09
1
2
4
5
6
7
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石 出張でした①

ども、にぽぽ です=*^-^*=





先日、突然の出張で、兵庫に行ってまいりました。


201108兵庫出張1

黒のカットソー、麻のワイドパンツにヒールといういでたちにヘルメット。
通信系のお仕事をしているにぽぽですが、今回は建築中のビルに光回線を引き込むための現地調査の立ち会い。
東京からヘルメット持っていかなくてはならないのが、邪魔だったこと!!

女性の社会進出が進んでいるといえ、建築現場は男性オール。
紅一点でヒールにヘルメット姿というのは、目立つ、目立つ。
が、安全靴という指定がない限り、あえてヒールで行く(笑)。



お仕事終わって、宿泊は三宮。
神戸に来たからには、夕食は神戸牛よね~♪

と思ったのですが、どのお店も一人でテーブル占領するにはちょっと・・・という雰囲気のお店ばかり。
下調べもしてこなかったので、夕食ジプシーになってしまった(涙)。



201108兵庫出張2

結局、ホテルのすぐそばの回転ずしに落ち着き、ビールを沁み込ませてから、マグロ~、ハマチ~、エンガワ~、ウニ~と、好きなものを一通り食べたのち、ハッ!と。

せめて、東京にない寿司ネタを食べるべきではないか!と気づき、追加注文。


201108兵庫出張3

明石は近いもんねと注文した生ダコは、期待したものより薄~かったけども。
そして、ゲソ。
ゲソは東京にだってあるけど、柚胡椒がかかっているのが珍しいと思ったのでした。
エビとアボカドは、その組み合わせが単に、好きだからーー(^^;

うーん、神戸ならではっていうネタは、ありそうでないなぁと思っていたにぽぽの目に飛び込んできた文字は、

「玉きゅう巻き」

スライスオニオンときゅうりかな?
確か、淡路島は玉ねぎが有名だし、これは期待できそうじゃないですか?




じゃーーーん♪

201108兵庫出張4


“玉子”ときゅうり・・・・そっちかあぁぁ!!
考えてみれば、玉って、玉子焼きだよね、普通。


まったくいけてない夕食でありました。
でも、このお店の回転寿司は美味しかったよ(^^



次の日も朝一番で、現地調査立ち会いがあるので、夜の神戸を満喫することもなく、おとなーしくホテルに帰ったのでありました。

つづく。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

明石 出張でした②

ども、にぽぽ です=*^-^*=




さて、出張2日目は、東海道山陽本線の“大久保”というところでお仕事。
本日の立ち会いにヘルメットはいらないので、大きな荷物とともに三ノ宮駅のコインロッカーに放り込み、電車に乗り込みました。



せっかく遠くに来たのだからと、ちょっと早起きして寄り道を。
目的の場所を目指していたらば、通り過ぎていく車窓の景色に驚きのものを発見。
慌てて、電車を降り、ひと駅引き返して下車。



そのものとは、

     201108兵庫出張7


♪てつじん~ 

201108兵庫出張8


♪てつじん~

     201108兵庫出張9


♪にじゅう は~ち~

201108兵庫出張10


♪ごぉぉぉぉーー

201108兵庫出張11


でっかぁ~い(^▽^)!

ブロ友の、こまいぬさんのブログで見たこととのあった鉄人28号のいる公園!
(こまいぬさんの記事⇒ 鉄人だぁー!



うわー、ここにあったのかぁ!と大感激。
この公園は、新長津田駅のすぐそばにありました。
初めて来た場所でも、ブロ友さんのブログで見たことのある場所があったりすると、一気に身近に感じられるものですね。

201108兵庫出張12

朝早い人気のない公園で、鉄人28号をしつこく激写するいい年した女・・・。
そうとう写真を撮ったところで満足し、そろそろ当初の目的地に行かないと、アポの時間に遅れちゃう。




にぽぽが見たかったのは、都を追われた光源氏が見た、“須磨の海”
東海道山陽本線は、須磨を通って赤穂へ向かっているのです。

201108兵庫出張13

“須磨”は、『源氏物語』五十四帖の第十二帖。

政敵の娘である朧月夜との仲が発覚し、追いつめられた光源氏は後見する東宮に累が及ばないよう、自ら須磨へ退去して、都のきらびやかさもない須磨で、淋しい日々を送るのであります。



夏の終わりの須磨の海は、光源氏の心を感じるにふさわしい静けさ。

201108兵庫出張14

静けさ?
朝早いので、静かには違いなかったけども、砂浜にはパームツリーが植えられ、監視員の台も白で、立ち並ぶ海の家も、おしゃれに白で統一されている。
須磨海浜公園駅から徒歩5分というアクセスも最高だし。

そりゃ、謹慎生活のはずなのに、明石の入道に
「うちの娘、なかなかでっせ」
と、言われてホイホイ付いていってしまったのもうなずける。
スタイルのいいビキニ姿のおねーちゃんに秋波を送りまくる光源氏が見えるようだ。
完全に過去と現在と、現実とフィクションがごちゃまぜだけど。



東海道山陽本線は、須磨のあたりから海に沿って走っていきます。

201108兵庫出張20


201108兵庫出張21

旅気分盛り上がりますね~♪




思わず仕事を忘れてしまいそうなほど、いい景色でしたけども、しっかりお仕事もこなして、11:00am。

201108兵庫出張22

明石駅のホームからは、明石城が見えました♪

元和3(1617)年、信州松本城主より明石藩主となった小笠原忠真が、
「譜代大名たる小笠原氏10万石の居城として城郭を建設するように」と、徳川二代将軍秀忠に築城命令されて築いたもの。
織田信長が築いた安土城の石垣を積んだと云われる穴太衆の“穴太積み”といわれる技法を使った石垣があるお城。
石垣フェチのにぽぽには魅力的であり、見たい、触りたーーーい♪



が、しかし。

会社に戻らなくてはならないにぽぽには、時間があまりないの。
イケてなかった昨日の夕食のリベンジに、絶対に明石の玉子焼きは食べて帰らなくてはならないし。
二つに一つなら、やっぱり食欲が勝ってしまうにぽぽの旅。

     201108兵庫出張23

駅からすぐに目に付いた看板のお店に飛び込みましたとさ。




お願いしたのは、“豚焼き”と“玉子焼き”。
メニューには“肉焼き”もあったのですけど、関西って、肉とは牛のことなんですよね。
そういう言い方は関東にはないから、へーって思う。

201108兵庫出張24

鉄板に火を入れてくれるのと同時に、“豚焼き”の材料がドンドンと置かれたのですが・・・。

自慢じゃないけど、にぽぽは自分で焼くお好み屋さんって、人生で2~3度しか来たこと無いのです。
しかも、卵が別?
東京で入ったお店は、具といっしょに卵も割って入ってて、全部混ぜて焼いたような記憶があるんだけど、これはどうするのが正解なのだろうか?
豚肉は、よく火を通さないといけないんだよねぇ・・・。

しばし悩んで、まず豚を焼き、後から豚の上にキャベツ等の具を重ねて焼き、卵は広島焼きのようにすることに自分の中で決定。

お店の方たちは、まずそうなもの作ってからに・・・と思ったに違いない。
素直にお店の方に焼き方を聞けばいいのに、自分でやろうとする辺りが、無駄な意地っ張り。
こういうところは江戸っ子というか、東京っ子気質なのだろうか?



豚焼きに悪戦苦闘していたら、玉子焼き登場♪

201108兵庫出張25

これこれ、これですよ~!


201108兵庫出張26

ふるんふるんしていて、お箸でつまむと崩れそうにやわやわ。
やわらかいではなく、やはらか~い。


「熱いから気を付けてくださいねー」と。

201108兵庫出張27

玉子焼きは、お醤油などをかけて食べるのではなく、出汁に浸すというのが不思議なのだけど、絶妙ですねぇ。
しかも、出汁は湯気がたつほどアッツアツではない、ぬるまゆい加減。

讃岐うどんにも、ヒヤアツとかあるし。
冷たいのに熱いものを合わせるというのも、関西の文化なのかもしれないなぁ。
最近こそ、つけ麺とかが流行って、熱いスープに冷たい麺というものあるけども、にぽぽの子供の頃には、熱いものは熱く、ハフハフしながら食べるものだったような気がするもんなぁ・・・なんて、玉子焼きを頬張りながらしばし考察。



どうなることかと思った“豚焼き”も、

201108兵庫出張28

それなりの感じになって、美味しく完食。




明石といえば、明石城と明石原人と玉子焼き。
もう一つある名物を見るために、タクシーに飛び乗って山陽電車の人丸前駅に移動。

201108兵庫出張30



人丸とは、柿本人麿のことだそうで、彼は旅の途中でたいそう明石が気に入り、たくさんの歌を詠んだのだとか。
人丸前駅のそばにある“柿本神社”へ行くための古~い道しるべが残っていたりしましたよ。

     201108兵庫出張29

この辺りのことは、内田康夫さんの浅見光彦シリーズ『須磨明石殺人事件』に詳しく書いてあります。



そして、にぽぽが見たかったもう一つの明石の名物は、

     201108兵庫出張31

東経135度の子午線!



人丸前駅のホーム上には東経一三五度の子午線が、ほぼ直角に横切るように、赤い塗料で印されてある。その線を牧田の方角に辿ると、二百メートルばかりさきに明石天文科学館のドームが聳え立っている。逆に真南に向くと、ちょうど正午の太陽を振り仰ぐことになる。つまり、彼は科学館と太陽を結ぶ線上に佇んでいるわけだ。-内田康夫著 『須磨明石殺人事件』より抜粋-

小説の中で、正午に浅見光彦氏は子午線の上に立ったのですが、にぽぽも、ここに立ったのがぴったり正午で、にんまりしてしまいました。

201108兵庫出張32



『須磨明石・・・』のヒロインの由香里は、人丸前駅近くの高台に住んでいる設定。

201108兵庫出張33

あの辺の、どこかの家なんだろうか(^^



小説のヒロイン気分で、にぽぽも由香里が利用する山陽電車で三宮に戻ることにしました。

201108兵庫出張35

並行して走っている山陽本線よりものどかな雰囲気。



201108兵庫出張36

舞子公園駅付近からは、明石海峡大橋がすごい迫力で迫ってきたりして、にぽぽは、山陽本線よりもこっちの電車からの景色の方が好きだなー♪



電車は、須磨浦公園駅へ。

201108兵庫出張37

前出の小説で、由香里の大学の先輩が不振な人物を見て、殺されてしまう、ミステリーの始発駅であります。



出張の最後は、去年の箸墓古墳(2010年9月30日の日記⇒ 奈良の旅1日目 -その2- 箸墓古墳 )のように、浅見光彦シリーズ追っかけになってしまいましたが、歴史旅行もふつうの観光もたくさんたくさん楽しめそうな明石は、こんな駆け足で訪れるのはもったいないな。

またゆっくりと、しっかり下調べしてから来てみたい街でした(^▽^)!



本日の日記に出てきた小説

「須磨明石」殺人事件 (光文社文庫)「須磨明石」殺人事件 (光文社文庫)
(2003/10/10)
内田 康夫

商品詳細を見る



今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

ゴールドラッシュ

ども にぽぽ です=*^-^*=





“GOLD”の価格が高騰しているそうですね。



有史以来の“GOLD”の産出量というのは、14万6000トン。
これは、長さ50m×幅25m×深さ2mのプール(2500m3)3つ分の量にしかならないのだそうです。
地中に残っている量は、同じ容積のプール1つで、全部をあわせてもプール4つ分しかないのですって!


世界中が不景気で紙幣の価値が不安定になればなるほど、財を紙幣でではなく、価値が普遍である“DOLD”にして持っていたいということで、“GOLD”の相場の高騰があるのだそう。
そして、世界中の“GOLD”の七割が、今、中国とインドに集まっているのだそうですよ。

経済発展すざましい、中国とインドには、財産を“GOLD”に換えて持っていようとするお金持ちが、たーーくさんいるのねぇ・・・とニュースを見ていたにぽぽです。



一方の日本はといえば、“GOLD”を買うよりも、昔買って、使わなくなった腕時計やアクセサリーを売る人が、ものすごい数なんだとか。

そのほとんどがバブル時代のお兄さん、お姉さんであったろう、現在のお父さんお母さんで、“GOLD”の査定を受け、金額をはじいてもらっている。
子どもをいっしょにつれてきて、子どもの目の前で「23万になったわ!」とか、生々しいお金のやりとり。



品が悪くて、見るに耐えない光景だと思うのは、にぽぽだけなんでしょうか・・・・。




使わないんだから、お金に換えた方がいいという考えは合理的のようだけど、あまりに貧しくはないか?
そこまでお金に困っている人ばかりではないだろうに。

売っちゃ悪いとは言いませんけども、あまりの開けっぴろげさ加減が、どうも違和感。




にぽぽは、持ち物をお金に換えるというのは、なんとなく恥ずかしいと感じるのだけど、それって時代錯誤なのかなぁ。
子どもをいっしょにつれて、これで旅行しようかーと明るく話している方が、現代の健康的な感覚なのかしら・・・。




翡翠の指輪1

この指輪は、にぽぽが持っている数少ない宝石類の一つです。
宝石というほどのものではありませんけども。


今年亡くなった、母方のおばーちゃんにもらった金の指輪二つのうちの一つを、母にもらった翡翠のイヤリングと合わせて作り直したもの。



にぽぽがデザインして、宝石のリメイクの仕事をしている友人の会社に作ってもらったのです。

翡翠の指輪2

もう10年ぐらい前になるでしょうか。



おばーちゃんに指輪をもらったのは、にぽぽが20歳になったとき。
新しく買ってくれた金のネックレスと共に、自分はもうしないからと指輪もくれたのでした。
形見のつもりでもあったのかな。
指輪をくれてから、ずいぶんと長い間、生きていたけど(笑)。


生活に困って浪士隊に参加して、その後、北海道に開拓にいったぐらいの元貧乏侍の家にお嫁にいったおばーちゃんです。
ダイヤも真珠も持っていなかった、おばーちゃんの唯一の“金めの物”だった訳です。


そのおばーちゃんが、一番かわいがった孫のにぽぽに“金”のネックレスと指輪をくれたときに言ったのは、
「ネックレスと指輪なら、いつも着けていられるし、お金に困ったら売ればいい。」


にぽぽよりずーっと苦労して、倹約して質素に暮らしてきたおばーちゃんが売らなかったものを、にぽぽには売っていいと渡す。
笑っちゃうような、泣けるようなおばーちゃんの思い出なのであります。






今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 日記
genre : 日記

悪戦苦闘中



あれ?写真横になってる?


携帯をスマホに変えたのですが、アプリのダウンロードとか、????


練習にブログ投稿してみました。
ふ~っ(^-^;)
頑張っております(笑)



ブロ友さんのブログも、お気に入りに設定しますからね~!
そしたら、気軽にブログチェクできるようになるはずさ(^_^)v

最近の記事

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。