04
1
2
3
4
5
7
8
9
11
13
15
17
19
20
22
24
25
26
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら 霞みか雲か

ども にぽぽ です=*^-^*=




年度末と年始で、めずらしくお仕事がばたついており、帰宅しても落ち着いてPCを開けない日々でした。
ブロ友さんのところへお邪魔するのも、なかなかコメント残せずでスイマセンでした(^^;
ぼちぼちと再開いたします、またよろしくお願いします♪



ところで、
日本列島、桜の話題であふれておりますねぇ。


にぽぽの住む東京はといえば、先週末が満開だったらしいです。
にぽぽもお花見散歩としゃれ込む予定だったのですが、日頃の行いの悪さに加えて雨女力最大発揮してしまいました。
どよよよーーーん曇り、そして雨。


朝起きて、部屋のカーテンを開けた瞬間に外出する気が失せたのでした。
どうも、桜とは相性が悪いのか。
毎年、桜の写真を綺麗に撮れた事がありません。


にぽぽの家のすぐ近くの山に大きな桜の木があります。

P4080694.jpg


この木の他にも、あちら、こちらにぽつぽつと桜の木が。
この季節になると、ああ、そういえば桜の木があったんだなって毎年毎年、同じ事を思出だすのです。


花曇り。
花冷え。


桜の木の下には死体が埋っているとか。
そんなオドロオドロしい物語が綴られるのも桜ですね。

あっけらかんとした美しさではなく、どちらかというと、魔力的な捉えられ方をされる事が多いかも。




そんな桜には、ペールグレーの曇り空も似合うような気もします。

P4080696.jpg

なんていうのは、負け惜しみです!!

ああ~(><)”
青空と桜の下でお弁当食べながら、酔っ払いながら、お花見したかったなぁ。
仕方ないので、お家で花見弁当を貪り食うのでありました。

P4090698.jpg

季節限定の、桜のおこわは美味しかった(^▽^)




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

伊勢 おはらい町で食べまくり買いまくり その1

ども にぽぽ です=*^-^*=




伊勢に舞い戻って日記のUPです♪

伊勢神宮の内宮の宇治橋から五十鈴川に沿って、お伊勢さん特有の切妻・入母・妻入り様式の街並みが約800mほど続いています。
この通りは“おはらい町”と言われ、たくさんのお土産屋さんや飲食店が建ち並んでいます。

P3240632.jpg



参拝を終えて“おはらい町”を歩くと、どのお店も楽しそうで、ものすごいおのぼりさんチックにきょろきょろ、視線も定まりません。

あの参拝の清らかな心持ちはどこにやら?
ひたすら物欲と食欲に駆られるにぽぽの行動をご覧下さいませ。



P3240638.jpg

“おはらい町”の一角に江戸期の面影を再現した“おかげ横丁”があり、ここに江戸時代に庶民の間で流行した「おかげ参り」が体験できる“お伊勢参り歴史館”があります。

にぽぽといえばお江戸という事は忘れておりません。
まずは見学!



P3240648.jpg

お伊勢さんの近くの商家や民家はお伊勢参りの人々におにぎりを差し入れたり、お茶を差し入れたり、手厚くもてなしたそうです。
こういうのを“施行”と言いますが、“施行”することによって、神様からのご加護が還ってくると考えられていたそうです。


P3240644.jpg

「おかげ参り」は、江戸の大店の丁稚さんが、ある日とつぜん身一つで伊勢に向かっても、この“施行”によって無事伊勢参りができたと言います。
そして、その丁稚さんを店の主人は咎めてはいけないのだそうで、伊勢から帰ってきた丁稚さんはまた、何事もなかったようにお店に勤めるという話しです。

無断で何ヶ月も旅に出てた社員ですよ、今なら解雇されちゃいますよね!
のどかというか、大らかというか。



P3240643.jpg

江戸時代から現代へ!

P3240639.jpg



この辺りのいろいろある名物のうち、お昼に食べようと決めていたものは“てこね寿し”。

P3240681.jpg

“すし久”というお店は天保年間(1830~1843)の創業で、その当時から同じ場所にお店を出しているそうです。
たしか☆青☆さんが伊勢旅行した時に“すし久”でお昼を食べてましたね。(☆青☆さんのブログ⇒ タイ人との伊勢志摩ツアー(3) )
すし久も魅力的だったのですが、、欲張りな“てこね寿し”のメニューがあるということで、やってきたのは“海老丸”

P3240673.jpg

漁師の持ち船の名前を屋号にしているということで、回漕問屋をイメージした間口の広い建物です。
漁師料理が楽しめるということですよ♪



注文したのはこちらの“旬の三色てこねセット”

P3240633.jpg

てこね寿しの種類は季節によって変わるそうです。


大アサリも頼んじゃいました(^^

P3240636.jpg

おいしい物でお腹ポンポコになるって幸せ~。
ああ、人生って素晴らしい(笑)



次の欲望、物欲を満たしに、お土産を買いまくり!

     P3240669.jpg



有名すぎる“赤福”

P3240665.jpg

ものすごい行列してました。
去年のシルバーウィークにイノぶたさんが朝の5時頃に赤福食べてましたね、そうえいば。
その時間はがらがらだったみたいだけど、そりゃそうだろうね(笑)(イノぶたちんのブログ⇒ S.W.~ 1 ~ 久々の対面!! )



ふらふらしてると、お茶の葉が蒸されるいい~香りがしてきました。
香りの先に顔を向けると、お茶の詰め放題だって。

P3240668.jpg

詰め放題にされているお茶を試飲させていただき・・・うーん♪
お家でガブガブ飲むには十分です!一缶1000円也!


おネーさんに「たくさん詰めて~!」とお願いすると、

P3240641.jpg

すっごーーーい!
中蓋はお茶っ葉に乗ってるだけ。
この状態で外蓋をして無理やりテープで止める!すごい技(笑)

「開けるときにボハッツってなるから大きめの紙を敷いて開けてね」って言われました。
後日談、お家で蓋を開けたら、案の定ボハッツ!となってお茶っ葉が飛び散ってしまった~(><)



こちらは小西萬金丹本舗という薬屋さんで、延宝4(1676)年ここに創業!

     P3240663.jpg

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹」という俗謡でも親しまれてきた萬金丹。
なんと600年の歴史を持つ伊勢の伝統薬だそうですが、残念ながら今は医薬品としての製造はされていないそうです。

伊勢には全国から人も物も集まってきたのだそうです。
この薬屋さんにも信州の“百草丸”が売られていました。

去年の春に信州旅行したときに出会った百草丸(2009年5月31日の日記⇒ 日野百草丸 )
にぽぽは、ほんと~にお世話になっております、食べすぎ飲み過ぎで・・・(^^;



杉玉がかかっている小さな造り酒屋さんがあったり、

P3240679.jpg

可愛らしい雑貨が軒下に並んでいたり。

P3240683.jpg

そんなに広くない“おはらい町”と“おかげ横丁”なのですが、何往復しても飽きません。



こちらは五十鈴川カフェ。

P3240653.jpg



P3240652.jpg

コーヒーの美味しいお店です。
セットにしていただいたのは、人気の“和三盆ロールケーキ”




P3240651.jpg

五十鈴川カフェからは、その名の通り、どの席からも五十鈴川が見えます。
ゆったりした川の流れを見ながら飲むコーヒーは贅沢この上なし。

一休みして、まだまだ食べまくり、買いまくります!




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 旅日記
genre : 旅行

伊勢 おはらい町で食べまくり買いまくり その2

ども にぽぽ です=*^-^*=




P3240651.jpg

コーヒーで一息ついて、またまたそぞろ歩きに戻ります!



P3240682.jpg

だんだんバスの時間も迫ってきてるし、お土産の買い忘れはないかな~。

P3240671.jpg



会社の同僚へのお土産は、質より量のお菓子にしよう(笑)

     P3240677.jpg



牛肉に拘って豚は捨てたというお店の名前は“豚捨”

P3240674.jpg

牛丼、牛鍋を食べることができますが、コロッケが美味しいと大評判!
食べ忘れにも注意!

P3240676.jpg

ミンチカツを購入♪
カリッジュワ~っと思わず笑いのでる美味しさでした。



お家用にひものでも・・・

P3240684.jpg

ここもやっぱり注連飾り。
地域性が感じられるのが、旅をしていてなにより楽しいことろです。



P3240662.jpg

かわいい器には目がありませんが、もはや器は売るほどあるので、見るだけ・・・。




P3240658.jpg

おおお!
そうだった。

伊勢はこの時期牡蠣だって美味しいのですよね~。
鳥羽まで出れば牡蠣のおいしいお店もわんさわんさあったんでしょうが、今回時間不足で行けなかった!


P3240657.jpg

焼いてるねー、焼いてるねー!
ちょっと小振りだけど岩牡蠣だ♪

P3240661.jpg

さぁ、これで食べ収め!!
もう思い残すことはない(笑)



たくさん買いこんだお土産の中で感動のものを一つご紹介です。
“くつろぎや”さんはお香を扱っているお店です。

     P3240667.jpg

お香といえば京都という感じがしますが、平安の時代から天皇に代わり皇族の女性が斉王として伊勢に仕えてきたのです。
源氏物語でも、六条御息所が斉王に選ばれた娘に同行して伊勢に下ることを決め、それが光源氏との別れとして描かれています。
と、いうことで、斉王が京の都と同じ生活をしていたことから、伊勢にも香りの文化が伝えられたそうです。


“くつろぎや”さんのお香は、ほとんど天然香料で作られています。
人工香料を使っているお香は、香りがきつくて気持ちが悪くなってしまうこともありますが、天然香料だと、そういう事はありません。
なんか、お店の人みたいだけど(笑)


P3250691.jpg

お香立ても“くつろぎや”さんで購入してきましたが、この写真のお香はすでに焚き終ってる状態です!
いい材料でしっかり作られているお香は焚き終わっても灰がバラバラしないのですね。

最近、ものすごくお香に凝っているのです。
日記から香りがたたなくて残念。



     DSCN8673.jpg

たった一泊をながながと引っ張ってUPしてきた伊勢旅行、これにておしまい♪




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 旅日記
genre : 旅行

秋葉原 おたぬき様のおやしろの黄色い桜

ども にぽぽ です=*^-^*=




萌━━━━ハァ(* ´Д`)ハァ━━━━ぇ↑↑

DSCN8632.jpg


この萌え萌えな広告のある駅といえば、たやすく想像できると思うのですが。
4月11日の日曜日、にぽぽは秋葉原に出かけてきました。

DSCN8630.jpg

桜はずいぶん散ってきておりますが、改札をでたところに八重桜がポンッとまん丸に咲いております。

DSCN8627.jpg

この様子なら、にぽぽの目当ても期待できます、むふふふふ。
さあ!お散歩開始とまいりましょう!



駅のすぐ近く、ビルの谷間の細い路地を入りますと・・・

     DSCN8625.jpg


視界が開けて神田川です!

DSCN8622.jpg

御茶ノ水を経由してこの先墨田川に交じる流れは江戸時代と同じです。

神田川の向い岸に神社が見えます。
にぽぽの目的地です。
コスプレしに秋葉原にやってきた訳ではないのです、オタク違い。



DSCN8587.jpg

ここは“柳森神社”といいまして、小さい神社ですがその歴史はとても古いのです。
長禄2(1458)年に太田道灌が江戸城に鬼門除けとして多くの柳の木を植えた際に江戸の鎮守として京都伏見稲荷より勧請し祀られたものだそうです。

もともとは神田川の対岸にあったそうですが、万治2年の築堤の際に今の場所に奉遷したそうです。
ここも、以前に行った谷保天満宮のように、正面に接している柳原通りから階段を下がっていくようになっています。
古地図によると、柳森神社は、当時川沿いにあった“柳原土手”より川寄りにあったので、今の柳原通りが土手にあたる位置関係っていうことなのかな?



ここの境内に、すごい立派な黄色い桜があるのです!!

DSCN8592.jpg

都内ではここだけと境内の説明書きがありましたが、にぽぽの日記では去年、共立女子大学の脇にあるということをご紹介いたしました(2009年4月10日の日記⇒ 神田神保町に咲く うす緑色の桜 )
そのコメントで黄色い桜の名は“御衣黄桜”だと教えていただいたのでした。
もともと緑色とか白のお花が好きなので、御衣黄桜はにぽぽのお気に入りの桜です。



DSCN8619.jpg

共立女子大学の樹はまだ細かったですが、ここのは歴史を感じる幹と花つき。
今年は冷え込んだりしたので、見頃はいつかなーって思っていましたがちょうどよかったみたい!
見事に満開でした、嬉しい!

質より量で、シャッター押しまくってきましたよ。

DSCN8602.jpg

DSCN8596.jpg

DSCN8605.jpg

DSCN8604.jpg



この神社、歴史が古いだけあって、いろいろ合祀されています。

DSCN8610.jpg



本殿前にある小さな祠。

     DSCN8615.jpg

こちらは“福寿社”といい5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院によって江戸城内に“福寿いなり”と称して創建されたものです。
桂昌院は京都堀川で生まれた八百屋の娘でしたが、春日局に見込まれて3代将軍家光の側室となり、5代将軍の生母となった・・・というあたりは、フジテレビ系で放送していたドラマ『大奥』でもやってましたっけ。

大奥の御女中衆は“他を抜いて(たぬき)玉の輿に乗った桂昌院の幸運にあやかりたいと、こぞってお狸様を崇拝したのだそうです。

ダジャレかよっ!

いやいや、当時の女子達は大真面目だったのでしょう。
江戸城内からいくつかの旗本屋敷に祠を移し祭祀された後、明治2年に柳森神社に合祀されたのだそうです。



DSCN8614.jpg

いなりといいながら、普通は狐さんがいる位置にはお腹ぽっこりの狸さんがいらしゃる。
このお腹になんとなく親近感・・・(爆)



千代田区指定有形民俗文化財の“力石群”なんていうのもあります。

DSCN8608.jpg

“力石”というのは一定重量の円形や楕円形の大小の石で、若者達が力試しに用いたものだと記録されています。
この境内にある“力石”は大正年間(1912~1926年)に神田徳三こと飯田徳三という人とその一派が遣っていたものの一部だそうです。
“力石”での力自慢は江戸の娯楽として楽しまれていたようです。




御衣黄桜は、咲き始め緑のつよい黄色ですが、だんだんに中心から桜色にそまってやがて散っていきます。

DSCN8597.jpg


ちなみにこの柳森神社、坂本龍馬もたまに稽古に来ていたという北辰一刀流の道場“玄武館”のすぐ近くだったのです。
もしかして、龍馬もこの御衣黄桜を見たかな?

柳森神社地図
(地図はクリックするとちょっと大きくなります。)


次はお昼ご飯を食べに行きます、続く~!




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 東京23区
genre : 地域情報

御徒町 ブタさんとパンダさん

ども にぽぽ です=*^-^*=




DSCN8597.jpg

御衣黄桜を見て心を満たした後はお腹を満たしましょう。


JRで一駅、“御徒町”にやってきました。

DSCN8633.jpg

江戸時代、このあたりは江戸城や将軍の護衛を行う下級武士の御徒が多く住んでいたことからこの地名がつきましたが、1964年に地名が改称され、、台東区台東、東上野となり、“御徒町”は駅名にのみ残っています。
今は“アメ横”があるところと言ったほうがわかりやすいかな?



アメ横の一本先の横丁を入ります。

DSCN8639.jpg



にぽぽの目当てのお店、“蓬莱屋”さんです。

DSCN8638.jpg

質屋さんのようなたたずまいですが、大正3(1914)年創業の老舗のとんかつ屋さんです。
当初は屋台で営業していたそうですが、昭和3年に現在の場所に店を構えたそうです。

このエリアにある3大とんかつ屋の一つで、ヒレカツの元祖なんですって。
ちなみに他2つは“ぽん多本家”と“双葉”というお店です。

カウンター9席とあとは2階のお座敷。
お願いしたのはもちろん“ヒレカツ定食”で、オーダすると1本まるまるのヒレの塊にパン粉をキュキュっとつけ、まず高温の油のお鍋にお肉投入、ジューーーッが落ち着いたところで低温のお鍋に移してじっくりと揚げる。




キャベツが盛られて出てきたヒレカツの衣はキツネ色というよりタヌキ色(笑)

DSCN8635.jpg

といって焦げている訳ではないのが絶妙です。

直径5cmぐらいはあるかというヒレですから、このぐらいじっくり揚げても真ん中はうすーーくピンク色が残っているような感じでした。

肉は脂身があった方が好みですが、さっぱりしたヒレもがっつり食べ応えがあっていいかも。
もちろん、しっかり完食しました。




蓬莱屋さんの裏手(というか蓬莱屋さんが裏手なんだけど)にある、土方さんが奉公していた松阪屋でトイレ拝借。

DSCN8642.jpg


どこの土方さん?なんて寝ぼけたこと言わないように。
新選組鬼の副長、土方歳三さんに決まっておりましょうが!
土方さん小ネタちょいちょい挿入(笑)

DSCN8641.jpg



松阪屋のマスコット、『さくらパンダ』のグッズも新学期を狙ったラインナップがアピールされていました。

DSCN8640.jpg

『さくらパンダ』は上野にある百貨店をイメージしてもらおうということで、上野・・・上野と考えた結果浮かんだ“上野の桜”と“上野動物園のパンダ”を合体させたんだそうですよ。
にぽぽはずーっとなんでパンダが桜なんだろうって思っていましたが、言われてみればなるほど、納得。
っていうか、言われなくちゃわからない(^^;

かわいかったので、一匹連れて帰ってきました。

DSCN8674.jpg


松阪屋は2007年に大丸と経営統合したんですよねぇ~。
土方さんが奉公した松阪屋と、新選組が京でダンダラの羽織を作った大丸が統合♪
偶然とはいえ、なんか土方さんチックな縁を感じるわぁ(普通は感じないと思うけど)。


ゆるゆるなお散歩、もうちょっと続きます。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 東京23区
genre : 地域情報

上野 お江戸の名残と春の名残

ども にぽぽ です=*^-^*=



松阪屋を背にしてまっすぐの通りを見ると、すごく高ーーい樹が見えて、なんだろうと地図を確認すると、それは湯島天神だったのでした。

DSCN8643.jpg

湯島は湯島でお散歩した(2009.年1月19日の日記⇒ 冬の梅を探して湯島 )んですけど、御徒町からこんなまっすぐ湯島天神の男坂が見えとはなぁ~。
実際に歩いてみると位置関係がよく分かりますね。



今度は北を向いてみますと、突き当たりは上野不忍池。

DSCN8644.jpg

この通り、江戸時代から広く道幅を取っていて、“広小路”と呼ばれていました。
木造建築密集地帯で火事が多かった江戸の町では、こんなふうな“広小路”を作って火を食い止める工夫をしていたのです。



お相撲さんと遭遇!

DSCN8648.jpg

この辺りは寄席も多いし、江戸文化の名残がたくさんありますよ。




こちらは延宝3(1675)年に創業したお店“酒悦(しゅえつ)”さん。

DSCN8646.jpg

初代“野田清右衛門”さんは伊勢山田の出身で、延宝3年といえば関ヶ原の合戦が終って75年なんですが、その当時に江戸に出て店を構えたそうです。
最初は海産物を商っていたそうですが、そのうち“うに”“このわた”などの珍味類や“のり”“香煎”も扱うようになり、東叡山(上野寛永寺のこと)輪王寺の御門跡であった白川宮が「酒が悦ぶほど美味い」と高く評価して“酒悦”と名づけたとか。

十五代野田清右衛門がいろいろ工夫をして“のり佃煮”と“福神漬”を発明したそうです。
“のり佃煮”は明治維新前、“福神漬”は明治10年頃の発明だそうです。

このお店では春らしいお漬物をお土産に購入しました(^^




上野のお土産によさげなものがあるという情報を入手したのでそのお店を探しています。
この路地かな~・・・

DSCN8649.jpg


飲み屋街っぽいけど、この通りに間違いないかな~・・・・。

DSCN8654.jpg



少々心細く歩いていくと、ありました!!
守田治兵衛商店♪

DSCN8653.jpg


現在の大阪府である摂津国の出身の初代守田治兵衛さんが延宝8(1680)年に江戸に出てきて“貞松堂”という薬舗を開いたのが始まりです。
このお店では文久2(1862)年に九代目治兵衛が販売を開始した“宝丹”という薬があるのですが・・・


DSCN8650.jpg


休みーーーーっ!!

がっくり・・・残念。

文久2年頃に江戸では悪疫が流行し、特にコレラが大流行!
昨年末のTBSドラマ『仁』で見たシーンを思い出される方も多いのでは?
そんな時代、コレラの治療薬というより予防薬として重宝された万能薬なのです。

現在は厚生省の薬効再評価で、龍脳、寧朱、ヨクイニンなどが除外され、効能も胃もたれ、はきけ胸やけ、飲みすぎ、食べすぎ、嘔吐に絞っているそうです。

一風変わった江戸土産、人に差し上げるのもよいかと思います(^^




散る花や 水に流れて 春の往く   にぽぽ

DSCN8658.jpg

不忍池の桜も随分散っておりました。



晩御飯は、酒悦で買った春キャベツのお漬物(^^

DSCN8676.jpg

京都に行ったお土産で、同じような春キャベツのお漬物を購入してきましたが、やっぱりお江戸のもの方が塩気がはっきりしてましたよ。
どちらもその地なりの味で美味しいけど♪




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 東京23区
genre : 地域情報

若ちゃん 大いに彷徨う

ども 若 ですU^ェ^U




P4220027.jpg



先日の日曜日、久しぶりに晴れましたね。
お日様ダイスキらしいにぽネーちゃんは、お天気だとすぐにボクのクッションも干してしまうんですよ。
オイラはちょっとクチャイぐらいがちょうどいいのに!!



しかも、オイラの友達を床にほっぽったままだしっ(><)

P4220015.jpg



まったく雑なんだよなー。

P4220014.jpg



P4220023.jpg

うろうろ・・・・

P4220024.jpg

うろうろうろ・・・


なんか、クッションないとどこにいたらいいのか、落ち着かないんだけど!!

P4220021.jpg

P4220017.jpg

(わーーっ!若ちゃん近すぎっ!! byにぽぽ)



そうだっ!!

P4220022.jpg

にぽネーちゃんはアテにならないから、こういうときの頼みのツナはママだな♪



ママーっ!!

P4220026.jpg

外に干したクッション入れてよーーっ!!


なんて感じのダラダラした休日だったのでした。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : わんことの生活
genre : ペット

ビタミンカラーとブルーときどきピンク

ども にぽぽ です=*^-^*=




先日、渋谷にある野菜のお料理中心のお店に行ってきたのです。
お店も、“やさい屋 七菜(⇒ HPはこちら )"って、ずばりそのままの名前なんですけど♪
※後日(2015年)追記 “やさい屋 七菜”は閉店しております。

P4170001.jpg

お通しからして、朝採りの新鮮で美味しい野菜!
サービスのシャンパンで乾杯!

なんだか、久々のステキ女子テイスト(^^



どのメニューもヘルシーで美味しで、オサレで。
女子飲みにはピッタリのお店でした。



同行した友人と、なんてったって一番楽しみにしていたのは、野菜のタジン!
お店の方が蓋をあけるとモワモワモワ~って浦島太郎の玉手箱かってぐらいの湯気。



その後に目の前に現れた光景は!

P4170010.jpg

つやつやに輝いているお野菜でしたよ。
ブレちゃったけど・・・(泣)


今、このタイミングで野菜料理とは。
なんだかブルジョアな気分だったりして(^^


この他にも美味しいお料理をたーーくさんオーダして、ワインも赤と白を抜いて食べまくり飲みまくりの女子2人。
ただし・・・お料理の写真は全て手振れの為お見せできず~。
なんだかカメラの調子が悪くって~ホホホ・・・(←正直、カメラのせいじゃーないと思うが。)




ところで、その友人に今年のお誕生日にいただいたのはマグカップだったの。

P4220035.jpg

ときたまむしょーに、コーヒーにコンデンスミルク入れて飲みたくなる。
ジャンクベトナムコーシー(^^;

それは置いておいて。
このカップをお店で見たとたんに、にぽぽをイメージしたのだそうです。
にぽぽも、見た瞬間にまさににぽぽだなーって感じたのです。

やさしいクリーム色とやさしいアクアブルー。
ちょっと南国チックな感じのデザイン。
自分でいうのもなんですが、ステキじゃないか♪



同じ友人に、京都のお土産っていただいたのは“匂い袋”

P4270006.jpg

やっぱりアクアブルー。



にぽぽってこんなブルーな雰囲気だと思われてるんだ♪

ずーっとそう思ってたの。


そしたら、この“やさい屋”飲みの時、その友人ってば、

「私のにぽぽのイメージって、ピンクなの。
 ローズクォーツみたいなピンク」って!!


ええっ!!!

そ、そうだったの?



アクセサリーの製作をしているこの友人てば、にぽぽにローズクォーツのアクセを作ってくれるって。
言ったわ、確かに。
(催促する訳じゃないけど、ここに書きとめておこう 笑)


しかし、びっくりしたなぁ。


ピンクなにぽぽかあ。



へえ~。

そうなんだ、へぇ~~

ピンクだって。
ピンク・・・・思い出しては( ̄ー ̄)ニヤリ



悪くないよねぇ♪



今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : 日記というか、雑記というか…
genre : 日記

イメージ戦略

ども にぽぽ です=*^-^*=




前回の日記で、にぽぽのイメージはピンクも含めて、淡いパステル調というご意見を多くいただいた。
驚くべきことに、

にぽぽったら、乙女だったのね

ピンクにぽぽ


これはもう、このイメージを崩さず売り出していこう(どこに??)
職場では『鬼軍曹』と呼ばれ、家族からは『暴君』と言われた・・・
そんな過去は、きれいさっぱり無かったことにいたしましょう!



さんざん気持ちよくなっていたらば、ピンクだっていった友人本人からもコメが入っていた。

「ワインを飲んで赤くなっていた顔を見てそう思った」



なっ なにーっ!

それは、イメージじゃなくて、見たまんまの酔っぱらいという事ではないか!



よっぱらい

そんなオチだったとは・・・。
おいしすぎるネタだよ。




今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : ひとりごと
genre : 日記

若ちゃん 緊張の(?)一日

ども にぽぽ です=*^-^*=





若ちゃんは、一人ぼっちでお留守番をした事は、ほとんどありません。
やればできる子なのですが(多分)。

にぽぽ家は、おばーちゃんも同居しているので、誰もいなくなるというシチュエーションが無いというのもありますが。
だから、未だに、一人っきりにしちゃカワイソウかなと思っちゃう。


誰かが出かける時は、誰かが家に残るという、若ちゃんシフトがあるのです。
どんだけ犬ばか?
ええ、犬バカですよ、犬ばかですとも!!




今日は、にぽぽ母が用事で出かけるので、にぽぽと二人でお留守番よ(^^

P4290003.jpg



おいおい。
すごく不満そう、というか不安そうな顔なんですけど?!

P4290002.jpg



若ちゃんにしてみれば、にぽぽは普段いない人(会社に行ってしまうからね)なので、信用度が低い。
でも、仕方ないと思うのか、今日はにぽぽのそばから離れないのです。
かわいいやつめ♪



ブログ巡りも、にぽぽの膝の上でお付き合いしてくれます。

P5030007.jpg


P5030006.jpg

眠いなら自分のクッションに行ってくれ~っ!!
ほんとのところ、ジャマなんだからさぁ(><)”




にぽぽ母、スタバのマカロンをお土産に帰宅~。

P5030011.jpg



若ちゃんも、いつも通りになって安心したのかな?
やっと自分のクッションに戻っていきましたよ。

P4290004.jpg

タオルをちゃんとしても、毎回ゝぐちゃぐちゃにしちゃうのね・・・いいけどさ。
そんなGW一日目。




連休は、なーーにも予定がないのでダラダラしまくるのだー♪
今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう~~~ヾ(^∇^)
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

theme : わんことの生活
genre : ペット

最近の記事

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

にぽぽ

Author:にぽぽ
東京の西のはじっこに住んでいます。
お散歩したり、まったりしたり、美味しいもの食べて喜んだり。

2010年 江戸文化歴史検定3級・2級合格。
2014年 新選組検定3級・2級合格。
たまに歴史と新選組のオタク日記になります。

QRコード

QR

コメントについて

お仕事がとってもとっても忙しくなってしまってReコメできないのが心苦しく、コメントをいただかない設定にしております。

お邪魔しています♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。