民は、開発によって生活の場を失い、変身術を使って人間に化けている狸さんがほとんどだという話。(出典:平成狸合戦ぽんぽこ)


     20150923多摩センター3

街角の巨大タヌキのモニュメントや、

20150923多摩センター4

居酒屋さんの看板に唐突に描かれているタヌキさんは、化け狸さん達の秘密の暗号なんだとか、そうじゃないとか。
(多摩センターの住民の皆さま、どうもスミマセン)




多摩センターの駅を出てほんの5分ぐらいのところにあるのが、“東京都埋蔵文化センター”

20150923多摩センター5



20150923多摩センター6

立派な建物ですが、入場無料!
素敵♪


20150923多摩センター7

縄文が、今、 熱いっ!(にぽぽの中でだけ)



多摩ニュータウン地域に人々が住み始めるのは、約32000年前から13000年前の後期旧石器時代。
多摩丘陵の一帯には、旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡が多く残っています。

20150923多摩センター8

ジオラマの中のピンの位置は遺跡の場所を示しておりますが、にぽぽ的注釈を入れると、

20150923多摩センター9

こうなる。
ビョーキ健在(にぽぽのビョーキとは⇒コチラ)。


後期旧石器時代の多摩ニュータウン地域は、現在の札幌と同じぐらいの温度だったそうです。
南極、北極の氷が発達し、海岸線は今よりも約135mも低くなりました。
人々は移動しながら、ナウマンゾウやオオツノジカなどの大型動物や魚を捕獲して暮らしていたようです。


住居跡は残っていないそうですが、人々が食事をした場所では火を焚いたり、石焼料理をした跡に炭や焼けた石が見つかっています。
やがて、煮炊きに使う素焼きの器が造られるようになります。

縄文時代の始まりです。



縄文時代前期(約6.5000年前)は、最も温暖な気候で、海水面が現在よりも3mほど上昇していました。
そのため、東京湾の奥深くまで海が広がっていたので、現在の海岸部からかなり離れた場所で貝塚(2010年12月6日の日記⇒大森 ここが始まり、大森貝塚)が発見されます。


20150923多摩センター11

樹木や草が茂り、食べられる植物も増えたことで食生活は豊かになってきました。


20150923多摩センター13

土器には様々な道具によって文様がつけられ、石器の種類も増えました。
木工技術が発達して漆を使って赤色・黒色の装飾をするようになり、土偶など縄文の定番のものがほぼ出そろったのがこの時期だそうです。


20150923多摩センター14

この時期、多摩ニュータウン地域はシカやイノシシなどを生け捕りにするため、けもの道に沿って落とし穴が作られました。
落とし穴は、長さ1.5m、幅1m、深さ2mほどで、底には篠竹などがうめこまれ、足がからまって逃げられないようになっています。
落とし穴は15000基以上発掘されているんですって!
また、狩りの新しい道具として弓矢も使われるようになります。


その頃の竪穴式住居。

20150923多摩センター12


外敵に備えて入り口は小さく作ってありますが、

20150923多摩センター15

南北に長い長方形。
長辺7m、短辺4.5mで結構広い。

20150923多摩センター16

“縄文の村”に復元された住居内では、防虫・防腐を兼ねて火焚きが行われています。



中期になると気候は安定し、多摩ニュータウン地域ではヤチダモ、ナガガシワやトチノキなどの落葉広葉樹が広がりました。
そんな当時の森の様子も忠実に再現されています。

20150923多摩センター19


縄文中期(約4.500年前)の竪穴式住居。

20150923多摩センター17

地面は掘り下げて作ってあり、5.3.m×4.8mのやや楕円形。
入口部には死産した新生児などを葬ったと考えられる土器が埋められていました。



森は、当時の人々の食料を得るための場所でもありました。

20150923多摩センター21


これはアマドコロ。

20150923多摩センター20

地下茎と春の若芽が食べられるそうです。


これはムクロジの実。

20150923多摩センター23

完熟した実の種は羽子板の球に使われていたそうですよ!

20150923多摩センター26

果皮は、

20150923多摩センター24

な、なんと、!!

20150923多摩センター25

石鹸の代わりになる!!


と、いうようなことを、火の管理をしていた係員さんに教えていただいたのでした。


ミックスナッツ縄文バージョン。

20150923多摩センター22


クルミなどはこんな感じで割ります。

20150923多摩センター28


ドングリやトチの実などは、

20150923多摩センター27

このような石皿と擦石を使って、

20150923多摩センター29

こんな感じで粉にします。
渋が強いので、食べられるようにするには何度も水でさらして渋抜きが必要です。


ではここで、3分ではすまない縄文クッキング~!
♪チャララッチャッチャッチャッチャ、チャララッチャッチャッチャッチャ、チャララッチャチャッチャッチャッチャッチャッチャ チャッチャッチャ~
(BGM:イェッセル作曲『おもちゃの兵隊の行進』)


ドングリ粉に水を加えて、こねていきます。

20150923多摩センター30

なんとなくいい感じになったら、小判型に形を整えます。

20150923多摩センター31

石焼にします。

20150923多摩センター32

ヘルシーな縄文パン(?)の出来上がりです。

20150923多摩センター33


次は、秋の味覚。
その辺でとれたキノコや山芋を使ったお料理を紹介します。

20150923多摩センター34

葉っぱに包んで、蒸し焼きに。

20150923多摩センター35


焼き上がるまでにもう一品。

20150923多摩センター37

落とし穴で捕獲したイノシシの肉を、食べやすい大きさに切ります。
磨製石器は思ったより切れ味がいいので、うっかり手を切らないように注意してくださいね。

石で焼きます。

20150923多摩センター38

石の遠赤外線効果で、ふっくらジューシーに焼き上がります。


汁物も欲しいですね。

20150923多摩センター39

縄文中期の土器を使って、秋のキノコ汁を作りましょう。

20150923多摩センター40

先端部分を土に埋めて使うので、安定感が抜群です。


蒸し焼きも出来上がったようですよ。

20150923多摩センター36

うわぁ~ホックホクに仕上がっていますね、美味しそうです。

20150923多摩センター42


な~んてね。

“東京都埋蔵文化センター”で行われている体験教室の一つ、縄文食体験の紹介資料の前で、よだれを垂らすにぽぽなのでした。



つづく。

今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 国内、史跡・名勝巡り
genre : 旅行

多摩センター 縄文の森 その2

ども にぽぽです=*^-^*=



縄文の森のお散歩を続けて、次に見えてきた復元住居。

20150923多摩センター43

縄文中期終末(約4.200年前)、関東地方では住居の床に平らな石を敷いた“敷石住居”が流行ったそうです。

20150923多摩センター44

     20150923多摩センター45


縄文後期の土器は機能的で複雑な形になってきています。

20150923多摩センター46

4.000前に注ぎ口付きの器!
便利さを追求、人間てすごいなぁ~と感動。

20150923多摩センター47

中期末から富士山の火山活動が盛んになり、気候も涼しくなってきました。
多摩ニュータウン地域の遺跡数は急速に少なくなります。
後期も中ごろになると、人々は丘陵から低地におりて生活を始めたようです。



展示ホールの中には、にぽぽの大好物のジオラマが♪

20150923多摩センター52

多摩センターの縄文村は、多摩ニュータウンNo.57遺跡を保存する目的で整備されています。
遺跡の北側は小さい谷になっていて、今は小田急線、京王線が通っています。
その線路を超えたところに乞田川が流れているという地形。
台地の上に作られた典型的な縄文の村だったのです。

20150923多摩センター53

北斜面に湧水をためる小さな水飲み場が造られています。

     20150923多摩センター54

かつてはどんな日照りのときでも涸れることがなかったようで、江戸時代から続く農家の生活用水として最近まで使われていたそうです。

現在は開発により水脈が切れて、湧き水は見られないと説明板に書かれていましたが、にぽぽが訪れたときには、9月初旬の長雨の影響か、水がチョロチョロと滲みだしていました。

     20150923多摩センター55



ゴミ捨てたり、

20150923多摩センター57

家を作ったり、

20150923多摩センター58

落とし穴でイノシシを獲ったり、

20150923多摩センター56


川で獲れた魚を加工したり。

20150923多摩センター59

縄文時代の労働は、食う寝る直結でとてもシンプル。


縄文人御用達は「縄文良品」

     20150923多摩センター60

良質な天然素材をふんだんに使った縄文ファッション。
このナチュラル感が縄文生活の基本だそうです(笑)。


衣服の出土例はないので、おそらくこんな感じかなと復元。

     20150923多摩センター74


草皮や樹皮などの植物繊維を撚って糸にしたものを、俵や菰などと同じ絡み編みで作り上げた編布(あんぎん)という布。

     20150923多摩センター75

この作り方は、今でも新潟県を中心とした地域に残っている「越後アンギン」と呼ばれているもので、、織機による織物が入ってくる以前から用いられた古代布の製法だそうです。


     20150923多摩センター76

ふむふむ、触り比べて素材感を確認。

     20150923多摩センター77

やっぱり圧倒的に麻が柔らかくてよい♪


     20150923多摩センター61

数珠玉や動物の骨などでネックレス、こんな感じだったと思う~~っ!
身を飾りたくなるのって、人間の本能なのかな。


おお!見たことがある耳の装飾品。

     20150923多摩センター62

     20150923多摩センター63

どうやってつけたんだろうと思っていたけど、耳に穴をあけてつけてたのか!
へー、長年の謎が解けた。



展示コーナーには、こんなものもありました。

20150923多摩センター48

コロコロ・・・

20150923多摩センター49

コロコロコロ・・・

20150923多摩センター50

ギュムギュム

20150923多摩センター51

地味だけど、結構面白い・・・
あなたも、縄文土器デザイナーになってみませんか!

なんだかんだ、結構楽しんで“東京都埋蔵文化センター”を後にしたのでした。


“東京都埋蔵文化センター”を出てすぐそばに、サンリオピューロランド。

20150923多摩センター64

むか~しむかし、そのむかし。
グループデートで来たことあったなぁ・・・。
なんでここに来ることになったんだっけ?
あまりにもキャラじゃなくて、「や~ん、かわいー!」とか反応が浮きまくった思い出が蘇る。痛い・・・・。

さ、ご飯食べに行こう。


気を取り直して歩き出すと、金木犀の香り。
秋ですねー・・・・って、香り強すぎ。

20150923多摩センター65

金木犀だらけ!
なんでこんなに金木犀植えまくってるのだ(爆)


金木犀の不思議スポットをすぎると、ゆるーっと下り坂。
縄文時代の谷に当たる部分になっていき、小田急線、京王線の高架下をくぐると、乞田川。

治水事業により、流れを矯正されて窮屈そう。

20150923多摩センター66


縄文時代は、きっと魚もたくさん獲れた豊かな川だったんだろうね。

20150923多摩センター67



にぽぽの今日のお昼はお蕎麦♪
“蕎家 佳 (きょうや よし)”さんへ。

20150923多摩センター68

お店で製粉したそば粉を九割使ったお蕎麦。
出汁も、自家刷りの近海一本釣りの本枯れ鰹節と羅臼昆布を引いて作っているというこだわり。

お店はさほど広くはないけど、お客さんでいっぱい。
どのお客さんも、「美味しかった!」と言いながらお店を出ていく、うわー楽しみ。



月替わりの更科そばのちょこっと盛りというメニューがあったのでオーダーしてみました。

20150923多摩センター69

“けし切り”
アンパンの上のつぶつぶの、あのケシを使った変わりそばですね。
にぽぽの日記の中で、更科といえば“芝大門 更科布屋”(2009年10月9日の日記⇒芝大門 更科布屋 10月のそば屋酒)
しばらく行ってないなぁ...( ¨)遠い目
なぜならば残業ばっかりで、お店が開いてる時間に帰れないからっ!忙しいとは、心を亡くすと書んだーーーっ(号泣)

それはいいとして、
“けし切り”は、ケシの粒々が香ばしい。
お蕎麦は断然、出汁で食べたい派のにぽぽも、「お塩でどうぞ」のお店のすすめに従って正解!
するするいっちゃう美味しさで、ちょこっと盛りじゃなくて並盛に変更したいと思ったほど。


メインでオーダーしたのは、天ざる。
ブレない大好物の天ざる(笑)

20150923多摩センター70

天ぷらはお皿に盛られて出てきました。

20150923多摩センター71

お蕎麦美味し~い!
更科系の甘めの出し汁も、絶妙のバランス。

蕎麦湯で割った味までも計算されているんじゃないのー!
と、のけぞる美味さ。
どんどんとサラサラと飲んじゃう。

あーーーこれ、お酒だったなぁ。
混んでるお昼時にお酒はご迷惑かと遠慮しちゃったけど、
お酒だったなあーーーーーーo(T^T)o くぅぅ~


美味しいお蕎麦屋さんを知ったことだし、今度は夕方に来て、抜きとお酒を楽しむことにしよぉ!




帰りの車窓からの景色。

20150923多摩センター72

開発されて、どこまでもどこまでも住宅で埋め尽くされた多摩丘陵。
雨水も滲みず、水脈は切断されて乾ききった大地。
コンクリートで固められて、真っ直ぐに流れる川。


豊かさを求めてたどり着いたはずの景色が、なんとなく痛々しく見えるのは気のせいだろうか。

20150923多摩センター73




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 国内、史跡・名勝巡り
genre : 旅行

最近の記事

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。