02
1
2
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話の里出雲 王家の谷?!西谷墳墓群

ども にぽぽです=*^-^*=



出雲を後にして松江に向かうこの日のテーマは、考古学的出雲!
神話の出雲ではなくて、現実の出雲を見に行こうという訳です。

20141009出雲1

お天気はピーカン (ピーカンって言い方、昭和~っ)
朝一番でやってきたのは、“出雲弥生の森”です。

20141009出雲2



20141009出雲3

駐車場からの眺めは、だたの公園。
ここは、弥生時代の終わり頃(約1800年前)から約500年もの間、墓地だった場所。
その墳墓群を史跡として保存している“西谷墳墓群史跡公園”です。

20141009出雲4


早速、散策開始。

20141009出雲5

唐突なポストの中にパンフレットが!

20141009出雲6

朝露でな~んとなく湿っている(笑)けど。


歩き出して3分ぐらい。

20141009出雲7


草ぼーぼーのこんもりした盛り上がり。

20141009出雲8

これが弥生時代のお墓?!


しかも、簡単に登れちゃう。

20141009出雲9

宮内庁に管理されている古墳と違って、おおらかだなぁ。

登ってみて、隣のお墓を見ると、小山は四角形なのが分かる。


20141009出雲10

しかも、ただの四角形ではなくて、布団をかけた炬燵のように角のとこが伸びているような。


お墓の形を復元しているものがあるということなので、先に進んでみます。

20141009出雲11


墳裾の石列が復元されている3号墓。

20141009出雲12

四角の四隅が突き出した独特の形は、弥生時代に山陰地方を中心して流行したお墓だそうです。
「よすみ」は、全国で約100基発見されているのですが、その中で大きさトップ5が、この西谷にあるとのこと。
弥生時代に出雲を支配した王たちの墓と考えられています。
3号墓は、西谷で一番最初に作られた王墓です。

20141009出雲13

「よすみ」は、墓上に上るための道として発達したものと考えられています。
そして、その斜面とすそまわりは大量の石で飾られていたようです。

墳裾は2列の石で囲われていましたが2列以上の石列をもつ「よすみ」は少なく、このお墓の被葬者の地位の高さを表しています。



墳頂部からは8つの墓穴が発見されました。

20141009出雲14

中でも、墳丘のほぼ中央にある第四埋葬と第一埋葬の墓穴は大きく、埋められた棺は二重構造の木棺でした。

20141009出雲15


第一埋葬からは、ガラスのアクセサリーや耳飾りが発見され、

20141009出雲16

第四埋葬からは鉄剣が発見されました。

20141009出雲17

どちらとも、大量の真っ赤な水銀朱が敷き詰められていたとのこと。
発見されたアクセサリーを復元すると、こんな感じ。

20141009出雲19


第四埋葬では、棺を埋めた後に墓穴を取り囲むように巨大な4本の柱が建てられました。

20141009出雲20

ここを中心に、亡き王の葬送儀礼がおこなわれたと考えられています。

20141009出雲21

儀礼に使用された土器は、第一埋葬と合わせると300個以上で、その中には吉備の土器や北陸系の土器も確認されているとのこと。
このことによって、ここに埋葬された王の交流は、岡山県から新潟、石川県までの広い範囲に及んでいたことがわかります。



20141009出雲22

出雲王の時代と空の青さは変わらないけど、
今、出雲王のお墓の隣には高校があって、野球ボールが飛び込んだり、チャイムがなったり。

20141009出雲23


3号墓のとなりの2号墓は、完全に復元された「よすみ」を見ることができます。

20141009出雲24

3号墓の次の代の王墓です。

20141009出雲25

2号墓の大きさは、約46m×約29m×約3.5m。
ちなみに3号墓は、約52m×約45m×約4.5m。


20141009出雲26

何気なく歩いている園路ですが、

20141009出雲27

大津と塩冶を結ぶ生活道として使われていた道だったのだそうです。
江戸時代に、このあたりには仏教施設が作られていたそうなので、その時に観音坂と名付けられたのかな。

時の流れに忘れ去られた出雲王が発見されたのは、昭和28(1953)年。
西谷丘陵の開発中に、現在の4号墓の墳丘付近で大量の土器が発見され、この一帯が遺跡であることが初めて確認されたのだそうです。

墳墓群の中の3号墓を島根大学が調査し始めたのが昭和58(1983)年。
国の史跡に指定されたのは平成12(2000)年のことでした。


常にシャベルを持ち、家の近所をやたらと掘りまくって遺跡を掘り当てる気満々の小学生だった(2010年12月6日の日記⇒大森 ここが始まり、大森貝塚)にぽぽですが、弥生時代に出雲に王がいたことも、「よすみ」なる不思議な形の王墓のことも、日本版“王家の谷”と言うべき“西谷墳墓群”のことも、ぜーーんぜん知らなかったよ!!

歴史の授業では弥生時代は、「稲作が伝わりました」、「小さな国が一つの国にまとまって、やがて大和朝廷ができていきました」、というようなことしか習わなかったし。
どういういきさつで出雲が消えていったのかはわからないけど、勝者は大和朝廷につながる人々。
歴史は勝者によって作られるものっていうのを、改めて感じたりして。



そろそろ次の目的地に移動しようと思って、駐車場に向かって歩いて目に入った駐車場上部の山肌。

20141009出雲28

あーーーそうかっ!
このコンクリートで保護されている楕円もお墓なんだねっ!

20141009出雲29

入ってきたときには、斜面の土が崩れないように固めてあるんだなーと思っていたのです。
見ているのに見えていないことってありますねー。

「よすみ」は、山陰地方独特のお墓だけど、横穴墓は、にぽぽの住む東京は多摩地区でも見たことがあります(2009年8月3日の日記⇒野川 身近な川にも悠久の歴史あり)。

横穴墓が造られたのは5世紀半ばの古墳時代の終わり頃。
この頃には、一つの勢力を中心にまとまってきていて、山陰地方でも東京の多摩地区でも同じようなお墓が造られていたということがなのでしょうね。


それにしても、初めて見る「よすみ」に、にぽぽはすっかり魅了されてしまいました。

20141009出雲87

出雲弥生の森博物館のマスコットキャラクターの「よすみちゃん」まで気に入ってしまい、購入してきた根付は、にぽぽのスマホにぶら下がっているのでありました。



今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

神話の里出雲 荒神様の祟りの場

ども にぽぽです=*^-^*=



西谷墳墓群史跡公園を後にして、荒神谷遺跡に向かう途中のまっすぐな道。

20141009出雲30

こういうまっすぐな道は、滑走路の後だったりするんじゃないかと思ったら、案の定、旧海軍大社基地があった場所だそうです。
基地の完成は昭和20(1945)年6月、沖縄決戦が行われている中、突貫工事で完成に漕ぎつけたそうです。
連合軍による日本本土上陸作戦の際に、その主力として特攻作戦を敢行すべく海軍航空部隊が展開していた基地だということ。
古代と現代の間には、世界大戦という悲しい歴史も存在していたんだなーと、しみじみ思った瞬間でした。


“荒神谷遺跡”に近づくと、すっかり山道。

20141009出雲31


“西谷墳墓”は知らなかったにぽぽでも知っているぐらい知名度抜群の“荒神谷遺跡”の駐車場には、小型のバスで来ている団体さんもいました。

20141009出雲32

荒神谷遺跡は、昭和58(1983)年、広域農道建設に伴う遺跡分布調査の時に、調査員が田んぼの畔で土器のかけらを拾ったことがきっかけで発見されました。
今ではバーベキューサイトやら弥生の砦と名付けられた木製遊具などもある広大な史跡公園に整備されています。

20141009出雲33

千葉県で発見された2000年前のハスの実から発芽・開花した二千年ハスの種を分けてもらったという蓮池の脇を通り、にぽぽは遺跡に直行。



20141009出雲34

遺跡の南側に『三宝荒神』が祀られていることから“荒神谷遺跡”と命名されたとのこと。


20141009出雲35


調査員が土器の欠片をひろった翌年の昭和59(1984)年に、谷あいの斜面を発掘調査したところ、358本の銅剣が出土!

20141009出雲37
(荒神谷博物館に展示されているジオラマ)

その頃の全国の銅剣出土数は300本あまりだったのに、一気にそれを上回る数が、一か所の遺跡から出土したものだから、日本中は大騒ぎだったことを、にぽぽも覚えてる。


銅剣358本のすぐ近くに、さらに銅矛16本と銅鐸6個が見つかった。

20141009出雲36
(荒神谷博物館に展示されているジオラマ)

日本で発見された青銅器は、銅剣、銅矛は北九州文化圏、銅鐸は近畿文化圏でしか発掘されず、違う文化圏のものとされていたのに、荒神谷でその両方がいっしょに発見されてしまったので、考古学者たちには、自分たちの研究をすべてひっくり返されてしまうような大事件で、これ以上出雲から新たな発見があったら困る!なーんて言う研究者も多くいたそうです。


この谷では樹木が生えない場所があって、昔から地元の人に荒神様の祟りがあるので近づいてはいけないと言われていたらしいけど、それは青銅器の緑青の影響だったのかも。

さらに、荒神谷遺跡がある場所は、島根県出雲市斐川町神庭西谷で、神庭(かんば)はその字の如く神事に関係のある地名であり、西谷も敢えて「さいだに」と読むことから、古来は「西谷」ではなく「斎谷」あるいは「祭谷」だったのではないかとも考えられるそうです。
ちなみに、前回登場の“西谷墳墓”の読み方は普通に「にしだに」です。

改めて、昔からの言い伝えとか地名って、意味があるんだなーと思ったのでした。



荒神谷遺跡で発見された銅剣と銅矛、銅鐸は、島根県立古代出雲歴史博物館に迫力満点で展示されています。

20141008出雲48

20141008出雲49

20141008出雲50

20141008出雲51

青銅器というと、緑青が噴いた青緑色のイメージが強いけれど、造られた当初はブロンズ色です。
太陽の光に輝くブロンズ色の剣や矛は、古代の人々にとっては神がかった美しさだったろうと思います。

荒神谷に整然と埋められた青銅器の謎は、未だ解けてはいないのです。
ロマンですねー。


ところで、荒神谷遺跡に併設されている博物館のテラスでは、遺跡を眺められるカフェがあるということで、ここでまったり一休みしようと考えていたのですが、OPENしているのは夏季のみらしく、にぽぽが訪れたときにはやっていませんでした。
残念っ。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 国内旅行
genre : 旅行

神話の里出雲 古代の玉作り工房を訪ねて

ども にぽぽです=*^-^*=



にぽぽが次に向かったのは玉造温泉。
もちろん、目的は温泉・・・ではありません。

20141009出雲45

宍道湖を望むことができる、ちょっと高台にあるのは、松江市立出雲玉作資料館。

20141009出雲46

この辺りは、青メノウを産出する花仙山の西麓に位置しており、玉作りの遺跡が多く分布しています。
玉作り関係の集落が営まれていた年代も、古墳時代前期から平安時代にかけて、約700年の長期にわたることも判明しているそうです。


資料間に入ると、青メノウの原石と、勾玉を身に着けている埴輪たちが迎えてくれます。

20141009出雲48

にぽぽは鉱物好きでもあるので、巨大な青メノウの原石を見ただけで、すでにテンションMAX!



古代の玉作工房で作られていたのは、管玉と勾玉。

20141009出雲49

こちらは管玉の未完成品。



20141009出雲50

原石を溝のある砥石に入れて、研磨して形を整えていったようです。

20141009出雲51


勾玉の形が徐々に整えられていく様子。

20141009出雲52

すごいですね~!


形が整えられると、紐を通す穴をあけます。

20141009出雲53


穴が開いて、完成。

20141009出雲54

勾玉は魔除けや厄除けといった呪的な意味で身につけられていたようです。
縄文時代にはすでに作られていましたが、発掘されているのは日本や朝鮮の一部地域だけだそうです。

この不思議な形は、魚の形を模しているとか、獣の牙を模したものを身に着けお守りとしたとか、諸説ありますが、現在は、頭の部分が日(太陽)を表し、尾の部分が月を表しているというのが一般的な解釈のようです。

出雲の古代勾玉は、尾の部分もふっくらと丸いので、にぽぽ個人としては、月を模しているというのは無理があるような気がして、胎児の形を模しているという説の方がしっくりきます。



資料館のすぐそばに、出雲玉作史跡公園があります。
大正11年に史跡の国指定をうけ、昭和49年に史跡公園として整備されたもので、玉作り工房を復元した古代家屋などが整備されています。

20141009出雲55

この中で、

20141009出雲56

こんな風に作業をしていたようですが、家屋の中はかなり暗い。
玉作りは細かい作業だったので、暗いと作業効率は悪いと思うのです。
全天候型ドームのように、昼の間は屋根を開けて、雨の時は閉めるというように、開閉可能になっていたのでは・・なんて、妄想してみたり。


玉造温泉街を散策するのに、まず向かったのは玉作湯神社。

20141009出雲38

境内はこの周辺で最も古い玉作りの遺跡でもあります。


20141009出雲40

階段を上がったところに拝殿。
アマテラスが天岩戸に隠れてしまった時に、岩戸の前の真榊の枝に懸けられた“八尺瓊勾玉”を作った櫛明玉命(クシアカルダマノミコト)と、玉造温泉を発見した少彦名命(スクナビコナノミコト)、温泉療法を開いた大国主命(オオクニヌシノミコト)祀っています。


拝殿の右側のところに、“願い石”というものがあります。

20141009出雲41

はるか昔から神社に奉られている不思議な力を宿すお神石だそうで、触れて願うと御神徳が得られるということで有名なのですが、最近、“願い石”のお力を分けてもらう“叶い石”というお守りが人気。


にぽぽも、社務所で“叶い石”を頂いてきました。

20141009出雲42

中は、“叶い石”と、お願いを書く“願い札”が2枚と袋。

20141009出雲43

御神水でお清めした“叶い石”を“願い石”に触れさせて、心の中でお願い事を唱えます。
その後、拝殿で“願い札”にお願い事を書き、一枚を拝殿の札入れに投函し、もう一枚は“叶う石”といっしょに袋に入れてお守りのできあがり。

お願いがかなった“叶う石”は返納してお祓いをしてもらうそうなので、願いが叶ったら、またここに来なくちゃ。



20141009出雲57

玉造温泉は、天平5(733)年に編纂された出雲国風土記に「一たび濯(すす)げば形容端正(かたちきらきら)しく、再び沐(ゆあみ)すれば万病悉(ことごと)く除(い)ゆ」」と言わていた日本最古の温泉の一つです。

玉作湯神社のそばに架かる湯薬師橋のところに風土記に記された川辺の出湯(いでゆ)跡があります。

20141009出雲61

かつて石囲いの露天風呂があって、年齢性別関係なく人々が集まっていたようです。
鎌倉時代後期に玉湯川の洪水により埋まってしまい、再度掘り出し、大正時代までは多くの住民が利用していましたが、護岸工事や温泉街の開発により、温泉は枯渇し露天風呂の石囲いも失われてしまいました。現在は湯船に利用したと思われる凹や石灯籠などを見ることができます。

20141009出雲62



川辺の出湯跡の対岸に湯閼伽(ゆあか)の井戸というものがありました。

     20141009出雲64

そもそもは延慶2(1309)年に創建された湯薬師堂に供える水を汲み上げる神聖な井戸で、昭和30年代まで清水をくみ上げて、生活にも利用されていたようです。

20141009出雲63

現在は「恋来井戸」として「恋叶いの素」が売られています。
「恋叶いの素」を川に投げれば、恋が現れて、恋が芽生えるのだそうです。

20141009出雲65

わんさか“こい”が現れた。

20141009出雲66

このセンス、嫌いじゃない。
というか、むしろ大好き。


そろそろ何か食べたいと思って、玉湯川沿いを歩いていると、たこ焼き櫻というお店を発見。

20141009出雲58

タルタルソースがのってるタルタコが名物だそうです。

20141009出雲59

昔はラーメン屋さんだったのかなーという店内ですが、カラフルな小物なども置いてあって、女子向きにリノベーションされておりました。
一昔前はオジサンたちターゲットの温泉街だったに違いないのですが、最近は“美肌の湯”を女子にアピールして頑張っている玉造温泉なのであります。

20141009出雲60

“女子”にぽぽも、このお店でターコイズの小さい勾玉入りのオリジナルブレスレットを作ってしまいました。
ターコイズは、旅のお守りの石なんだそうですよ。
ちなみに、このお店で扱う勾玉は、尾がぷっくりしている古代出雲式です。



本日の目的地はあと2ヶ所。

20141009出雲67

宍道湖のほとりを走る国道9号を松江方面へ向かいます!




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 国内旅行
genre : 旅行

出雲から松江へ

ども にぽぽです=*^-^*=



到着したのは、八重垣神社。

20141009出雲68

なるべく混まない時期を選ぶので、観光地であっても大勢の人には遭遇しないにぽぽの旅なのですが、ここはすごかった!

20141009出雲69

女子だらけ。
女子に人気の理由は、この神社がスサノヲとクシナダヒメが結婚したのち、夫婦の宮居とした場所で、出雲に於ける縁結びの本宮とされているからなのです。


今回の旅は、数多くの神社を巡ることになるので、初めて御朱印帳というものを持って行ったのですが、ここは御朱印をもらうのも整理札を渡されるほどの混雑でした。

20141009出雲70

この札は、待ち人数二人というわけではありません。
たまたま番号が二だっただけ。



20141009出雲71

御朱印を待っている間、八重垣神社の奥にある鏡の池をお参りします。


20141009出雲72

鏡の池に近づくと、厳かな気配。

     20141009出雲73

鏡の池は、クシナダヒメが生活していた時に、飲料水として用いたり、姿を写していた姿見の池。
今は、紙に硬貨を乗せたものを水に浮かべる恋占いが大人気!

20141009出雲75

早く沈めば良縁早く、遅く沈めば縁が遅い。
さらに近くに沈めば、運命の人が近くにいるとか。

20141009出雲76

一斉に紙を放った女子たち、ある人はあっという間に近くに沈み、ある人はずーーーっと遠くに紙が流れました(笑)。
そんな光景を、クシナダヒメは微笑ましく見ていることと思います。


20141009出雲77

鏡の池ところのお社と、その横にある夫婦杉。

     20141009出雲78

この辺りはすごいです。
いや、にぽぽは“そーゆーの”感じないたちなのですが、それでも神の気配のようなものを感じる気がするんですよ。



この八重垣神社ですが、実は旅の初日にいった神魂神社のすぐ近くにあります。

20141009出雲79

この道をちょいちょいっと進めば神魂神社なのですが、イザナキ・イザナミの話があって、スサノヲがクシナダと出会って結婚してという順番で旅をしたかったので、あえて別日にお参りしてみました。

効率よりロマンを追及です(笑)。


釣瓶落としと言われる秋。
この比喩もいつまで通用するのだろうかなどど考えつつ、日暮れに間に合うように到着しないといけない場所がある。
急げ急げ。


島根県立美術館。

20141009出雲80

屋外の岸公園には、12羽の“宍道湖うさぎ”がいます。
前から2羽目のウサギは恋の願いを叶えてくれるそうで、次から次へと乙女たちに頭をなでられていました。



お目当てはウサギじゃなくて夕日。

20141009出雲81

松江市街の西に位置する宍道湖は美しい夕景で知られておりますので、自然が描く絵画を鑑賞しなければ。

20141009出雲82

湖に近づにつれ、赤みを増す太陽と、朱から藍へと混ざり合っていく空の色。
太陽が湖に沈むまで、こんなにひたすら景色を見続けるなんて、忙しい日常ではあり得ない時間の使い方。
久しぶりに、ぼーーーーーーーーっと何も考えずに夕日だけを見ていました。


陽が沈んだところで、世俗の欲を思い出す。
お腹が空いた!


ホテルのパーキングに車を入れて、何を食べようかと迷う。
松江も美味しいものが多いのだろうけど、二日続けてお刺身だったので、洋風なものが食べたい。

松江駅の駅ビル1Fにイタリアンのお店があったので、早速ビールを注文。

     20141009出雲83

はぅ~、滲みる~!

20141009出雲84

オードブルは、お皿にいっぱい盛られてきた!
お皿スカスカで、ちょぴっとの盛り付けで出てくるイメージを嬉しく崩されてご機嫌です。

20141009出雲85

エビとクリームトマトソースが好きなので、結局どこにいってもエビのクリームソース的なものを頼んでしまう・・・
けど、これも美味しかった―♪♪

エスプレッソにグラッパを入れるカフェ·コレットにするか、ケーキセットにするか迷い、

20141009出雲86

やっぱり食べたい、ケーキに軍配が上がりました!
にぽぽ禁断の好物である、たっぷりお砂糖を入れたエスプレッソも味わってしまった。


ふらっと入った駅ビルのイタリアンでも十分に美味しい松江に、明日の楽しみが膨らみまくりなのでした。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 国内旅行
genre : 旅行

最近の記事

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。