03
2
4
5
7
8
10
11
12
15
16
17
18
20
21
22
23
25
26
27
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問わず語り

ご無沙汰いたしました、にぽぽです。




父は・・・・


なんと意識回復いたしました!
手術拒否をした後、脳の出血を止める薬を点滴で投入していたのですが、現在は、しっかり目を開いて、投げかける言葉に反応します。



「手術しないとなると、脳の出血による血腫が大きくなって、脳を圧迫して意識レベルが低下していくものと考えられるのですが、出血が止まり、意識が回復したというのは、とにかく前例がないので・・・」と、お医者様もびっくり。

にぽぽも、にぽぽ母もびっくり!
にぽぽなんて、喪服を新丁して、喪主の挨拶の下書きまで用意してしまったというのに(汗)。



今後は“ターミナルケア(看取り看護)”から、“療養・回復”のケアに移行することとなり、「体に栄養をとらせてから、薬の調整をしていきましょう」と、いうことになりました。
まだまだ、どうなるかわからない部分もありますが、ひとまず落ち着いた生活に戻れそうです。




前回の記事にて、大変お騒がせいたしましたm(_ _)m

心のこもったコメントやメール、そして励ましの拍手を、沢山いただきまして、本当に、本当にありがとうございました。
お会いしたことはなくても、お一人お一人の優しさ伝わってきて、心があったかくなり、涙が流れて仕方なかったです(T T)
どれだけ励まされたかわかりません。
どうしたら感謝の気持ちが伝わるのだろうかと、もどかしく思います。
いつか、皆様に直接お会いすることが出来れば嬉しいです。




にぽぽが父の介護をしていたことに、驚いたというコメントも多々いただきました。
介護生活については、友人にも会社の同僚にも、ほとんど話をしたことがありません。


8年前、父が倒れたのは、心因性脳血栓という症状で、以前から不整脈があり治療をしつつあったのですが、不整脈により血管の中に血の塊ができやすい状況で、その血の塊が脳に飛んで、脳の血管を詰まらせてしまったということでした。

倒れてから3時間以内で、血栓を溶かす薬を投与すれば、助かる可能性が高いということでした。
処置は時間内に間に合ったのですが、不幸にも塊が大きかったため、左脳の入口付近で詰まってしまった結果、右半身の麻痺と、高次脳機能障害による失語という重い後遺症をかかえることになってしまいました。
10ヶ月に及ぶ入院、その後の自宅での介護は、日曜日の夜から金曜日までは母、金曜日の夜から日曜日まではにぽぽと分担を決め、本当に24時間の介護生活でした。

その後、母に乳ガンが見つかり、父と母と当時90歳に近かった祖母の面倒を見なければならない時期があったりで、人との付き合いもできるはずも無く、いつの間にか疎遠になってしまった人たちが沢山います。



よくもまあ、鬱になったり、倒れたりしなかったものだと、我ながら感心しますが、にぽぽがたどり着いた結論は、『仕方ない』ということだったような気がします。


なんで自分だけがこんな目に遭うのかと思ったところで仕方ない、起きてしまっている事に対して、やれることをやるしかない。
置かれた状況は、人それぞれ違うから、理解されないことも仕方ないし、自分の大変さを訴えても仕方ない。
これからどうなるんだろうと考えてみても仕方ない、今日できることだけ考えて、明日は明日のことだけ考えていくしかない。
「Tomorrow is another day.」です。
そして、考えてもどうにもならないことを、アレコレ無駄に考えないこと。
悲壮な責任感で、自分を縛り付けないこと、できないことはできない。

「人生は、なるようにしかならない(こともある)」と悟る、前向きな諦めも必要なのです。



にぽぽがブログを始めたのは、母の乳ガンの手術が成功し体力も回復したので、自分の時間が少し取れるようになった頃でした。
昨年の4月には、父の自宅での介護が限界になり、家族としてはいろいろな思いもありましたが、施設へ入所させたことで、
24時間の介護から開放され、習い事もできるようになりました。



去り往く者あれば、出逢いあり。
失った物あれば、見つかる物もまた、ありです。
ブログでの皆様との出逢いも、にぽぽには宝物です。
本当に、感謝です!!



前記事と今回の記事は、しばらくしたら削除する予定ですが、そんなこんなで介護の事や乳癌のことについては、かなり詳しいにぽぽです。

ちなみに、母がガンの治療をしたクリニックは、“ナグモクリニック(HP⇒ こちら)”。
院長の南雲先生はテレビなどにもよく出演なさっている有名な先生ですが、人間的にも医療技術的にも素晴らしい先生でした。
ナグモクリニックでは、乳ガンの手術はなんと!日帰りです。
医療は、考え方も技術も、日進月歩ですね。


介護や乳ガンのことで、お役に立つことがあればいいと思いますので、なんでも遠慮なく聞いてくださいね。




ブログも、再開いたします。
また、どうぞよろしくです\(^▽^)/
スポンサーサイト

浅草今戸神社 沖田総司終焉の地

ども にぽぽ です=*^-^*=




待乳山聖天を後にして、道なりにてくてく歩いていきますと、心なしかうら若き女子がウラウラと目につくようになってまいりました。
到着したのは“今戸神社”。

今戸神社1

神社の由緒によると、後冷泉天皇康平6(1063)年に、源頼義・義家父子が京都の岩清水八幡を勧請したことに始まる今戸神社ですは、度重なる戦争や災害に遭うたびに再建されてきたそうです。
昭和12年に、隣地に鎮座されていた白山神社と合祀され、現在の“今戸神社”になったそうで、御祭神は應神天皇、伊弉諾尊、伊弉冉尊、そして七福神のうちの福禄寿です。
伊弉諾・伊弉冉の二柱の神は、天神の命を受けて、日本の国土を創成し、諸神を産み、山海や草木を生したといわれる男女の神で、縁を結び、生産の基盤を固める神として崇められてきました。

そんなところから“今戸神社”は、婚活中、彼氏募集中の女子の間で、ものすごい人気のパワースポットとなっております。


にぽぽも、いいご縁に恵まれますように~~~(>人<)

と、いうのが目的じゃーなくて!!
この神社は、新選組一番隊組長、沖田総司の終焉の地といわれておるのです。



     今戸神社2

それにしても、鳥居の下の看板・・・総ちゃんの扱いの、イマイチ中途半端なこと(^^;
招き猫発祥の地と同じ看板だし~。



境内に入りますと、沢山置かれたテーブルセットもアイアンで、女子が喜びそう(?)な演出になっております。

今戸神社3



本殿へのお参りも、行列!

今戸神社4

東京大神宮(2010年6月28日の日記⇒ 東京大神宮 夏越しの祓え )もすごかったけど、今戸神社もかなりすごい事になっております。



本殿の横におかれている“石の招き猫”は、携帯の待ちうけにすると、すごーくいい事があるそうで、女子のみなさんがつぎつぎに写メっていました。

今戸神社5

にぽぽは、写メしてる女子を激写!!




さて、肝心の総ちゃんに関するものといえば、

     今戸神社6

これだけーーー!!
しかも、今戸焼発祥の地の碑の方がデカイ(涙)。
(招き猫・今戸焼発祥の地については今戸神社HPをどうぞ⇒こちら )


慶応4(1868)年1月に勃発した“鳥羽・伏見の戦い”で惨敗した新選組が江戸に引き上げた時、総ちゃんの結核はかなり進んでおり、幕府医学所頭取を勤めていた松本良順氏の和泉橋医学所で治療を受けていたのですが、薩長軍の江戸入りに際して、状況が緊迫してくると、松本氏は密かに医学所を今戸八幡に移して患者の治療にあたり、総ちゃんは松本氏宅で療養したといわれています。

『今戸神社沖田総司終焉の地説』は新選組二番隊組長を務めた永倉新八さんが晩年に記した、新選組隊士名簿『同志連名記』において、「浅草今戸の松本良順先生宿にて病死」と記された証言が基になっております。


松本氏が浅草に医学所を移した理由は、当時の浅草一帯を中心に被差別民を支配していた矢野内記(浅草弾左衛門)が、旧幕府勢力を支援していたためであり、松本氏は矢野氏の手配で今戸八幡境内に仮設医学所を設置して負傷兵を移送したといわれています。


ふーむ。
にぽぽとしては、なーんとなくシックリ来ない終焉の地であります。
ここに違いないと感じる時には、鳩尾あたりがキュってなるんですけども、今回はビョーキアンテナに響いてこない感じであります。
圧倒的な女子パワーに、総ちゃんがビビッてしまっているのかも(笑)。

『沖田総司終焉の地』は、はっきりしておらず、実はもう一箇所候補地があるので、いずれそちらにもお散歩してみようと、うら若き女子ワンサカの境内で、小さく拳を握り、決意を固めたのでありました。





さてさて、お散歩の目的を果たして、遅めのお昼ご飯にしようと、浅草寺まで戻り、行ってみたいと思っていたエジプト料理のお店へ向かったら、

     201101浅草1

お休みだった。

ううう・・・(涙)。
こうなったら自棄酒だ!


ということで、行き先変更。
雷門の裏手にある酒屋さん兼酒バー、“酒の大枡”さんへ。

201101浅草2

このお店は、地酒、ワインを中心に、焼酎や世界のビールがそろえてあり、お酒を購入して帰ることももちろん、バーコーナーもあるので、お店のお酒を飲んでみることもできます。
フラッと気軽に入れるし、スタッフの方々は酒師やソムリエが揃っていて、お酒に詳しく、しかも皆さんすごく感じがいいので、にぽぽお気に入りのスポットです。



まずは、前菜三種と山口県のお酒、獺祭(だっさい)をぬるかんで。

201101浅草3

酒は辛口って、そういう単純なことをいっちゃーいけません。
初めて飲んだ獺祭は、キリっとした透明感がありながら、ほんのり上品な甘みが感じられます。
熱くして飲むよりも、常温に近いほうがこのお酒のデリケートな美味しさが味わえる気がします(←あてにならないウンチク)。



ふと、メニューに挟まっていたものを手に取ると、

201101浅草4

ひゃー!!
一ノ蔵は大好きな蔵元でありますが、“ひめぜん”ってどんなお酒なんでしょう。
なかなか飲めない逸品の雰囲気、さっそくオーダいたしました。



     201101浅草5

にぽぽの目の前に運ばれてきたのは、なんと“シャンパングラス”

注がれた液体は、霧の色。

 ♪霧に~だかれてぇ しずぅかに眠る~ 星も~見えないぃ 湖に~ひとりぃ
  ちぎれたぁぁ 愛のぉ 思い出ぇえ さえも~ 映さぬ 水にぃ あふぅれる涙~
                                (By 霧の摩周湖・・・またしても古っ!! ) 

ちなみに、うつっているペットボトルは“仕込み水”といって、新潟の“麒麟山”のお酒造りに使うお水です。
お酒の合間に飲むと悪酔いしないそうですよ(^^


ひめぜんは、といえば。

201101浅草6

口に含めば、なんとも驚きの新発見です。
にごり酒かと思うほどの細かくまろやかな発泡、お酒を覆う泡の、果てしなく優しい感触。
石鹸“茶のしずく”よりもこの泡で顔を洗ったほうが「あきらめないで!!」よさそうだ。

その味はといえば、
んんんーーーーーーーー、難しい。
甘いは甘いのですが、フルーツのようなとか、そういう言葉では足りないです。
例えばですよ、
『世界中の男をたぶらかした稀代の悪女が、たった一人の男を愛する事を知り、聖女に昇華する瞬間に流した涙』
みたいな味(←全く意味不明)。



201101浅草7

追加オーダした“鶏のチーズ焼き”を一つ頬張り、“ひめぜん”をひと含み。


     201101浅草8


グラスを揺らすたびに、晴れたはずの霧がトロリと広がる。
見飽きない、飲み飽きない!!

201101浅草9

かなり調子にのって、お代わり、お代わり!!
帰りの電車では飲みすぎによる爆睡状態でした(^^;



201101浅草10

“酒の大枡”さん、にぽぽが入ってきたのは裏のバー側の入口で、こちらが正面。
お酒好きの皆様、浅草に行ったらぜひ、探してみてね(^▽^)”




結局、飲んだくれ散歩になってしまった気がするけど・・・。
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 東京23区
genre : 地域情報

蟄虫啓戸

ども にぽぽ です=*^-^*=




本日3月6日は、二十四節気でいうところの“啓蟄”です。


さらに二十四節季を5日ずつに分けた七十二候では、

3月6日~ 蟄虫啓戸(すごもりのむし、とをひらく)
3月11日~桃始笑(もも、はじめてさく)
3月16日~菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)
と、いっています。



春ですね~♪

にぽぽの一番好きな季節です。


冬篭りのにぽぽ、戸を開いて、笑いながら、お買い物の蝶となり、ヒラヒラと飛んでまいりました♪
春になると、新しいものを買いたくなりますもんね!


春物ストール。

2011春物1

もうマフラーだと重いでしょ。
今年の新作が、早くもワゴンセールになっていて、むらがる買い物蝶たちに混じって、華麗な戦いを繰り広げてまいりました!
今年はピンクとかブルーとか、彩度の高い綺麗系の色に惹かれます。
なんと、1枚1000円!!

ふ、ふ、ふ~、こたえられまへんなっ!(←なぜか関西弁気分)



ここ数年、アイシャドウやマスカラはブラウン、ルージュはベージュ系だったのですが、今年はやっぱりクールな感じでグレー系シャドウにピンク系のルージュ。

2011春物2

マスカラはボリュームアップタイプで、色は“漆黒”!!

この3品だけで、ストールの合計金額の4倍近いんだけど・・・(^^;
激安ストールに大喜びしたり、高いメイクアップ商品にうっとりしてみたり、乙女の心は複雑なのだ(たとえ、オヤジにぽぽであったとしても)。



1年にひとつ新調するサングラスなんだけど、購入するにはちょっと時期が早いかなぁ~と思いつつ、売り場にいってみた。

にぽぽ「このあたりのものは結構グラスの色が薄いですけど 紫外線カットですよね?」
店 員「全て紫外線99%カットのものです、もっと濃い色のものをお探しですか?」
に  「遠視なのでまぶしがりなんです、色が薄いのだとちょっとねぇ・・・」

店員さんは可視透過率のこととか、ブラウン系よりネイビーの方が目が疲れにくいと説明してくれました。
にぽぽは、専門的にきちんと説明してくれて、プロだなーって思わせてくれる店員さんが好き。



COACHのネイビー色のサングラス。

2011春物3

かけてみると、『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーンのホリーようなシルエット。

♪む~~ん りぃばぁ~ ふーーんふふふふーーーん(←わからなかった!!)


に  「身の程よりちょっと高いけど・・・やっぱりかけた感じは、これが一番いいですよね」

ということで、COACHに決めて、店員さんがサイズを微調整しようとしてくれたら、

店  「あ! 調整しようと思ったのですけど、ピッタリですね!
シンデレラサイズです!!」


素晴らしい接客・・・

ほっ ほれてまうやろ~~~っ!!


去年までのサングラスより、いち万円は高いからね!
これはもう、店員さんに惚れた分の予算アップだわよ、女性だったけど。



去年&おととしの、JILL STUARTのサングラス

2011春物5



ブラウン風味だったにぽぽ

2011春物6



グレー風味のにぽぽ 

2011春物4

ギャ~~~ッ(///△///)

ランコムのカウンターで、しっかりグレーのアイシャドウのせてもらったのに、写真だと色がとんじゃった(汗)





今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 日記
genre : 日記

再訪!!六本木 幕末居酒屋芋侍

ども にぽぽ です=*^-^*=





“その店”は六本木にあります。

201102芋侍1



六本木ミッドタウン近くの通り、

     201102芋侍2



この街に場違いな雰囲気の龍馬さんのポスター(笑)と、見覚えのあるマジックで書かれた“→地下一階”の文字。

     201102芋侍3



1年前におじゃましたことのある、幕末風侍居酒屋“芋侍”です!
(2010年3月3日の日記⇒ 六本木 幕末居酒屋芋侍 )
後日(2015年)追記:芋侍さんは2012年4月28日に閉店しました。

     201102芋侍4

また行きたいと思いつつ、なかなか伺うことができずにおりまして、再訪のきっかけは、店長さんの奥様(HN:侍の妻さん)からブログにコメントをいただいたのでした。
ビックリです。
最初は、「なりすましなかしら・・・」なんて思っていたのですが、本物でした(笑)。

あらかじめ、侍の妻さんにご連絡してからお店に伺ったのですが、お店に入った瞬間に、侍の妻さんをはじめ、店長さん、スタッフのみなさんに「もしかして、にぽぽさん?!」と大歓迎していただき、嬉しいやら恥ずかしいやら。
だって、人見知りだし(爆)、ブログで知り合った方にお会いするのは、初めてだし~(滝汗)。


女将の幾ちゃんは、なんと1年前ににぽぽが来たときの事を覚えていらっしゃって、「確か、あそこに座っていましたよね」って!!スゴイ、スゴすぎる。



お通しは“菊芋”のお煮しめ。

201102芋侍6

“菊芋”は、芋といいながら、でんぷんのホクホクした感じじゃなくて、ショリショリな食感です。
レンコンの歯ざわりに近いかも。
“菊芋”って初めて食べましたが、血圧降下や血糖値改善に効果のあるイヌリンっていう炭水化物の一種が主成分のものすごい注目されている健康食材なんですってねぇ。

肥満も改善されるとか?!
美味しく食べて、ダイエットにもなるなんて、女子にはたまらない食材ではありませんか?!



ビールでお腹がふくれてしまうのがもったいないので、しょっぱなから“赤霧島(焼酎)”♪

201102芋侍5

付け合せは“侍NIPPON 三種珍味盛り”
この日は、クリームチーズの酒盗和え&かに味噌と&ほたるいかごろ干。
飲兵衛には最高の盛り合わせです、幸せっ(≧▽≦)



一人でお邪魔したのですが、スタッフの皆さんが話しかけてくださったり、店長さんも厨房から声をかけてくださったり、あったかいお店なのです(TT)。
スタッフの皆さんが、にぽぽのブログを読んでくださっていて、

「にぽぽさんのところにコメントくださってる方々も、いい方ばかりですね」

そうなんです~、ブロ友さん達は素敵な方ばかりなんです(^▽^)
って、えええ!コメントまでも読んでくれているんですか?!大感激です。



キュウリと酒粕の・・・えーっと何だったっけ??

201102芋侍7

お薦めメニューだったのだけど、名前を忘れてしまった(^^;
キュウリの古漬けと酒粕があえてあって、発酵食品パワーの逸品だった♪
発酵食品好きのにぽぽにはたまらないです。(^-^)

お通しの“菊芋”もそうだけど、芋侍さんでは“酒粕”や“おから”などなど、体にいい食材に注目して薬膳メニューを取り入れているんですって。
にぽぽも、漢方食材のお勉強中でありますから、すごい嬉しいメニューばかりなの♪



“刺盛り”

201102芋侍8

店長さんが自ら築地で仕入れてくるお魚。
抜群のとろけ具合で、お酒もクイクイ進んでしまうのです。

しかーもっ!三種のはずが、店長さんのご好意でなんと五種盛りに!!嬉しすぎるヾ(≧∇≦*)/

カウンターの常連さんも話しかけてくださって、楽しくて飲みすぎ(またしても)。
日本酒まで飲んじゃってますけど~銘柄は何だっけ・・・? 
店長さんの特別セレクトだった気がするんだけど(ダメすぎる)。

201102芋侍10


デザートも出していただいちゃいました♪

201102芋侍9


甘すぎず、サクふわっとして美味しかったなぁ~。
“誠の旗”をたててくれて、嬉しい(^▽^)

居心地よくて、開店からものっすごい長時間、居続けてしまいました(汗)。




第一回目の一人飲みが2月の初め、そして2月の最後にも、お邪魔してしまいました(^^;


だって、お料理も美味しいですよ。
食べたいものが沢山あるんですよ。


この日の口切りは“土方歳三の薬膳健康茶ハイ”

201102芋侍11

よもぎとか柿の葉とか杜仲茶などなどを店長さんがオリジナルでブレンドしたもの。

以前は“店長のブレンド健康茶ハイ”っていう名前だったのですが、土方さんが売り歩いていた“石田散薬”のイメージでネーミング変更。
うん、雰囲気出てます、この名前の方がいいです♪
店長さんが家族に飲ませてきた健康茶を、お客様にも飲んでいただきたいと、出しているんですって。
体にいいものって、美味しくないものも多いけど、不思議なほど美味しいんですねぇ、コレ。
美味しさの秘訣は、店長さんの愛ですね、愛~(*´ェ`*)…♥


お通しは注目健康食材のお豆。
大豆の甘さとピリからの春雨が絶妙バランス、小鉢じゃなくて丼で食べたいぐらい(笑)だったよ。




前回、もっと食べたかった!と思ったリベンジに、食べまくっちゃいました(^m^)


“菜の花と新たまねぎ水菜のごまドレサラダ”

201102芋侍12

HPでチェックして、絶対食べよ~♪と決めていたサラダです。
春の色の黄色を錦糸卵で演出してあって、見た目も綺麗。
しかも、にぽぽのだーい好きな春の味覚の菜の花。
新たまねぎはぜんぜんツンと来なくてシャキシャキ美味しかった~。
お店自慢のごまドレッシングは、贅沢なほどごまが濃厚!ドレッシングが水っぽくないのです、すごくない?
ごまドレッシングって、甘い味が多いけど、このドレッシングは酸味もしっかり感じられるのです。

酸味は、消化促進の唾液分泌を促す、大事な味覚なんですよ d(。ゝд・)



“鯛の煮こごり”

201102芋侍13

プル~ン、プルル~ン♪~(*´∀`*)~~

濃くもなく、薄くも無い絶妙の塩梅、やばすぎる!
これはやっぱり日本酒でしょう!

ということで、土佐のお酒“船中八策”

201102芋侍14

船中八策は、純米酒だけど吟醸っぽい。
超辛口のサラリとした切れ味は、美味しいお料理を邪魔しないです。
純米酒では八海山ファンだったけど、船中八策の方が好みかも♪♪
食べまくりたい今日のにぽぽには、いいセレクトだった、むふ(^m^)



“豚ロースの酒かす味噌漬け”

201102芋侍15

また酒粕ものを頼んでます、酒粕好きなもので(笑)
普通の味噌漬けよりも、酒粕味噌のほうが味がま~るくなるように感じましたよ。
味噌も発酵食品だけど、さらに酒粕の甘さが加わって美味しさパワーアップなのかもなぁ。

いや~、お料理が美味しいと、お酒がスルスル進んでしまって、船中八作をお代わり!
大丈夫か・・・(ちなみに、この日は月曜日 飲兵衛に曜日は関係ないけど。)



“ほうれん草の煮浸し”(?)

201102芋侍16

またまた、店長さんにいただいちゃいました。
貧血のにぽぽには、ほうれん草嬉しいなぁ。

それにしても、どうやったらこんなに綺麗なグリーンになるんだろう?
柚子の黄色とのコントラストが綺麗すぎる。
添えてあるそら豆も、春の味覚!
皮が焦がしてあって・・・えーっと、皮ごと食べていいのよね?
作法がわからないときは、丸ごと食べちゃうっ!

綺麗な物を食べると、キレイになれる気がするよねぇ(^▽^)

いや~ん♪これ以上キレイになったら、どぉ~しよ~(←酔っ払いの戯言だから許してっ)



常連さんにお話し相手になってもらって、「今日は早めに帰ろう」という決心はあっさり崩れ、またしても長っ尻に(汗)



“富乃宝山”オーダしちゃって、豚ガツと牛シビレ!!

201102芋侍17

一本ずつ、我がままなオーダの仕方(^^;



〆にご飯が欲しくて、“卵かけご飯”

201102芋侍18



しかし、よく飲んで食べたなぁ~。
なのに、食べ過ぎたーっていう感じがしなくて、もう一度最初から食べなおしができそうだった。
カラダにいい、美味しいお料理だと、お腹に負担がかからないのかもな~って、帰りの電車の中で爆睡(←またしても飲みすぎによる)しながらウツラウツラ思っていたのでした。


芋侍の皆々様、いつもいつも、あったかく迎えてくれて、ありがとうございます~
(人´∀`).☆.。.:*



お店は、大江戸線六本木駅の7番出口から出たらすぐです。
六本木にお出かけの機会があったら、ぜひ行ってみてね(^^




そして、3月半ばに、芋侍さんで“第1回 新選組女子会”なるものを開催するということで、お誘いいただいちゃいました!
新選組大好き女子が集まり、熱く語り合おう!という趣旨だそうです。

もちろん、にぽぽも参加のお返事いたしました。
いやー、こういうのに参加するのって、初めてなんだけど、ドキドキわくわくだなぁ。
人見知りだからなぁ・・・みなさんとちゃんとお話できるかなぁ(冷汗)



今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

大惨事

こんばんは、にぽぽです。




前回の日記、コメントのお返しが途中になっておりますが、Reコメが途切れているところが、地震の起こった時間です。(2011.03.21コメント追加しました。)

にぽぽは、無事です。


みなさん、大丈夫でしたか?
東北地方のブロ友の皆さん、ご無事でしょうか??


東京の地震自体の被害は、ほとんどありませんでしたが、想定されていた以上に帰宅難民が発生しましたし、JR、私鉄、地下鉄ともに、なかなか復旧せず、交通障害が起こって大変でした。
にぽぽの会社は、帰宅距離によって、災害時の帰宅について、帰宅組み、会社待機組みと区分けされております。
会社から家まで50kmを越えるにぽぽは、会社待機組みになります。




地震発生から、ずーっとニュースをみ続けております。
1万7000人の住民のうち、1万人の安否未定・・・想像を絶する状況ですね。
あまりの事態に、まるで鉛を飲み込んでしまったように、心が重いです。


岩手の宮古は、土方さんが日本初の海戦といわれる、宮古湾海戦に参戦した場所で、実は今年の夏に行こうと計画しており、地図を見ながらあれやこれやと地形を見たり、ルートを考えたりしていたところで、まさに今、すごく心に近く存在していた場所なので、テレビの映像をみるたびに、胃が締め付けられるようです。



まだまだ、被害の全容がつかめていないもよう。
被災した皆様には、心よりお見舞い申し上げるとともに、にぽぽにできることは何かを考えて、実行していきたいと思います。
まずは、募金・・・とかそんなことしか浮かびませんが。


明日から、にぽぽの住んでいるエリアでも、計画停電が実行されるようです。
9:20~13:00
18:20~22:00 が停電時間です。

短時間ずつとはいえ、電気が使えない生活がどんなものになるのか、想像がつきませんが、東北エリアの方々のことを思えば、ガスも、水道も使える環境にいるのですから、文句は言えません。



今日、車のガソリンを入れようと、スタンドに入ったら、ガソリンが売り切れ、時期入荷未定となっておりました。
また、いつも行くパン屋さんでは、食パンの工場が震災エリアにあるとのことで、しばらく入荷せず、工場の最下同時期未定となっておりました。

駅ビルは18:00で閉店しておりました。



東北エリアは、日本の米どころだったり、漁業をまかなっていたりします。
これから先、日本は想像以上に大変な状況になるのかもしれない。


がんばっていきましょう。
心をしっかり、強く持って!!


theme : 日記
genre : 日記

計画停電

こんばんは、にぽぽです。






本日は、計画停電第1日目となりました。
通常通り出勤しつつありましたが、まず、私鉄京王線の自宅最寄り駅で、入場制限が!
それでも、運よく通常時より30分オーバーぐらいで、会社に着くことができました。


途中のターミナル駅である新宿駅も、会社最寄り駅であるJR浜松町駅も、かなり人がすくなかったです。
会社に到着すると、フロアの電気は全て消灯で1日を過ごしました。
出勤率も、2/3程度でした。



電車の運行規制があるので、就業時間を待たず帰る人も。


にぽぽの使う電車も、18:00~22:00まで、八王子行きがなくなるため、1時間半早退で帰宅。
新宿駅に17;00前に到着し、やれやれセーフと思いきや、突然予定が繰り上がり、すでに八王子行きは無くなっておりました!!

東京近郊の電車運行は、かなりめちゃくちゃな状況でした。
明日の状態も、わからないと・・・。




被災地の方々のことを思えば、文句は絶対に言うまいと決めておりますが、被災地の方々を支援するためにも、経済活動を止めることは、あってはならない。
なんとか、節電と経済活動の二つを両立するよう、政府関連各所には調整をがんばっていただきたいと思います。



本日も、ニュースを見て、心を痛める以外、何もできないことにふがいなさを感じるばかり。
そして、被災地の方々の、辛さと悲しみに、誰を攻めることもせず、じっと耐える姿に心を打たれます。



心は被災地の方々と共に。
がんばれ東北!
がんばろう日本!!




ひとまず、宮古に旅行したとしてかかるぐらいの義援金を送りました。
さまざまな支援の形ができつつあります。
何ができるのか、何の役に立てるのか、これからもよく考えて、実行していきたいと思います。




※おわび
投稿延期しようと思っていた、予約投稿の日記がUPされてしまいました。
一旦下書きに戻しております。
コメントいただいた皆様、ごめんなさい。

震災の状況が落ち着きましたら、改めてUPしなおそうと思っております。

theme : 日記
genre : 日記

大地震から1週間

こんばんは、にぽぽです。




大地震から1週間がたちました。



東京電力エリアの節電生活も、ちょっと慣れてきました。
節電生活をしてみれば、なくてもよいなーと思う無駄な電気設備の、なんと多いことか!!


にぽぽの勤務地しているビルは、2Fのエントランスまでエスカレーターを使って、そこから各オフィスフロアにはエレベーターで昇ります。

今は、エスカレーターは止まっており、階段として使っています。
しかし、止まっているエスカレーターというのは、非常に昇りにくいのですよね。
ここ、階段にしておけばよかったんじゃないかと思う日々です(^^;

身しょう者のためには、エレベーターを設置した方がいいのですからね!!
(エレベーターもあるのですが、わかりにくい場所に設置されているんです。)



そして、トイレ。
暖かい便座、ウォシュレット、音姫の機能は止めております。
ジェットタオルも止まっております。
むしろずーっと、止めておいてもいいのじゃないかしら。

空調と照明も止まっておりますが、これはちょっとだけ不便。
パソコンの光だけだと目が疲れます・・・視力低下しなきゃいいけど・・・。
そして、1フロアに何百人もいますので、空調が動いていないとムワムワと熱い・・・窓開かない構造ですからねぇ。
がまんならないほどではありませんけど。





大地震から1週間という時がたって、被災地でも、物資が届きだしたり、道路が通ってきたりと、ほんの少しだけ、ほんの少しですけど支援体制が整ってきたきざしが見えてきました。
被害が甚大すぎて、遅々として作業が進まないように感じるのが、歯がゆいですが、現地での作業は不眠不休で進んでいることでしょう。




にぽぽの勤務している会社は、某長距離通信の会社でございます。
県と県の間を中継する通信設備などを持っておりますが、ここも地震の影響でかなり大規模な被害が出ております。
電話が通じないという原因のひとつでもあると思われますが、西日本エリアの作業員も東日本の故障地区に応援に入り、不眠不休で復旧作業をしているということです。
その分、西日本エリアの工事や新規構築作業の稼動を逼迫させていますが、西日本エリアのお客様も、工事を待っていただいたりという協力をしていただくことになります。



昨日は、仙台にある東北支店の営業さんから、すでに流通している自分のお客様の回線オーダの、内容変更を入れたいのだけど、支店に入れず自宅待機なので、どうしたらいいかと相談の電話がありました。
テレビ電話の会議で、お顔を見たことがあるだけの営業さんでしたが、無事でよかった!!
東京からなんとかしてみますということで、オーダ流通の管理部署に相談し、対応していただきましたけど、支店に入れないぐらいの状況なのに、きちんとお客様をフォローしているなんて、なんてスゴイ!!
日本人って、スゴイ!!
と、かなり感動をしてしまいました。



品薄になっているさまざまな商品を作っているメーカーも、物流業界も、どこがどうなっているという、細かい状況はぜんぜん報道されず、なんとなく不安な気持ちにさせるような報道の仕方はどうかと思いますが、きっと、どの会社もオール日本で通常の状態に戻せるようにがんばっているはずです。


猶予ならない状況が続いている、福島の第一原発も、現地で必死の作業を続けてくれています。
にぽぽは、どうか事故が無事に収まることを祈るしかありません。




被災地のニュースを見れば、心は沈んでしまいますが、被災地の支援は、今だけじゃなく、これから何年も何年もしていかなくてはならない事。
支援する側のにぽぽ達が、疲れてしまってはいけませんよね。


しっかり食べて、寝て、体調を崩したりしないこと。
被災地以外にいるにぽぽ達は、なるべく健康を保ち、ムダに薬を使わないようにしなくては!



そして、冷静に、節電はするにしても、なるべく今までどおりの生活に戻ること。
セ・リーグの今の時点での開幕はどうかと思いますが、あまり自粛自粛で、買い物もせず、旅行もせず、外食もせずにいては、その産業が廃れて、日本がますます元気なくなってしまいます。



なので、次の日記から、いつもの“お散歩日記”に元気を出してに戻りたいと思います!!

theme : 日記
genre : 日記

銀座ぶらぶら 花椿通りのヤブツバキ

ども にぽぽ です=*^-^*=





以前から気になっていたカフェに潜入してきました。
昨年8月に銀座7丁目にOPENした“椿サロン”です。

201102花椿1

北海道にこだわるインテリアデザイナーさんが手がけた札幌にあるお店が、3年間という期間限定で銀座に出現したということ。

ランチタイムでお客様沢山だったので、店内の写真は撮りませんでしたが、壁は和紙、床やテーブルには木が使われていて、あったかみのある雰囲気でした。

目を引くのは中央の一枚ものの大テーブルの上にある照明。
なんと北海道のいろいろな銘柄の牛乳瓶でした。でもオシャレーなの(^▽^)
ちらほらと木彫りのクマのランプシェードもあったりして、さりげなく北海道でした。
(HP⇒ こちら )



メニューも北海道なものが満載です。
ジャガイモピザとカレー、悩みに悩んでカレーをセレクト。


まずはセットのサラダ。

201102花椿2

ランチセットのサラダって、なんだかなー・・・というものが多いけども、ここのサラダはセットと思えないぐらいのボリュームと味でした。
ドレッシングはお店オリジナルで、玉ねぎがしっかり効いていて美味しかった♪



看板メニューの一つである“フライパンカレー”

201102花椿3

テーブルでカレーをジュ~ッとかけてくれます。
具が少ないんじゃないかしら・・・と思ってしまいましたが、半日がかりで煮込んであるカレーは、たっぷりの野菜がとろけている深みのある味で、これまた美味しかった!



201102花椿4

チーズがかかっているハンバーグに見えるこの固まりは十六穀米を使ったおにぎりです。

中に福神漬けが入っていて、いいアクセントになっております。

201102花椿5



ランチだけでかーなーりー満足だったのですが、せっかく来たかので、Sweetsもオーダしちゃいました。


これまた気になっていた“北海道ホットケーキ”

201102花椿6

北海道の小麦粉に白樺樹液をまぜて作ってあるそうです。
江戸切子のショットグラスの中には、“銀座はちみつプロジェクト”のはちみつを練りこんである北海道産のバター。
これぞ、北海道と銀座の幸せなマリアージュですよねぇ~(>M<)


ところで、白樺樹液ってなーに?と思って、ホットケーキとあわせて注文したのが、
“白樺樹液のコーヒー”

     201102花椿7

水を一切使わず、白樺樹液だけでドリップしたコーヒーなんです。

写真の真ん中のシャンパングラスに入っているのが白樺樹液、まず樹液だけを飲ませていただいたところ、ほんのりあまーーーーいっ!!
だからコーヒーも、お砂糖を入れなくても、スッキリほんのり甘いのです。

これはお砂糖入れないで飲まないと!!
白樺樹液は、4月の一ヶ月間しか採れないものなんですって。

夜のメニューもぜひ食べに来たいと思う、美味しいお店でした(^▽^)




さて、本日は椿つながりで、もう少し銀座をぶらぶらしてみようと思います。
銀座7丁目と8丁目の境の、資生堂パーラー(東京銀座資生堂ビル)横の通りは“花椿通り”といいます。

     201102花椿8



徳川家康の江戸開府に伴う町づくりに、諸藩の大名が普請に駆り出されましたが、この辺り一帯は出雲の松江藩が担当。
そのため、江戸時代から昭和5(1930)年まで、「出雲町」と呼ばれておりました。
昭和10年ごろには、この通りにツバキが植えられ、「出雲椿」と呼んでいたものが、いつの頃からかこの通りは「花椿通り」という愛称で呼ばれるようになったそうです。

現在、この通りには主に“ハナミズキ”が植えられておりますが、数本だけ出雲椿(ヤブツバキ)が植えられています。
これは、平成5(1993)年の“花椿通り”改修の際、出雲市から銀座花椿通り会に贈られたものだそうです。。

     201102花椿10



明治5(1872)年に、日本初の調剤薬局としてこの地に創業した資生堂は、その後化粧品に乗り出し、カメリア(花椿)を社章としました。

201102花椿11



昭和初めの不況の時、新製品の売り出しに当たり、商売繁盛の願いを込め、地縁のある出雲大社のお札を客に配布したところ、製品の販売は好調だったので、以来、毎年同社トップはじめ幹部が出雲大社への参拝を欠かさないそうです。

     201102花椿12

松江藩からのつながりが、現在も続いているなんて、お江戸好きのにぽぽにはたまらないお話しです(^^



資生堂前の中央通を渡り、“花椿通り”を昭和通り(国道15号)に向う角の建物。

     201102花椿13



ここは、三輪明宏さんもステージに立っていた日本発のシャンソン喫茶店“銀巴里”があった場所です。

     201102花椿14

シャンソンに馴染みはないにぽぽですが、三輪さんをはじめ、三島由紀夫さん、寺山修司さん、吉行淳之介さん、戸川昌子さんなどなどが集い演出に尽力したという、その世界に触れてみたかった気がします。




     201102花椿16

通り沿いには椿を手にした乙女の像などもあったりして、やがて昭和通りに突き当たります。

     201102花椿17

昭和通りにかかる歩道橋のたもとには、お江戸の名残が残されております。



間知石(けんちいち)と切り石

201102花椿18

四角錘のものが間知石、板状のものが切り石で、大名屋敷の排水施設につかわれていたものだそうです。



手水鉢

201102花椿19

龍野藩(兵庫県)脇坂家上屋敷内にあった祠の参道から出土したものだそうです。



建物の礎石

     201102花椿20

丸い礎石は、仙台藩(宮崎県)伊達家上屋敷の土台として使われていたものです。
礎石の大きさはかなりのもの、お屋敷の規模もそうとう大きかったのだろうと想像できます。



建物の礎石

201102花椿21

こちらも礎石ですが、柱の土台として使われたもので、正方形の穴は、柱を固定するためのほぞ穴だそうです。



これらはすべて、汐留遺跡からの出土品なのですが、実はこの場所は汐留め再開発地区のすぐ近くなのです。
赤穂浪士引き上げルートで、以前に歩いた歩道橋も、すぐ近くに見えます
(2010年12月12日の日記⇒ 築地から泉岳寺 赤穂浪士引き上げルートを歩く! その1)。

201102花椿22



昭和通りを海岸通りまで進み、日本郵便局銀座支店のあたり。

     201102花椿23

この先さらに進んでいくと浜離宮(2009年3月18日の日記⇒ 浜離宮 将軍家の庭園 )になりますが、なんとここに唐突に踏み切りが残されているのです。

     201102花椿24

この工事中の囲いが続いている道は、汐留貨物駅から築地市場に引き込まれた線路だったのです。
貨物輸送の主力が鉄道だった頃の最盛期には、1日150両もの貨物車が通過したそうですよ。
踏み切りの正式名称は“浜離宮前踏切”で、鉄道は昭和62(1987)年に閉鎖されました。


と、いうことで、今回は花椿通りを中心に、銀座の7丁目から8丁目をぶらぶらしてみました。



お土産は資生堂パーラーの“花椿ビスケット”

201102花椿25

昭和初期に登場したロングセラーのビスケットは、24枚入りの白缶と、48枚入りの金缶がありますが、にぽぽが購入したのは期間限定発売の24枚入り銀缶!

あいかわらず期間限定に弱い。


パカっとあけると、濃厚なバターの香り。

201102花椿26

厚みのあるビスケットは、香ばしい焼き上がりで、ボリリっとしっかりした歯ごたえがあります。
懐かしくてやさしい甘さのビスケットは、「やわらかくて甘ければ美味い」っていう現在の風潮を、ちょっと反省させられてしまう、丁寧な美味しさを伝えてくれている気がしました。





今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
地震前に予約投稿していて、一旦下書きに戻していた日記を、再UPしました。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 東京23区
genre : 地域情報

掴もうぜ Dragon Ball!!

ども にぽぽ です=*^-^*=




こんなタイトルにすると「おらゴクウ!」が好きな人が、たくさんたどり着いちゃうかも。
本日は、いつものビョーキ(歴史オタク&新選組オタク)とは一味違う、スピリチュアル的というか、“ちょっと病んでる(?)”系の日記なのですが(^^;

スピリチュアル好きの女子のことを、最近スピ女っていうらしいですね、そういえば。



お散歩をしていると、「ここはちょっと、いやな感じがするな」とか、「ちょっと怖い」という場所があると、たびたび書いてきましたが、先日、田安徳川家の第十一代当主の徳川宗英さん著の『徳川家の江戸東京歴史散歩』を読んでいたところ、「歩いていて、なんとなく怖い道というのがある。」と書いてあって、徳川宗英さんにとっては、半蔵門ちかくにあるイギリス大使館脇を番町のほうねおりていく細い坂道がそれだそうで、にぽぽだけじゃないんだなぁと思ったのでした。

反対に、初めて来たのに懐かしい感じがするとか、すごく居心地がいいという場所もある訳です。




にぽぽにとって居心地よく、呼吸さえも楽になる場所のキーワードは、“森と水”だなと気付いたのですが、実は、最近“龍”がですね・・・・なんかすごーく怪しい事言いますけど、“龍”が気になって気になって仕方なかったのです。

突然に、龍が頭に浮かんで消えないわけです。
それで、龍についていろいろ調べていたらば、にぽぽにとって居心地のよい場所というのは全て“龍”に関連する場所だったことが判明。



例えば、京都の“貴船”

15.奥宮

     31.水

(2009年8月25日の日記⇒ 京都 貴船は緑なる水の杜 より )



神奈川の“江ノ島”

2.江ノ島

(2009年3月28日の日記⇒ 湘南 江ノ島探検(前編) より )


お散歩した時は、“龍”を意識していた訳じゃーないのですけど。



よく出没するお気に入りの癒されスポット、吉祥寺の“井の頭公園”、府中の“大国魂神社”、日野の“高幡不動尊”も、すべて龍でつながっていたのです。


井の頭公園で、過去の日記でも「特に好きな場所」と言っている弁財天の辺り。

     4.弁天様

5.狛犬

(2008年12月25日の日記⇒ メリークリスマス! より )


江ノ島もそうですけども、弁財天の化身は白龍なんだそうですね。白ヘビという場合もありますが。



府中の大国魂神社では、必ずお水をいただく“水神社”があります。

     水神社

(2008年7月21日の日記⇒ 府中 大國魂神社のすもも祭り より )



水神社といえば、龍神様ですが、ここの水脈は江ノ島とつながっていると言われていて、それはどうかなーと思いつつ、座標を比べてみると、大国魂神社(北緯35度40分3秒、東経139度28分44秒)、対して江ノ島(北緯35度18分0秒、東経139度28分40秒)でほぼ同一経度上にあることが解かりました!!

東経139度



最後は、愛しい土方さんの菩提寺として、やたらと登場する“高幡不動尊”

4.土方歳三像


真言宗のお寺ですから、ご本尊は大日如来とその化身のお不動さんで、龍は関係ないはずと思ったらば!
やはり過去の日記で「一番好き」といっている大日堂の中には、そういえば“鳴き龍”があったのでした!!
高幡不動尊に行くたびに龍を鳴らしているのに、すっかり忘れておりました(汗)

13.大日堂

(2009年3月16日の日記⇒ 高幡不動 定期挨拶 より )



龍について、つらつらと調べていた日、いつもお邪魔している天然石のお店のブログを見に行ったら、紹介されていたのが四神(青龍・百虎・朱雀・玄武)”のストラップ(彩石屋~スタッフブログ~⇒ かっこいいストラップ☆ )で、その頃読んでいた小説で、佐伯泰英著『姥捨ノ郷』と、和田はつ子著『魔神』にも龍神にまつわる場所が出てきたり、いろいろ重なってちょっとビックリでした。


干支とか占いでも、にぽぽには龍がついてくるし、なんとなく龍神様が守ってくれてるのかもっていう気になってきて、水晶の青龍でブレスレットを作ってしまいました(^^;

ピンクトルマリン三連

今年のブレスを作ったばかりなのに~。



龍を身につけてる女って、かなりキチャッテル気がするけど。

龍のブレス

全体はミルキークォーツと虹色に光るレインボー水晶で組んで、青龍の対極に、ちょっと大き目の水晶。
アクセントに水の石であるアクアマリンとミルキーアメジストを入れました。

あっという間に石を並べ終わったので、彩石屋のスタッフさんも驚いていましたけど、にぽぽの頭の中はずーっと龍だったから、勝手に手が動いたっていう感覚だったのです。
キテマス、キテマス。


龍神様が守ってくれてるんじゃ、この先も雨女なんだろうな。




次回は、やっぱり龍つながりで、気になっていた“あの場所”に、日帰りで行ってきちゃったの巻です。
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


本日の日記に登場した本

徳川家の江戸東京歴史散歩 (文春文庫)徳川家の江戸東京歴史散歩 (文春文庫)
(2010/11/10)
徳川 宗英

商品詳細を見る


姥捨ノ郷-居眠り磐音江戸双紙(35) (双葉文庫)姥捨ノ郷-居眠り磐音江戸双紙(35) (双葉文庫)
(2011/01/12)
佐伯 泰英

商品詳細を見る


魔神(まがみ) (ハルキ・ホラー文庫)魔神(まがみ) (ハルキ・ホラー文庫)
(2003/07)
和田 はつ子

商品詳細を見る

theme : なんとなく書きたいこと。。
genre : 日記

最近の記事

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。